このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鈴木康二朗とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


鈴木 康二朗(すずき やすじろう、本名:鈴木 康二郎(読み同じ)、1949年4月18日- )は、茨城県北茨城市出身の元プロ野球選手(投手)。

目次

  • 1 経歴
  • 2 人物・プレースタイル
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 タイトル
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

磯原高から、社会人野球日本鉱業日立に進む。1971年都市対抗野球日立製作所の補強選手として出場。リリーフとして活躍し準々決勝に進むが、新日本製鐵広畑山中正竹(住友金属から補強)、三沢淳の継投に完封を喫する。この時のチームメートに小野寺重之、後にプロで同僚となる渡辺孝博らがいた。

1972年プロ野球ドラフト会議ヤクルトアトムズから5位指名を受け入団。

1975年に一軍初登板。翌1976年には先発ローテーションに定着し、松岡弘浅野啓司と共に三本柱を形成する。

1977年9月3日決め球のシンカーを投じ、読売ジャイアンツ王貞治に世界新記録となる756号本塁打を打たれて有名になる。王貞治に世界新記録となる756号を打たれた投手には「サイパン島ペア旅行券」をプレゼントされることになっていたが、プロとしての意地から受け取りを拒否した。『がんばれ!!タブチくん!!』では当時のその様子が大げさに描かれ、試合で必ず「王に756号を打たれた鈴木」と呼ばれていた。1983年に移籍した近鉄の春のキャンプ地が皮肉にもあろうことかサイパンだった(当時のはた山ハッチの4コマ漫画でも現地の人間に歓迎されるという描写でネタにされており、後に単行本「がんばれエガワ君」にも収録された)。通算81勝52セーブという堂々たる数字を球史に刻んでいるにもかかわらず、この話題は長く彼につきまとい、2017年夏に週刊文春で受けたインタビューもやはりこの件が見出しとなった。

1978年には、チーム初のセ・リーグ優勝から日本一に導く活躍を見せた(13勝3敗で、最高勝率投手となる)。同年5月にはセ・リーグ投手部門の月間MVPも獲得する。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは2試合に先発。第3戦では5回まで3失点ながら打線の援護なく敗戦投手。第6戦は3回表に集中打を浴び6失点で降板、2敗目を喫した。

1983年井本隆との交換トレードで柳原隆弘とともに近鉄バファローズに移籍し、主にリリーフとして登板する。石本貴昭とのダブルストッパーとして活躍し、1984年1985年には最多セーブ(最優秀救援投手ではない)を記録した(35歳で開幕迎えたシーズンのセーブ王獲得は2010年ブライアン・シコースキーと並びパリーグ最年長記録タイ、日本プロ野球史上でも右投手として最年長記録タイ)。1984年のオールスターゲームに出場した際には、20世紀最後のオールスターゲーム3連投を経験している。

1986年には出番が減り、同年限りで現役引退。同僚だった金村義明は、乱闘が原因だったと語っている。

プロ引退後も社会人軟式野球で現役を続け、茨城県代表として1995年国民体育大会(ふくしま国体)でも登板した。

引退後は様々な民間企業の会社員を務め、2010年に定年退職。以降は故郷の北茨城市で余生を送っている。

人物・プレースタイル

シンカー系の落ちる球を多用し、投球スタイルはスリークォーターであった。外国人選手からは「メジャーリーグで通用しそうな日本人」と言われた。

打撃のいい投手として知られ、1976年には打率.350(20打数7安打)1本塁打、1981年には打率.305(59打数18安打)1本塁打を記録した。通算で5本塁打を放っている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1975 | ヤクルト | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 23 | 4.0 | 10 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 7 | 7 | 15.75 | 3.00
1976 | 43 | 1 | 0 | 0 | 0 | 2 | 5 | 1 | -- | .286 | 397 | 94.2 | 93 | 9 | 34 | 1 | 1 | 52 | 0 | 0 | 43 | 38 | 3.61 | 1.34
1977 | 37 | 28 | 7 | 2 | 0 | 14 | 9 | 0 | -- | .609 | 754 | 184.0 | 171 | 21 | 41 | 1 | 14 | 72 | 0 | 0 | 84 | 75 | 3.67 | 1.15
1978 | 37 | 32 | 7 | 2 | 1 | 13 | 3 | 1 | -- | .813 | 792 | 186.0 | 203 | 34 | 51 | 4 | 10 | 70 | 2 | 0 | 95 | 85 | 4.11 | 1.37
1979 | 37 | 30 | 4 | 1 | 0 | 8 | 11 | 0 | -- | .421 | 772 | 185.2 | 198 | 20 | 45 | 7 | 8 | 68 | 1 | 0 | 95 | 88 | 4.27 | 1.31
1980 | 37 | 23 | 5 | 2 | 1 | 11 | 6 | 5 | -- | .647 | 780 | 183.2 | 194 | 17 | 46 | 3 | 14 | 75 | 0 | 0 | 70 | 61 | 2.99 | 1.31
1981 | 33 | 25 | 7 | 1 | 1 | 9 | 8 | 0 | -- | .529 | 782 | 182.0 | 190 | 18 | 46 | 4 | 8 | 78 | 6 | 0 | 88 | 77 | 3.81 | 1.30
1982 | 31 | 11 | 0 | 0 | 0 | 7 | 4 | 1 | -- | .636 | 448 | 103.1 | 116 | 14 | 34 | 3 | 4 | 36 | 1 | 2 | 54 | 46 | 4.01 | 1.45
1983 | 近鉄 | 42 | 1 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | 14 | -- | .833 | 279 | 71.0 | 56 | 6 | 14 | 1 | 3 | 30 | 3 | 0 | 19 | 18 | 2.28 | 0.99
1984 | 46 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 4 | 18 | -- | .556 | 339 | 78.1 | 73 | 3 | 27 | 7 | 4 | 26 | 4 | 0 | 34 | 27 | 3.10 | 1.28
1985 | 47 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 12 | -- | .714 | 232 | 57.0 | 48 | 4 | 17 | 3 | 1 | 28 | 1 | 0 | 26 | 19 | 3.00 | 1.14
1986 | 21 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0 | -- | .667 | 157 | 35.0 | 43 | 3 | 9 | 3 | 3 | 13 | 2 | 0 | 21 | 17 | 4.37 | 1.49
通算:12年 414 | 151 | 30 | 8 | 3 | 81 | 54 | 52 | -- | .600 | 5755 | 1364.2 | 1395 | 151 | 366 | 37 | 70 | 548 | 20 | 2 | 636 | 558 | 3.68 | 1.29

タイトル

表彰

記録

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号

脚注

  1. ^ 756号を打たれた男が王さんに感謝!今は海辺で静かに暮らす”. zakzak (2012年2月15日). 2012年2月16日閲覧。
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ パの乱闘珍伝説 鈴木康二朗はパンチ空振りでヒジ伸びて引退

関連項目

外部リンク

業績
セントラル・リーグ最優秀勝率投手
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 伊藤芳明
  • 1962 小山正明
  • 1963 山中巽
  • 1964 石川緑
  • 1965 山中巽
  • 1966 堀内恒夫
  • 1967 堀内恒夫
  • 1968 島田源太郎
  • 1969 高橋一三

  • 1970年代 | 
  • 1970 村山実
  • 1971 坂井勝二
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 倉田誠
  • 1974 松本幸行
  • 1975 星野仙一
  • 1976 加藤初
  • 1977 新浦寿夫
  • 1978 鈴木康二朗
  • 1979 藤沢公也

  • 1980年代 | 
  • 1980 福士敬章
  • 1981 江川卓
  • 1982 都裕次郎
  • 1983 津田恒美
  • 1984 江川卓
  • 1985 北別府学
  • 1986 北別府学
  • 1987 川端順
  • 1988 小野和幸
  • 1989 西本聖

  • 1990年代 | 
  • 1990 斎藤雅樹
  • 1991 北別府学
  • 1992 斎藤雅樹
  • 1993 山本昌広
  • 1994 紀藤真琴
  • 1995 石井一久
  • 1996 斎藤雅樹
  • 1997 三浦大輔
  • 1998 桑田真澄
  • 1999 上原浩治

  • 2000年代 | 
  • 2000 工藤公康
  • 2001 入来祐作
  • 2002 上原浩治
  • 2003 井川慶
  • 2004 上原浩治
  • 2005 安藤優也
  • 2006 川上憲伸
  • 2007 高橋尚成
  • 2008 館山昌平
  • 2009 D.ゴンザレス

  • 2010年代 | 
  • 2010 久保康友
  • 2011 吉見一起
  • 2012 杉内俊哉
  • 2013 小川泰弘
  • 2014 山井大介
  • 2015 M.マイコラス
  • 2016 野村祐輔
  • 2017 薮田和樹
  • 2018 大瀬良大地
  • 2019 山口俊

  • 1973年から2012年までは表彰なし

    ヤクルトスワローズ開幕投手
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 金田正一
  • 1961 北川芳男
  • 1962 金田正一
  • 1963 金田正一
  • 1964 金田正一
  • 1965 村田元一
  • 1966 渋谷誠司
  • 1967 村田元一
  • 1968 石戸四六
  • 1969 河村保彦

  • 1970年代 | 
  • 1970 石岡康三
  • 1971 松岡弘
  • 1972 松岡弘
  • 1973 松岡弘
  • 1974 松岡弘
  • 1975 松岡弘
  • 1976 松岡弘
  • 1977 松岡弘
  • 1978 安田猛
  • 1979 松岡弘

  • 1980年代 | 
  • 1980 鈴木康二朗
  • 1981 松岡弘
  • 1982 鈴木康二朗
  • 1983 尾花高夫
  • 1984 高野光
  • 1985 梶間健一
  • 1986 荒木大輔
  • 1987 荒木大輔
  • 1988 尾花高夫
  • 1989 尾花高夫

  • 1990年代 | 
  • 1990 内藤尚行
  • 1991 内藤尚行
  • 1992 西村龍次
  • 1993 西村龍次
  • 1994 川崎憲次郎
  • 1995 岡林洋一
  • 1996 T.ブロス
  • 1997 T.ブロス
  • 1998 石井一久
  • 1999 石井一久

  • 2000年代 | 
  • 2000 石井一久
  • 2001 石井一久
  • 2002 藤井秀悟
  • 2003 K.ホッジス
  • 2004 J.ベバリン
  • 2005 石川雅規
  • 2006 石川雅規
  • 2007 石井一久
  • 2008 石川雅規
  • 2009 石川雅規

  • 2010年代 | 
  • 2010 石川雅規
  • 2011 石川雅規
  • 2012 石川雅規
  • 2013 館山昌平
  • 2014 小川泰弘
  • 2015 小川泰弘
  • 2016 小川泰弘
  • 2017 石川雅規
  • 2018 D.ブキャナン
  • 2019 小川泰弘



  • ヤクルトアトムズ - 1972年ドラフト指名選手
    指名選手 | 


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/11/01 10:50

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「鈴木康二朗」の意味を投稿しよう
    「鈴木康二朗」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    鈴木康二朗スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「鈴木康二朗」のスレッドを作成する
    鈴木康二朗の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail