このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鍬とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年11月)

(くわ)とは、園芸農作業土木作業のため、土壌を掘り起こす道具。

目次

  • 1 概説
    • 1.1 用途
    • 1.2 歴史
  • 2 各地の鍬
    • 2.1 インド
    • 2.2 中国
    • 2.3 日本
      • 2.3.1 構造
      • 2.3.2 種類
  • 3 文化
    • 3.1 ことわざ
    • 3.2 鍬入れ式
    • 3.3 鍬初め
    • 3.4 鍬祭り
    • 3.5 武術
  • 4 備考
  • 5 脚注
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目

概説

用途

鍬は以下の用途を始めとして、広範囲な農作業で用いられる。

歴史

農業は約1万5千年前に東南アジアで始まったイモ作農業に起源があるとされる。農業が始まった当時の農具掘棒と鍬だけであった。掘棒は採集や狩猟にも使用されていたのに対し、鍬にはその形跡がなく農業の開始とともに出現した農具と考えられている。

エミール・ヴェルトは鍬を、刃茎差込み式、リング柄式、撞木むすび式、屈曲柄式、旗むすび式、刃孔差込み式の6種に分類した。このうち刃孔差込み式以外の5種の鍬はイモ作農業に使用されていたが、刃孔差込み式の鍬は穀作とともに使用されるようになった。しかし、鍬がその機能を真に発揮するためには構造は刃孔差込み式である必要があり、刃孔差込み式の鍬が出現するまでは掘棒のほうが重要な農具であった。

各地の鍬

インド

紀元前2000年頃にはパンジャブで農具の発達がみられ、古代インドでは鍬とインド犂が主な農具であった。

中国

同じく紀元前2000年頃には華北でも農具の発達がみられ、古代中国では鍬と中国犂が主な農具であった。

日本

平鍬
備中鍬
木製の鍬

構造

木製の長さ2から6尺の柄と、90以内の角度をつけて取り付けた刃床部から構成される。様々な用途に供するため各種の刃床部が存在する。農業が機械化する以前、鍬はなどと共に、長く基本的で不可欠な農具であった。

種類

基本的にはその地域の鍛冶屋が注文に応じ手作りするものであったため、使用者の体格をはじめ、地域の土質や作物、土地の傾斜などに適合して様々な形態を持つ鍬が存在し、多機能を有するものや、一つの用途に特化されたものがある。例えば一般に重粘土地用には柄が短く、柄と刃床部とのなす角度が小さいものがよく、軽砂地用はその反対である。

小規模農園用や園芸用に販売されている現代の鍬の刃は全金属製であるが、昔はが高価で貴重であったので、木の板で刃床部を作り、刃先のみに鉄を接合した。刃床部の木製部分を風呂と言い、風呂鍬と風呂なし鍬との2種類があった。

風呂鍬は、風呂、刃、柄の3部を明確に区分でき、平鍬台鍬ともいう。打引鍬に属し、整地中耕などに用いられる。京鍬、江戸鍬、野州鍬、南部鍬、相馬鍬などが属する。構造が堅牢であり、砂質壌土地に適する。

風呂なし鍬は、金鍬(かなぐわ)ともいい、刃床部全体が鉄板1枚でできている。打ち鍬に属し、開墾や重粘土地の耕耘に適する。この種類はさらに、上下鍬窓鍬との2種類に分かれる。上下鍬は、ほぼ正方形の矩形で、質地の耕耘に用いる。窓鍬は、開墾や土工用であり、刃部に2ないし3の穴孔がある。備中鍬は窓鍬の一種ともいえ、刃部が数本にわかれ、湿地や粘重土用に適する。風呂なし鍬は金属部は鍛鉄製で、刃に鋼鉄を張り、または焼き加えるのが普通である。

またかつては、金属部が鋳鉄でできた鋳鍬も存在した。鋳鉄は製造が容易で安価であったが、鍛造の鍬に比べ脆弱であったために深耕に適さず、質土、軽鬆土の中耕に用いた。

文化

ことわざ

鍬入れ式

重要な土木工事起工式に、施主や工事責任者などが盛り土を鍬で崩す神事。同様の儀式は世界中にあり、国家事業級の工事では国家元首が行なうこともある。ただし使用する道具は「鍬」とは限らず、ヒトラーアウトバーンの鍬入れを行なったときはシャベルを使った。

en:Groundbreaking」および「de:Spatenstich」も参照

鍬初め

農家が正月11日に、恵方にあたる畑で鍬を入れ、供え物をして豊作を祈願する行事。

鍬祭り

各地方に、五穀豊穣を祈願する「お鍬祭り」と呼ばれる伝統行事がある。群馬県佐波郡、長野県阿南町など中部地方に多い。

武術

洋の東西を問わず、反乱や一揆の際には武器に変じた。武器が禁止された琉球において鍬はと並び琉球古武術の武具となり、農民たちの間で広く使われ、現代も琉球古武術保存振興会により保存されている。中国武術でも、西遊記猪八戒の武器は熊手または馬鍬の変形だが、鍬とされる場合もあり、現在も中国に鍬を使う武術は存在する。

また明治初期の旧日本陸軍で、工兵の用いる旧称は鍬兵であった。

備考

脚注

  1. ^ 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、5頁。
  2. ^ 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、5-6頁。
  3. ^ 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、6頁。
  4. ^ 古賀 2012, p. 195.
  5. ^ 宮本 2011, pp. 104-107.

参考文献

  • 古賀, 登『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年。 ISBN 978-4-639-02208-4。
  • 宮本, 常一『山に生きる人々』河出書房新社、2011年。 ISBN 978-4-309-41115-6。

関連項目

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/11/09 05:45

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「鍬」の意味を投稿しよう
「鍬」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

鍬スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鍬」のスレッドを作成する
の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail