このキーワード
友達に教える
URLをコピー

野口明とは?

移動先: 案内検索
野口 明
【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
愛知県名古屋市
【生年月日】
(1917-08-06) 1917年8月6日
【没年月日】
(1996-10-05) 1996年10月5日(79歳没)
身長
体重 174 cm
69 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手投手
【プロ入り】
1936年
【初出場】
1936年4月29日
【最終出場】
1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督歴

  • 中日ドラゴンズ (1955 - 1956)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


野口 明(のぐち あきら、1917年8月6日 - 1996年10月5日)は、日本プロ野球選手中日ドラゴンズプロ野球監督も務めた。明、二郎とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の長兄。

アマチュア、プロの両方の公式野球で延長試合の最長を記録した試合に出場した唯一の野球選手である。

目次

  • 1 経歴
  • 2 甲子園成績
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 年度別打撃成績
    • 3.3 年度別監督成績
    • 3.4 タイトル
    • 3.5 表彰
    • 3.6 記録
    • 3.7 背番号
  • 4 演じた俳優
  • 5 出典
  • 6 関連項目

経歴

愛知県出身。中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)に進学し、野球部に入部。この頃、中京商野球部は戦前の全盛期を迎えていた。野口は3年生で正捕手の座を獲得し、第10回から第12回選抜中等学校野球大会、第19回全国中等学校優勝野球大会に出場した。このうち、第19回全国中等学校優勝野球大会では吉田正男とのバッテリーで夏の甲子園3連覇を達成した。特に準決勝における明石中との延長25回の死闘では、吉田の336球を最後まで受け切った。

明治大学に進学したが、1936年に日本職業野球連盟の発足に伴い結成された東京野球協会(東京セネタース)の選手として引き抜かれ中退し、投手兼捕手の中心選手となった。4月29日の第1回日本職業野球大会開幕戦の対阪急戦に先発登板し勝利投手となった。

1937年春のシーズンは19勝7敗の成績でチーム勝利数(30勝)の6割以上を稼ぎ、同年秋は15勝(15敗)で西村幸生ヴィクトル・スタルヒンと並び最多勝利のタイトルに輝いた。1938年から1941年は兵役に服し、1942年大洋軍(東京セネタースの後身)に復帰し5月24日の対名古屋戦で一塁手を務めプロ野球記録である延長28回を達成し、アマ、プロ両方で延長戦記録達成に出場した唯一の野球選手となった。この試合で大洋軍の先発投手として28回を1人で投げ切ったのは弟の野口二郎であった。

その後は主に一塁手としてプレイした。1943年シーズンでは打点42で青田昇と共に最多打点のタイトルを獲得した。同年シーズン終了後に大洋軍が改名した西鉄軍が解散したため阪急に移籍した。阪急では本格的に野手に転向したが、1948年に7試合だけ登板している(0勝1敗)。

1948年シーズン終了後に中日に移籍し、再び捕手になった。1951年1952年にはベストナインに捕手として選出された。1954年には中日球団初の日本一に貢献した。

1955年に中日の選手兼任監督に就任したが、選手としてはこの年に2試合に出場したのみだった。1956年シーズン終了後に引退、退団した。

引退後は中日球場(現・ナゴヤ球場)に程近い名古屋・尾頭橋で喫茶店「シーエヌ」(店名の由来は中日移籍時の同ユニフォームの文字が「C」と「N」の組み字だったことから)を開店していた。

1996年10月5日に肺がんのため死去。

甲子園成績

○3-0島田商業、○1-0興国商業、○3-1享栄商業、●0-1明石中学(準決勝)

○11-0善隣商業、○3-2浪華商業、○2-0大正中学、○1-0明石中学(延長25回)、○2-1平安中学(優勝)

○10-2坂出商業、●3-4浪華商業(2回戦)

○5-1育英商業、●3-7広陵中学(準々決勝)

詳細情報

年度別投手成績





















ブ



ド





















ボ







W
H
I
P

1936春夏 | 東京セネタース | 13 | 10 | 7 | 0 | 0 | 8 | 4 | -- | -- | .667 | 398 | 96.1 | 84 | 4 | 35 | -- | 1 | 46 | 0 | 0 | 30 | 24 | 2.25 | 1.24
1936秋 | 19 | 13 | 6 | 1 | 0 | 7 | 9 | -- | -- | .438 | 452 | 104.0 | 101 | 2 | 47 | -- | 0 | 43 | 0 | 0 | 54 | 35 | 3.03 | 1.42
1937春 | 37 | 30 | 23 | 6 | 1 | 19 | 7 | -- | -- | .731 | 1048 | 257.0 | 196 | 3 | 85 | -- | 1 | 142 | 2 | 0 | 70 | 45 | 1.58 | 1.09
1937秋 | 33 | 26 | 20 | 3 | 0 | 15 | 15 | -- | -- | .500 | 1010 | 235.1 | 223 | 11 | 92 | -- | 2 | 81 | 2 | 0 | 103 | 76 | 2.90 | 1.34
1942 | 大洋軍
西鉄軍
 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | -- | -- | .000 | 50 | 10.1 | 7 | 0 | 11 | -- | 0 | 3 | 0 | 0 | 6 | 5 | 4.09 | 1.74
1943 | 2 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 2 | -- | -- | .000 | 62 | 11.0 | 15 | 2 | 13 | -- | 0 | 7 | 1 | 0 | 17 | 16 | 13.09 | 2.55
1948 | 阪急 | 7 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | -- | -- | .000 | 159 | 37.0 | 36 | 0 | 18 | -- | 0 | 6 | 0 | 0 | 15 | 11 | 2.68 | 1.46
【通算:5年】
113 | 84 | 58 | 10 | 1 | 49 | 40 | -- | -- | .551 | 3179 | 751.0 | 662 | 22 | 301 | -- | 4 | 328 | 5 | 0 | 295 | 212 | 2.54 | 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(大洋軍)は、1943年に西鉄(西鉄軍)に球団名を変更

年度別打撃成績

















































O
P
S

1936春夏 | 東京セネタース | 13 | 44 | 41 | 3 | 9 | 2 | 0 | 0 | 11 | 5 | 0 | -- | 1 | -- | 2 | -- | 0 | 5 | -- | .220 | .256 | .268 | .524
1936秋 | 26 | 73 | 62 | 5 | 11 | 1 | 1 | 0 | 14 | 6 | 0 | -- | 2 | -- | 8 | -- | 1 | 10 | -- | .177 | .282 | .226 | .507
1937春 | 43 | 130 | 118 | 10 | 30 | 6 | 0 | 0 | 36 | 18 | 0 | -- | 2 | -- | 10 | -- | 0 | 9 | -- | .254 | .313 | .305 | .618
1937秋 | 42 | 141 | 124 | 11 | 20 | 2 | 1 | 1 | 27 | 12 | 2 | -- | 2 | -- | 15 | -- | 0 | 15 | -- | .161 | .252 | .218 | .470
1942 | 大洋軍
西鉄軍
 | 101 | 410 | 375 | 21 | 83 | 16 | 4 | 4 | 119 | 33 | 0 | 2 | 1 | -- | 33 | -- | 1 | 31 | -- | .221 | .286 | .317 | .603
1943 | 84 | 366 | 318 | 38 | 74 | 11 | 8 | 3 | 110 | 42 | 4 | 0 | 0 | -- | 47 | -- | 1 | 19 | -- | .233 | .333 | .346 | .679
1944 | 阪急 | 35 | 161 | 143 | 14 | 34 | 7 | 2 | 1 | 48 | 15 | 3 | 2 | 0 | -- | 18 | -- | 0 | 11 | -- | .238 | .323 | .336 | .659
1946 | 102 | 416 | 378 | 47 | 92 | 23 | 5 | 1 | 128 | 49 | 1 | 1 | 0 | -- | 37 | -- | 1 | 30 | -- | .243 | .313 | .339 | .651
1947 | 117 | 476 | 442 | 35 | 112 | 12 | 3 | 3 | 139 | 52 | 4 | 0 | 2 | -- | 30 | -- | 2 | 21 | -- | .253 | .304 | .314 | .618
1948 | 91 | 300 | 278 | 36 | 77 | 9 | 4 | 4 | 106 | 34 | 6 | 4 | 0 | -- | 22 | -- | 0 | 23 | -- | .277 | .330 | .381 | .711
1949 | 中日
名古屋
中日
 | 130 | 551 | 519 | 47 | 134 | 28 | 3 | 7 | 189 | 56 | 3 | 4 | 0 | -- | 32 | -- | 0 | 46 | -- | .258 | .301 | .364 | .665
1950 | 137 | 571 | 538 | 65 | 146 | 28 | 2 | 18 | 232 | 73 | 3 | 3 | 0 | -- | 33 | -- | 0 | 40 | 6 | .271 | .313 | .431 | .745
1951 | 108 | 437 | 408 | 49 | 108 | 21 | 0 | 8 | 153 | 49 | 2 | 3 | 0 | -- | 29 | -- | 0 | 40 | 13 | .265 | .314 | .375 | .689
1952 | 114 | 437 | 401 | 40 | 108 | 20 | 4 | 8 | 160 | 63 | 1 | 0 | 2 | -- | 32 | -- | 2 | 35 | 9 | .269 | .326 | .399 | .725
1953 | 90 | 284 | 260 | 25 | 70 | 10 | 1 | 2 | 88 | 38 | 0 | 0 | 1 | -- | 23 | -- | 0 | 15 | 4 | .269 | .329 | .338 | .667
1954 | 91 | 283 | 259 | 13 | 61 | 13 | 0 | 1 | 77 | 27 | 0 | 0 | 0 | 2 | 22 | -- | 0 | 23 | 9 | .236 | .295 | .297 | .593
1955 | 2 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
【通算:15年】
1326 | 5082 | 4666 | 459 | 1169 | 209 | 38 | 61 | 1637 | 572 | 29 | 19 | 13 | 2 | 393 | 0 | 8 | 373 | 41 | .251 | .310 | .351 | .661
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(大洋軍)は、1943年に西鉄(西鉄軍)に球団名を変更
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別監督成績

年度
球団
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率

1955 | 中日 | 2位 | 130 | 77 | 52 | 1 | .597
1956 | 3位 | 130 | 74 | 56 | 0 | .569
【通算:2年】
260 | 151 | 108 | 1 | .583

タイトル

表彰

記録

  • 1000試合出場:1951年8月18日(7人目)
  • 捕手シーズン18失策(1951年、セ・リーグ記録)
  • オールスターゲーム選出:4回 (1951年 - 1954年)
  • 満塁ランニングホームラン:1947年7月3日、対巨人戦 日本プロ野球史上初。

背番号

  • 18 (1936年 - 1937年)
  • 8 (1942年 - 1943年)
  • 4 (1946年 - 1948年)
  • 6 (1949年 - 1954年)
  • 30 (1955年 - 1956年)

演じた俳優

出典

  1. ^ 年度別成績 1937年 秋
  2. ^ “パンチョ”は見た!あの延長28回は、9回表のゆがんだ「2」の呪い!?大久保クン、延長の多さを嘆くなかれ”. 週刊ベースボールONLINE (2015年8月10日). 2018年5月8日閲覧。
  3. ^ 年度別成績 1943年
  4. ^ 『朝日新聞』1996年10月7日付朝刊 (14版、35面)
  5. ^ 1リーグ時代では唯一の記録
  6. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」452ページ
  7. ^ “太賀さん主演『1942年のプレイボール』制作開始!”. NHKドラマトピックス (NHKオンライン). (2017年5月29日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/271676.html 2017年6月27日閲覧。

関連項目

中日ドラゴンズ監督 1955 - 1956


業績
日本プロ野球オールスターゲームMVP
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/19 13:11

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「野口明」の意味を投稿しよう
「野口明」のコンテンツはまだ投稿されていません。

野口明スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「野口明」のスレッドを作成する
野口明の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail