このキーワード
友達に教える
URLをコピー

野球界の永久欠番とは?

全角チルダ「~」や波ダッシュ「〜」を使用せず、ハイフンマイナス「-」を使用してください(参照)。

野球界の永久欠番(やきゅうかいのえいきゅうけつばん)では、野球の競技者・関係者などに対して適用される永久欠番について述べる。

目次

  • 1 メジャーリーグベースボールの永久欠番
  • 2 日本プロ野球(NPB)の永久欠番
    • 2.1 失効・消滅となった永久欠番
    • 2.2 準永久欠番
  • 3 日本の独立リーグの永久欠番
    • 3.1 四国アイランドリーグplusの永久欠番
    • 3.2 ベースボール・チャレンジ・リーグの永久欠番
    • 3.3 関西独立リーグ (2代目)の永久欠番
  • 4 日本のアマチュア野球の永久欠番
    • 4.1 大学野球
  • 5 女子プロ野球の永久欠番
  • 6 韓国プロ野球界の永久欠番
  • 7 台湾プロ野球界の永久欠番
  • 8 野球ナショナルチームの永久欠番
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 関連項目

メジャーリーグベースボールの永久欠番

詳細は「メジャーリーグベースボールの永久欠番」を参照

野球界における永久欠番の歴史は1939年MLBアメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースルー・ゲーリッグが使用していた4を欠番としたことに始まる。当時ゲーリッグは、不治の病とされのちに「ルー・ゲーリッグ病」とも呼ばれる筋萎縮性側索硬化症で引退を余儀なくされたが、永久欠番とすることでチームに居続けることができることに歓喜した。引退の際、 "Today, I consider myself the luckiest man on the face of the Earth."(「今日の私は自分を地球上で最も恵まれた男だと思っています」)と名言を残している。

ナショナルリーグではニューヨーク・ジャイアンツ1947年カール・ハッベル11を永久欠番に指定し、ナショナルリーグ初の永久欠番となる。ドジャース、レッドソックス、アスレチックスの3球団は、選手のアメリカ野球殿堂入り・チームが定める在籍年数など永久欠番とするための条件を有している。また、選手以外にもファン、オーナー、球場アナウンサーが永久欠番を与えられて顕彰されたり、永久欠番と同様の顕彰を受けているケースもある。

全球団共通永久欠番
黒人選手第1号であるロビンソンを顕彰し、1997年4月15日に制定。従来から使っていた選手のみが引退まで継続して使用することを認められた。制定当時は選手・コーチを含めて該当者が20人前後いたが、移籍やマイナー行きなどの理由でその数は徐々に減っていった。
MLBで最後に42をつけた選手はヤンキースのマリアノ・リベラで、2013年シーズンを最後に現役引退したことにより欠番の例外となる人物はいなくなった。また、リベラの背番号も同時に欠番に指定された。カージナルスのブルース・スーターも現役時代の背番号が42で、2006年に殿堂入りを果たして欠番に指定されている。リベラとスーターの背番号は各々の球団でロビンソンの背番号と並立して称えられている。
日本のプロ野球で、特に外国人選手が42番を着けることが多いのは、42が「死に」につながり日本人選手が敬遠することが多いためだが、現在ではMLBでは着けることのできない番号だからという理由もある。
複数球団にまたがる一競技者の永久欠番

現在までに11名が存在する。

複数の競技者を称えた永久欠番

現在までに5つのケースがある。

日本プロ野球(NPB)の永久欠番

球団設立順。人物名の後にある日付は制定日。

読売ジャイアンツ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ

服部と西沢の欠番は、両選手を辞めさせる時の「妥協点」という杉下茂の談話が中日の球団史に掲載されている。

北海道日本ハムファイターズ

日本ハムでは、選手の背番号に関しては、恒久的な永久欠番を制定しない方針と報じられている。

広島東洋カープ

衣笠と山本は広島新入団時の背番号(衣笠は28、山本は27)から変更を経験している。

埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス

失効・消滅となった永久欠番

球団設立順。

横浜DeNAベイスターズ
大阪近鉄バファローズ

準永久欠番

偉大な功績をあげた選手が退団する際、その功績を讃え着用していた背番号を「名誉番号」「準永久欠番」に制定し、前任選手や球団の「預かり」として一定の期間空き番号としておく場合がある。これは、MLBにおいて「Honored(Honouerd) Number(名誉番号)」と称されているものである。

準永久欠番制定については、移籍によって退団した選手が再び球団に戻ってきたときに備えて欠番としておく場合や、その番号を継承するに「ふさわしい」選手の台頭を待つことを目的とする場合、永久欠番とすることを検討したものの前任選手本人に固辞されたり反対意見があったりなどして正式決定に至らなかった場合の措置として制定される場合などがあり、いずれにしても永久的に欠番にする訳ではなく、永久欠番とは性質を異にするものである。

球団創立順。球団より「名誉番号」「準永久欠番」「欠番とする」などの公式発表がなされ、かつ1年以上の欠番期間があった場合のみ記載。現在、欠番でないものも含む。

読売ジャイアンツ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
横浜DeNAベイスターズ
埼玉西武ライオンズ
広島東洋カープ
東京ヤクルトスワローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス

日本の独立リーグの永久欠番

四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグでも永久欠番を制定している球団が存在する。また、日本独立リーグ野球機構に所属していないが、関西独立リーグ (2代目)(旧・BASEBALL FIRST LEAGUE)の球団についてもここで取り扱う。

四国アイランドリーグplusの永久欠番

高知ファイティングドッグス
愛媛マンダリンパイレーツ

ベースボール・チャレンジ・リーグの永久欠番

リーグ全球団
新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
石川ミリオンスターズ

関西独立リーグ (2代目)の永久欠番

兵庫ブルーサンダーズ
2010Happy Mail