このキーワード
友達に教える
URLをコピー

野村克則とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2016年5月)
野村 克則
東京ヤクルトスワローズ コーチ #78

読売ジャイアンツコーチ時代

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
東京都目黒区(大阪府豊中市生まれ)
【生年月日】
(1973-07-23) 1973年7月23日(45歳)
【身長
体重】
178 cm
84 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手一塁手
【プロ入り】
1995年 ドラフト3位
【初出場】
1997年4月16日
【最終出場】
2006年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2007 - 2009)
  • 読売ジャイアンツ (2010 - 2013)
  • 東京ヤクルトスワローズ (2014 - )

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


野村 克則(のむら かつのり、1973年7月23日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)、プロ野球コーチ東京都目黒区出身(出生地は大阪府)。

現在は東京ヤクルトスワローズの一軍バッテリーコーチを務める。現役時代の登録名は「カツノリ」(2004年のみ本名「野村克則」だった)。父は野球解説者・評論家の野村克也、母はタレント野村沙知代、異父兄は団野村ケニー野村。他に異母兄が1人いる。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 プロ入り前
    • 1.3 ヤクルト時代
    • 1.4 阪神時代
    • 1.5 巨人時代
    • 1.6 楽天時代
    • 1.7 引退後
  • 2 エピソード
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 記録
    • 3.3 背番号
    • 3.4 登録名
    • 3.5 登場曲
  • 4 関連情報
    • 4.1 著書
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

生い立ち

1973年7月23日、当時南海ホークスの選手兼任監督だった野村克也と、その愛人だった女性・芳枝(野村沙知代)との間に大阪府豊中市で生まれた。当初、克也は克則を認知せず、芳枝は非嫡出子となる克則を自身の父親と養子縁組させることを画策したという。後に克則は認知されたが、1978年には前妻との離婚が成立した父・克也が芳枝と再婚したことで、この時点で正式な家族関係が成立した。また、芳枝とその前夫であるユダヤ系アメリカ人との間には二人の男の子、団野村ケニー野村がいたため、異父兄弟となった。

プロ入り前

東京都の堀越高等学校では桑原秀範の指導を受け、一塁手、主将として活躍。1991年春季東京大会で準決勝に進出、修徳高との対戦で本塁打を放つが乱打戦の末に敗退。同年夏の甲子園西東京予選も準決勝に進むが、世田谷学園に延長11回惜敗。

卒業後は明治大学へ進学。東京六大学野球リーグでは在学中4回優勝。1993年秋季リーグでは首位打者(山下圭と同率)、打点王の二冠を獲得、ベストナイン(一塁手)にも選出された。1994年から柳沢裕一の後継として捕手に転向。学生生活最後の1995年秋季リーグでは、2年下のエース川上憲伸らとバッテリーを組み優勝。同年の明治神宮野球大会でも決勝に進み、井口資仁らのいた青学大を接戦で降し優勝を飾る。リーグ通算76試合出場、256打数72安打、打率.281・3本塁打・33打点の成績だった。大学時代の背番号は父・克也の現役時代と同じ19で、東京六大学野球初の女子選手だったジョディ・ハーラーが唯一登板した試合に捕手を務めた。後に一年間だけ同僚となる中村豊は大学の同期生。

1995年のドラフト会議において、父・克也が監督を務めるヤクルトスワローズから3巡目で指名され、捕手として入団。克也との混同を避けることから登録名を「カツノリ」とした。克則がプロ入りする直前、克也に対して「プロに入りたい」と言ったがスカウトは誰一人として来ておらず、克也から「(プロに入ったら)苦労するぞ、お前。ちゃんとした会社に務めて安定した所へ行け。無理だお前じゃ」と諭したが、克則は「いや、オレはプロに憧れて野球を始めたのだから、例え(プロで)失敗しても悔いはない」と言い返した。さらに「親父だってテスト入団だったじゃないか。人生上り坂下り坂、そして『まさか』だ。やってみないと判らない」と言い、これに克也は「おいおい、オレがここまで来たのは『まさか』かよ」と思ったという。「母親に似たのか口だけは達者で、そこまで言うならとヤクルトスワローズへお願いして指名してもらった」と著書に記している。背番号は33。それは長嶋茂雄に倣ったためだという。

ヤクルト時代

1996年フレッシュオールスターゲームに出場するが、一軍では古田敦也が正捕手に定着していたほか、控え捕手に野口寿浩もいたこともあり一軍昇格は無かった。1997年1998年には2年間で主に途中出場で計51試合に出場するが、多くは自軍の大勝・大敗の場面での起用で、若松勉が監督に就任した1999年には一軍出場及び一軍昇格なしに終わった。

阪神時代

2000年には金銭トレードで阪神タイガースへ移籍。当時の監督は父である克也であったが、当時球団本部長を担当していた野崎勝義によると、ヤクルトスワローズから克則を呼んだのは父・克也ではなく、阪神球団だった。阪神移籍後は父である克也のもと控え捕手として一軍に定着し、出場機会を増やし、2001年にはサヨナラ適時打を2回放った。2年間で主に途中出場で計95試合に出場し、両年とも最下位に低迷したチームの中でヤクルト時代と比べ先発起用も増やしたが大学の先輩でもある星野仙一が監督に就任した2002年には僅か11試合の出場、2003年にはウエスタン・リーグにおいて規定打席には達していないものの打率.321の成績を残したが、一軍出場及び一軍昇格なしに終わった。

巨人時代

2004年の開幕前、金銭トレードで新監督として就任した堀内恒夫が率いる読売ジャイアンツへ移籍。その際には背番号は松井秀喜の移籍で空番となっていた55を勧められたが本人は「荷が重い」として63となった。なお読売ジャイアンツでは本名で登録を原則としているため「野村克則」として登録。しかし、一軍出場は僅か3試合に留まり、同年オフに僅か1年で戦力外通告を受けた。その際にジャイアンツ側からブルペン捕手、または二軍バッテリーコーチ就任を打診されたが、現役続行を希望し、12球団合同トライアウトを受けた。トライアウトでは2打席連続本塁打を放つなどの活躍が田尾安志の目に留まり、この年に誕生した新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得を発表。この時の経緯はTBSテレビの「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」で紹介された。

楽天時代

楽天球団としても初年度となった2005年には、登録名をヤクルト・阪神時代と同じ「カツノリ」に戻して臨んだ。同年4月17日の対北海道日本ハムファイターズ戦ではプロ初のクリーンナップとなる5番・指名打者として先発出場したが、最終的には6試合の出場にとどまった。同年オフに田尾が監督を解任され、後任として父・克也が就任、三たび同じユニフォームを着用することとなった。

2006年は正捕手・藤井彰人に次ぐ2番手捕手として先発出場の機会を増やし、オールスターゲームにもノミネートされるが、ファン投票最終結果で4位となり出場は果たせなかった。当初は2007年も現役続行を希望していたが、同年9月28日に二度目の戦力外通告を受けた。これを機に現役引退を表明し、同年10月1日の対千葉ロッテマリーンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)で引退試合が行われた。この試合に捕手として先発出場し、打撃面では安打を記録したが、守備面では6個の盗塁(平下晃司西岡剛サブロー青野毅:各1、根元俊一:2)を全て許してしまうなど散々な内容の引退試合となった。試合後、同じく現役引退を表明した飯田哲也と共にセレモニーが実施され、チームメイトから胴上げをされた。

引退後

現役引退後もコーチとして球団に留まり、2006年10月9日には新設された二軍育成コーチ(バッテリー担当)に就任することが発表された。背番号は73で、同時に登録名も本名である「野村克則」へ変更した。2007年には二軍育成コーチのまま、セ・パ交流戦においてスコアラーで一軍戦のベンチ入りを果たした。

2008年には一軍バッテリーコーチへ昇格し、試合中はヘッドコーチを務めていた橋上秀樹と共に作戦面に携わる。2009年シーズン終了後、父・克也の退任に合わせる形で楽天を退団、翌年から読売ジャイアンツの二軍バッテリーコーチに就任した。2013年10月3日、球団より来季の契約を結ばないことを通告され、同年10月23日に東京ヤクルトスワローズの二軍バッテリーコーチ就任が決まった。。2015年からは一軍バッテリーコーチを務めている。

エピソード

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2015年4月)

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1997 | ヤクルト | 26 | 33 | 31 | 1 | 8 | 1 | 0 | 1 | 12 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 10 | 3 | .258 | .303 | .387 | .690
1998 | 25 | 24 | 23 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 4 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 7 | 0 | .174 | .208 | .174 | .382
2000 | 阪神 | 43 | 55 | 49 | 6 | 13 | 1 | 1 | 2 | 22 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 5 | 0 | 0 | 11 | 2 | .265 | .327 | .449 | .776
2001 | 52 | 102 | 95 | 3 | 20 | 3 | 0 | 1 | 26 | 6 | 0 | 0 | 1 | 0 | 4 | 0 | 2 | 28 | 2 | .211 | .257 | .274 | .531
2002 | 11 | 16 | 16 | 0 | 3 | 2 | 0 | 0 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 0 | .188 | .188 | .313 | .501
2004 | 巨人 | 3 | 5 | 3 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | .333 | .400 | .333 | .733
2005 | 楽天 | 6 | 10 | 10 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | .100 | .100 | .100 | .200
2006 | 56 | 141 | 129 | 8 | 16 | 4 | 1 | 0 | 22 | 5 | 1 | 0 | 1 | 1 | 7 | 1 | 3 | 26 | 6 | .124 | .186 | .171 | .357
NPB:8年 222 | 386 | 356 | 18 | 66 | 11 | 2 | 4 | 93 | 17 | 1 | 0 | 2 | 3 | 20 | 1 | 5 | 90 | 13 | .185 | .237 | .261 | .498

記録

背番号

登録名

登場曲

関連情報

著書

脚注

注釈

  1. ^ 野村沙知代に対する公職選挙法違反(虚偽事実公表)の疑いでの告発を受けた東京地方検察局は1999年、実子・野村克則の誕生日から逆算して、1972年当時には野村克也と事実婚の関係にあったとの推定を報告している
  2. ^ 入団発表会見で着用したユニフォームでは、背ネームが「K.NOMURA」となっていたが、キャンプからは「KATSUNORI」に改められていた。

出典

  1. ^ 伊東信義「妹 野村沙知代」ラインブックス、1999年
  2. ^ 野村克也著、『無形の力 私の履歴書』2006年、日本経済新聞出版社、P222
  3. ^ 野崎勝義「ダメ虎を変えた!ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年」朝日新聞出版、2011年、P61
  4. ^ 岸川、野村両コーチが退団スポーツニッポン2013年10月3日配信
  5. ^ 2014年のコーチングスタッフについてリンク切れ]
  6. ^ 月刊タイガース、2000年5月号、P45

関連項目

外部リンク

東京ヤクルトスワローズ 2018
監督 | 
80 小川淳司

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 99 高津臣吾(監督)
  • 88 三木肇(チーフ)
  • 83 赤堀元之(投手)
  • 72 小野寺力(投手)
  • 82 松元ユウイチ(打撃)
  • 85 北川博敏(打撃)
  • 75 森岡良介(内野守備走塁)
  • 73 福地寿樹(外野守備走塁)
  • 80 野村克則(バッテリー)

  • 投手 | 
  • 11 由規
  • 12 石山泰稚
  • 13 中尾輝
  • 14 秋吉亮
  • 15 大下佑馬
  • 16 原樹理
  • 17 成瀬善久
  • 18 寺島成輝
  • 19 石川雅規
  • 20 山本哲哉
  • 21 松岡健一
  • 22 蔵本治孝
  • 24 星知弥
  • 25 館山昌平
  • 26 久古健太郎
  • 28 ブキャナン
  • 29 小川泰弘
  • 34 山田大樹
  • 35 菊沢竜佑
  • 37 カラシティー
  • 38 梅野雄吾
  • 40 古野正人
  • 43 村中恭兵
  • 44 岩橋慶侍
  • 45 ハフ
  • 47 高橋奎二
  • 48 金久保優斗
  • 53 沼田拓巳
  • 54 中澤雅人
  • 58 屋宜照悟
  • 61 ウルキデス
  • 62 田川賢吾
  • 64 風張蓮
  • 67 平井諒
  • 68 山中浩史
  • 70 近藤一樹

  • 捕手 | 
  • 30 西田明央
  • 32 松本直樹
  • 52 中村悠平
  • 57 古賀優大
  • 59 大村孟
  • 63 井野卓
  • 69 山川晃司

  • 内野手 | 
  • 1 山田哲人
  • 2 大引啓次
  • 3 西浦直亨
  • 5 川端慎吾
  • 8 武内晋一
  • 10 荒木貴裕
  • 33 畠山和洋
  • 36 廣岡大志
  • 39 宮本丈
  • 46 谷内亮太
  • 49 渡邉大樹
  • 51 藤井亮太
  • 55 村上宗隆
  • 56 奥村展征
  • 60 三輪正義
  • 66 大松尚逸

  • 外野手 | 
  • 0 比屋根渉
  • 4 バレンティン
  • 9 塩見泰隆
  • 23 青木宣親
  • 31 山崎晃大朗
  • 41 雄平
  • 42 坂口智隆
  • 50 上田剛史
  • 65 田代将太郎
  • 91 鵜久森淳志

  • 育成選手 | 
  • 119 ジュリアス(投手)


  • ヤクルトスワローズ 1995年ドラフト指名選手

    1位:三木肇 / 2位:宮出隆自 / 3位:野村克則 / 4位:石井弘寿


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/09/24 06:54

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「野村克則」の意味を投稿しよう
    「野村克則」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    野村克則スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「野村克則」のスレッドを作成する
    野村克則の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail