このキーワード
友達に教える
URLをコピー

長野オリンピックとは?

(長野オリンピックから転送)

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年9月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年9月)
 | 
このページは2017年8月に、「長野オリンピック」から改名されました。リード文やカテゴリのソートキーなどの修正にご協力をお願いします。
修正が完了したらこのテンプレートを除去してください。
改名の議論はプロジェクト‐ノート:オリンピック/オリンピック関連記事命名方針の最終決定_(続き)#親記事名の最終決定を参照してください。

 | 
オリンピックの大会記事における導入部の書き方については、2017年12月現在、プロジェクト‐ノート:オリンピック#導入部の書き方で議論中です。

 | 
当オリンピックにおける日本代表選手に関する事項は1998年長野オリンピックの日本選手団へ記載して下さい。

【1998年長野オリンピック】

第18回オリンピック冬季競技大会
XVIII Olympic Winter Games

【開催都市】
日本 長野
【参加国・地域数】
72
【参加人数】
2,302人(男子1,488人、女子814人)
【競技種目数】
7競技68種目
【開会式】
1998年2月7日
【閉会式】
1998年2月22日
【開会宣言】
今上天皇
選手宣誓
荻原健司
審判宣誓
平松純子
最終聖火ランナー
伊藤みどり
【主競技場】
長野オリンピックスタジアム
【冬季】

< 1994年リレハンメル 2002年ソルトレークシティ >

【夏季】

< 1996年アトランタ 2000年シドニー >

Portal:オリンピック
ロゴマーク。篠塚正典デザイン

1998年長野オリンピック(ながのオリンピック)は、1998年(平成10年)2月7日から2月22日まで日本長野県長野市を中心とする地域を会場として開催された20世紀最後の冬季オリンピックである。冬季オリンピックの歴代開催地の中では、長野は最もに位置する緯度の地域だった。

72の国(地域)から選手・役員4638人が参加し、延べ144万2700人の観客が会場に集った。

長野オリンピックの競技会場は長野市白馬村山ノ内町軽井沢町野沢温泉村に配置され、このうち人口が最も多く県庁所在地である長野市が主催都市(Host city)だった。そのため、1994年リレハンメルオリンピックおよび長野オリンピックの閉会式では、いずれも次回開催地への引き継ぎセレモニーで当時の長野市長だった塚田佐が出席した 。

目次

  • 1 大会開催までの経緯
  • 2 概要と経過
    • 2.1 開会式
    • 2.2 競技
      • 2.2.1 アルペンスキー
      • 2.2.2 ジャンプ
      • 2.2.3 ノルディックスキー
      • 2.2.4 クロスカントリースキー
      • 2.2.5 スノーボード
      • 2.2.6 スピードスケート
      • 2.2.7 ショートトラックスピードスケート
      • 2.2.8 フィギュアスケート
      • 2.2.9 アイスホッケー
      • 2.2.10 フリースタイルスキー
      • 2.2.11 カーリング
    • 2.3 閉会式
  • 3 実施競技と日程
  • 4 各国・地域の獲得メダル数
  • 5 主なメダリスト
  • 6 会場
  • 7 鉄道への影響
  • 8 記念発行物
  • 9 その他
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

大会開催までの経緯

1985年2月28日に信濃毎日新聞は、長野県への冬季オリンピック招致キャンペーンを開始した。同年3月25日に長野県議会はオリンピック招致決議を行った。その後は、長野県内の全市町村も招致決議を行った 。

1988年6月1日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の1998年冬季オリンピックの開催国内候補地選定投票で盛岡山形旭川を破り選定された。

長野オリンピックの開催は、1991年6月15日イギリスバーミンガムで開かれた第97回国際オリンピック委員会総会で決定された。2回目は最低得票がソルトレイクとアオスタの2都市になったために落選都市決定戦という形で行なわれた。

「ホワイトスノー作戦」
長野五輪で使用される施設は少なからずの不法滞在を含む外国人が入り、施設や道路造りに加わったとされる。しかしその外国人らの多くが入管法違反(不法残留・入国など)の摘発されていると地元紙の信濃毎日新聞は報じている。信濃毎日の記事によると、長野県警は多数の摘発について「ホワイト・スノー作戦」という名称を付けていると言う。これについて佐久地域国際連帯市民の会の横田隆志代表は「不法滞在の外国人労働者が日本社会を支えているという暗黙の現実がありながら、五輪が来る場にはいられない。日本の現実の姿だと思いますね」と述べている。また、長野市内でスナックを経営するフィリピン人の女性が日本人客から「五輪までに街をきれいにしなきゃいかん。そのうちあんたらも居られなくなるかもな」と言葉を投げつけられたとも同記事は伝えており、長野毎日はオリンピックの祝福ムードの陰にある外国人への「排除の論理」についても報じている。
1998年冬季オリンピック 開催地投票
都市 国 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
長野 |  日本 | 21 | - | 30 | 36 | 46
ソルトレイクシティ |  アメリカ合衆国 | 15 | 59 | 27 | 29 | 42
エステルスンド | スウェーデン | 18 | - | 25 | 23 | -
ハカ |  スペイン | 19 | - | 5 | - | -
アオスタ |  イタリア | 15 | 29 | - | - | 

日本での冬季五輪の開催は1972年札幌オリンピック以来26年ぶり2度目だった(1940年札幌で予定されていたが、中止となっている。冬季の場合は夏季と異なり非開催は大会の回次番号が付かないため、公式にも日本で2回目の冬季五輪開催となる)。

概要と経過

開会式

開会式および閉会式が開催された長野オリンピックスタジアム(2006年撮影)。

長野オリンピックの開会式は、今上天皇皇后臨席の下、2月7日午前11時から長野オリンピックスタジアムで行われた。当初は夜間の開催だったが、アメリカの放映権を持つCBSの要請により昼間に変更。同時に開催時間を2時間以内に設定していた。総合演出(総合プロデューサー)は劇団四季浅利慶太が担当(シニアプロデューサーが萩元晴彦、音楽アドバイザーが小澤征爾、イメージ監督が新井満、映像監督が今野勉)。善光寺の鐘の音を合図にスタートした。御柱の建御柱、大相撲幕内力士の土俵入り、横綱の土俵入りが行われ、歌手の森山良子と子供達によりテーマソング「明日こそ、子供たちが…When Children Rule the World」が披露された。

選手入場はオリンピック憲章に則り、ギリシャを先頭にアルファベット順に行われた。入場の最後の日本選手団は県民歌でもある「信濃の国」に合わせて入場した。大会組織委員会会長・斎藤英四郎および国際オリンピック委員会(IOC)会長のフアン・アントニオ・サマランチが挨拶し、天皇が開会を宣言して湯浅譲二作曲の『冬の光のファンファーレ』が演奏された。

猪谷千春笠谷幸生金野昭次北沢欣浩長久保初枝大高優子橋本聖子山本宏美の元冬季オリンピック日本代表選手8人がオリンピック旗を持って入場し、長野市児童合唱団の合唱でオリンピック賛歌が演奏され、オリンピック旗が掲揚された。雅楽による国歌演奏の後、クリス・ムーンと子供たちが聖火を持って入場した。

1997年世界陸上選手権10000m銅メダリスト・千葉真子から1992年アルベールビルオリンピック1994年リレハンメルオリンピックノルディック複合団体の金メダリスト・河野孝典阿部雅司三ヶ田礼一の3人へ、そして1997年世界陸上選手権女子マラソン金メダリスト・鈴木博美に引き継ぎ、ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」の中の『ある晴れた日に』が演奏され、1992年アルベールビル五輪女子フィギュアスケート銀メダリストの伊藤みどりによって、聖火が点火された。

オリンピック宣誓は、アルベールビル・リレハンメル両五輪ノルディック複合団体の金メダリスト・荻原健司、フィギュアスケート審判・平松純子によって行われ、審判宣誓終了直後、子供たちのメッセージカードが入った羽ばたいているように見える3種類のの形の紙風船が1998個空に放たれた。

開会式のクライマックスは、長野県県民文化会館でのオーケストラとソリストに開会式会場と世界5大陸(北京ベルリンケープタウンニューヨークシドニー)の合唱団が加わった衛星同時中継によるベートーヴェン作曲の交響曲第9番「合唱付き」第4楽章の演奏・合唱であった。指揮は小澤征爾が行い、この合唱は会場の観客や選手を含む全員が参加し行われるというオリンピック史上初の試みであった。

さらに演奏終了にあわせ航空自衛隊ブルーインパルスが会場上空で展示飛行を行った。

競技

詳細は「Category:1998年長野オリンピックの各競技」を参照

屋外競技は全体的に悪天候に悩まされた大会であった。アルペンスキーは競技日程が変更され、スキージャンプ団体戦は競技が一時中断された。

アルペンスキー

詳細は「1998年長野オリンピックのアルペンスキー競技」を参照

男子滑降が行われる予定だった大会2日目から悪天候が続き競技日程が変更され、大会10日目の16日には男子スーパー大回転、女子滑降、女子複合滑降の3レースが同日実施された。5日遅れで開催された男子滑降では、出場45人中15人が失格・途中棄権となり、うち14人がコース上の同じポイントで失敗をした(長野オリンピック滑降競技場設営問題も参照)。なお、このシーズンのワールドカップ総合1位のヘルマン・マイヤーも滑降でこの地点で転倒したが、スーパー大回転および大回転で優勝した。

志賀高原会場は東館山・焼額山2コースを抱えていたため、2コース同時に競技が行われても進行することができるようスタッフの人的リソース・機材等手配がされた。当初は2コース分のスタッフを揃えることに経費面等の理由により不要論もあったが、確実な競技運営を主張した全日本/長野県スキー連盟の意向、「この時期の天候は読めない」という志賀高原地元スタッフの意見が反映され、フル手配となった。結果的にスピード系競技(白馬会場)の連日にわたる大幅なスケジュール変更や、多量の降雪による影響をも柔軟に対応することが可能であった。

またコース整備は陸上自衛隊が協力し、降雪によりコースが埋没した際の排雪も行った。

ジャンプ

詳細は「1998年長野オリンピックのスキージャンプ競技」を参照

日本勢が金2個(ラージヒル個人・船木和喜、ラージヒル団体・日本代表)、銀1個(ノーマルヒル個人・船木)、銅1個(ラージヒル個人・原田雅彦)を獲得した。

ノルディックスキー

詳細は「1998年長野オリンピックのノルディック複合競技」を参照

団体戦の日本代表は冬季五輪3連覇は成らなかったものの5位に入賞した。また個人戦で荻原健司が4位、荻原次晴が6位に入賞した。

クロスカントリースキー

詳細は「1998年長野オリンピックのクロスカントリースキー競技」を参照

クロスカントリースキー男子15kmクラシカルではケニアから出場し、最下位ながらも完走したフィリップ・ボイトを優勝したノルウェービョルン・ダーリがゴール地点で出迎えた一幕があった。

スノーボード

詳細は「1998年長野オリンピックのスノーボード競技」を参照

大回転とハーフパイプの2種目がこの大会から正式種目として採用された。最初のレースとなった男子大回転で、カナダロス・レバグリアティがオリンピックチャンピオンになった。しかしレバグリアティは競技終了後、ドーピング検査マリファナの陽性反応が出たために一旦はメダル剥奪が決定されたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定により処分は取り消された。

スピードスケート

詳細は「1998年長野オリンピックのスピードスケート競技」を参照

プレシーズンにスラップスケートが登場し、多くの選手がスケート靴を変えての大会となった。スラップスケートが特に威力を発揮すると言われた長距離種目では、エムウェーブの高速リンクと相まって世界新記録が連発した。大会2日目に行われた男子5000メートルでは、メダリスト3選手全員が従来の世界記録を上回った。

日本勢では清水宏保が男子500メートルで金メダル、男子1000メートルで銅メダルを獲得した。また、女子500メートルでも岡崎朋美が銅メダルを獲得した。

ショートトラックスピードスケート

詳細は「1998年長野オリンピックのショートトラックスピードスケート競技」を参照

フィギュアスケート

詳細は「1998年長野オリンピックのフィギュアスケート競技」を参照

多様なジャンプとスピンを武器に14歳で全米選手権を制した15歳のタラ・リピンスキーと、柔らかく表現力豊かな演技をする17歳のミシェル・クワンが金メダルを争い、リピンスキーは当時15歳8ヶ月で金メダルを獲得した。なお、リピンスキーはソニア・ヘニー(ノルウェー)の持つ最年少金メダル記録(15歳10ヶ月)を更新した。その後、オリンピックのフィギュアスケートでは年齢制限が設けられたため、この記録の更新は難しくなった。

アイスホッケー

詳細は「1998年長野オリンピックのアイスホッケー競技」を参照

この大会からプロ選手の参加が認められ、ナショナルホッケーリーグ(NHL)は2週間中断した。NHLの選手を多く所属した6カ国は2次リーグからのシード参加となった。その中でもスター選手揃いのアメリカとカナダが注目されたが、ドミニク・ハシェックを中心とした堅い守備を持ったチェコロシアとの決勝戦を制して金メダルを獲得した。

フリースタイルスキー

詳細は「1998年長野オリンピックのフリースタイルスキー競技」を参照

モーグル女子で、里谷多英が冬季オリンピックで日本女子選手初となる金メダルを獲得した。

カーリング

詳細は「1998年長野オリンピックのカーリング競技」を参照

正式競技としては1924年シャモニー・モンブランオリンピック以来74年ぶり2度目の実施となった。公開競技として行われた大会を含めると、1992年のアルベールビルオリンピック以来2大会ぶりの実施であった。

なお、観客に内容がわかるように無料でラジオ受信機が配られ、場内で解説が聴けるように工夫された。

閉会式

閉会式は2月22日午後6時から長野オリンピックスタジアムで開催され、天皇・皇后両陛下が臨席した。

各国の選手が入場し、長野県の祭りが一堂に集結した。その後、近代オリンピック発祥の地ギリシャ、今大会の開催国である日本、次回2002大会の開催国アメリカの3ヶ国の国歌が演奏され、オリンピック旗が塚田長野市長からディーディー・コラディーニ(英語: Deedee Corradini)・、ソルトレイクシティ市長に引き継がれたあと、ソルトレイクシティ組織委員会によるデモンストレーションが行われた。大会組織委員会副会長の吉村午良とIOCのサマランチ会長のスピーチが行われ、最後はサマランチによって「アリガトナガノ、サヨナラニッポン」と日本語で締めくくられた。その後、大会ファンファーレが陸上自衛隊中央音楽隊によって演奏されたあと、オリンピック旗の降納とともにオリンピック賛歌が演奏・合唱された。

聖火の納火の後、杏里と子供たちが会場と全員で「ふるさと」を合唱し、司会を務めたタレントの萩本欽一が「私たちのふるさとは?」と問いかけると会場は「地球!!」と叫んだ。フィナーレでは花火5,000発が打ち上げられAGHARTA(長万部太郎こと角松敏生率いる覆面バンド)が登場し、「WAになっておどろう〜イレアイエ〜」を演奏した。なお、生中継を行った日本テレビの視聴率は30.8%を記録した。

実施競技と日程

【競技名 / 日付】
【7】
【8】
【9】
【10】
【11】
【12】
【13】
【14】
【15】
【16】
【17】
【18】
【19】
【20】
【21】
22
開閉会式 | ・ |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | ・
スキー | アルペンスキー |  |  |  | ・ | ・ |  | ・ |  |  | ・ | ・ |  | ・ | ・ | ・ | 
クロスカントリースキー |  | ・ | ・ | ・ |  | ・ |  | ・ |  | ・ |  | ・ |  | ・ |  | ・
スキージャンプ |  |  |  |  | ・ |  |  |  | ・ |  | ・ |  |  |  |  | 
ノルディック複合 |  |  |  |  |  |  | ・ | ・ |  |  |  |  | ・ | ・ |  | 
フリースタイルスキー |  | ・ |  |  | ・ |  |  |  |  | ・ |  | ・ |  |  |  | 
スノーボード |  | ・ |  | ・ |  | ・ |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
スケート | スピードスケート |  | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ |  | ・ | ・ |  | 
フィギュアスケート |  | ・ |  | ・ |  | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ |  | ・ |  | ・ | ex | 
ショートトラックスピードスケート |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | ・ |  | ・ |  | ・ | 
アイスホッケー | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ |  | ・ | ・ | ・
ボブスレー |  |  |  |  |  |  |  | ・ | ・ |  |  |  |  | ・ | ・ | 
リュージュ |  | ・ | ・ | ・ | ・ |  | ・ |  |  |  |  |  |  |  |  | 
バイアスロン |  |  | ・ |  | ・ |  |  |  | ・ |  |  | ・ | ・ |  | ・ | 
カーリング |  |  | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ |  |  |  |  |  |  | 

各国・地域の獲得メダル数

詳細は「1998年長野オリンピックのメダル受賞数一覧」を参照
国・地域
1 |  ドイツ | 12 | 9 | 8 | 29
2 |  ノルウェー | 10 | 10 | 5 | 25
3 |  ロシア | 9 | 6 | 3 | 18
4 |  カナダ | 6 | 5 | 4 | 15
5 |  アメリカ合衆国 | 6 | 3 | 4 | 13
6 |  オランダ | 5 | 4 | 2 | 11
7 |  日本(開催国) | 5 | 1 | 4 | 10
8 |  オーストリア | 3 | 5 | 9 | 17
9 |  韓国 | 3 | 1 | 2 | 6
10 |  イタリア | 2 | 6 | 2 | 10

主なメダリスト

出典:wikipedia
2018/12/13 13:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「長野オリンピック」の意味を投稿しよう
「長野オリンピック」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

長野オリンピックスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「長野オリンピック」のスレッドを作成する
長野オリンピックの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail