このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金相賢_(内野手)とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "金相賢" 内野手ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2019年11月)
 | 本来の表記は「金相賢」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
金 相賢(キム・サンヒョン)
Kim-Sang Hyeon
金相賢ベースボールアカデミー

【基本情報】

【国籍】
韓国
【出身地】
全羅北道群山市
【生年月日】
(1980-11-12) 1980年11月12日(39歳)
【身長
体重】
186 cm
80 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
三塁手外野手
【プロ入り】
2000年 2次ドラフト6位指名
【初出場】
KBO / 2001年7月3日
【最終出場】
KBO / 2016年7月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


金相賢

【各種表記】

ハングル: 김상현
漢字: 金相賢
【発音:】
キム・サンヒョン
ローマ字: Kim Sang-Hyeon
【本人表記:】
Kim, Sang-Hyeon

金 相賢(キム・サンヒョン、ハングル:김상현1980年11月12日 - )は大韓民国出身の元プロ野球選手(内野手)。現在は金相賢ベースボールアカデミーの代表兼任監督。

来歴・人物

群山商業高等学校卒業後、ヘテ・タイガース(2001年7月起亜へ球団譲渡)に入団したが、同じ三塁手鄭成勲の活躍で1軍での活躍の場はなく、2002年7月LGツインズへトレードされた。LGでは2004年100試合に出場するなど、3塁のポジションを確保していったが、2005年から軍に入隊し国軍体育部隊の尚武に所属した。尚武ではプロ野球2軍リーグの本塁打王となるなど、その長打力は目を見張るものがあった。

2007年LGに復帰後3塁のレギュラーとして活躍したが、守備に難点があり首脳陣の信頼を得られず、2008年オフ、かつてヘテでの競争相手だった鄭成勲ヒーローズからFAで移籍してきたこともあり、ポジションを失った。そして2009年シーズン開幕後の4月19日、古巣起亜へとトレードされた。

当時起亜は内野手の層が薄く、LGである程度の実績がある金相賢は三塁の先発メンバーで起用されるようになった。すると水を得た魚のようにチャンス本塁打やタイムリーヒットを打ち続け、特に満塁本塁打4本とその勝負強さは光っていた。そしてシーズン後半になるとますますその打撃は勢いを得て、チームが首位に立った8月には15本塁打を記録した。

起亜が公式戦優勝を決めた9月24日ヒーローズ戦は、偶然にも出身地の群山で行われ、36号本塁打を含む3打点と活躍し、故郷に錦を飾ることとなった。

最終的には打率.315、長打率.632、36本塁打、127打点を記録し、本塁打、打点、長打率部門で打撃3冠王となり自身初の個人タイトルも獲得した。2008年までの過去9年間の通算本塁打数は33本に過ぎず、2009年の活躍がいかに予想外のものだったかがわかる。そして起亜の12年ぶりの韓国シリーズに貢献したとして、2009年シーズンMVP(最優秀選手)を受賞し、一躍プロ野球界の主役となった。なお、この年鄭成勲は打撃面で金相賢を上回る活躍はできず、代わりに獲得した姜喆珉は1軍登板できずLGは7位に終わり、金相賢を放出したことはここ5年以上の低迷を象徴しているかのようであった。

2010年シーズンの契約更改では、前年比1億8800万ウォン増の2億4000万ウォンと、5倍近い大幅増額を勝ち取った。だが同年は昨年の活躍から激しく警戒され、自身も故障により夏場に長期戦線離脱し、79試合しか出場できず21本塁打、53打点と前年より大幅に成績を落とし、起亜も優勝を逃し5位にとどまった。2011年も故障で離脱していた期間が長く、100試合程度の出場数にとどまり、2012年はたった32試合の出場と、年々成績が下降している。2011年以降外野での出場機会が増えてきたが、2013年5月6日、宋恩範などとの2対2トレードでSKワイバーンズへ移籍した。

2014年11月28日、KTウィズより特別指名(他球団より1名ずつ20名の保護選手以外を指名)を受け移籍することになった。2015年3月28日、同年より一軍に参入したKT初の公式戦となるロッテ・ジャイアンツ戦の1回表、球団史上初本塁打・初打点を記録。

2016年6月16日、二軍へ降格していて二軍の本拠地球場がある益山市に滞在していた際、女性に公然猥褻を犯した疑惑で捜査を受けて書類送検されるも不起訴となり、一軍へ復帰し試合に出続けていた。その後7月12日のネクセン・ヒーローズ戦に先発出場している最中、実名で事件が報道されたこともあり途中交代した。翌7月13日、任意脱退選手としてKTを退団した。2017年1月25日、韓国野球委員会(KBO)の賞罰委員会により500万ウォンの罰金が科せられた。

2017年よりジャーニーマン外人球団に所属した。同年7月17日、前所属球団のKTウィズより任意脱退選手としての処分を解かれ、ウェーバー公示された。2018年よりジャーニーマン外人球団が韓国独立野球連盟下のコリアドリームリーグに所属するのに伴い、選手兼監督になったが同年中に退団した。

その後は仁川でベースボールアカデミーを運営している。

詳細情報

年度別打撃成績





|




















































O
P
S

2001 | KIA | 16 | 20 | 3 | 0 | 0 | 1 | 4 | 2 | 0 | 0 | 0 | 6 | 0 | 0 | .150 | .150 | .300 | .450
2002 | LG | 31 | 32 | 10 | 0 | 1 | 1 | 6 | 7 | 0 | 0 | 10 | 18 | 0 | 2 | .313 | .476 | .469 | .945
2003 | 55 | 182 | 49 | 9 | 1 | 7 | 28 | 24 | 7 | 1 | 23 | 50 | 1 | 10 | .269 | .351 | .445 | .796
2004 | 100 | 277 | 67 | 10 | 2 | 9 | 35 | 37 | 7 | 5 | 35 | 77 | 11 | 16 | .242 | .327 | .390 | .717
2005 | 兵 役
2006
2007 | LG | 121 | 378 | 89 | 27 | 0 | 7 | 41 | 44 | 6 | 0 | 43 | 85 | 12 | 19 | .235 | .314 | .362 | .676
2008 | 75 | 214 | 52 | 9 | 2 | 8 | 18 | 28 | 2 | 3 | 22 | 55 | 8 | 9 | .243 | .314 | .416 | .730
2009 | KIA | 121 | 448 | 141 | 30 | 2 | 36 | 127 | 77 | 7 | 5 | 47 | 103 | 11 | 21 | .315 | .380 | .632 | 1.012
2010 | 79 | 288 | 62 | 5 | 1 | 21 | 53 | 44 | 3 | 1 | 41 | 85 | 10 | 7 | .215 | .313 | .458 | .771
2011 | 101 | 357 | 91 | 15 | 0 | 14 | 64 | 38 | 8 | 0 | 46 | 83 | 12 | 7 | .255 | .340 | .415 | .755
2012 | 32 | 116 | 30 | 9 | 0 | 4 | 17 | 17 | 1 | 2 | 9 | 26 | 3 | 0 | .259 | .312 | .440 | .752
2013 | SK | 113 | 322 | 76 | 17 | 0 | 7 | 37 | 39 | 8 | 1 | 33 | 84 | 17 | 8 | .236 | .307 | .354 | .661
2014 | 42 | 80 | 21 | 3 | 1 | 5 | 20 | 8 | 1 | 1 | 6 | 22 | 2 | 2 | .263 | .310 | .513 | .823
2015 | KT | 134 | 475 | 133 | 20 | 0 | 27 | 88 | 71 | 4 | 5 | 58 | 115 | 21 | 11 | .280 | .354 | .493 | .847
2016 | 62 | 222 | 50 | 5 | 0 | 11 | 32 | 29 | 0 | 1 | 22 | 48 | 10 | 9 | .225 | .293 | .396 | .689
【通算成績】
【1082】
【3411】
【874】
【159】
【10】
【158】
【570】
【465】
【54】
【25】
【395】
【857】
【118】
【121】
【.256】
【.331】
【.448】
.779

タイトル

外部リンク

業績
韓国野球委員会MVP
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会本塁打王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会打点王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(三塁手)
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/26 17:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「金相賢_(内野手)」の意味を投稿しよう
「金相賢_(内野手)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

金相賢_(内野手)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「金相賢_(内野手)」のスレッドを作成する
金相賢_(内野手)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail