このキーワード
友達に教える
URLをコピー

野田秀樹とは?

 | 
この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2013年4月)

のだ ひでき
野田 秀樹
【生年月日】
(1955-12-20) 1955年12月20日(62歳)
【出生地】
日本長崎県西彼杵郡崎戸町(現西海市崎戸町)
【職業】
俳優劇作家演出家
【配偶者】
竹下明子(1986年 - 1987年)
藤田陽子(2005年 - )
【著名な家族】
野田博明
【主な作品】

新選組!

野田 秀樹(のだ ひでき、1955年12月20日 - )は日本の劇作家・演出家・役者。多摩美術大学教授東京芸術劇場芸術監督。朝日賞選考委員(2015年度より)。

目次

  • 1 来歴
  • 2 経歴
  • 3 作品特徴
  • 4 出演作品
    • 4.1 テレビドラマ
    • 4.2 映画
    • 4.3 吹き替え
  • 5 上演作品
  • 6 著作
    • 6.1 戯曲
    • 6.2 オペラ演出
    • 6.3 小説集
    • 6.4 随筆・雑文集
    • 6.5 対談集・共著
  • 7 受賞歴
  • 8 関連項目
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 外部リンク

来歴

長崎県西彼杵郡崎戸町(現西海市崎戸町)に生まれる。三菱炭坑勤務の父の転勤先であったため、すぐ東京へ引越す。兄は野田博明 である。小学校の同級生に映画監督の金子修介がいる。

1986年に劇団夢の遊眠社所属の女優竹下明子結婚したが、翌年に離婚

1989年、網膜中心動脈閉塞症(目に通じる血管が詰まる病気)が原因で右目を失明する。

舞台『真夏の夜の夢』(1992年)で知り合った大竹しのぶと5年にわたる同棲生活を送ったが、その後破局している。

2005年12月に女優・歌手の藤田陽子再婚2009年6月1日に第1子女児が誕生した。2014年に第2子女児、2018年に第3子男児が誕生。

経歴

 | 
年譜形式の経歴は推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2013年4月)

作品特徴

出演作品

テレビドラマ

映画

吹き替え

上演作品

※ほとんどの作品に自らも俳優として出演している。

著作

戯曲

オペラ演出

小説集

随筆・雑文集

対談集・共著

受賞歴

関連項目

脚注

注釈

  1. ^ 興銀広報部長、みずほフィナンシャルストラテジー常勤監査役などを歴任。脳出血を患い、そのリハビリ体験を各所で公表している。
  2. ^ 本人は「皿を洗う作業」と称している。

出典

  1. ^ │多摩美術大学 美術学部 演劇舞踊デザイン学科[演劇舞踊コース・劇場美術デザインコース”. 教員紹介 演劇舞踊コース. 多摩美術大学. 2015年4月30日閲覧。
  2. ^ 「監督!監督!監督! 金子修介」『ウルトラマンマックス マックス!マックス!マックス!怪獣大画報』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクション〉、2006年10月30日、pp.52-53。ISBN 4257037350。
  3. ^ 28歳の若妻が妊娠7ヵ月 野田秀樹、53歳でパパに、2009年3月6日、zakzak、2013年2月18日参照。
  4. ^ 日経新聞夕刊「人間発見‐演劇の力を信じて‐劇作家・演出家野田秀樹④」2010年1月7日(木)掲載
  5. ^ “野田秀樹氏 IMALUとの同居生活明かす「今でも幸せだったなと」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年7月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/14/kiji/K20130714006217000.html 2017年9月1日閲覧。
  6. ^ “野田秀樹さん、俳優の藤田陽子さんと再婚”. asahi.com (朝日新聞社). (2006年1月7日). http://www.asahi.com/culture/entertainment/news/TKY200601070107.html 2017年9月1日閲覧。
  7. ^ “野田秀樹が第1子女児誕生を直筆報告「溺愛する予定」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年6月1日). http://www.oricon.co.jp/news/66594/full/ 2017年9月1日閲覧。
  8. ^ “野田秀樹氏、62歳でパパ!…妻の38歳・藤田陽子が第3子を出産”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180615-OHT1T50241.html 2018年6月16日閲覧。
  9. ^ “野田秀樹氏 6年ぶりTVドラマ出演!NHK「眩」で滝沢馬琴役”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/01/kiji/20170830s00041000238000c.html 2017年9月1日閲覧。
  10. ^ 紫綬褒章:受章者 野田秀樹さんら25人 毎日新聞 2011年6月15日閲覧

外部リンク

毎日芸術賞受賞者


第27回岸田國士戯曲賞
1950年代 | 
  • 第1回 該当作なし
  • 第2回 大橋喜一『楠三吉の青春』/小幡欣治『畸形児』
  • 第3回 該当作なし
  • 第4回 堀田清美『島』
  • 第5回 該当作なし

1960年代 | 
  • 第6回 小林勝『檻』/早坂久子『相聞』
  • 第7回 該当作なし
  • 第8回 宮本研『日本人民共和国』『メカニズム作戦』/八木柊一郎『波止場乞食と六人の息子たち』『コンベヤーは止まらない』
  • 第9回 山崎正和世阿彌
  • 第10回 人見嘉久彦『友絵の鼓』/菅龍一『女の勤行』
  • 第11回 該当作なし
  • 第12回 川俣晃自『関東平野』/広田雅之『砂と城』
  • 第13回 別役実マッチ売りの少女』『赤い鳥の居る風景』
  • 第14回 秋浜悟史『幼児たちの後の祭り』に至るまでの諸作品の成果

  • 1970年代 | 
  • 第15回 唐十郎少女仮面
  • 第16回 佐藤信『鼠小僧次郎吉』
  • 第17回 井上ひさし道元の冒険
  • 第18回 つかこうへい熱海殺人事件』/清水邦夫『ぼくらが非情の大河をくだるとき』
  • 第19回 該当作なし
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/19 00:07

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「野田秀樹」の意味を投稿しよう
    「野田秀樹」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    野田秀樹スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「野田秀樹」のスレッドを作成する
    野田秀樹の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail