このキーワード
友達に教える
URLをコピー

長崎県とは?


長崎県旗

【国】
日本
【地方】
九州地方
団体コード
42000-0
ISO 3166-2:JP
JP-42
面積
4,130.88km

総人口
1,341,702
(推計人口、2018年7月1日)
人口密度
325人/km
【隣接都道府県】
佐賀県熊本県
【県の木】
ヒノキツバキ
【県の花】
雲仙ツツジ
【県の鳥】
オシドリ
【他のシンボル】
県の歌:南の風(1961年制定)
県の獣:九州シカ
県の魚(春):タイイカアマダイ
県の魚(夏):アジイサキアワビ
県の魚(秋):サバトビウオヒラメ
県の魚(冬):ブリイワシフグ
長崎県庁

知事
中村法道
【法人番号】
4000020420000
【所在地】
850-8570
長崎県長崎市尾上町3番1号
北緯32度44分41.4秒東経129度52分25.4秒座標: 北緯32度44分41.4秒 東経129度52分25.4秒

【外部リンク】
長崎県

― 市 / ― 町



【ウィキポータル】
日本の都道府県/長崎県
ウィキプロジェクト

長崎県(ながさきけん)は、日本九州地方北西端に位置するである。県庁所在地長崎市

五島列島壱岐島対馬など、数多くの島嶼を含み、47都道府県中最も島が多いことで知られる。また、多島であるうえにリアス式海岸を多く擁することから、海岸線の長さは47都道府県中第2位もしくは第1位である(※「地形」節にて詳説)。

目次

  • 1 名称
  • 2 地理・地域
    • 2.1 地形
    • 2.2 自然公園
    • 2.3 気候
    • 2.4 地域区分
    • 2.5 平成の大合併で消滅した自治体
    • 2.6 地名
    • 2.7 市町村の人口と面積
  • 3 歴史
    • 3.1 先史
      • 3.1.1 旧石器時代
      • 3.1.2 縄文時代
      • 3.1.3 弥生時代
    • 3.2 古墳時代
    • 3.3 飛鳥時代
    • 3.4 奈良・平安時代
    • 3.5 中世
    • 3.6 近世
    • 3.7 近代以降
  • 4 人口
  • 5 政治・行政
    • 5.1 歴代知事(公選)
    • 5.2 組織
    • 5.3 財政
      • 5.3.1 2012年度(平成24年度)
      • 5.3.2 2011年度(平成23年度)
    • 5.4 離島行政
  • 6 経済・産業
    • 6.1 産業
    • 6.2 県内に拠点事業所を置く企業
    • 6.3 産学官連携への取り組み
  • 7 生活・交通
    • 7.1 治安・防衛
      • 7.1.1 自衛隊
      • 7.1.2 海上保安庁
      • 7.1.3 警察
    • 7.2 交通
      • 7.2.1 航空
        • 7.2.1.1 空港
      • 7.2.2 鉄道・軌道
      • 7.2.3 乗合バス事業者
      • 7.2.4 道路
      • 7.2.5 船舶航路
        • 7.2.5.1 廃止された航路
    • 7.3 医療・福祉
    • 7.4 教育
  • 8 マスメディア
    • 8.1 新聞社
      • 8.1.1 フリーペーパー
    • 8.2 放送局
      • 8.2.1 テレビ
      • 8.2.2 ケーブルテレビ
      • 8.2.3 ラジオ
  • 9 文化・スポーツ
    • 9.1 方言
    • 9.2 食文化
    • 9.3 伝統工芸
    • 9.4 スポーツ
    • 9.5 スポーツ施設
      • 9.5.1 2020年夏季オリンピック誘致関係
  • 10 観光
    • 10.1 世界遺産
    • 10.2 有形文化財建造物
  • 11 長崎県を舞台とした作品
  • 12 長崎県出身の人物
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

名称

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年10月)

「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、長崎県の名の由来になったことで知られる。現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説と、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の筆頭御内人である桓武平氏長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説がある。少なくとも長崎小太郎重綱なる人物が、鎌倉初期の嘉禎3年(1237年)ごろには、長埼浦の地頭職を知行する御家人であったことが判明しており、南北朝期以降、長崎氏は桜馬場城(鶴城)に拠り、次第に勢力を拡大していった。 また、その他にも俗説として「訛り」に基づく言い伝えがある。地元では野母崎半島を「長い岬」と称していたが、長崎弁では「長か岬(ながか・みさき)」となり、さらにこれが「なんか・みさき」と転訛し、この語が約まって「長崎」になった、というものである。

地理・地域

地形

東に佐賀県と隣接する他は、周囲を海に囲まれている。対馬壱岐五島列島などの島嶼が971あり、その数は日本一である。また、海岸線の長さは4,137キロメートル (km) であり、北海道に次いで国内2位である(北方領土を除いた場合には1位となる)。面積が北海道の約20分の1である長崎県の海岸線がこれほど長大であるのは、島嶼が非常に多いことに加え、リアス式海岸で海岸線が複雑に入り組んでいるためである。この地形的特徴により、長崎県全域に83箇所の港湾が点在しており、その数は国内の7.4%に及ぶ。なお、長崎県内には海岸線からの距離が15 km以上の地点はない。

長崎県の主な地形

自然公園

気候

南西方向から暖流の対馬海流が流入してくるため、全般的には気候は温暖で、寒暖差も小さい。しかしながら、大陸に近いために寒波の影響を受けやすく、平年を大きく下回るほどに寒さが厳しくなることもあり、真冬日が観測されることもある。冬場は東シナ海側を中心に曇りがちの天気になることが多く、時雨を降らせることがある。積雪することは少ないが、すぐ西側は東シナ海なので季節風の風向によっては、雪雲が遮られずに供給されることにより、大雪となることがある。特に2001年(平成13年)1月16日には長崎市で14cmの積雪を観測し、さらに2016年(平成28年)1月24日には17cmの積雪を記録し、県内各地で大雪となった。しかし、九州地方最北端の対馬では朝鮮半島のすぐ南側に位置するため、東シナ海で発生した雪雲は朝鮮半島に遮られる上、朝鮮半島との海上区間はわずか50km程と極端に短いため雪雲は発達せず、降雪日は多いものの積雪することは稀である。

生物的見地から見ると、各地の海岸に見られるアコウなどの亜熱帯性植物は温暖な気候を反映している。他にも大陸に近いためツシマヤマネコムツゴロウなどの大陸系遺存種が多いこと、各地の離島で多くの亜種変種が確認されていることなども特徴である。

島原半島活火山地帯で温泉が多いが、1990年(平成2年) - 1995年(平成7年)の雲仙・普賢岳の噴火は島原市深江町を中心に大きな被害をもたらした。また、東シナ海に突き出しているため、台風の上陸数も多く、長崎県に限らず、日本列島に大災害をもたらした台風9号(1970年、長崎市)、台風17号(1976年、長崎市)台風17号(1991年、長崎市)台風19号(1991年、佐世保市)台風18号(2004年、長崎市)台風14号(2005年、諫早市)台風13号(2006年、佐世保市)などの台風が上陸している。

長崎県各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典:気象庁・気象統計情報)
平年値
(月単位) 北部 南部
平戸
松浦
佐世保
西海市
大瀬戸大村
長崎
長崎市
野母崎 南島原市
口之津島原
雲仙市
雲仙岳
平均
気温
(°C) 最暖月 26.0
(8月) |  | 27.4
(8月) | 26.3
(8月) |  | 27.6
(8月) | 26.1
(8月) | 27.3
(8月) |  | 22.8
(8月)
最寒月 6.6
(1月) |  | 6.6
(1月) | 7.2
(1月) |  | 6.8
(1月) | 7.2
(1月) | 6.8
(1月) |  | 2.0
(1月)
降水量
(mm) 最多月 346.9
(7月) |  | 347.8
(6月) | 299.9
(6月) | 345.2
(7月) | 360.7
(6月) | 314.3
(6月) | 353.4
(6月) |  | 573.5
(6月)
最少月 64.1
(12月) |  | 54.3
(12月) | 49.6
(12月) | 45.8
(12月) | 57.3
(12月) | 47.5
(12月) | 44.2
(12月) |  | 78.0
(12月)
平年値
(月単位) 対馬 壱岐 五島列島
対馬市
鰐浦 対馬市
美津島 対馬市
厳原 壱岐市
芦辺 壱岐市
石田小値賀
新上五島町
頭ヶ島 新上五島町
有川 五島市
福江 五島市
上大津
平均
気温
(°C) 最暖月  |  | 25.8
(8月) | 25.7
(8月) |  |  |  |  | 26.7
(8月) | 
最寒月  |  | 5.5
(1月) | 5.9
(1月) |  |  |  |  | 7.3
(1月) | 
降水量
(mm) 最多月  |  | 323.4
(6月) | 303.2
(9月) |  |  |  |  | 368.5
(6月) | 
最少月  |  | 56.2
(12月) | 55.7
(12月) |  |  |  |  | 82.0
(12月) | 

地域区分

地域区分図

長崎県による地域区分 では、長崎地域、県北地域 、県央地域、島原地域、五島地域、壱岐地域 、対馬地域の7つの地域に分けられる。自治体は13市4郡8町がある。「町」の読みは、すべて「ちょう」。2000年(平成12年)の段階では79もの市町村があったが、平成の大合併で2010年(平成22年)4月までに21市町となっている。村は2005年(平成17年)10月1日大島村の合併に伴って消滅している。

長崎地域
県北地域
県央地域
島原地域
五島地域
壱岐地域
対馬地域
 | 

平成の大合併で消滅した自治体

本項では記事がある市町村のみを掲載。記事がないものについては、長崎県の廃止市町村一覧を参照。

消滅した市・郡
  • 諫早市になった町(4町すべて)
  • 雲仙市になった町(7町)
  • 島原市になった町(1町)
  • 南島原市になった町(8町)
町村が減少したが、存続している郡
  • 長崎市になった町(7町)
  • 諫早市になった町(1町)
  • 西海市になった町(5町)
  • 佐世保市になった町(6町)
  • 平戸市になった町村(2町1村)
  • 松浦市になった町(2町)
  • 五島市になった町(5町)
  • 新上五島町になった町(5町)

地名

住所#日本の住所表記」も参照

長崎県内には、対馬を除く地域において市町村下の地名の末尾に付する独特の単位が複数存在する。壱岐島では農村集落で「○○触(ふれ)」、漁村集落で「○○浦(うら)」、壱岐を除く旧平戸藩領では「○○免(めん)」、旧大村藩領および五島列島では「○○郷(ごう)」、旧佐賀藩領および旧島原藩領では「○○名(みょう)」が付く。
これらの単位の中には市町村合併などで町名の変更があった際に削除されるものも多いが、現在も市町村下の行政区画単位として一部の地域で使われ続けている。

市町村の人口と面積

市町村 面積(km) 人口(人) 人口密度
(人/km)
1 長崎市 | 405.86 | 417,509 | 1,029
2 佐世保市 | 426.06 | 250,097 | 587
3 島原市 | 82.97 | 44,001 | 530
4 諫早市 | 341.79 | 135,546 | 397
5 大村市 | 126.64 | 94,192 | 744
6 平戸市 | 235.09 | 30,279 | 129
7 松浦市 | 130.55 | 22,346 | 171
8 対馬市 | 707.42 | 29,944 | 42
9 壱岐市 | 139.42 | 25,901 | 186
10 五島市 | 420.10 | 35,501 | 85
11 西海市 | 241.59 | 27,346 | 113
12 雲仙市 | 214.31 | 42,477 | 198
13 南島原市 | 170.11 | 44,002 | 259
14 長与町 | 28.73 | 41,954 | 1,460
15 時津町 | 20.94 | 29,736 | 1,420
16 東彼杵町 | 74.28 | 7,947 | 107
17 川棚町 | 37.25 | 13,680 | 367
18 波佐見町 | 56.00 | 14,616 | 261
19 小値賀町 | 25.52 | 2,402 | 94
20 佐々町 | 32.27 | 13,739 | 426
21 新上五島町 | 213.99 | 18,487 | 86
1 西彼杵郡 | 49.58 | 72,382 | 1,460
2 東彼杵郡 | 167.47 | 37,835 | 226
3 北松浦郡 | 57.76 | 16,217 | 281
4 南松浦郡 | 213.98 | 20,725 | 97
0 長崎県 | 4,130.88 | 1,341,702 | 325

人口は2013年6月1日現在。

歴史

古くは肥前国(佐賀県と、壱岐・対馬を除く長崎県全域)、対馬国壱岐国に分かれていたが、肥前の国府は佐賀県の佐賀市(旧大和町)にあった。

先史

旧石器時代

現在の佐世保市に当たる地域からは、福井洞窟泉福寺洞窟などの遺跡が見つかっており、いずれも日本の史跡となっている。また、旧国見町(現在の雲仙市)には、百花台遺跡群があり、約3万年前に人々が生活した跡や使われていた道具が見つかっている。2003年(平成15年)12月には、平戸市入口遺跡で10万年前の土層から旧石器が見つかり、古くから人が居住していた可能性が考えられる。

縄文時代

縄文時代の遺跡として有名なのが、南島原市(旧南高来郡北有馬町)の原山支石墓群である。そのほか、有喜貝塚、佐賀貝塚、白浜貝塚などが発見されている。

弥生時代

弥生時代の遺跡としては、『魏志倭人伝』に登場する「一支国」と見られる原の辻遺跡は現在の壱岐市芦辺町、石田町にあり、日本の特別史跡に指定されている。また里田原遺跡が発見されており、当時の農業技術を知る上で重要なものの1つである。またこのほか、弥生時代の鉄剣が出土した富の原遺跡(大村市)、塔の首遺跡、日本最古のネコの骨が出土したカラカミ遺跡(壱岐市)などがある。

古墳時代

県内の古墳の数は500を超え、その大半は壱岐に存在し壱岐古墳群として日本の史跡に指定されている。古墳時代初期の古墳としては、対馬市の出居塚古墳根曽古墳群がある。後期に入ると、大規模な古墳が多くなる。その代表としては壱岐市の鬼の窟古墳があり、これは県内最大の円墳である。このほかには双六古墳(これは県内最大の前方後円墳である)、矢立山古墳群曲崎古墳群がある。

飛鳥時代

倭国が朝鮮半島での白村江の戦いに敗れたため、664年に対馬・壱岐などに防人烽(とぶひ)を置き、唐や新羅からの侵攻に備えた。667年には対馬に金田城が築かれた。

奈良・平安時代

小野妹子をはじめとする遣隋使遣唐使は、日本の最西北である壱岐や対馬、五島を経由し、朝鮮半島や中国に渡っていた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/08/02 07:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「長崎県」の意味を投稿しよう
「長崎県」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

長崎県スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「長崎県」のスレッドを作成する
長崎県の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail