このキーワード
友達に教える
URLをコピー

金融工学とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年6月)

金融工学(きんゆうこうがく、英語:financial engineering、computational finance)は、資産運用や取引、リスクヘッジリスクマネジメント投資に関する意思決定などに関わる工学的研究全般を指す。

概要

金融経済学(financial economics)や数理ファイナンスを理論的バックグラウンドとして持ち、金融機関が事業活動を通じて取り扱う様々なリスクを計測し、適切に管理することを目的として発展した。

金融工学は新しい学問領域であるといわれるが、19世紀にランダムウォークによるオプション価格理論を研究したルイ・バシュリエというフランスの数学者がその起源と言われている。金融工学は1950年代以降、金融経済学会計学計算機科学確率論統計学など様々な学問領域と接点を持ちながら飛躍的な発展を遂げた。金融工学の中でも画期的な研究としては、1950年代にハリー・マーコウィッツが示した現代ポートフォリオ理論や、1970年代フィッシャー・ブラックマイロン・ショールズが考案したブラック-ショールズ方程式を始めとするデリバティブのプライシング理論、Harrison、Kreps、Pliskaらによる確率同値における無裁定性と均衡などが有名である。

金融工学におけるプライシング理論は、一物一価の考え方に基づくところである。経済学での議論における需要供給の関係においてアロー・ドブリュー証券の仮定を置くことにより、同時点での将来価値が同値なは同じ現在価値を持つ、という前提を組み立てる。たとえば、株のコールオプション債券株式を保有している投資家は、ポートフォリオの組み合わせによって、瞬間的に超過収益を得ることができない。この関係から、3者の価格においては均衡式を得ることができるのである。金融工学の理論は、金融実務と密接に結びついており、金融工学理論から得られた算式はプライシングリスク管理会計の実務でも広く用いられており、金融工学の発展の背後には、金融実務への適用がある。

産業での利用

金融工学が用いられる主な分野として、

が挙げられる。

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/24 17:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「金融工学」の意味を投稿しよう
「金融工学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

金融工学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「金融工学」のスレッドを作成する
金融工学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail