このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金山次郎とは?


コーチ歴

  • 広島カープ (1957 - 1961)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


金山 次郎(かなやま じろう、1922年7月19日 - 1984年3月30日)は、福岡県出身のプロ野球選手

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 記録
    • 2.4 背番号
  • 3 関連情報
    • 3.1 出演番組
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

豊国商業(現豊国学園高)から1943年名古屋軍へ入団。

1944年に3本で本塁打王を獲得。

1948年に球団代表の赤嶺昌志が辞任に追い込まれると、後を追って、小鶴誠加藤正二古川清蔵三村勲野口正明岩本章井上嘉弘藤原鉄之助らと共に退団し、永田雅一が結成した大映球団に所属し大映球団が東急フライヤーズに合流する形で急映フライヤーズに移籍した。

1949年金星スターズが永田雅一によって買収され大映スターズとなり、そのチームに小鶴誠らと共に移籍。

1950年、2リーグが分裂で赤嶺昌志のセ・リーグ総務の就任に伴いセントラル・リーグ松竹ロビンスに小鶴誠、三村勲と共に移籍。この年、三村勲との1・2番コンビ、小鶴誠・岩本義行大岡虎雄のクリーンナップトリオで水爆打線と呼ばれた強力打線を形成し、セ・リーグの初代チャンピオンとなった。また自らは74盗塁で初の盗塁王を獲得、この74盗塁は1948年度河西俊雄(南海)の66盗塁を上回る新記録だったが、同じ年に木塚忠助(南海)が78盗塁を記録したため、セ・リーグ記録にとどまった。しかし1983年松本匡史(巨人)に76盗塁で破られるまでのセ・リーグ記録であり、現在でもセ・リーグ歴代第2位の記録である。また、単打142本は千葉茂の記録を更新する当時の日本プロ野球記録だった。

1952年、63盗塁で2度目の盗塁王を獲得。

1953年石本秀一に要請され、小鶴誠・三村勲・片山博と共に広島カープに移籍。ここでも一番打者、二塁手として活躍し、58盗塁で3度目の盗塁王を獲得、広島カープの走る野球の原点となり、人情味あふれる人柄もあわせて「金山が広島を変えた」と言われた。

1955年8月、史上初となる400盗塁を達成。1957年に内野守備コーチ兼任となる。同年シーズン限りで現役引退し、引き続き1958年から1961年まで広島の内野守備走塁コーチを務めた。

1962年中国放送の野球解説者となり、1975年のカープ初優勝を果たした試合での解説は、ファンの語り草となっている。 歓喜と熱意で迎えてくれた広島を愛し続けた。1980年からは日刊スポーツ野球評論家も務めた。

1984年3月30日、心不全のため逝去。享年61。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1943 | 名古屋
産業
中部日本
中日
 | 67 | 257 | 231 | 11 | 44 | 5 | 1 | 0 | 51 | 13 | 4 | 4 | 13 | -- | 13 | -- | 0 | 28 | -- | .190 | .234 | .221 | .454
1944 | 35 | 149 | 131 | 17 | 32 | 3 | 1 | 3 | 46 | 11 | 10 | 3 | 1 | -- | 17 | -- | 0 | 9 | -- | .244 | .331 | .351 | .682
1946 | 82 | 307 | 270 | 40 | 76 | 9 | 3 | 2 | 97 | 14 | 18 | 9 | 10 | -- | 26 | -- | 1 | 31 | -- | .281 | .347 | .359 | .706
1947 | 118 | 497 | 448 | 58 | 109 | 12 | 8 | 2 | 143 | 29 | 34 | 14 | 10 | -- | 35 | -- | 4 | 37 | -- | .243 | .304 | .319 | .623
1948 | 急映 | 119 | 502 | 468 | 51 | 110 | 10 | 2 | 2 | 130 | 22 | 35 | 15 | 7 | -- | 27 | -- | 0 | 35 | -- | .235 | .277 | .278 | .555
1949 | 大映 | 49 | 107 | 100 | 9 | 21 | 4 | 1 | 0 | 27 | 5 | 3 | 0 | 3 | -- | 4 | -- | 0 | 8 | -- | .210 | .240 | .270 | .510
1950 | 松竹 | 137 | 646 | 594 | 104 | 185 | 26 | 10 | 7 | 252 | 67 | 74 | 13 | 7 | -- | 43 | -- | 2 | 61 | 5 | .311 | .360 | .424 | .784
1951 | 109 | 522 | 473 | 83 | 127 | 18 | 3 | 4 | 163 | 36 | 42 | 14 | 11 | -- | 38 | -- | 0 | 39 | 3 | .268 | .323 | .345 | .668
1952 | 117 | 510 | 483 | 48 | 115 | 18 | 5 | 3 | 152 | 22 | 63 | 20 | 2 | -- | 23 | -- | 2 | 43 | 5 | .238 | .276 | .315 | .590
1953 | 広島 | 117 | 521 | 462 | 72 | 109 | 19 | 2 | 5 | 147 | 27 | 58 | 16 | 5 | -- | 49 | -- | 5 | 47 | 7 | .236 | .316 | .318 | .634
1954 | 104 | 452 | 405 | 48 | 91 | 19 | 0 | 7 | 131 | 31 | 33 | 11 | 10 | 1 | 30 | -- | 5 | 47 | 3 | .225 | .286 | .323 | .610
1955 | 119 | 527 | 494 | 50 | 119 | 15 | 3 | 8 | 164 | 29 | 41 | 13 | 9 | 1 | 21 | 0 | 2 | 45 | 3 | .241 | .275 | .332 | .607
1956 | 108 | 436 | 402 | 24 | 82 | 8 | 2 | 0 | 94 | 15 | 18 | 17 | 7 | 5 | 20 | 0 | 2 | 47 | 4 | .204 | .245 | .234 | .479
1957 | 85 | 341 | 304 | 33 | 61 | 9 | 1 | 2 | 78 | 17 | 23 | 2 | 11 | 1 | 25 | 0 | 0 | 48 | 0 | .201 | .261 | .257 | .518
通算:14年 1366 | 5774 | 5265 | 648 | 1281 | 175 | 42 | 45 | 1675 | 338 | 456 | 151 | 106 | 8 | 371 | 0 | 23 | 525 | 30 | .243 | .296 | .318 | .614

タイトル

記録

節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

出演番組

脚注

  1. ^ 日外アソシエイツ刊 森岡浩編「プロ野球人名事典」333ページ

関連項目

外部リンク

本塁打王(日本プロ野球1リーグ時代)

1945年は太平洋戦争のため中断

セントラル・リーグ盗塁王
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 中利夫
  • 1961 近藤和彦
  • 1962 河野旭輝
  • 1963 高木守道
  • 1964 古葉竹識
  • 1965 高木守道
  • 1966 柴田勲
  • 1967 柴田勲
  • 1968 古葉竹識
  • 1969 柴田勲

  • 1970年代 | 
  • 1970 東条文博
  • 1971 高田繁
  • 1972 柴田勲
  • 1973 高木守道
  • 1974 中塚政幸
  • 1975 大下剛史
  • 1976 衣笠祥雄
  • 1977 柴田勲
  • 1978 柴田勲
  • 1979 高橋慶彦

  • 1980年代 | 
  • 1980 高橋慶彦
  • 1981 青木実
  • 1982 松本匡史
  • 1983 松本匡史
  • 1984 高木豊
  • 1985 高橋慶彦
  • 1986 屋鋪要, 平野謙
  • 1987 屋鋪要
  • 1988 屋鋪要
  • 1989 正田耕三

  • 1990年代 | 
  • 1990 緒方耕一, 野村謙二郎
  • 1991 野村謙二郎
  • 1992 飯田哲也
  • 1993 緒方耕一, 石井琢朗
  • 1994 野村謙二郎
  • 1995 緒方孝市
  • 1996 緒方孝市
  • 1997 緒方孝市
  • 1998 石井琢朗
  • 1999 石井琢朗

  • 2000年代 | 
  • 2000 石井琢朗
  • 2001 赤星憲広
  • 2002 赤星憲広
  • 2003 赤星憲広
  • 2004 赤星憲広
  • 2005 赤星憲広
  • 2006 青木宣親
  • 2007 荒木雅博
  • 2008 福地寿樹
  • 2009 福地寿樹

  • 2010年代 | 
  • 2010 梵英心
  • 2011 藤村大介
  • 2012 大島洋平
  • 2013 丸佳浩
  • 2014 梶谷隆幸
  • 2015 山田哲人
  • 2016 山田哲人
  • 2017 田中広輔
  • 2018 山田哲人


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/18 13:03

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「金山次郎」の意味を投稿しよう
    「金山次郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    金山次郎スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「金山次郎」のスレッドを作成する
    金山次郎の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail