このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金宰煥とは?

金 宰煥 (キム・ジェファン)
Kim Jae-Hwan
斗山ベアーズ #32

2016年の金宰煥

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
江原道束草市
【生年月日】
(1988-09-22) 1988年9月22日(31歳)
【身長
体重】
183 cm
90 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
左翼手指名打者
【プロ入り】
2008年 KBO・ドラフト2次1ラウンド
【初出場】
KBO/ 2008年4月18日
【年俸】
7億3000万ウォン(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
プレミア12
2019年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【キム・ジェファン】

【各種表記】

ハングル: 김재환
漢字: 金宰煥
【発音:】
キムジェファン
日本語読み: きん・さいかん
英語表記: Kim Jae-Hwan

金 宰煥(キム・ジェファン、韓国語:김재환、1988年9月22日 - )は、大韓民国の江原道束草市出身のプロ野球選手(外野手指名打者)。

経歴

2008年に斗山ベアーズから指名を受けて入団した。当時のポジションは捕手で、ルーキーイヤーはほとんど二軍生活だった。

2009年に兵役のため尚武野球団に入団した。翌年に除隊されると、ポジションを一塁手および指名打者に変更した。

二軍で迎えた2010年5月7日の警察野球団戦ではサイクル安打を記録した。さらに同月27日のSKワイバーンズ二軍戦でもサイクル安打を記録。2020年6月現在、二軍戦で1シーズンに2回サイクル安打を達成したのは彼と文宣燁(元三星ライオンズ)の二人だけである。

2011年には尹晳敏などとの併用で30試合に出場し、プロ初ホームランも記録した。しかしシーズン終了後に禁止薬物のテストステロンを不正に服用していたことが発覚し、2012年に公式戦10試合出場停止の処分を受けた。さらに処分を受けた時のインタビューで「封印が解除された。」(봉인이 해제됐어요)と発言し、激しく非難された。

2012年には処分が解除された後にロッテ・ジャイアンツ戦のプレーオフ第1戦目に出場。林載哲の代打で登場し、結果はセンターフライに倒れた。

2014年には再び捕手にポジションを変更したが梁義智崔在勳などの豊富な捕手陣からレギュラーを奪い取るには至らず、翌年に再び一塁手にコンバートした。

2015年に新監督の金泰亨が就任すると、シーズン開幕最初の試合となるNCダイノス戦で林正鎬から逆転決勝ホームランを放ち、金泰亨の監督就任初試合を勝利で飾った。しかしオールスター戦後には調子を上げてきた呉在一の台頭によって出場機会が減少。同年オフに左翼手にコンバートした。

2016年には鄭秀彬などとの外野手争いを制して多くの試合に出場した。シーズンを通じてはいずれもリーグ3位となる37本塁打、124打点を記録し、チーム初となる打率3割30本塁打100打点を達成した。また、ゴールデングラブ賞を受賞した。

2017年は左翼手のレギュラーに定着し、全試合に出場した。昨年よりもさらに成績が上がり、いずれもリーグ3位となる35本塁打、115打点、110得点、81四球、出塁率4割2分9厘を挙げた。

2018年は44本塁打で本塁打王のタイトルを、133打点で打点王の個人タイトルを獲得した。さらにジャカルタ・パレンバンアジア競技大会野球韓国代表として出場した。

2019年は上位打線として活躍し、プレミア12韓国代表に朴健祐とともに抜擢された。

2019 WBSCプレミア12ではスーパーラウンド対アメリカ合衆国戦で先制決勝ホームランを放った。しかし大会の通算では8試合の出場で25打数4安打6打点1本塁打にとどまり、打率は1割台とあまり活躍することはできなかった。

2019年シーズンオフにポスティングシステムによるMLB移籍を試みたが契約する球団はなく期限切れとなり、2020年は斗山と再契約した。

2020年6月4日のKTウィズ戦では1回表に金珉から先制決勝ホームランを放ち、歴代48番目の通算150本塁打を達成した。

プレースタイル・人物

入団当時は守備難が目立ったが、左翼手にコンバートした2016年以降はリーグ平均以上の堅実な守備を見せるようになった。特に捕手出身のため強肩で相手走者の進塁をたやすく許さない送球が持ち味。

打撃フォームはケン・グリフィー・ジュニアのものを参考にしている。そのため極端なアッパースイングであり高いボールが弱点である。

やや短気な一面を見せる。

通算記録

【年度】
【チーム】
【打率】
【試合】
【打数】
【得点】
【安打】
【2塁打】
【3塁打】
【本塁打】
【塁打】
【打点】
【盗塁】
【盗塁死】
【四球】
【死球】
【三振】
【併殺】
失策
2008 | 斗山 | 0.143 | 14 | 21 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 6 | 0 | 0
2011 | 0.185 | 30 | 54 | 4 | 10 | 3 | 0 | 2 | 19 | 8 | 1 | 1 | 1 | 1 | 14 | 2 | 0
2012 | 0.128 | 13 | 39 | 7 | 5 | 1 | 0 | 1 | 9 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 9 | 0 | 2
2014 | 0.306 | 52 | 85 | 12 | 26 | 6 | 0 | 3 | 41 | 13 | 1 | 0 | 11 | 0 | 12 | 3 | 2
2015 | 0.235 | 48 | 153 | 24 | 36 | 8 | 0 | 7 | 65 | 22 | 4 | 1 | 22 | 2 | 39 | 6 | 2
2016 | 0.325 | 134 | 492 | 107 | 160 | 32 | 3 | 37 | 309 | 124 | 8 | 2 | 71 | 0 | 107 | 9 | 5
2017 | 0.340 | 144 | 544 | 110 | 185 | 34 | 2 | 35 | 328 | 115 | 4 | 1 | 81 | 7 | 123 | 8 | 8
2018 | 0.334 | 139 | 527 | 104 | 176 | 36 | 1 | 44 | 346 | 133 | 2 | 0 | 59 | 9 | 134 | 6 | 4
2019 | 0.283 | 136 | 485 | 76 | 140 | 20 | 5 | 15 | 215 | 91 | 3 | 1 | 63 | 5 | 113 | 7 | 0
通算 | 9シーズン | 0.307 | 710 | 2410 | 444 | 741 | 140 | 11 | 144 | 1335 | 507 | 23 | 7 | 312 | 24 | 557 | 41 | 23

脚注

  1. ^ https://mnews.joins.com/article/4343675#home
  2. ^ “封印が解除された”. https://m.mt.co.kr/renew/view.html?no=2018111916205049577&type=outlink&ref=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp
  3. ^ “プレミア12メンバー発表”. https://tw.sports.yahoo.com/news/韓國隊28人名單-20歲姜白虎入選-035539965.html
  4. ^ 韓国代表のキム・ジェファンがMLB挑戦 「プレミア12」で主軸、3年連続35本塁打以上”. Full-Count (2019年12月5日). 2019年12月5日閲覧。
  5. ^ “時間切れ残留”. https://www.hankyung.com/sports/amp/202001064301Y?__twitter_impression=true

外部リンク

斗山ベアーズ 2020
【監督】

88 金泰亨


【一軍コーチ】

【二軍監督・コーチ】
  • 87 朴哲祐(監督)
  • 75 権明哲(投手総括)
  • 89 孔弼聖(野手総括)
  • 91 裵英洙(投手)
  • 95 崔京煥(打撃)
  • 85 李龍昊(ブルペン)
  • 72 曺敬擇(バッテリー)
  • 78 崔海明(守備兼作戦)
  • 83 李光雨(トレーニング)
  • 74 柳志烜(リハビリ)
  • 84 金尚珍(リハビリ投手)
  • 76 張元鎮(リハビリ打撃)
  • 80 金昣秀(リハビリバッテリー)

【投手】

【捕手】
  • 10 朴世爀
  • 12 崔容済
  • 22 張承賢
  • 26 李承旻
  • 44 張圭彬
  • 57 権基栄
  • 58 鄭相昊
  • 62 李承旻
  • 96 申珉哲

【内野手】

【外野手】


業績(KBO)
韓国野球委員会本塁打王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会打点王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会MVP
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(外野手)
【1980年代】
  • 82 金城官,梁承寬,金準桓
  • 83 金鍾模,朴鍾勳,張孝祚
  • 84 張孝祚,金鍾模,洪文鍾
  • 85 李光殷,朴鍾勳,張孝祚
  • 86 張孝祚,李光殷,金鍾模
  • 87 李光殷,金鍾模,張孝祚
  • 88 李順喆,李康敦,李正勳
  • 89 金一權,李康敦,高元富

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



野球大韓民国代表 - 2019 WBSCプレミア12
【監督】

74 金卿文


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/14 05:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「金宰煥」の意味を投稿しよう
「金宰煥」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

金宰煥スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「金宰煥」のスレッドを作成する
金宰煥の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail