このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金田正泰とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
京都府京都市
【生年月日】
(1920-07-21) 1920年7月21日
【没年月日】
(1992-12-05) 1992年12月5日(72歳没)
【身長
体重】
170 cm
68 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
1942年
【初出場】
1942年3月28日
【最終出場】
1957年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • 大阪タイガース
    阪神タイガース (1958 - 1961, 1972 - 1974)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


金田 正泰(かなだ まさやす、旧姓:竹村、晩年の姓:小武内1920年7月21日 - 1992年12月5日)は、京都府京都市出身(朝鮮慶尚北道生まれ)の元プロ野球選手(外野手)・コーチ監督解説者

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 現役時代
    • 1.2 引退後
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
  • 3 関連情報
    • 3.1 出演番組
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

現役時代

生家は神社で、出生時は竹村姓だった。その後に平安神宮の宮司の養子となり、金田姓となった。旧制平安中学時代は1938年から1941年にかけて4年連続で春の選抜に出場。1938年は夏の選手権にも出場。卒業後は各球団からオファーがあったが、1942年阪神軍へ入団。戦時下で選手数が不足していたため、2年目の1943年にはレギュラーとなったが、打撃成績は他の選手に劣るものだった。戦後の1946年に152安打・打率.347で首位打者最多安打に輝いた。この年から金田に加えて、呉昌征土井垣武藤村富美男本堂保次などリーグを代表する打者を並べた阪神打線は「ダイナマイト打線」と命名された。同年シーズンオフには「扶養家族が多く、年俸8000円では生活できない」という理由で退団。ブローカーに転身したが、1947年の開幕日に復帰。この年も打率がリーグ2位の好成績を収め、チームの優勝に貢献。1949年に結婚して日本に帰化するが、同年シーズンオフに別当薫・土井垣ら主要打者が毎日オリオンズに引き抜かれた。藤村と共に残留した金田は1番打者として奮闘し、1951年にはシーズン18三塁打の日本記録を樹立(2016年現在も破られていない)。1955年には球団初の開幕戦初回先頭打者本塁打を放つ(タイガース日本人選手としては現在も史上唯一、2011年マット・マートンが記録)。1956年には「藤村排斥事件」の中心人物となる。1957年にはレギュラー左翼手の座を大津淳に明け渡し、同年限りで現役を引退。三塁打103本は阪神の球団記録である。

引退後

引退後は1958年からタイガースの二軍監督に就任したが、1959年5月21日から一軍コーチ、シーズンオフの11月25日に監督に昇格。1960年から1961年途中まで指揮を取り、在任中は巨人軍初代監督の藤本定義をヘッドコーチに招聘。退団後は日本教育テレビ毎日放送解説者(1962年 - 1971年)を経て、1972年にヘッドコーチとして阪神に復帰。同年4月21日から監督代行(名目上の監督は村山実だったが成績不振を理由に事実上投手専任となったために、指揮権を譲られたものである)となる。最終的には2位でシーズンを終了する。村山が同年限りで現役を引退したため、1973年からは正式な監督に就任。前年に続いて2位という成績を収めたが、残り2試合でマジック1という状況から優勝を逃し、最終戦に眼前で巨人の逆転V9を許した。5月には権藤正利に対し、「サルでもタバコを吸うのか?」という暴言を口にした。そしてシーズン終了後の1973年11月23日、阪神のファン感謝デー終了後に甲子園球場内で権藤から、その暴言に対する謝罪を求められても受け入れなかった為、殴打された。権藤に対してはリーグから厳重戒告処分、球団からは謹慎処分が下されたが、権藤はそれ以前から引退を決めており、実働20年の連盟表彰を捨てての殴打事件だった(権藤は大変温厚な人物として知られていた。最終的には自由契約で退団)。権藤だけでなく、同年8月には鈴木皖武にも殴られた他、村山の大学の後輩に当たる藤井栄治江夏豊との確執など一部の主力選手との対立が激化した。いずれもすべて金田の責任である。シーズン終了後の11月、江夏には「金田監督の下ではプレーができない」と表明されて内紛が表面化。藤井は権藤に対しての発言が発生する以前から金田に対する不満があり、シーズン終了後にトレードで太平洋クラブライオンズに移籍した。12月に「江夏を抱えてのチーム作りに自信がない」と辞意を表明した金田だったが、両者の意見をそれぞれ聞く形で収拾に乗り出した戸沢一隆球団代表によって、最終的に金田は続投、江夏もチームに残ることとなった。1974年は前半首位で折り返したものの、最終的には4位に後退したため辞任。

監督辞任後は解説者・評論家や少年野球軟式野球の指導者・役員などの活動をせず、球界から一線を引く。小武内(おぶない)姓となり、大阪市内で麻雀店とステーキ店を経営。1992年12月5日急性心不全のため死去。享年72。葬儀は密葬だったこともあり、球界関係者の姿は多くはなかったが、1972年にヘッドコーチとして入閣した時の監督だった村山は葬儀に参列した。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1942 | 阪神
大阪
 | 68 | 179 | 142 | 14 | 21 | 2 | 1 | 1 | 28 | 4 | 5 | 5 | 9 | -- | 27 | -- | 1 | 22 | -- | .148 | .288 | .197 | .485
1943 | 78 | 262 | 207 | 26 | 51 | 7 | 1 | 2 | 66 | 13 | 10 | 4 | 15 | -- | 39 | -- | 1 | 16 | -- | .246 | .368 | .319 | .687
1944 | 24 | 103 | 83 | 13 | 16 | 2 | 3 | 1 | 27 | 7 | 0 | 2 | 4 | -- | 16 | -- | 0 | 10 | -- | .193 | .323 | .325 | .649
1946 | 105 | 494 | 438 | 77 | 152 | 19 | 13 | 1 | 200 | 61 | 10 | 13 | 6 | -- | 48 | -- | 2 | 26 | -- | .347 | .414 | .457 | .871
1947 | 109 | 465 | 396 | 68 | 123 | 15 | 11 | 2 | 166 | 52 | 19 | 9 | 1 | -- | 66 | -- | 2 | 31 | -- | .311 | .412 | .419 | .831
1948 | 134 | 580 | 515 | 75 | 144 | 22 | 8 | 3 | 191 | 48 | 20 | 7 | 5 | -- | 56 | -- | 4 | 36 | -- | .280 | .355 | .371 | .726
1949 | 133 | 605 | 526 | 108 | 159 | 35 | 10 | 10 | 244 | 63 | 21 | 10 | 3 | -- | 72 | -- | 4 | 42 | -- | .302 | .390 | .464 | .854
1950 | 132 | 564 | 480 | 89 | 122 | 21 | 9 | 6 | 179 | 52 | 7 | 8 | 3 | -- | 77 | -- | 4 | 41 | 5 | .254 | .362 | .373 | .735
1951 | 116 | 537 | 456 | 81 | 147 | 23 | 18 | 9 | 233 | 58 | 11 | 4 | 5 | -- | 70 | -- | 6 | 34 | 3 | .322 | .419 | .511 | .930
1952 | 120 | 546 | 475 | 86 | 130 | 20 | 3 | 5 | 171 | 67 | 13 | 4 | 3 | -- | 64 | -- | 4 | 26 | 3 | .274 | .365 | .360 | .725
1953 | 127 | 578 | 486 | 96 | 159 | 25 | 11 | 8 | 230 | 64 | 27 | 9 | 1 | -- | 87 | -- | 4 | 33 | 0 | .327 | .433 | .473 | .907
1954 | 120 | 536 | 463 | 81 | 143 | 27 | 10 | 4 | 202 | 35 | 28 | 10 | 1 | 2 | 68 | -- | 2 | 47 | 5 | .309 | .398 | .436 | .834
1955 | 126 | 549 | 488 | 47 | 124 | 16 | 4 | 2 | 154 | 32 | 11 | 14 | 4 | 3 | 53 | 1 | 1 | 57 | 5 | .254 | .327 | .316 | .642
1956 | 67 | 203 | 179 | 18 | 31 | 2 | 1 | 1 | 38 | 9 | 5 | 0 | 1 | 1 | 19 | 0 | 3 | 31 | 1 | .173 | .262 | .212 | .475
1957 | 17 | 23 | 20 | 2 | 5 | 2 | 0 | 0 | 7 | 3 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | 0 | 0 | 5 | 0 | .250 | .318 | .350 | .668
通算:15年 1476 | 6224 | 5354 | 881 | 1527 | 238 | 103 | 55 | 2136 | 568 | 187 | 99 | 62 | 6 | 764 | 1 | 38 | 457 | 22 | .285 | .378 | .399 | .777

タイトル

表彰

記録

節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

出演番組

※いずれも現行のタイトル

脚注

  1. ^ 『大阪タイガース球団史』、松木謙治郎奥井成一共著、ベースボール・マガジン社1992年)。こうした経緯から、正泰自身は「金田」姓の人物に散見される在日韓国・朝鮮人ではない可能性があるが、当時は朝鮮半島が日本領で、当然朝鮮半島出身者も日系・朝鮮系を問わず「日本人」として扱われ、神職に就く例もあり、日本式の姓名に改名する者もいたため、養子に入った宮司が朝鮮半島系の人物だったかは不明である。また正泰自身も朝鮮半島の生まれではあるが、神職として移住した日系か元来の朝鮮半島系かは不明である。
  2. ^ 江夏豊によると広島遠征時に起きたできごとであるという(『左腕の誇り 江夏豊自伝』(草思社、2001年、P152 - 153))。
  3. ^ 場所については、1973年11月25日のサンケイスポーツと1973年12月2日の読売新聞は「ロッカールーム」と記し、江夏豊は『左腕の誇り』で「監督室」と述べている。
  4. ^ 読売新聞1973年12月2日、12月13日
  5. ^ 江夏豊は『左腕の誇り 江夏豊自伝』でこのときの経緯を詳細に証言している(同書P153 - 154)。
  6. ^ 当時はプロ・アマ間の断絶があり、元プロ選手のアマチュアへの指導は中学生以下と軟式野球の一部に限られた。

関連項目

外部リンク

大阪タイガース及び阪神タイガース監督 1960-1961.8、1973-1974


業績
首位打者(日本プロ野球1リーグ時代)

1945年は太平洋戦争のため中断

ベストナイン(日本プロ野球1リーグ時代)
1940年 | 

1947年 | 
  • 投手:別所昭
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:杉浦清
  • 外野手:大下弘, 坪内道則, 金田正泰

  • 1948年 | 
  • 投手:別所昭, 中尾碩志, 真田重男
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:木塚忠助
  • 外野手:青田昇, 別当薫, 坪内道則

  • 1949年 | 
  • 投手:藤本英雄
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:木塚忠助
  • 外野手:小鶴誠, 別当薫, 大下弘

  • 上記以外の年は表彰なし

    セントラル・リーグ ベストナイン(外野手)
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 中利夫, 並木輝男, 森徹
  • 1961 江藤慎一, 近藤和彦, 森永勝治
  • 1962 近藤和彦, 並木輝男, 森永勝治
  • 1963 江藤慎一, 近藤和彦, 藤井栄治
  • 1964 江藤慎一, 近藤和彦, 重松省三
  • 1965 江藤慎一, 近藤和彦, 中暁生
  • 1966 江藤慎一, 中暁生, 山本一義
  • 1967 近藤和彦, 柴田勲, 中暁生
  • 1968 江藤慎一, D.ロバーツ, 山内一弘
  • 1969 高田繁, D.ロバーツ, 山本一義

  • 1970年代 | 
  • 1970 江尻亮, 高田繁, 中暁生
  • 1971 柴田勲, 高田繁, 水谷実雄
  • 1972 柴田勲, 高田繁, 若松勉
  • 1973 江尻亮, 柴田勲, 若松勉
  • 1974 G.マーチン, 末次利光, 若松勉
  • 1975 井上弘昭, 山本浩二, ロジャー
  • 1976 張本勲, 谷沢健一, 若松勉
  • 1977 張本勲, 山本浩二, 若松勉
  • 1978 C.マニエル, 山本浩二, 若松勉
  • 1979 M.ラインバック, 山本浩二, 若松勉

  • 1980年代 | 
  • 1980 杉浦亨, 山本浩二, 若松勉
  • 1981 J.ライトル, 田尾安志, 山本浩二
  • 1982 田尾安志, 長崎啓二, 山本浩二
  • 1983 田尾安志, 松本匡史, 山本浩二
  • 1984 山崎隆造, 山本浩二, 若松勉
  • 1985 杉浦享, 真弓明信, 山崎隆造
  • 1986 W.クロマティ, 山本浩二, 吉村禎章
  • 1987 W.クロマティ, C.ポンセ, 吉村禎章
  • 1988 C.ポンセ, J.パチョレック, 広沢克己
  • 1989 W.クロマティ, 彦野利勝, 山崎賢一

  • 1990年代 | 
  • 1990 J.パチョレック, 原辰徳, 広沢克己
  • 1991 R.J.レイノルズ, 原辰徳, 広沢克己
  • 1992 飯田哲也, 前田智徳, L.シーツ
  • 1993 A.パウエル, 新庄剛志, 前田智徳
  • 1994 A.パウエル, G.ブラッグス, 前田智徳
  • 1995 A.パウエル, 金本知憲, 松井秀喜
  • 1996 A.パウエル, 松井秀喜, 山崎武司
  • 1997 鈴木尚典, D.ホージー, 松井秀喜
  • 1998 鈴木尚典, 前田智徳, 松井秀喜
  • 1999 関川浩一, 高橋由伸, 松井秀喜

  • 2000年代 | 
  • 2000 金本知憲, 新庄剛志, 松井秀喜
  • 2001 稲葉篤紀, 金本知憲, 松井秀喜
  • 2002 清水隆行, 福留孝介, 松井秀喜
  • 2003 赤星憲広, A.ラミレス, 福留孝介
  • 2004 金本知憲, 嶋重宣, T.ローズ
  • 2005 青木宣親, 赤星憲広, 金本知憲
  • 2006 青木宣親, 金本知憲, 福留孝介
  • 2007 青木宣親, A.ラミレス, 高橋由伸
  • 2008 A.ラミレス, 青木宣親, 金本知憲
  • 2009 A.ラミレス, 青木宣親, 内川聖一

  • 2010年代 | 
  • 2010 M.マートン, 青木宣親, 和田一浩
  • 2011 長野久義, M.マートン, 青木宣親
  • 2012 長野久義, 大島洋平, W.バレンティン
  • 2013 W.バレンティン, M.マートン, 長野久義
  • 2014 M.マートン, 丸佳浩, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/07/05 10:44

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「金田正泰」の意味を投稿しよう
    「金田正泰」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    金田正泰スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「金田正泰」のスレッドを作成する
    金田正泰の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail