このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金東柱とは?

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
ソウル特別市
【生年月日】
(1976-02-03) 1976年2月3日(44歳)
【身長
体重】
180 cm
98 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
三塁手
【プロ入り】
1993年 KBO一次ドラフト
【初出場】
1998年4月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
五輪
2000年2008年
WBC
2006年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2008 | 野球
 | 2000 | 野球
【キム・ドンジュ】

【各種表記】

ハングル: 김동주
漢字: 金東柱
【発音:】
キムドンジュ
英語表記: Kim Dong Joo

金 東柱(キム・ドンジュ、韓国語: 김동주1976年2月3日 - )は、大韓民国ソウル特別市の元プロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。

野球韓国代表の常連であり、シドニーオリンピック野球韓国代表北京オリンピック野球韓国代表として出場経験を持つ。2009年1月に韓国代表引退を表明し、第2回WBCには出場しなかった。

経歴

アマチュア時代

高校時代からパワーと正確性を兼備した大型打者として鳴らした。高校3年生の時の1993年の秋の1次ドラフトでOBベアーズの指名を受けたが、本人は高麗大学への進学を選択。大学卒業後、1993年の1次ドラフトでの指名でOBベアーズに入団した。

斗山時代

プロ1年目からサードのレギュラーの座を奪取して、チームのポストシーズン進出にも大きく貢献。以後、韓国を代表する右の大砲としてのイメージを確立した。

当時タイロン・ウッズ、金東柱、沈正洙で構成された斗山のクリーンナップは他球団の脅威となっていた。

2004年オフには成績不振などから引退宣言をしたが 、すぐに撤回し翌2005年は故障で終盤欠場したものの打率.302、10本塁打と復活を果たした。

2006年第1回WBC1次リーグの対チャイニーズタイペイ戦で肩を脱臼して全治3ヶ月の重傷を負い(鄭成勲と途中交代)、わずか43試合の出場にとどまった。

2007年には119試合に出場し、打率リーグ5位の成績を残した。

2004年以降は、シーズン20本塁打を越えたことが無くなり、代わりに柔らかいバッティングができる中距離打者へと変貌を遂げた。

2007年オフにFA権を行使。引きとめのために斗山は4年62億ウォン(約7億円)という契約提示を行ったが、日本球界移籍を目指す。

しかし金は日本球界移籍の条件として2年4億円という度を超える金額を設定。この要求額の前に獲得を表明するNPB球団は現れず、韓国野球委員会へ身分照会を行った球団もなかった。これを見た斗山も、元メジャーリーガー金善宇の獲得に全力を注いでいた事情もあって、契約提示を撤回してしまった。

年明けの2008年1月6日、斗山から梯子を外された形となった金はなんとしてでも日本球界移籍を果たそうと自ら来日し翌日の7日、金側からの要求で横浜DeNAベイスターズと入団交渉を行った。しかし翌8日に横浜から断られた。

10日に金は斗山に日本球界移籍を断念することを伝え、再契約の交渉に入る。斗山は4年50億ウォンを提示するも来季の日本球界移籍を希望する金の意向に合わせて1年契約を結ぶことになり、14日に1年契約年俸7億ウォン、出来高2億ウォンで契約を締結した。

2008年オフも日本球界への移籍を図ったが、斗山が移籍を認めなかったことで断念。

2011年オフ、2度目のFA権を行使し、再び日本球界への移籍を目指したが、どこからもオファーはなくまたも移籍に失敗。結局斗山と2012年からの3年契約を結び残留した。

2012年は足の故障もありシーズン後半は試合に出場せず、6年ぶりに出場試合数が100を下回った。

2013年は許敬民などにポジションを奪われさらに出場機会が減少した。

2014年はプロ入り後初めて一軍出場がなく、同年オフに斗山から戦力外通告を受けた。

斗山退団後は現役続行を希望していたが、契約する球団はなく2015年1月現役引退を表明した。

プレースタイル・人物

センターまで125メートル、両翼まで100メートルと韓国で最大規模の蚕室野球場で場外ホームランを打った唯一の選手である。

長打力だけでなく、正確性にも優れて2003年には首位打者を獲得した好打者。

重さを感じさせる体格のため膝に故障を抱えており、守備に関しては守備範囲が狭く失策も多い。

応援歌はかつて姜永寿李明洙が使っていたものの流用である。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1998 | OB
斗山
 | 125 | 510 | 547 | 69 | 121 | 21 | 1 | 24 | 216 | 89 | 4 | 3 | 0 | 16 | 29 | 2 | 8 | 87 | 14 | .265 | .310 | .473 | .783
1999 | 114 | 455 | 399 | 62 | 128 | 25 | 3 | 22 | 225 | 84 | 2 | 1 | 1 | 4 | 41 | 1 | 10 | 53 | 9 | .321 | .394 | .564 | .958
2000 | 127 | 539 | 469 | 78 | 159 | 29 | 1 | 31 | 283 | 106 | 5 | 2 | 0 | 6 | 51 | 1 | 13 | 65 | 17 | .339 | .414 | .603 | 1.017
2001 | 103 | 421 | 364 | 49 | 118 | 18 | 0 | 18 | 190 | 62 | 2 | 2 | 0 | 6 | 47 | 5 | 4 | 57 | 10 | .324 | .401 | .522 | .923
2002 | 120 | 487 | 415 | 63 | 132 | 21 | 0 | 26 | 231 | 79 | 1 | 1 | 0 | 7 | 52 | 2 | 13 | 61 | 8 | .318 | .405 | .557 | .961
2003 | 118 | 504 | 401 | 61 | 137 | 23 | 2 | 23 | 233 | 89 | 3 | 2 | 0 | 13 | 79 | 8 | 11 | 53 | 15 | .342 | .450 | .581 | 1.031
2004 | 124 | 517 | 430 | 72 | 123 | 19 | 1 | 19 | 201 | 76 | 4 | 6 | 0 | 2 | 69 | 3 | 16 | 67 | 14 | .286 | .402 | .467 | .870
2005 | 94 | 338 | 268 | 51 | 81 | 13 | 1 | 10 | 126 | 50 | 1 | 2 | 0 | 1 | 57 | 9 | 12 | 38 | 10 | .302 | .444 | .470 | .914
2006 | 43 | 164 | 140 | 19 | 35 | 7 | 0 | 4 | 54 | 16 | 0 | 0 | 0 | 0 | 23 | 2 | 1 | 17 | 7 | .250 | .360 | .386 | .746
2007 | 119 | 481 | 382 | 68 | 123 | 24 | 0 | 19 | 204 | 78 | 11 | 2 | 0 | 2 | 83 | 11 | 14 | 55 | 10 | .322 | .457 | .534 | .991
2008 | 109 | 451 | 363 | 55 | 112 | 12 | 2 | 18 | 182 | 104 | 2 | 2 | 0 | 13 | 63 | 5 | 12 | 54 | 11 | .309 | .415 | .501 | .916
2009 | 105 | 426 | 354 | 63 | 125 | 28 | 0 | 19 | 210 | 86 | 3 | 1 | 0 | 3 | 61 | 10 | 8 | 55 | 17 | .353 | .455 | .593 | 1.049
2010 | 110 | 470 | 387 | 60 | 114 | 22 | 0 | 20 | 196 | 67 | 0 | 1 | 1 | 5 | 67 | 4 | 10 | 45 | 15 | .295 | .407 | .506 | .914
2011 | 120 | 483 | 406 | 57 | 116 | 24 | 1 | 17 | 193 | 75 | 6 | 1 | 0 | 3 | 66 | 5 | 8 | 54 | 18 | .286 | .393 | .475 | .869
2012 | 66 | 245 | 223 | 18 | 65 | 5 | 0 | 2 | 76 | 27 | 3 | 1 | 0 | 4 | 16 | 0 | 2 | 24 | 7 | .291 | .339 | .341 | .680
2013 | 28 | 101 | 82 | 6 | 21 | 2 | 0 | 1 | 26 | 9 | 1 | 0 | 0 | 4 | 10 | 0 | 5 | 9 | 4 | .256 | .356 | .317 | .674
KBO:16年 1625 | 6592 | 5540 | 851 | 1710 | 293 | 12 | 273 | 2846 | 1097 | 48 | 27 | 2 | 89 | 814 | 68 | 147 | 794 | 186 | .309 | .405 | .514 | .919

タイトル

背番号

脚注

  1. ^ 두산 "김동주 트레이드 안 한다니까" - OSEN
  2. ^ (프로야구) 김동주, 잠실 구장 100호 홈런 작렬 Template:웨이백 《제주 투데이》 2009년 7월 5일 22:16, 2009년 7월 6일 23:24 확인
  3. ^ 김동주, 두산 떠난다… 보류선수 제외 결정 - 마이데일리DB
  4. ^ 김동주, 끝내 은퇴...17년 정든 유니폼 벗는다 - MK스포츠

関連項目

外部リンク

業績
韓国野球委員会最高出塁率
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(三塁手)
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会首位打者
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(指名打者)
【1980年代】
  • 84 梁世鍾
  • 85 金用熙
  • 86 金奉淵
  • 87 劉承安
  • 88 金容哲
  • 89 朴哲祐

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



野球韓国代表
野球大韓民国代表 - 2000 シドニー五輪 3 銅メダル
【監督】

金応龍


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2006 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

81 金寅植


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球大韓民国代表 - 2008 北京五輪 1 金メダル
【監督】

74 金卿文


【コーチ】
  • 76 趙啓顯(投手)
  • 77 金光洙(走塁)
  • 88 金杞泰(打撃)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/15 11:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「金東柱」の意味を投稿しよう
「金東柱」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

金東柱スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「金東柱」のスレッドを作成する
金東柱の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail