このキーワード
友達に教える
URLをコピー

銀魂とは?

銀魂
ジャンル SF時代劇ギャグ漫画バトル漫画
漫画
作者 空知英秋
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
ジャンプGIGA
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2004年2号 - 2018年42号
2018 Winter vol.1 -
巻数 既刊74巻(2018年8月現在)
話数 全698話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年2号から2018年42号まで連載された。『ジャンプGIGA』2018 Winter vol.1より完結編を連載予定。

目次

  • 1 概要
  • 2 あらすじ
    • 2.1 長編
  • 3 世界観
  • 4 登場人物
  • 5 アイテム
    • 5.1 万事屋付近の物
    • 5.2 真選組付近の物
    • 5.3 武器・兵器
    • 5.4 メディア
    • 5.5 ゲーム(用語)
    • 5.6 その他の物
    • 5.7 アニメ・ゲームオリジナル
  • 6 用語
    • 6.1 地球関連
      • 6.1.1 幕府関係
      • 6.1.2 攘夷関係
    • 6.2 地球外関連
      • 6.2.1 惑星
      • 6.2.2 天人部族
      • 6.2.3 傭兵部族
      • 6.2.4 えいりあん関連
  • 7 スピンオフ作品
  • 8 書誌情報
    • 8.1 単行本
    • 8.2 小説
    • 8.3 関連書籍
  • 9 コミックスのコーナー
    • 9.1 読者とふれ合う質問コーナー
    • 9.2 人気投票
  • 10 メディアミックス
    • 10.1 アニメ
    • 10.2 実写映画
      • 10.2.1 キャスト(実写映画)
      • 10.2.2 キャスト(第1作)
      • 10.2.3 キャスト(第2作)
      • 10.2.4 スタッフ(第1作)
      • 10.2.5 スタッフ(第2作)
      • 10.2.6 音楽(第1作)
      • 10.2.7 音楽(第2作)
      • 10.2.8 テレビ放送
    • 10.3 Web配信ドラマ
      • 10.3.1 キャスト(ドラマ第1弾)
      • 10.3.2 キャスト(ドラマ第2弾)
      • 10.3.3 スタッフ(ドラマ第1弾)
      • 10.3.4 スタッフ(ドラマ第2弾)
    • 10.4 CD
    • 10.5 ゲーム
    • 10.6 小説
    • 10.7 電子書籍
    • 10.8 配信元
  • 11 担当編集者
  • 12 コラボ企画
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 外部リンク

概要

作者の空知の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。空知はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。

本作の第1巻には『だんでらいおん』、第2巻には『しろくろ』、第24巻には『13 サーティーン』、第38巻には『ばんからさんが通る』が収録されている。

話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。

連載当初は誌上アンケートの結果が振るわず、打ち切りすれすれの掲載順位が続いていたが、その後少しずつ人気を博していき、単行本の国内累計発行部数は2018年8月の時点で5,500万部を突破している。

あらすじ

江戸時代末期、地球は「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の襲来を受ける。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発、数多くの侍たちが攘夷志士として天人との戦争に参加したが、天人の強大な力の前に弱腰になった江戸幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方で国・主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令によって刀を失い、力を奪われていった。

天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は剣術を生かす道も無く、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った青年、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽や巨大犬の定春が転がり込んでくる。

そして万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組・かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間達と関わり合っていく事になる。

長編

主人公が周囲の面々と繰り広げる1~3話程度で完結するドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。『将軍暗殺篇』以降は連続性の強い複数の長編で構成されており、所々にギャグを挟みつつも、主要人物の死の明確な描写といった物語のクライマックスを意識した描写が多く、サブタイトルも簡略化されたりと、全体的にシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。

スタッフによるとアニメでは同じ話が3話以上続くと長編の部類に分けられるという。なお原作では4話まで続いてもアニメでは2話まで続かない物は長編に該当しない物とする。

アニメではシリアスな長編の場合にはその長編の最終話のEDで、そのクールのEDを長くした特殊エンディングが流れる場合がある(紅桜篇・芙蓉篇は次週以降、金魂篇ではそれまで『金魂』バージョンに差し替えられていたために流れなかった『銀魂』バージョンのOPが流れた)。

長編一覧

【篇名】
【主な内容】
【舞台】
【原作】
【アニメ】
特殊
ED
星海坊主篇
 | 神楽を連れ戻しに来た神楽の父・星海坊主。
そんな中、ターミナルに出現した巨大えいりあんから江戸を救う為、
星海坊主は銀時と共に巨大えいりあんに立ち向かう。 | ターミナル外部 | 第五十七-
六十三訓
(第7-8巻) | 第40-42話
(全3話) | 無し

紅桜篇
 | 妖刀「紅桜」を用いて幕府を転覆せんとする鬼兵隊一味。
それを阻止すべく現れた銀時、仇討ちに来た桂派、桂を探しに来た新八・神楽が江戸の空で激突する。 | 鬼兵隊の艦船 | 第八十九-
九十七訓
(第11-12巻) | 第58-61話
(全4話) | 有り

柳生篇
 | 許嫁を名乗る隻眼の剣士・柳生九兵衛にお妙が連れ去られた。
彼女の涙を見過ごせる訳もなく、万事屋・真選組は柳生家へ道場破りに訪れる。 | 柳生家敷地内 | 第百十-
百二十三訓
(第13-15巻) | 第76-81話
(全6話)
芙蓉篇
 | 科学者・林流山が製造した「からくり家政婦」がクーデターを起こす。
流山が最初に創ったからくり「たま」の涙に応える為、万事屋・源外が立ち上がる。 | ターミナル中枢 | 第百四十-
百四十六訓
(第17巻) | 第69-71話
(全3話)
真選組動乱篇
 | 真選組参謀・伊東鴨太郎が鬼兵隊と手を組み、真選組を裏切る。
一方土方は妖刀「村麻紗」の呪いでヘタレオタクの「トッシー」へと変貌してしまう。 | 真選組全体
~武州行き列車 | 第百五十八-
百六十八訓
(第19-20巻) | 第101-105話
(全5話)
竜宮篇
 | 竜宮城の主・乙姫にお妙が攫われた。
その裏で乙姫の野望によって江戸は集団老人化してしまった。
老人になった銀時達はお妙を、そして江戸を救えるのか。 | 竜宮城 | 第百七十四-
百八十二訓
(第20-21巻) | 第115-118話
(全4話)
モンハン篇
 | ゲーマー星人にキャトルミューティレーションされ身体を改造されてしまった銀時達。
元の身体を取り戻す為にモンハンの世界へ潜り込みゲーマー星人を引きずり出すことになる。 | ゲーム内 | 第百八十九-
百九十二訓
(第22巻) | 第121-123話
(全3話) | 無し

幽霊旅館篇
(アニメ版→
スタンド温泉篇) | 霊が巣食う幽霊旅館へ来た銀時達。
霊が見えるのは銀時・新八。
銀時は選ばれた生身の人間として、幽霊「レイ」達のサポートでスタンド使い・お岩と激突する。 | 仙望郷 | 第百九十六-
二百一訓
(第23巻) | 第131-134話
(全4話) | 有り

吉原炎上篇
 | 吉原一の花魁・日輪を母に持つ少年・晴太。
神楽の実兄・神威に攫われた彼を奪還し“夜王”鳳仙から日輪を解放するため、万事屋が立ち上がる。 | 地下都市吉原 | 第二百十-
二百二十八訓
(第25-26巻) | 第139-146話
(全8話)
トッシー篇
 | 寺門通OFCの座を賭け、親衛隊(新八)VS通選組(トッシーこと土方)が激突する。 | 大江戸全域 | 第二百三十九-
二百四十五訓
(第28巻) | 第157-163話
(全7話)
たまクエ篇
 | 電脳ウイルス「獏」によってポリゴン化したたま。
元に戻す為にたまの体内に入った万事屋一行は、そこで銀時にそっくりな白血球王と出会う。 | たまの体内 | 第二百四十七-
二百五十三訓
(第29巻) | 第167-170話
(全4話)
地雷亜篇
 | 月詠をかつての師・地雷亜が襲来。地雷亜は彼女から全てを奪わんと吉原に火を放つ。
新八・神楽・全蔵達は吉原を守れるのか。一方銀時は月詠を奪還すべく地雷亜に挑む。 | 吉原桃源郷 | 第二百五十四-
二百六十二訓
(第29-30巻) | 第177-181話
(全5話)
ホウイチ篇
 | 祟りでネコになった銀時・桂とゴリラになった近藤。
かぶき町のボス猫・ホウイチと出会い、彼と親交を持つようになる。
しかし溝鼠組による野良猫狩りが横行し、ホウイチは捕らわれてしまう。
波乱の中、溝鼠組に身を追われている野良猫達を救う為に奮闘する。 | 木天夢星大使館 | 第二百七十五-
二百七十九訓
(第32巻) | 第190-192話
(全3話) | 無し

陰陽師篇
 | 銀時憧れの女性・結野アナは、陰陽師のエリート集団「結野衆」の人間。
彼女の占い天気予報が外れるのは結野衆の天敵・巳厘野衆の陰陽師による妨害が原因だった。
万事屋は結野衆と手を組み、巳厘野衆と対決する。 | 結野衆本山 | 第二百八十二-
二百八十九訓
(第32-33巻) | 第195-199話
(全5話) | 有り

かぶき町四天王篇
 | 銀時の元へ突如弟子入りを志願してきたヤクザの元人斬り少女・椿平子。
時を同じくして、かぶき町四天王達の間で本格的な軋轢が生じ始め、
かぶき町に大抗争の危機が訪れる。 | かぶき町 | 第二百九十七-
三百九訓
(第34-35巻) | 第210-214話
(全5話)
蓮蓬篇
 | 「捜さないでください」
エリザベスの部屋に残された書き置きを見つけた桂はエリザベスが失踪したのは一年前の事だと知る。
一年前の記憶を探るとエリザベスは地球を侵略する為に来た蓮蓬という天人であった事を思い出す。
地球を護る為に蓮蓬を地球に連れて来てしまった坂本・エリザベスの
元恋人フミ子・万事屋達と共に蓮蓬へと乗り込む。 | 蓮蓬 | 第三百五十三-
三百六十訓
(第41巻)
 | 第232-236話
(全5話)
バラガキ篇
 | 名門佐々木家の不肖の息子・鉄之助の教育を依頼され、彼を小姓に雇った土方。
彼の性根を叩き直した一方で彼の兄で見廻組の隊長でもある異三郎と諍いを起こし、
真選組と見廻組の間で本格的な対立が始まる。 | 廃ビル | 第三百六十五-
三百七十訓
(第42巻)
 | 第244-247話
(全4話)
金魂篇
 | 銀時が久しぶりに万事屋へ戻ると、銀時そっくりの男"坂田金時"がいた。
金時は銀時の活躍を「全て自分自身がした事」にし、人々の記憶から銀時を抹消していた。
銀時は洗脳を逃れていたたま・定春と共に主人公の座を取り戻そうと奮闘する。 | かぶき町 | 第三百七十二-
三百八十訓
(第43巻)
 | 第253-256話
(全4話)
一国傾城篇
 | 伝説の花魁鈴蘭が老いた今も待ち続ける客を探す銀時達は
その客が先代将軍の定々という情報を掴み、江戸城へと乗り込む。 | 江戸城 | 第三百八十六-
三百九十九訓
(第44-45巻)
 | 第257-261話
(全5話)
恒道館道場篇
(アニメ版
→恒道館篇) | 父の墓参りをするお妙のもとに天堂無心流のかつての塾頭・尾美一がやって来た。
尾美一はターミナルの転送装置爆発事故で死んだと思われていたが、
毘夷夢星にワープし半身を機械にする事で一命を取り留めた。
しかし尾美一の身体には時限起動型星間波動ビーム砲が組み込まれており、
毘夷夢星人が地球から銀河中に戦争をしかける為の道具にされていた。
毘夷夢星人の兵器と化した尾美一を止めるため、一人銀時が行く。
 | かぶき町 | 第四百二-
四百九訓
(第46巻)
 | 第262-264話
(全3話)
魔剣篇
 | 魔剣マガナギから取り戻した鞘の鞘子と共に地球に逃げて来た
エクスカリバー星人のクサナギは、地球上で鞘子と離れ離れになってしまった。
クサナギのつがいにされた銀時達は鉄子と共に鞘子を探そうとするが、
ひょんな事からマガナギを手に入れた沖田と決闘する事になる。 | 天下一私闘会会場 | 第四百二十四-
第四百二十九訓
(第48-49巻)
 | 第334-336話
(全3話) | 無し

性別逆転篇
(アニメ版
→性転換篇) | ある日町で奇妙な占い師に呼び止められた九兵衛は、
その占い師から「自分が男であるべきか女であるべきか迷っているのでは」と指摘される。
九兵衛が答えられずにその場を立ち去ろうとすると
突然空から一筋の光が放たれ、かぶき町の住人達の性別が逆転してしまう。
そしてその占い師率いる過激宗教「デコボッコ教」の野望を打ち砕くため、
九兵衛は同じく性別が逆転した万事屋・真選組と共に教団に立ち向かう。 | かぶき町 | 第四百三十七-
第四百四十一訓
(第50巻)
 | 第275-277話
(全3話)
アイドル篇
 | ひょんな事から神楽は寺門通と期間限定ユニット「HDZ48」を組む事になる。
しかしその矢先、銀河系最強アイドルグループ「GKB48」から挑戦状を申し込まれる。 | 大江戸ドーム | 第四百四十五-
第四百四十九訓
(第50-51巻)
 | 第337-339話
(全3話)
死神篇
 | 奇妙な辻斬り事件が相次ぐ夜、銀時の前に
自らを「死神」と称する少女・池田朝右衛門が自らの切腹の介錯を依頼してきた。
辻斬り事件の捜査をしていた真選組は同行してきた
「公儀御試御用」の処刑人一族の当主・池田夜右衛門から、
一連の事件の犯人が一族を裏切った朝右衛門である事を告げられる。
更に夜右衛門と接触した万事屋は、先代夜右衛門が秘密裏に逃亡を手助けした
罪人の中に銀時が含まれている事を知る。 | 江戸全域 | 第四百六十三-
第四百六十九訓
(第52-53巻)
 | 第279-281話
(全3話) | 有り

魂入れ替わり篇
 | トラックに跳ねられた拍子に魂が入れ替わってしまった銀時・土方。
元に戻る方法を探る為、お互いのフリをする事になるが、
それぞれの影響を受けた万事屋・真選組は全く別の組織となってしまう。
そんな中、魂が入れ替わった原因が源外のからくりだと判明する。 | かぶき町全域 | 第四百七十-
第四百七十六訓
(第53巻)
 | 第287-289話
(全3話) | 無し

将軍暗殺篇
 | 殿中で将軍・徳川茂茂が一橋派に暗殺されそうになる事件が発生。
これを受けて真選組・万事屋・再集合した御庭番衆が将軍を京まで護衛する事になるが、
道中一橋派と結託していた鬼兵隊・春雨の襲撃を受けてしまう。 | 江戸周辺 | 第五百二-
第五百二十四訓
(第56-58巻)
 | 第300-307話
(全8話) | 有り

さらば真選組篇
 | 将軍・徳川茂々が暗殺された後、一橋喜々が将軍になり、
警察庁長官松平・真選組局長近藤・桂が見廻組に逮捕された。
彼らを救出するため、万事屋・真選組・桂一派攘夷志士が手を組んで戦う。 | 黒縄島 | 第五百二十五-
第五百五十一訓
(第59-61巻)
 | 第308-316話
(全9話)
烙陽決戦篇
 | 真選組が江戸を去ったのち地下都市アキバに潜伏していた
銀時らの元に信女が現れ、また子ら鬼兵隊の生き残りと対面させる。
そこで神楽の父・星海坊主が自身の手で息子を始末すべく春雨側の第7師団掃討作戦に介入し、
結果神威が行方不明になった事を知らされた神楽は休暇届を残し、単身万事屋を去ってしまう。
銀時らは星海坊主の情報提供によって一連の状況を把握していた
桂・坂本達と共に神楽を追うべく宇宙へ向かう。 | 捨てられた星・烙陽 | 第五百五十二-
第五百九十五訓
(第62-66巻)
 | 第317-328話
(全12話)
銀ノ魂篇
 | 虚の策略にはまり瓦解した天導衆。そしてアルタナ解放軍に占拠された地球。
地球は絶体絶命の危機を迎えるが、それでもなお希望を捨てない者達がいた。
アルタナ解放軍による支配、そして虚の星崩しに抗うための最後の戦いが始まる。
そして虚との戦いから2年が過ぎた。万事屋はやることができたと言う銀時によって解散。
神楽も定春を目覚めさせる方法を探すために他の惑星に行くことに。
ある日、銀時の後を継いで一人で万事屋をやっていた新八はひょんな事から
松平に初代総理大臣となった桂を暗殺してくれと頼まれてしまう。 | 地球 | 第五百九十六-
第六百九十八訓
(第66-) | 第342-

世界観

宇宙の知的生物天人(あまんと)諸族によって開国を強要され、銀河文明が導入された江戸のかぶき町を主たる舞台とする物語である。

本作で描かれる江戸の風景は、木造の長屋が立ち並び、着物を纏ってを結った者達が行き交うという時代劇らしい物が目立つが、その一方で携帯電話電子レンジテレビコンピュータゲーム等、科学技術の産物も登場している。これらの科学製品は多くは現代的な物だが、宇宙船アンドロイドなど未来風の物も含まれており、サイバーパンク的な事件に見舞われる事もある。

「天人」は地球にやって来ている異星人達の総称であり特定の種族の呼称ではない。天人は種族単位で独自の星系国家を形成している。物語において確認された天人国家の大使・大使館としては、戌威族の戌威星大使館・茶斗蘭星大使等がある。

徳川幕府傀儡政権として存続している。長としての称号は「征夷大将軍」とされ、前代将軍として「徳川茂茂」が登場していたが、将軍暗殺篇の終盤からは徳川喜々が烙陽決戦篇で快援隊に束縛されるまでその地位に就いていた。

作中での具体的な年月日の経過について触れられる事は少ないが、喜々政権の発足から真選組が江戸を離れるまでには3ヶ月が経過している。シリアス長編でキャラクターが初登場したり、事件がきっかけで世界情勢も大きく変化する事が多い。登場キャラクターも歳を取らず、作中でも「サザエさん」と同じ方式である事がネタにされている。

登場人物

詳細は「銀魂の登場人物一覧」を参照

ここでは主要人物のみ簡潔に紹介する。

坂田銀時(さかた ぎんとき)
本作の主人公。銀色の髪で、黒い上着に白い着流しとブーツを履いたいでたちで木刀を携えている20代の男性。
かぶき町にある「スナック・お登勢」の2階を間借りし、志村新八や神楽と共に、便利屋である万事屋(よろずや)銀ちゃんを営んでいる。かつては「白夜叉」と呼ばれて恐れられた豪剣の攘夷志士であり、普段はちゃらんぽらんでありながら、大事件に対しては解決に本気を出す事から、いざというときは周囲から頼りにされている。
志村新八(しむら しんぱち)
上半分が丸い短髪の黒髪に、縁無しメガネを掛けている、16歳の青年。レギュラー・メンバーの1人。
実家である道場「恒道館」が落ちぶれた後、フリーターであったときに坂田銀時に助けられ、侍魂を学ぶために万事屋銀ちゃんに転職している。恒道館の後を継いだ現当主だが、剣の腕前は自衛できる程度である。
神楽(かぐら)
碧眼で左右をおだんごにまとめた赤い長髪に、チャイナドレスを着た、14歳の少女。
天人(あまんと)の宇宙最強の戦闘種族とも言われる夜兎(やと)族の少女で、超人的な怪力と戦闘力を持つが、日光に弱く外出時には自衛も兼ねた仕込み銃防弾傘を所持している。自己中心的でぶっきら棒な性格で、非常に口が悪く、協和語で喋る。また、巨大な犬の定春を飼っている。
志村妙(しむら たえ)
新八の実姉。ポニー・テールで和服姿の18歳の女性。江戸一の美女という設定。
「スナック・すまいる」でキャバクラ嬢兼用心棒として働いている。剣術や薙刀や体術なども心得ており、戦闘力は極めて高く、事実上の恒道館の主としてその権力を握っている。近藤勲に好かれているが、本人は彼の異常な求愛をストーカー行為として扱っており、ほぼ全てを暴力を持って返り討ちにしている。
近藤勲(こんどう いさお)
江戸の治安を守る特殊警察「真選組」の局長。
妙に惚れ込みストーカーと化している28歳男性。
土方十四郎(ひじかた とうしろう)
真選組副長で「真選組の頭脳」「鬼の副長」と呼ばれる切れ者の27歳男性。
極度のマヨラーで常にマヨネーズを持ち歩く。何かと銀時と張り合う状況に陥る。
沖田総悟(おきた そうご)
真選組一番隊隊長の18歳男性。
可愛いらしい顔をしているが、言動がドSで副長の座を狙っている。万事屋の中では神楽と絡むことが多い。
桂小太郎(かつら こたろう)
切れ長の目で、長着に羽織を着流し、脇差の無い一本差しを帯刀している長身・長髪の青年。
かつて攘夷戦争のあった時代に銀時と共闘した攘夷志士。攘夷戦争の後も攘夷党(桂一派)のリーダーとして討幕活動を継続しており、爆発物を多用するテロリストとして幕府にも追われているが、銀時と再会した後、幾つかのエピソードを経て、平和的な攘夷活動を試みる様になった。真選組からは目の敵にされているが、時として共闘する事もある。ペットとしてエリザベスを飼っている。
猿飛あやめ(さるとび あやめ)
藤色系の長髪で、赤い縁の眼鏡を掛けており、右目の下に泣き黒子のあるスタイルが良い巨乳美女。通称「さっちゃん」。
かつて、御庭番衆のエリート・くノ一であったが、天人襲来後の江戸幕府から解職され、昼間はくノ一・カフェでバイトをする傍ら、夜間は依頼によって悪徳商人などの悪党を始末する義賊暗殺業をしている。忍者としての腕前は一流であるにも関わらず、極度の近視のため、眼鏡がないと人や物の識別が全く付か無くなり、頓珍漢な行動に出る場面が多い。
長谷川泰三(はせがわ たいぞう)
茶色のボサボサ髪に濃いレンズのサングラスがトレードマークの、切れ長の鋭い目付きをした中年(38歳)の男性。
登場時は幕府の入国管理局局長の地位にあったが、警護対象者であるハタ皇子を殴って解職された上、妻には別居され、幕府からは切腹を命じられたが逃亡した。その後も、主に万事屋絡みのトラブルが理由で職を転々としている。そのため無職。通称、マダオ(るで、ダメな、ッサンの略)。

アイテム

作中では、キャラクター達の特徴的な愛用品や、読者の興味をひくアイテム等が多く登場し、ジャンプショップで実際に商品化されたものもある。

名称は基本的に実在するものを捩ったものや、特定の文字や語を侍関連のものに置き換えた言葉となっている。

万事屋付近の物

万事屋銀ちゃん#アイテム」を参照

真選組付近の物

真選組#真選組付近の物」を参照

武器・兵器

三郎(さぶろう)
平賀源外が製作したからくり(ロボット)。名前は鬼兵隊に入隊し、討ち首になった息子の三郎から名付けている。を身に着けており、腕を取り替えることができる。他にも似たようなからくりが大量にある。ある程度の言葉を理解する。誰が何を言っても「御意」と返事をして従ってしまうが、自分に反抗的な言動をとると容赦なく反撃する。最後は復讐を行おうとする源外の命令に反し、銀時に致命傷を負わされ、三郎と同様「昔の姿に戻ってほしい」事を源外に言い残して機能を停止した。その後何度か登場している(芙蓉篇、かぶき町四天王篇など)。
ジャスタウェイ
初出はマムシの蛮蔵の工場で生産されていた強力な爆弾。円柱に2本の棒の手が付いていて、上部の半球型の突起物に目・口が描かれただけというシンプルな外見で、死んだ魚のような目をしている。銀時は記憶を失っている間、このジャスタウェイを生産する工場で「次期工場長」と期待されるほどの働き振りを見せていた。胴体部分の色は橙色。山崎曰く「コレ見てると労働意欲が失せる」。
工場長(蛮蔵)によると、ジャスタウェイはジャスタウェイ以外の何物でもなく、それ以上でもそれ以下でもないらしい。
キャラクター人気投票で19位を獲得するほどの人気を得ており、貯金箱ストラップなどのグッズが作られている。これを境に頻繁に登場する。また、ゲームでは全ての作品に登場している。
アニメでは万事屋に色違いのものが置いてある場面が何度かある。また、表情が豊かで登場シーンによっては笑っていたり涙を流していたりする。
爆弾以外に料理具材や銀時の目覚まし時計(予想を上回るとんでもない動きをする)、からくり家政婦の体内パーツ等に登場。あの外見をした謎の物体として、いたる所にさりげなく登場する。
アニメのシリーズ構成を第三期まで担当していた脚本家の大和屋暁同名の競走馬を保有しており、2013年天皇賞(秋)2014年ドバイデューティーフリー、同年の安田記念(いずれもGI)などを制している。2014年の有馬記念を最後に引退、2015年からは種牡馬となっている。
蝮Z(マムシゼット)
マムシの蛮蔵が革命を起こすために10年かけて作り上げた大砲。記憶を取り戻し復活した銀時によって破壊された。
松っちゃん砲
松平が、ターミナルで暴れる、ハタ皇子のコレクションの1匹のえいりあんを仕留めるべく幕府の戦艦に付けて放った大砲。星海坊主には深手を負わせながらも止められた。
紅桜(べにざくら)
村田兄妹の父・村田仁鉄の打った名刀。関わる者が次々と凶事に遭う妖刀でもある。名前の由来は「月明かりに照らすと刀身が淡い紅色を帯び、夜桜のように妖しくも美しい」ことから。
仁鉄の死後、鉄矢が高杉と手を組み機械技術を研究し、その技術を刀と融合させ「対戦艦用機械機動兵器(たいせんかんようからくりきどうへいき)」に造り変えた。「電魄(でんぱく)」と呼ばれる人工知能を有し、使用者に寄生することでその体をも操るばかりでなく、戦闘の経緯をデータ化し、学習を積むことでその能力を向上させていく。さらに使い慣らせば一振りで戦艦十隻もの戦闘力に匹敵する。似蔵がこれを右腕に融合。刀身を凄まじい長さに伸ばし、攘夷党の戦艦を次々と斬って撃沈させた。銀時と似蔵の決着と同時に消滅し、他に開発・量産されていたものも桂の手によって全て破壊された。
鉄子の刀(正式名称不明)
鉄子が紅桜に対抗するために打った刀。の部分にとぐろを巻いた金色のが付いている。似蔵と融合した紅桜と互角に渡り合う強度と斬れ味を持つ。銀時と似蔵との決着時に折れた。
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲(略してNAS砲)
万事屋が「第一回チキチキかぶき町雪祭り」で雪像として製作していた卑猥な形の大砲。最終的には翼と滑り台が付いた。見た目が男性器のような形をしているが、長谷川・桂・さっちゃん・お妙によると実在するものらしい。アニメ第46話の提供ベースのバックに視聴者が作ったこれの雪像の写真が公開されていた。アニメ第57話ではジャスタンクの武装として登場した。ゲームでも、ほとんどの作品に登場している。
モデルは戊辰戦争で官軍に使用されたアームストロング砲
RYO-II(リョウツー)
原作第百三十三訓・アニメ74話で登場したウイルス兵器。モデルはバイオハザードに登場するT-ウィルス。名前の元ネタは漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両津勘吉で、感染すると眉毛が繋がって彼のようになる。毛が濃い人が感染するが、感染した人に触れれば毛が濃くない人も感染してしまう。感染するとダメなオッサンになってしまい、賭場競馬場に行ったり、散髪屋で角刈りをしてしまう。さらに暴徒化し襲ってくる。眉毛を剃り落とすと正常に戻る。なお、エリザベスのような眉毛が元々無い生き物でも感染してしまう(その際には「ん」の一部分が両津眉になった)。暴徒化する様子がゾンビのように見えることから、桂は彼等を「マユゾン(眉毛ゾンビの略)」と呼んでいる。「ウガウガ」、「ラサ〜ル」等のマユゾン語らしき言動で会話できる様子。テロリストにより「こち亀30周年を祝って」かぶき町に撒かれた。かぶき町の住人のほとんどが感染したが、銀時だけは色々な面で両津に似ていたため感染しなかった。
アニメでは両津勘吉役のラサール石井がマユゾン役で友情出演している。また、アニメ化した時点では既に31周年になっており、事ある毎に松平が訂正している。
B-超5963(ぶちょうごくろうさん)
RYO-IIウイルスに唯一対抗できるワクチン。元ネタは両津の上司・大原大次郎。こちらもこち亀30周年企画が開催されたためによるもの。
モデルはT-ウイルス用ワクチンデイライト
莫迦門(バカモン)
松平が持ち出した機械大砲。B-超5963をかぶき町にばら撒くために作られた。RYO-IIに感染してしまった松平の代わりに、銀時がB-超5963を発射した。
元ネタは大原部長の両津勘吉を怒る時の口癖。これもこち亀30周年企画が開催されたためによるもの。
源外の戦車(正式名称不明)
芙蓉編で登場した源外の機械兵器。源外のこだわりである「大砲キャタピラ」を合わせた源外の最高傑作で、非常事態ではキャタピラを外して飛ぶこともできる。
玉手箱G(たまてばこジー)
竜宮城の支配者である乙姫が、自分以外の地球上の全ての人間を老化させるために使用した「老化促進兵器」。元々は若返りに関する研究の過程で誕生した副産物。この煙を吸った者は瞬時に老化してしまい、銀時と桂も大楼主親衛隊隊長であった亀梨が持ち出した玉手箱Gのサンプルによって老化してしまった。
天人である神楽にも効果があるが、片栗虎に効果が無かった事から元から老人では変化がないらしい。
天元寿老砲(てんげんじゅろうほう)
竜宮城に設置された巨大な大砲。装填されているミサイルの内部は、玉手箱G十万個に相当する濃縮老化ガスである。銀時と桂が抗ウイルスワクチンの砲弾を強制装填し発射したため、その直後に大破した。
抗ウイルスワクチン(正式名称不明)
乙姫の想い人が安置されている冷凍カプセルの側に保管されていた砲弾で天元寿老砲にて使用する。玉手箱Gによって老化した人々を元に戻すワクチンが詰め込まれている。乙姫の妨害の際に漏れたワクチンガスによって若返った銀時と桂の活躍で江戸の中枢に発射されて、老化した人々を元に戻す事ができた。
蓮蓬軍の種(正式名称不明)
蓮蓬軍によって送り込まれた諜報部隊が仕込んだ、「種」と呼ばれる雨雲型兵器。この「種」が降らせた雨に打たれると皆蓮蓬族のような顔になり、プラカードでしか会話出来なくなる。しかしこの兵器が地球を覆う前に密かに江蓮が「種」に施した細工により、地球は難を逃れる事となる。
頑侍(がんさむ)
蓮蓬軍が地球侵略のために蓮蓬次世代型白き衣計画の為に開発した、対侍用機動兵器。見た目はほぼガンダムだが、顔にモザイクがかかっている。原作では本家とは多少デザインが違いカラーリングも不明だったが、アニメではトリコロールカラーでデザインも本家のものとなっていた。
危険極まりないデザインだが、アニメ制作元が同じサンライズであるため訴えられてもウヤムヤにできるとフミ子は語っている。
劇中では蓮蓬軍に数機配置されていたが、フミ子の爆弾によりほとんどが爆破され、既に出撃していた江連の頑侍も、米堕によって左腕と顔を破壊されるが、最後はカイエーンらとともにビームライフルでSAGIを葬った。その後は不明。
アニメの桂出撃シーンでは、本家のOPが使われていた(ただし、ガ○ダムのダの部分には規制音を入れている)。さらに、原作では桂の脱出ポッドは丸い形の物だったがアニメではコア・ファイターになっていた。
元ネタは連邦の白い悪魔
宇宙超商船隊鉄侍カイエーン!! (うちゅうちょうしょうせんたいロボカイエーン)
星間貿易商団・快援隊が所有する商船を「巨大星人との商売があるやもしれない」として陸奥が勝手に改造した、巨大身長の天人との交渉専用巨大人型ロボット。故に、基本商いしか出来ない。母艦・快臨丸を中心に合体、船をモチーフにしたデザインと、商売人の証たるネクタイがポイント。外見はスーパーロボットのそれを思わせるが、頭頂部には“ふきでもの”が搭載されている。アニメになると原作よりシャープなデザインに変更されていた。
操縦には各商船に搭乗する一般商人のアシストの他、その巨大な機体な為操縦桿を握らなくても身振り手振りだけで動かす事ができる操縦席を“ふきでもの”を含めた六ヶ所に分けて設け、六名が必要な動作を担当する。
百地乱破(からくり)
伊賀三大上忍・百地乱破が使う機械人形。見た目は全身に包帯を巻いた着物姿の女性であるが、砲台、便器、巨大手裏剣などに変形でき、口にあたる部分からはお茶、肛門にあたる部分からはココアが出る。当初は百地が腹話術のようにこの人形を介して言葉を発していたため、銀時たちはこちらが本体だと思っていた。
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング源外砲(げんがいほう)
源外が攘夷戦争時代から地下で建造していた巨大な大砲。見た目はネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲そのものであるが、実態は全ての機械を破壊するためのウイルス兵器。
大砲からコンピュータウイルスを有したナノマシンが放出され、機械に感染させて回路を破壊しその機能を停止させる。しかしその大砲も機械であり、ナノマシンに感染した大砲の代わりにシステムの起動と制御のため、高性能システムの積まれた機械のたまと坂田金時の力が不可欠である。
火之迦具土神(ヒノカグツチ)
天鳥船に搭載された破壊兵器。宇宙技術の粋を集め作られた巨大兵器で、惑星一つを消滅させる威力を有することから禁忌の兵器として封印されていた。
アルタナ解放軍が戦争の際、改良を施し復活させており、抵抗を続ける地球人に対して起動する。

メディア

大江戸新聞(おおえどしんぶん)
銀時らが新聞を読んでいるシーンにたまに出てくる。真選組の活動に関する記事の他に、お通とGOEMONのスキャンダル等の芸能記事も掲載している。長谷川が勧誘員をしていたこともあった。
えいりあんVSやくざ
光栄劇場(映画館)で公開されていた映画。「もの凄い数のえいりあんともの凄い数の竹内刀が戦う」という内容。
アニメでは、大人の事情により主演俳優の名が「音南寺丈(おとなのじ じょう)」と改名され、「丈アニキ」と呼ばれている。
土方と原田がアニキに感動し、アニキの台詞「えいりあんがなんぼのもんじゃい!」と叫んでいる。(40話)
元ネタは当時公開されていた映画『エイリアンVSプレデター』と『難波金融伝・ミナミの帝王』。後に、エイリアンではなく「プレデターズ」で、プレデターvsヤクザが実現している。
となりのペドロ
光栄劇場(映画館)で公開されていた映画。
元ネタは『となりのトトロ』。
THE EDO(ザ・えど)
ワイドショー番組。オープニングにはターミナルが映される。キャスターは草野仁似で、名前は「草野仁義(くさの ひとよし)」。コメンテーターはテリー伊藤似で、「てりー」という人物。一度だけハタ皇子も出演したことがある。
元ネタは日本テレビ読売テレビザ・ワイド』のため、「ジ・エド」ではない。
笑ってよきかな!?
歌番組。司会はタモリ似で、名前は「多毛さん」。出演者には寺門通等がいる。
元ネタはフジテレビ笑っていいとも!』。

ゲーム(用語)

OWee(オヴェェ)
弁天堂が開発した最新ゲーム機。ゲームの世界に入り込める「バーチャルコントローラー」が最大の売りだが、これには現実が見えなくなるという欠点があり、OWee争奪戦では銀時達が知らぬ間に現実の人間等に多大な危害を加えてしまい、発売中止となった。しかし、二百六十九訓(アニメ第185話Bパート)でスズメバチみたいな天人(超糖星<ロイヤルプリンせい>)の家(巣)の中に置いてあり、その女王が所持していた。
名前の由来は加藤茶が酔っ払い親父の格好をした時の持ちネタにある「ウィ〜ヒック、オウェ〜」(要するにゲロの時の音)。元ネタは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/21 01:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「銀魂」の意味を投稿しよう
「銀魂」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

銀魂スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「銀魂」のスレッドを作成する
銀魂の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail