このキーワード
友達に教える
URLをコピー

関ヶ原の戦いとは?

関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われ、関ヶ原の合戦関ヶ原合戦とも呼ばれる。合戦当時は南北朝時代の古戦場・「青野原」や「青野カ原」と書かれた文献もある。

主戦場となった関ヶ原古戦場跡は国指定の史跡となっている。

目次

  • 1 概要
  • 2 決戦までの経緯
    • 2.1 豊臣家内部の対立とその背景
      • 2.1.1 中央集権派と地方分権派の対立
      • 2.1.2 朝鮮出兵時の豊臣家臣団内部の対立
      • 2.1.3 秀次事件による豊臣家及び豊臣家臣団の確執
      • 2.1.4 「太閤様御置目」を巡る奉行衆と家康の対立
    • 2.2 政治抗争の発生
    • 2.3 加賀前田征伐と家康の権力強化
    • 2.4 会津上杉征伐の決定
  • 3 諸将の去就
    • 3.1 西軍
    • 3.2 内応・叛応
    • 3.3 中立・その他
    • 3.4 東軍
  • 4 本戦までの動き
    • 4.1 家康の東進と毛利輝元の大坂入り
    • 4.2 東軍諸大名の反転
    • 4.3 西軍の伊勢侵攻と東軍の岐阜城攻め
    • 4.4 決戦と抗争終結
  • 5 9月15日の布陣と戦闘経過
    • 5.1 一次史料による合戦当日の記録
    • 5.2 二次史料による合戦当日の記録
  • 6 地方への波及
    • 6.1 奥羽
    • 6.2 北陸
    • 6.3 畿内近国
      • 6.3.1 大津城
      • 6.3.2 田辺城
    • 6.4 四国
      • 6.4.1 阿波方面
      • 6.4.2 讃岐方面
      • 6.4.3 伊予方面
      • 6.4.4 土佐方面
    • 6.5 九州
      • 6.5.1 黒田如水
      • 6.5.2 毛利勝信
      • 6.5.3 加藤清正
      • 6.5.4 立花宗茂
      • 6.5.5 その他諸将
    • 6.6 その他
      • 6.6.1 関東
      • 6.6.2 伊勢
      • 6.6.3 伊賀
  • 7 合戦後の動き
    • 7.1 大垣・佐和山落城
    • 7.2 論功行賞と三成の処刑
    • 7.3 大坂城開城と毛利氏の処分
    • 7.4 島津氏の処分
    • 7.5 上杉氏・佐竹氏の処分
    • 7.6 織田氏の処分
    • 7.7 その後
    • 7.8 影響
  • 8 首塚
  • 9 関ヶ原の戦いに関する諸説
    • 9.1 三成の関ヶ原転進の理由
    • 9.2 西軍の首謀者と結成の過程
    • 9.3 小山評定をめぐる諸説
    • 9.4 島津義弘の夜襲策について
    • 9.5 吉川広家による毛利家救済について
    • 9.6 福島正則と井伊直政の先陣争い
    • 9.7 小早川秀秋の陣に対する家康の銃撃
    • 9.8 秀秋裏切りの理由
  • 10 関ヶ原の戦いの屏風絵
  • 11 関ヶ原の戦いに関する創作
  • 12 関ヶ原古戦場
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 参考文献
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

概要

豊臣秀吉の死後発生した豊臣政権内部の政争に端を発したものであり、毛利輝元を総大将とし宇喜多秀家石田三成らを中心に結成された西軍と、徳川家康を中心に構成された東軍の両陣営が関ヶ原での戦いを含め各地で戦闘を繰り広げた。この戦役の結果、豊臣政権は統一政権の地位を失った一方、勝者である徳川家康は強大な権力を手に入れ、幕藩体制確立への道筋が開かれることになる。

決戦までの経緯

豊臣家内部の対立とその背景

秀吉の死後、豊臣政権の政治体制は秀吉の独裁から幼少の後継者秀頼を五奉行五大老のメンバーによって支える集団運営体制へと移行する。しかし秀吉死後の政治抗争の過程でこの体制は徐々に崩壊してゆき、戦役の結果により消滅することになる。

政争の原因については以下のようなものが想定されているが、関ヶ原の戦いにおける東西の対立関係は複雑なものであり、各大名の動向を決定した要因は多岐にわたるものと考えられる。また地方での戦闘は主力決戦が政治面も含めて決着した慶長5年10月以降も行われており、必ずしも政権中央での政治対立に直結したものでは無い。

中央集権派と地方分権派の対立

太閤検地の実施とそれにともなう諸大名領内への豊臣直轄領(豊臣蔵入地)の設置や、大名内部で発生した諸問題への介入によって、豊臣政権(中央)による地方大名への支配力強化を進めようとする石田三成・増田長盛らの強硬・集権派と、これに反対する浅野長政らの宥和・分権派との対立が抗争の背景にあったとする説である。

一方、戸谷穂高は宥和・分権派として長政の名が挙げられている点について、「その論拠は一切示されておらず」強硬・集権派との「対立構図自体にも再考の余地が見だされる」としている。文禄2年長政は甲斐へ国替えとなり伊達・南部・宇都宮・成田らの東国諸大名を与力とするが、それ以降、運上金増収を目的とした大名所有の鉱山への支配強化や、日本海海運の掌握を進め、また宇都宮氏・佐竹氏の改易を主導するなど宥和・分権的とは言い切れない動向も見られる。曽根勇二はこれら東国における長政の動向を朝鮮出兵のための「総力戦の体制を打ち出した秀吉政権の集権化の実態を示すもの」とし、集権派対分権派の構図に疑問を呈している。

朝鮮出兵時の豊臣家臣団内部の対立

慶長・文禄の役の際、石田三成・増田長盛を中心とした奉行衆と加藤清正・黒田長政らを中心とする渡海軍諸将との間に発生した作戦方針・軍功を巡る対立が関ヶ原の戦いの主要因とする説である。この対立関係は豊臣政権において主に政務活動を担当した「文治派」と、軍事活動に従事した「武断派」との対立を含んだものともされる。

しかし両派閥の不仲を示した逸話には一次史料による確認が取れないものや創作と思われるものが多く、一方のちに東軍の属する武将間でも対立関係は存在している。巨済島海戦の軍功を巡っては加藤嘉明と藤堂高虎が対立しており、蔚山の戦い後、現地諸将より秀吉に提案された戦線縮小案については蜂須賀家政が賛同したのに対して加藤清正は反対の立場を取っている(慶長3年3月13日付加藤清正宛豊臣秀吉朱印状)。

中野等は三成を中心とする「文治派」対加藤清正らを中心とする「武断派」との対立の構図は、江戸時代成立の軍記物等の二次史料から発して、その後旧来の研究の中でステレオタイプ化したものとしている。例えば、賤ヶ岳七本槍のイメージから武功による出世を果たしたと思われがちな加藤清正は国内統一戦の過程において目立った戦績が無く、朝鮮出兵以前においてはむしろ豊臣直轄地の代官や佐々成政改易後の肥後国統治など文官的活動が主であった。

秀次事件による豊臣家及び豊臣家臣団の確執

文禄4年(1595年)6月に発生した秀次切腹事件の影響を受けた諸大名と、秀次粛清を主導した石田三成との間の対立関係が抗争の背景にあった説である。秀次による謀反の計画への参加を疑われた諸大名に対する処罰のいくつかは、家康の仲裁により軽減されている。結果両者は親密な関係を結ぶことになり、一方諸大名は三成を憎むようになったとする。

しかし三成を事件の首謀者とする説は寛永3年(1626年)成立の「甫庵太閤記」に登場して以降の軍記物等に取り入れられた逸話を根拠としており、史実として立証されたものでは無い。

「太閤様御置目」を巡る奉行衆と家康の対立

「太閤様御置目」(秀吉の遺言や死の前後に作成された掟・起請文群)に従って政権運営を進めようとする豊臣奉行衆と、それを逸脱して政権内での主導権を握ろうとする家康及びその家康を支持する一派との対立が抗争に繋がったとする説である。

家康は伊達政宗ら諸大名との間で進めた私的な婚姻計画をはじめ、秀吉正室北政所を追い出しての大坂城西の丸入城、大老・奉行による合意によって行われるべき大名への加増の単独決定、豊臣政権の人質である諸大名妻子の無断帰国許可など、秀吉死後数々の置目違反を犯しており、これらは関ヶ原の戦いにおいて西軍が家康を討伐対象とする根拠となっている。

一方前田・増田・石田・長束の豊臣四奉行は、秀吉の死から間もない慶長3年8月27日に秀頼への忠誠と秀吉の定めた置目の遵守を改めて誓う起請文を毛利輝元と作成しており、その立場は家康の行動とは相違するものである。

政治抗争の発生

慶長3年(1598年)8月18日に秀吉が伏見城で死去すると、それ以降政権内部での対立が表面化していくことになる。まず秀吉の死の直後、徳川家康と伊達政宗ら諸大名が、秀吉の遺言に違反する私的婚姻を計画していたことが発覚し大老前田利家や豊臣奉行衆らによる家康追及の動きが起こる。 一時は徳川側と前田側が武力衝突する寸前まで至ったが、誓書を交換するなどして騒動は一応の決着を見る。正徳3年(1713年)成立の「関ヶ原軍記大成」では、この騒動の際伏見の家康邸に織田有楽斎・京極高次・伊達政宗・池田照政・福島正則・細川幽斎・細川忠興・黒田如水・黒田長政・藤堂高虎・加藤清正・加藤嘉明ら30名近い諸大名が参集したとしている。

翌年の閏3月に利家が死去すると、五奉行の一人石田三成が加藤清正・福島正則・黒田長政・藤堂高虎・細川忠興・蜂須賀家政・浅野幸長の七将に襲撃される。その動機は慶長の役末期に行われた蔚山の戦いの際、不適切な行動をしたとして長政らが戦後処罰されたのは、三成の縁者福原長尭が秀吉に歪曲して報告したためと主張する、彼等の不満にあったとされている。ただし忠興と正則は蔚山の戦いに参加しておらず、清正と幸長への処罰は発給文書類からは確認されない。

家康・毛利輝元・上杉景勝・秀吉正室北政所らによる仲裁の結果、三成は奉行職を解かれ居城の佐和山城に蟄居となる。宮本義己は最も中立的と見られている北政所が仲裁に関与したことにより、裁定の正統性が得られ、家康の評価も相対的に高まったと評価しているが、一方で清正らの襲撃行為自体は武力による政治問題の解決を禁じた置目への違反であった。水野伍貴は当時七将が家康の統制下にあり、その行動は家康に容認された範囲内に限られていたとする。

加賀前田征伐と家康の権力強化

1599年9月7日、家康は秀頼に重陽の節句の挨拶をするためとして伏見城から大坂城に入城。同日、家康に対する暗殺計画が発覚する。

計画は前田利家の嫡男で加賀金沢城主である前田利長を首謀者として五奉行のひとり浅野長政、秀頼・淀殿側近の大野治長、および加賀野々市城主の土方雄久が、大坂城入城中の家康を襲撃し暗殺するというものであり、寛永年間成立の『慶長年中卜斎記』では計画を家康に密告したのは増田長盛とする。ただしこの事件に関する一次史料はわずかであり、計画の真相や騒動の経緯については不明な点が多い。

10月2日、暗殺計画に加担した諸将に対する処分が家康より発表され、長政は隠居を命じられ武蔵国府中に蟄居し、治長は下総結城、雄久は常陸水戸に流罪となった。翌3日には首謀者である利長を討伐すべく、「加賀征伐」の号令を大坂に在住する諸大名に発し、加賀小松城主である丹羽長重に先鋒を命じた。金沢に居た利長はこの加賀征伐の報に接し、迎撃か弁明の択一を迫られたが、結局重臣である横山長知を家康の下へ派遣して弁明に努めた。家康は潔白の証明として人質を要求、利長の母で利家正室であった芳春院を人質として江戸に派遣することで落着した。

この騒動のさなか、家康は北政所の居所であった大坂城西の丸に入り、その後も在城を続ける。秀吉の遺言では家康は伏見に在城することが定められており、大坂在城はこれに違反するものであった。 政敵を排除し政権中枢の大坂城に入った家康の権力は大きく上昇し、城中から矢継ぎ早に大名への加増や転封を実施した。これは味方を増やすための多数派工作と考えられている。細川忠興に豊後杵築6万石、堀尾吉晴越前府中5万石、森忠政信濃川中島13万7,000石、宗義智に1万石を加増。文禄・慶長の役で落度があったとして福原長堯らを減封処分とし、田丸直昌美濃岩村へ転封した。本来大名への加増転封は大老奉行の合議・合意のもと行われるものであるが、家康はこれを単独の決定によって進めている。

このように政権内部での権力を強化していく家康に対して、この時期の前田玄以・増田長盛・長束正家の豊臣三奉行は政務面で協力的であり、輝元も恭順の意を示している。また佐和山に隠居していた三成も家康暗殺計画事件の際は前田勢への備えとして軍勢を派遣し、大坂の自邸を宿所として提供するなど、家康とは比較的良好な関係あった。しかし、最終的に彼等は反家康闘争を決断することになる。

会津上杉征伐の決定

詳細は「会津征伐」を参照

こうした政治的状況下、1600年(慶長5年)春頃より大老上杉景勝と家康との関係が悪化。4月には家康家臣伊奈昭綱らが会津若松に送り込まれ、神指城築城や津川への架橋を豊臣政権への「別心」=反逆であるとして詰問し、景勝に6月上旬の上洛を要求する。5月中旬、この要求に対して景勝は上洛の意志を伝えるとともに、秋までの上洛延期と、上杉家に謀叛の疑いを掛けた者の追及の要求するが、結局上杉側の提示した要求は受け入れられず、6月上旬に景勝上洛は中止となる。なお、家康に対して直江兼続が景勝への上洛要求を挑発的な文面で批判した、いわゆる「直江状」と言われる史料が存在するが、この文書の真贋や由来、内容解釈については諸説が存在している。

詳細は「直江状」を参照

一方家康は会津との交渉結果が出ていない5月3日の段階ですでに会津征伐を決定しており、6月2日には本多康重らに7月下旬「奥州表」に出陣すること伝えている。

『慶長年中卜斎記』では家康が6月15日に秀頼と淀君に会見し、黄金2万枚と米2万石の他に正宗(あるいは政家)の脇差しと楢柴肩衝を餞別として送られたとしているが、『関ヶ原軍記大成』では「餞別の引出物」とのみ記され、『当代記』(寛永年間成立)・『関原始末記』(明暦2年成立)には会見そのものの記述が無いなど二次史料同士での記録は一致しない。

6月16日に大坂を発った家康は同日に伏見に入城。伏見城内における家康の言動について、『慶長年中卜斎記』には「17日に千畳敷の奥座敷へ出御。御機嫌好く四方を御詠(なが)め、座敷に立たせられ、御一人莞爾々々(にこにこ)と御笑被成より…」と記されている。

上杉景勝は上杉領へ侵攻する討伐軍を常陸の佐竹義宣と連携して白河口で挟撃する「白河決戦」を計画していたとされる。しかし本間宏は決戦の為に築かれたとされる防塁の現存遺構が、慶長5年当時の造営物であるか疑問であること、発給文書等の一次史料と「白河決戦」論の根拠である『会津陣物語』(延宝8年成立)『東国太平記』(延宝8年成立か)等の二次史料の記述が矛盾している点などから「白河決戦」計画の実存を否定している。

なお、上杉家の挙兵は、家康が東国に向かう隙に畿内で石田三成が決起し、家康を東西から挟み撃ちにするという、上杉家家老・直江兼続と三成との間で事前より練られていた計画に基づくものとする説がある。ただしこれは江戸時代成立の軍記物・逸話集などに登場する説であり、直接の裏づけとなる一次史料は無い。宮本義己は慶長3年7月晦日付真田昌幸宛石田三成書状の内容から西軍決起後の七月晦日の段階においても、両者の交信経路は確立されておらず、よって挟撃計画は無かったとする。

諸将の去就

関ヶ原決戦前における日本全国の大名・武将の去就を記す。西軍から東軍に寝返った大名については裏切り参照。

西軍

西軍
本隊
 |  | 
奥羽本隊
大津城攻撃部隊
 |  |  | 
田辺城攻撃部隊
 |  | 
美濃・尾張守備隊
伊勢守備隊
 |  | 
北国口守備隊
 | 
佐和山城守備隊
 | 
大坂城留守居・守備隊
 | 
在国
西軍諸将
石田三成、五奉行
毛利輝元、五大老
宇喜多秀家、五大老
上杉景勝、五大老


内応・叛応

内応・叛応
内応軍

本戦開戦時には西軍に属していたが、事前に東軍と内通し、西軍の行動を妨害した武将。

  • 吉川広家(南宮山に布陣して後方の毛利秀元本隊の出陣を阻害)
積極的叛応軍

本戦開戦時には西軍に属していたが、事前に東軍と内通して積極的に戦いに参加した諸将。

消極的叛応軍(小早川・脇坂の動きに連鎖して叛応)

本戦開戦時には西軍に属していたが、事前に東軍と内通していた者の動向に呼応する形で東軍につき積極的に戦いに参加した諸将。

東軍に内応・叛応
脇坂安治(内応・叛応)
小早川秀秋(内応・叛応)
吉川広家(内応)


中立・その他

中立・その他
中立
その他

資金援助・諜報活動等

  • 鍋島直茂(子の勝茂は当初西軍に属するも、東軍の勝利を予見し尾張方面の穀類を買い占めて慰謝料の名目で家康軍に提供)
  • 長谷川守知(西軍に属し佐和山城の警護に配される。内通説もあり本戦後の佐和山城の戦いでは城に攻め寄せた小早川軍に翻意)
  • 柳生宗厳(東軍に与す。大和諜報活動)

戦線を離脱

  • 山川朝信(当初東軍に所属。中山道隊に参加も佐竹義重の動きに呼応して無断で離脱し居城に戻る。戦後改易)
  • 木下勝俊(当初東軍に所属。伏見城守備隊を任されていたが逃亡。戦後改易)
  • 松野重元(小早川秀秋の家臣。西軍に所属。秀秋の東軍への叛応の方針に反発して戦線離脱)

病気、療養のため不参加

その他不参加

  • 生駒親正(病気を装い本戦には不参加。子の一正は東軍に参加)
  • 蜂須賀家政(家臣を大坂に派遣し自身は剃髪して高野山に上る。子の至鎮は東軍に参加)
  • 日根野弘就(本戦中に動きはなかったが後に西軍内通の嫌疑がかかる。戦後減封)

去就不明

  • 織田信雄(西軍に属したとする説と中立説がある)

東軍

東軍
東海道本隊(家康隊)
 |  |  |  | 
2010Happy Mail