このキーワード
友達に教える
URLをコピー

銃とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2008年11月)
スミス&ウェッソン ミリタリー&ポリス

(じゅう)とは筒状の銃身から弾を発射する道具であり、より小型の物を指す。

一般に火薬の燃焼ガスの圧力で、金属弾(主に製)を発射する。銃から高速で発射される金属弾は強い殺傷力を持つため、狩猟戦闘に広く使われている。


目次

  • 1 概要
  • 2 銃の歴史
    • 2.1 構造史
  • 3 銃の分類
    • 3.1 拳銃(ハンドガン、短銃、ピストル)
    • 3.2 小銃(ライフル銃)
    • 3.3 騎兵銃(カービン銃)
    • 3.4 狙撃銃(スナイパーライフル)
    • 3.5 対戦車ライフル(アンチマテリアルライフル)
    • 3.6 散弾銃(ショットガン)
    • 3.7 機関銃(マシンガン)
    • 3.8 擲弾銃(グレネードランチャー)
    • 3.9 システム・ウェポン
    • 3.10 射撃競技用の銃
    • 3.11 儀仗用
    • 3.12 訓練用
  • 4 非実体弾銃
  • 5 銃の基本操作
  • 6 銃の用語
    • 6.1 銃の各部
    • 6.2 銃の方式
    • 6.3 弾丸の射出方式
    • 6.4 弾の用語
  • 7 銃と社会
  • 8 整備
  • 9 その他
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

銃とは、火薬や様々な気体の圧力を用いて、弾丸と呼ばれる小型の飛翔体を高速で発射する武器の総称。弾丸の運動エネルギーによって対象を破壊することを目的としており、狩猟戦闘に用いられるほか、美術価値を持つものもある。特に大型の物はと呼ばれ区別される。拳銃小銃機関銃などの種類がある。

火薬を用いるものは小型火器に分類され、火器以外の銃としては空気銃が代表的である。空気銃は狩猟や兵士・警官の訓練にも用いられ、これに関連した遊戯銃としてエアソフトガンがある。また、何らかの物体を高速で射出する装置を銃として形容することもあり、電子銃ネイルガン、また手持ち火器に類似した形状の高低速の射出工具に銃(ガン)の名を準えて命名した物があり模型や手芸の分野で用いられるグルーガン等がこれにあたる。

一般には、口径が20ミリ未満のものを銃と呼び、20ミリ以上のものをとして分類するが、この基準は運用組織によって異なる場合がある。例えばアメリカ軍および自衛隊では口径20ミリ以上、海上保安庁では同30ミリ以上を砲と呼んでいるが、旧陸軍では明治40年6月以降は口径11ミリを超えるものを砲、昭和11年1月以降はこの区分を廃止して銃か砲かは制式制定毎に決定、旧海軍では40ミリ以上の口径を砲と呼んだ。

「銃」という漢字は元来、の峰部分に設けられた柄を差し込むための穴を表し、転じて主に金属製の筒から弾丸を発射する武器を表すようになった。また現代中国語では、「槍」の字を用いる。

狭義では、一人で持ち運びができる銃のことを「銃器」と称することもある。

水中でを射出する武装を水中銃というが、こちらの弾体は通常一般に称する弾丸と比較して巨大な物となる。

最近では非実体弾を射出する各種の武装・装備を銃と呼称する事も増えている(光線銃等)。その為に、前述の銃定義は広義では当てはまらない事も多い。

銃の歴史

上: ベーカーライフル、19世紀のライフル
上から2番目: M1903、20世紀初頭のボルトアクションライフル
上から3番目: M1ガーランド、半自動小銃
上から4番目: SIG SG550、アサルトライフル
上から5番目: ステアーAUGブルパップ方式アサルトライフル
ミニエー銃で腕を撃たれた兵士。銃器の進化は戦場を凄惨なものへと変えていった

はじめて銃器に近いものが発明されたのは中国であり、8世紀末から9世紀初頭ごろに、で開発された飛発(ハンドキャノン)がその嚆矢とされる。その後、銃は王朝の兵器廠において生産されるようになり、1279年南宋が滅亡するまでこの生産は続き、対戦などに使用された。この銃器の生産法は西方のイスラム世界にも伝えられ、なかでもオスマン帝国は銃を多用した。1473年には銃を主兵器とするオスマン帝国のイェニチェリが、白羊朝軍を破っており、1514年にも同じくオスマン帝国のイェニチェリが、チャルディラーンの戦いにおいてサファヴィー朝クズルバシュ軍を破っている。15世紀ごろにはヨーロッパでも銃が生産されるようになり、1542年には騎兵用の短銃がスペイン帝国領のドイツで開発され対仏戦に使用された。1543年には、日本種子島ポルトガル商人によって火縄銃が伝えられる。その後40年程で日本は当時世界最大の銃保有国となる。また、銃はヨーロッパ世界やイスラム世界がその他の世界を征服するのに大きな力を発揮し、スペインアステカ帝国インカ帝国の征服、モロッコサアド朝ソンガイ帝国征服などの原動力となった。その後、三角貿易の時代にはヨーロッパ諸国のアフリカへの主要輸出品のひとつは銃となり、この銃を入手した西アフリカ海岸部の国々は内陸部の国々に奴隷狩りを仕掛け、これによって入手された奴隷新大陸へと送られるようになった。1650年代 には銃が火縄式(マッチロック式)から火打ち式(フリントロック式)に移り変わった。1775年アメリカ独立戦争ライフル(施条式銃)が普及する。その後も銃の開発は進展していき、1822年にはアメリカ人のジョシュア・ショウがパーカッションロックを開発する。1836年にはサミュエル・コルトがリボルバーを開発。1858年にはスミス&ウェッソン社から金属薬莢式拳銃であるNo.1リボルバーが発売される。1872年にはコルトが、現行リボルバー銃の元祖である「コルトSAA (Single Action Army)」を開発。1893年にはドイツ人のヒューゴ・ボーチャードにより自動拳銃が開発された。1914年ごろにはボルトアクション式ライフルが普及する。1950年代に入ると自動式小銃が世界的に普及するようになり、1960年代には小口径弾を扱う自動小銃が登場した。

構造史

構造から見た銃の歴史は以下の通り。

9世紀 - 15世紀頃に使用された飛発と呼ばれる簡素な銃は、パイプの一端を閉じて握りを付け、側面に小さな穴を開けた物で、使用時は側面の穴から火の付いた棒を差しこんで火薬に着火した。着火が面倒なため照準が合わせづらく、銃把を持つ火槍へ移行。その後、片手で扱えるよう着火装置を備える銃が開発された。

火縄銃として知られる銃は火縄式と呼ばれる着火方式の銃で、火皿を備えていた。火皿は銃身の横に取り付けられており、小さなくぼみの底に穴があり、それが方向を90度変えて銃身にあけられた穴とつながっている(ただし、「90度変えて」穴とつながった方式は、日本では一般的であるが、日本以外の地域のものは、銃身横の穴に直接火皿が繋がっている)。火皿には火薬が盛られており、引き金を引くと火のついた縄が火皿に倒れこむ事で着火した。着火すると穴を通じて銃身内部の火薬に火がまわって弾が発射される。火縄式は生火を扱うので悪天候に弱く、また燃え続ける火縄の補充と管理に手間がかかる。

火縄式の欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。最初に登場した火打ち式銃はホイールロック(歯輪銃)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。その後に登場したのが瞬発式火縄銃の機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式銃)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。この方式は広く各国の軍隊に普及した。インカ帝国はフリントロック式の銃で征服されている。日本においてこのフリントロック方式は全く普及しなかった。その理由として、品質のよい燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)が産出できなかったことと、それに伴い発射に充分な火花を得るためハンマーに当たる部分のバネを強くする必要があり、反動とぶれにより命中率が顕著に低下したことが挙げられる。また高温多湿で雨の多い日本では、フリントロック方式の方が生火を使うマッチロック方式より実用性に欠けたためでもある。

雷汞(らいこう)が発明されると、これを火薬の着火に応用する試みが多くの人々によってなされたが、その決定版となったのがパーカッションロックである。銃身の後端から伸びた細いパイプの先端にパーカッションキャップと呼ばれる雷汞を詰めた金属管をはめ込み、引き金を引くとハンマーが落ちてキャップを叩き、雷汞が発火して発射薬に着火する仕組みである。銃口を除けば開口部が無くなった為、水の入り込む余地が少なく、発射が天候の状態に左右されなくなった。コルトのパーカッションロック式リボルバーは西部開拓時代にインディアンとの戦争に盛んに使用されている。

銃がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発銃が開発される。これは従来の単発銃と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な銃であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。連発小銃と機関銃は日露戦争第一次世界大戦などで猛威を振るった。この頃、自動拳銃や機関銃の自動装填機構を小銃に応用して自動(装填)小銃を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に大規模に使用された自動小銃となった。

ナチス・ドイツではサブマシンガンと自動小銃の中間的な銃であるアサルトライフルStG44を開発した。ドイツの影響を受けた旧ソ連では同様な能力を持つAK-47が採用されたが、アメリカはM14といった強力な反動を持つ自動小銃を使い続けた。しかしM14は発射時の強い反動故に、フルオート射撃時の命中率が低いものだった。これが原因でベトナム戦争においてM16など小口径・低反動の5.56mm弾を使用するアサルトライフルを主力に切り替えることになる。現在はアサルトライフルが歩兵銃の主流となっている

銃の分類

銃は種々の基準によって分類することができるが、ここでは現代銃を中心に、形態による分類を示す。

拳銃(ハンドガン、短銃、ピストル)

片手で持って携帯できる小型の銃。

回転式拳銃(リボルバー)
弾丸を環状に並べた回転弾倉(シリンダー)に収め、それが回転することで次弾が送りこまれる拳銃。機構が単純なため弾が詰まりにくく、操作が簡単で安全性も高いが、回転弾倉(シリンダー)の大きさに限界があるため一般的には6発までしか装填できない。(弾丸の直径が小さな.22口径の場合には10発装填できるものも存在する。)また装填に時間がかかるのも欠点とされる。(ただし、近年ではクリップあるいはスピードローダーと呼ばれる装填用部品(装填用機器)が改良され、装填速度は改善されたが、それでも自動式拳銃と比較すると大きな差がある。)
自動拳銃(オートマチック)
多数の弾丸を詰めたマガジンを備え、発射の反動またはガス圧によって自動的に次弾が薬室に装填され、撃鉄が起こされる。リボルバーに比べて装弾数が多く、口径やマガジンの構造にもよるが、15発前後の弾を扱うことができる。マガジンは素早く交換できるため、持続的に発射できる。フルオートで発射できないものは、正確には半自動式拳銃と表現することになるが、近年のハンドガンでフルオート機構をもつものはほとんどない。フルオート機構をもつものはマシンピストルとも呼ばれる。
多銃身式拳銃(ペッパーボックスピストル)
別個の弾倉を持たず、1発ずつが装填された銃身を複数束ねたもの。単発式から連発式の過渡期に一部見られたもので、現代ではほとんど存在しない。

小銃(ライフル銃)

施条銃。長い銃身を備えた銃で、威力・精度ともに拳銃をはるかに凌駕する。ライフルとは本来、銃身内に施された腔線(ライフリング)を意味しており、これは螺旋状の浅い溝で、銃身内で加速される弾丸に回転運動を加え、弾軸の安定を図り直進性を高める目的で施されている。

アサルトライフル
一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート、引き金を引き続ける限り次々に弾丸が発射され続けるフルオートの切り替えが可能なライフル。また、フルオートでは反動の制御が難しい上に弾薬消費が激しいことから、一回引き金を引くと自動的に三発または二発までしか発射できないバースト(制限点射)という機能を備えた銃も現在では多い。アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立され、現在では軍用小銃の多くを占める。米軍M16、ソビエトが開発したAK-47自衛隊89式小銃など。

騎兵銃(カービン銃)

元々は騎乗での使用を想定し、歩兵用小銃より短い銃身を備えた小銃のことである。ここから転じて、現在ではおおむね「小型のライフル」を意味する語となり、またアサルトライフルの短銃身派生種はアサルトカービンなどと呼ばれる。米軍のM1カービンM4カービン、ドイツのカラビナー98など。

狙撃銃(スナイパーライフル)

狙撃に特化した銃。テレスコピックサイトを装備し、一部の弾薬を使用するものは1000メートル先まで正確に狙撃する事が可能。 レミントンM700等が有名である。

過去から現在まで構造上セミオートマチック方式よりも精度で勝るボルトアクション方式が多く採用されてきたが、近年ではセミオートマチックでもボルトアクション並の精度を発揮できる狙撃銃も存在する。代表例としてはSR-25PSG-1等があげられる。

対戦車ライフル(アンチマテリアルライフル)

装甲車や防弾仕様車両などの戦闘車両のうち、比較的装甲の薄い部分へ狙撃を目的として開発された大口径の銃。イギリスのボーイズ対戦車ライフルや日本の九七式自動砲等がある。第二次世界大戦において装甲車の防御力が急激な進化を遂げた事や、成形炸薬弾を撃ち出す無反動砲やロケット発射機が実用化されたため活躍の機会を失った。近年になって、非装甲目標や防弾ガラス等に対する有効性や、弾丸の質量が大きい事による弾道の直進性が高いことが見直され、対物ライフルとして採用する軍もある(アメリカのバレットM82など)。

散弾銃(ショットガン)

ライフリングが無く、有効射程は短いが、大口径で威力が大きいカートリッジを扱うことができる銃。

もとは小さい弾丸が多数入ったカートリッジで散弾を発射するものだったが、散弾と同じサイズのカートリッジを利用して様々な弾体を撃ち出せるようになった。

大きな1発の弾を撃ち出すスラッグ弾と呼ばれるカートリッジや、非殺傷目的のゴム弾など、様々なカートリッジが存在する。クレー射撃のようなスポーツ用や、狩猟用、警察用(暴徒鎮圧銃)や軍用などにわかれる。近年では近距離戦での有効性が認められ警察用と軍用で発展が著しく、フルオート/セミオートマチックで射撃できる物もある。基本的にライフルサイズであるが、拳銃サイズで使用できるものも存在する。スパス12M870などが有名。

機関銃(マシンガン)

ミニミ軽機関銃

連射を目的とした銃。機構によって反動利用のものとガス圧利用のものに大別される。

また多銃身のガトリング形式の物も機関銃に類別される場合がある。

重機関銃(ヘビーマシンガン)
固定陣地、車両搭載機関銃として、堅牢で持続発射ができる機関銃。ただし重いため、運搬には2-3人を要する。米軍・自衛隊のブローニングM2重機関銃など。
軽機関銃(ライトマシンガン)
重機関銃の「重量があり素早く陣地転換できない」問題を解消するため軽量化を施した機関銃で、1人で運搬できるようにしたもの。堅牢性や持続発射能力などは重機関銃に劣る。近年は汎用機関銃もしくは分隊支援火器として発展している(ミニミ軽機関銃ラインメタルMG3PKM機関銃など)。
短機関銃(サブマシンガン)
拳銃弾などを発射する小型の機関銃。威力と射程に劣るが、小型軽量で素早い運用ができる。第一次世界大戦時下のドイツが、このメリットを塹壕戦に用い効果を上げた。世界各国はサブマシンガンを妥協の産物としメリットを見出せなかったが、冬戦争においてフィンランドのスオミ KP/-31が戦果を上げて以来は各軍で活躍し、アメリカのトンプソンやソビエトのPPSh-41等が知られる。1970年代以降はアサルトライフルのメカニズムを取り入れ、高性能の銃に発展している。
パーソナルディフェンスウェポン/PDW
サブマシンガンは近年の市街戦に最適だが、ボディアーマー(防弾チョッキ)の貫通が難しいという欠点があり、それを克服するためPDWという新しい概念が生まれた。ボディアーマーを貫通するに十分な威力と小型軽量さを兼ね備えたコンセプトで、ピストル弾ではなく小銃弾に改良を加えた新開発の弾丸を使用する傾向がある。使用する弾丸の種類が増えることは補給上好ましくないので現在では広い採用に至っておらず、特殊部隊や民間軍事会社の一部が採用しているにとどまっている。P90など。

擲弾銃(グレネードランチャー)

手榴弾程度の大口径弾丸を射出する銃。擲弾発射筒ともいう。

米軍M79 40mmグレネードランチャーなど。(20mm以上の口径を持つ火器は「銃」でなく「砲」と称するのが普通だが、グレネードランチャーは例外的に砲でなく銃に分類される。)

システム・ウェポン

一部の部品交換により用途の変更が可能な銃。

弾丸を発射する機関部分を共通化し、分隊支援火器、小銃、カービン銃、狙撃銃などの役割を1つの銃器で担わせるコンセプト。さまざまな状況に対応できるため、次世代の軍用銃と言われている。

射撃競技用の銃

射撃競技に用いるための銃。

拳銃、小銃、散弾銃、空気銃が存在する。公平性を保つため、種目ごとに口径や形状、重量等について詳細な規定がある。特に標的競技では、命中精度や競技での射撃に特化するため射手に合わせた多くの調整機能を持つ等、特徴的な外観をもつ。

儀仗用

実戦ではなく栄誉礼などの式典に用いるための銃。

現代の銃器は合金や合成樹脂などをつや消しの黒色に塗装した実用性の高い設計であるが、式典の際には見栄えが重視されるため、主力のライフルではなく専用の銃器を用意する軍もある。特にM1ガーランドのような弾倉や照準器等が突出せず木製部品が使われるライフルや、装飾が施されたマスケット銃など歴史的な銃器が好まれる。

訓練用

訓練用の無可動ライフル
『木銃』を使った銃剣術の訓練

実戦ではなく訓練に用いるための銃。

銃の構え方、捧げ銃銃剣術の指導など、発砲を伴わない訓練に実銃を使うのは機構を破損する危険があり配備コストもかかるため、ラバーガンのような形を大まかに模した無可動銃を使うことが多い。実銃と区別するため全体が赤や青に塗装されている。銃剣術の訓練や銃剣道では木の棒の片側がライフルのストック形に加工された『木銃』が現代でも使われている。

射撃を伴う訓練であってもCQBなど暴発の危険が高まる訓練では、実銃の外観を再現したエアソフトガンを使う軍もある。自衛隊では東京マルイが製造した89式の電動ガンをCQB訓練用教材として利用している。

非実体弾銃

警察・軍事目的で用いられる光線銃(レーザー銃)の実用化に伴い、実体弾に基づく定義が銃器として当てはまらなくなっている。放水銃の用途は本来は火災時の消火が主であったが、警察・軍事用としては暴徒鎮圧等に用いられる。また、スタンガンの形状は通常の銃器とは全く異なるものである。
弾体としては次のようなものがある。

  1. 荷電粒子(電子)…スタンガン
  2. 流体(液体)…放水銃
  3. 電磁波…レーザー銃、光線銃

なお、玩具の水鉄砲も弾体を加圧して射出する為に広い意味ではこの分野に含まれる("銃"の字を含まないが原理的には放水銃と同一である)。

銃の基本操作

現代の銃器の基本的な操作と挙動は以下の通り。用語については次項を参照。

  1. 薬室に実包を装填する。
  2. 照準を合わす。銃を構え、付属の照準器、眼鏡等の照準具を用いるなどし、狙いを定める。
  3. 引金を引き、撃発。それによって撃鉄が落ち、撃針を押し出して、薬莢底部の雷管を叩く。
  4. 発射。薬莢内の火薬が急速に燃焼し、その燃焼ガスによって弾丸が押し出され、銃口から飛び出す。
  5. 弾着。弾の運動エネルギーにより、目標物を損傷、破壊する。

銃の用語

銃でよく用いられる用語について記述する。

銃の各部

銃の部品」も参照

銃の方式

弾丸の射出方式

弾の用語

銃と社会

詳細は「銃規制」および「銃社会」を参照

日本では、銃砲刀剣類所持等取締法第二条において金属性の弾丸を火薬やガスで発射するものを銃砲と定義して、所持や使用を規制している(金属性に「性」の文字が使われており、必ずしも金属製の弾丸でなくともこれに含まれると解釈される)。

警察官自衛官海上保安官など、一部公務員に対する銃の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。一般に対する銃規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした銃の所持については、審査を伴う許可制と古式銃に対しては美術品としての登録制が設けられている。

このため、現在の日本における銃問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯銃の改造が主である。特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは銃が容易に手に入る国、例えばロシア中国東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。遊戯銃の改造については、ごく一部の銃愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。

銃規制が緩い国の代表格にアメリカ合衆国が挙げられる。これは建国以来、市民が自衛するための武装権が基本的な権利として伝統的に受容されてきたからであり、地方に行くほど銃規制への反発が根強い。愛好者や銃器メーカーからなる圧力団体全米ライフル協会米国銃所有者協会が強力なロビー活動を展開している。銃規制はによって異なるが、定められた条件を満たしていれば、未成年者でも銃を所持することができる。こうした考え方の一方で、発砲事件の多発から特に左派からは銃規制をするべきとの考えも根強く、しばしば銃規制が提唱されることがある。

整備

一般的に銃が所持できる国にはガンスミスと呼ばれる銃の整備士がいる。整備士という名の通り一般的に銃の分解、掃除、改造、修理等を請け負う人のことで、ライセンス制の国から無許可でガンスミスを名乗ることが許される国までさまざまである。

火薬という化学薬品を内部で燃焼させる関係上、最低限の分解・清掃は所有者が使用の都度行う必要がある。

その他

2010Happy Mail