このキーワード
友達に教える
URLをコピー

野口二郎とは?

野口 二郎
大洋時代の野口二郎

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
愛知県名古屋市
【生年月日】
(1920-01-06) 1920年1月6日
【没年月日】
(2007-05-21) 2007年5月21日(87歳没)
【身長
体重】
175 cm
64 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手外野手一塁手
【プロ入り】
1939年
【初出場】
1939年3月20日
【最終出場】
1953年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
1989年
【得票率】
79.8%
【選出方法】
競技者表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


雑誌『野球界』1941年9月号の表紙を飾る野口

野口 二郎(のぐち じろう、1920年1月6日 - 2007年5月21日)は、日本プロ野球選手愛知県名古屋市生まれ。、二郎、とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の次兄。中等学校野球で2度の優勝を飾り、プロ入り後は多投の中で好記録を残したことから「鉄腕」と称された。

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 連続試合安打記録
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 年度別打撃成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
  • 4 演じた俳優
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

来歴・人物

中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)時代は1937年夏1938年春の甲子園大会で瀧正男とバッテリーを組み、主戦投手として優勝。1937年夏の決勝は川上哲治熊本工業学校に投げ勝つ。1938年春は、ノーヒットノーラン1試合(対海草中学)を含む4試合連続完封勝利という選抜大会記録を作る。

中京商から旧制法政大学に進むが中退し1939年東京セネタースに入団。1年目に33勝をあげると、翌1940年も33勝、さらに防御率0.93で最優秀防御率のタイトルを獲得。1942年5月23日の朝日戦ではあわやノーヒットノーランの快投を演じた。林安夫に安打を打たれ大記録はならなかったが、翌24日の対名古屋軍戦(後楽園球場)も先発登板する。この試合では当時世界最長の延長28回を344球で先発完投(名古屋軍の先発投手西沢道夫も共に完投)。同年は66試合に登板しリーグ1位の40勝、264奪三振を記録した。シーズン40勝はヴィクトル・スタルヒン稲尾和久(ともに42勝)に次ぐ記録で、戦後の一時期にスタルヒンの記録が40勝とされていたときには日本記録保持者でもあった。この年のシーズン19完封は翌年に藤本英雄がタイ記録を作ったものの、現在もプロ野球タイ記録。翌1943年25勝をあげて応召。

戦後の1946年阪急に復帰。1947年には56試合に登板し24勝とタフさは変わらぬように見えたが、応召によって筋力は低下しており、以後徐々に打者としての出場が増加していったが、1946年に当時日本記録の31試合連続安打(8月29日 - 10月26日)を記録した。1953年限りで選手を引退。

投手として実働12年で登板517試合、通算237勝。特に戦前・戦中は5年間で平均登板58試合、平均勝数31勝、平均投球回数は419回に及び、「鉄腕」の名にふさわしいタフネスぶりを発揮した。一方、上記の通り連続試合安打記録を樹立するなど打者としても一定の成績を残し、通算830安打を記録。規定投球回数と規定打席の両方を満たしたシーズンが6回あり、そのうち1940年と1946年は両方でベスト10入りしている。プロ通算237勝は甲子園大会で優勝経験のある投手としては最多勝記録である。大正生まれのため、200勝投手ではあるが名球会への入会資格対象外となっている。

引退後は毎日・阪急のコーチ、近鉄二軍監督などを歴任した。西本幸雄と親しく、これらの球団でも西本が監督のときにコーチなどを務めることが多かった。後に西本は「野球の経歴は彼の方がよっぽど輝かしいが、偉ぶることもなく献身的に支えてくれた」とふりかえった。1989年に野球殿堂入り。

2007年5月21日に肺炎のため兵庫県宝塚市の病院で死去。87歳没。

連続試合安打記録

阪急時代の1946年8月29日から10月26日にかけて、野口は出場した31試合連続安打の記録を達成したが、これは当時の日本プロ野球記録だった。翌10月27日の対巨人戦において、巨人の先発藤本英雄に75球の当時の日本最少投球記録でチームは完封負けしており、野口も藤本に3打席無安打に抑えられ、連続試合安打記録は途切れている。

達成当時は日本記録として知られることはなく、翌1947年金星スターズ坪内道則が25試合連続安打を記録した際にはこれが日本記録とされている。これは野口が野手ではなく、投手だったために試合出場が飛び飛びであった事が理由で見落とされたと考えられ、1949年に日本プロ野球の記録に関する再調査が行われた際に、野口が記録していた事が判明している。

連続試合安打記録中の野口の記録は、31試合で131打数48安打で、二塁打3本、三塁打3本 本塁打0本、15打点、打率.368。この間、投手として13試合に登板、5勝5敗の成績で、うち7試合に先発し3試合に完投、12奪三振、自責点12で防御率は2.60だった。

野口は坪内の26試合連続安打記録のかかった1947年9月6日対金星戦に登板して、坪内を4打数0安打で抑えて連続試合安打記録を止めており、結果として自分が記録していた事も知らずに、自らの投球で自らの記録を守った事になった。

1971年7月6日、阪急の長池徳二が野口の記録を更新したが、この時野口は阪急のコーチをつとめており、記録達成の場に居合わす事になった。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1939 | 東京セネタース
 | 69 | 45 | 38 | 8 | 5 | 33 | 19 | -- | -- | .635 | 1824 | 459.0 | 364 | 17 | 108 | -- | 5 | 221 | 3 | 0 | 128 | 104 | 2.04 | 1.03
1940 | 57 | 31 | 29 | 7 | 6 | 33 | 11 | -- | -- | .750 | 1466 | 387.0 | 245 | 7 | 65 | -- | 4 | 273 | 0 | 1 | 67 | 40 | 0.93 | 0.80
1941 | 大洋軍
西鉄軍
 | 48 | 26 | 25 | 10 | 0 | 25 | 12 | -- | -- | .676 | 1275 | 338.0 | 201 | 5 | 85 | -- | 1 | 168 | 0 | 1 | 44 | 33 | 0.88 | 0.85
1942 | 66 | 48 | 41 | 19 | 5 | 40 | 17 | -- | -- | .702 | 1991 | 527.1 | 299 | 6 | 108 | -- | 2 | 264 | 1 | 0 | 90 | 70 | 1.19 | 0.77
1943 | 51 | 39 | 37 | 10 | 7 | 25 | 12 | -- | -- | .676 | 1485 | 385.0 | 278 | 11 | 84 | -- | 0 | 140 | 1 | 1 | 78 | 62 | 1.45 | 0.94
1946 | 阪急 | 33 | 20 | 13 | 2 | 2 | 13 | 14 | -- | -- | .481 | 852 | 212.0 | 194 | 9 | 47 | -- | 1 | 39 | 1 | 0 | 76 | 63 | 2.67 | 1.14
1947 | 56 | 41 | 33 | 4 | 9 | 24 | 17 | -- | -- | .585 | 1486 | 382.0 | 321 | 14 | 57 | -- | 1 | 86 | 0 | 0 | 108 | 96 | 2.26 | 0.99
1948 | 41 | 34 | 24 | 3 | 13 | 14 | 16 | -- | -- | .467 | 1182 | 297.0 | 273 | 14 | 42 | -- | 2 | 66 | 1 | 0 | 116 | 97 | 2.94 | 1.06
1949 | 30 | 13 | 6 | 0 | 1 | 10 | 6 | -- | -- | .625 | 697 | 166.1 | 184 | 15 | 21 | -- | 1 | 55 | 0 | 0 | 76 | 66 | 3.56 | 1.23
1950 | 35 | 18 | 10 | 2 | 7 | 15 | 9 | -- | -- | .625 | 750 | 181.2 | 190 | 20 | 14 | -- | 1 | 61 | 0 | 0 | 85 | 64 | 3.16 | 1.12
1951 | 19 | 5 | 3 | 0 | 2 | 4 | 5 | -- | -- | .444 | 315 | 75.1 | 84 | 9 | 11 | -- | 0 | 14 | 1 | 0 | 43 | 40 | 4.74 | 1.26
1952 | 12 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | -- | -- | .500 | 151 | 36.2 | 44 | 6 | 5 | -- | 0 | 8 | 0 | 0 | 21 | 17 | 4.14 | 1.34
通算:12年 517 | 321 | 259 | 65 | 57 | 237 | 139 | -- | -- | .630 | 13474 | 3447.1 | 2677 | 133 | 647 | -- | 18 | 1395 | 8 | 3 | 932 | 752 | 1.96 | 0.96

年度別打撃成績









































































O
P
S

1939 | 東京セネタース
 | 92 | 384 | 346 | 31 | 87 | 11 | 3 | 0 | 104 | 26 | 14 | -- | 3 | 2 | 33 | -- | 0 | 9 | -- | .251 | .317 | .301 | .617
1940 | 96 | 364 | 335 | 32 | 87 | 6 | 2 | 0 | 97 | 34 | 17 | -- | 3 | 2 | 24 | -- | 0 | 14 | -- | .260 | .309 | .290 | .599
1941 | 大洋軍
西鉄軍
 | 79 | 173 | 248 | 12 | 46 | 4 | 1 | 1 | 55 | 26 | 5 | -- | 4 | -- | 21 | -- | 0 | 7 | -- | .185 | .249 | .222 | .471
1942 | 91 | 327 | 315 | 26 | 68 | 9 | 1 | 0 | 79 | 23 | 6 | 0 | 0 | -- | 12 | -- | 0 | 7 | -- | .216 | .245 | .251 | .495
1943 | 65 | 257 | 237 | 29 | 60 | 3 | 2 | 0 | 67 | 26 | 1 | 0 | 0 | -- | 20 | -- | 0 | 2 | -- | .253 | .311 | .283 | .594
1946 | 阪急 | 96 | 352 | 336 | 35 | 100 | 10 | 7 | 1 | 127 | 44 | 8 | 1 | 0 | -- | 16 | -- | 0 | 8 | -- | .298 | .330 | .378 | .708
1947 | 89 | 225 | 207 | 17 | 45 | 6 | 2 | 1 | 58 | 20 | 5 | 3 | 0 | -- | 18 | -- | 0 | 5 | -- | .217 | .280 | .280 | .560
1948 | 108 | 332 | 310 | 33 | 81 | 10 | 1 | 2 | 99 | 36 | 18 | 4 | 0 | -- | 21 | -- | 1 | 14 | -- | .261 | .310 | .319 | .630
1949 | 121 | 426 | 394 | 42 | 109 | 15 | 4 | 0 | 132 | 54 | 8 | 2 | 0 | -- | 31 | -- | 0 | 9 | -- | .277 | .329 | .335 | .664
1950 | 107 | 342 | 332 | 28 | 86 | 16 | 1 | 3 | 113 | 41 | 8 | 3 | 1 | -- | 9 | -- | 0 | 11 | 11 | .259 | .279 | .340 | .619
1951 | 77 | 183 | 176 | 19 | 39 | 2 | 0 | 1 | 44 | 18 | 3 | 0 | 0 | -- | 7 | -- | 0 | 4 | 6 | .222 | .251 | .250 | .501
1952 | 69 | 122 | 105 | 10 | 21 | 1 | 1 | 0 | 24 | 18 | 1 | 0 | 3 | -- | 14 | -- | 0 | 9 | 4 | .200 | .294 | .229 | .523
1953 | 8 | 7 | 7 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | -- | 0 | -- | 0 | 2 | 0 | .143 | .143 | .143 | .286
通算:13年 1098 | 3594 | 3348 | 316 | 830 | 93 | 25 | 9 | 1000 | 368 | 94 | 13 | 14 | 4 | 226 | -- | 1 | 101 | 21 | .248 | .296 | .299 | .594

タイトル

表彰

記録

背番号

演じた俳優

脚注

  1. ^ 野口 二郎 - 野球殿堂博物館
  2. ^ 年度別成績 1940年
  3. ^ 年度別成績 1942年
  4. ^ 年度別成績 1946年
  5. ^ 甲子園大会優勝経験投手で、プロ200勝を記録したのは他に平松政次(1965年春・201勝)のみである。なお、日本プロ野球の200勝投手の中では野口と平松の2名だけがプロで現役選手として優勝を経験していない。
  6. ^ 『毎日新聞』2007年5月22日付朝刊 (14版、19面)
  7. ^ 『朝日新聞』1989年1月21日付朝刊 (14版、25面)
  8. ^ 『読売新聞』2007年5月22日付朝刊 (14版、35面)
  9. ^ この節の出典は 講談社刊 宇佐美徹也著「プロ野球記録大鑑(昭和11年‐平成4年)」286ページ とする
  10. ^ 元々打撃が良く、この年は野手としての出場は多かった
  11. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ
  12. ^ “太賀さん主演『1942年のプレイボール』制作開始!”. NHKドラマトピックス (NHKオンライン). (2017年5月29日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/271676.html 2017年6月27日閲覧。

関連項目

外部リンク

業績
最多勝利投手(日本プロ野球1リーグ時代)

1945年は太平洋戦争のため中断

最多奪三振(日本プロ野球1リーグ時代)

1リーグ時代は連盟表彰タイトルではない。1945年は太平洋戦争のため中断。

最優秀防御率(日本プロ野球1リーグ時代)

1945年は太平洋戦争のため中断

大洋軍及び西鉄軍開幕投手



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/15 17:19

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「野口二郎」の意味を投稿しよう
「野口二郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

野口二郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「野口二郎」のスレッドを作成する
野口二郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail