このキーワード
友達に教える
URLをコピー

関西学生野球連盟とは?

【関西学生野球連盟】

【創立】
1982
【参加チーム】
6
【国】
日本
【前回優勝】
立命館大学(22回目)
【最多優勝】
近畿大学(36回)
【公式サイト】
関西学生野球連盟

関西学生野球連盟(かんさいがくせいやきゅうれんめい、英語表記:Kansai BIG 6 Baseball League )とは、関西地区に所在する6大学の硬式野球部で構成された大学野球リーグである。全日本大学野球連盟傘下。

1982年の当連盟の結成以前に、時期を異にして同名の内容が全く異なる学生野球連盟が2度存在した事があり、それぞれ共に当連盟の加盟校の一部が関連していたが、それぞれ時期も内容的にも継続性が無く全く別の団体である(後述でも若干触れてはいるが、それらの項目の詳細についてはそれぞれの項を参照の事)。

目次

  • 1 概略
    • 1.1 前史
    • 1.2 関西学生野球連盟の誕生
  • 2 沿革
    • 2.1 前史
      • 2.1.1 旧制専門学校時代の関西学生野球連盟
      • 2.1.2 旧制大学時代の関西学生野球連盟
      • 2.1.3 戦後〜旧関西六大学の解散まで
    • 2.2 新制の関西学生野球連盟の発足
  • 3 特徴
  • 4 運営方法
    • 4.1 構成
    • 4.2 対戦方法
    • 4.3 順位決定方法
  • 5 試合会場
  • 6 加盟大学
  • 7 歴代優勝校
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概略

前史

戦後の学制改革による新制大学誕生後、1951年に全日本大学野球連盟が発足し、1962年には関西六大学野球連盟 (旧連盟)(以後、旧関六)が、関西地域における旧関六以外の大学野球連盟が所属する近畿地区大学野球連盟からの再三の合併要求を受け入れ、その結果、旧関六を最上部とした入れ替え戦によって結合された関西大学野球連合として統合される。しかし約20年後の1982年には『入れ替え制度による将来における関西大学野球界の危機』を唱えた関係者の主張が通り、関六の入れ替え戦中止が決定。同時に関西大学野球連合は解体となった。(経緯の詳細については関西大学野球連合の項を参照)

関西学生野球連盟の誕生

入れ替え戦中止にいたるまでの経緯。 関西学院大学、関西大学は、入れ替え戦中止による固定を主張。 幹事校の同志社大学は、最後まで反対していたが、当時下部の京滋リーグに落ちていた立命館大学を救済するとして、立命館大もこれに応諾。3校がまとまり、同志社大もこの動きに同調せざるを得なくなった。京都産業大と大阪商業大は、そのまま居残る形になり、関西六大学の名称はそのまま引き継がれている。 なお近畿大学は優勝回数が多いという理由だけで関西学生野球への合流が許された。 したがって、関西六大学野球連盟から脱退し、旧下部から2校を招聘して後日に関西学生野球連盟となる新リーグを結成した事になる。

また、連合結成時代を含めた旧リーグの過去の記録に関しては、新制の関西六大学野球連盟側と共有していく事で再編時に合意がなされている。

沿革

※当連盟が結成される前の現所属校が深く関わっている団体についても一部記載

前史

旧制専門学校時代の関西学生野球連盟

旧制大学時代の関西学生野球連盟

※1:1931年に発足した同名の関西六大学野球連盟(旧連盟)の前身連盟とは別。
※2:1927年に発足した同名の連盟とは別。

戦後〜旧関西六大学の解散まで

新制の関西学生野球連盟の発足

※1:大学球界では全国大会出場校が必ずしも各リーグの優勝校とは限らない代表地区や時代があった関係で、リーグ優勝と全国大会優勝のタイトルは別タイトルとしてカウントされる習慣がある。

特徴

関西の学生野球史では必ず登場する関関戦(関西大学と関西学院大学)と同立戦(同志社大学と立命館大学)は関西地区の学生野球対抗戦としては最も有名なカードで全国的な知名度的としても早慶戦に次ぐものとされている。また同リーグに看板固定カードが2つ存在するのも同リーグの特徴ともなっている。

毎リーグ戦とも関関戦はリーグ戦中盤、同立戦は最終週に行なわれるのが通例で、春季は関関戦が、秋季は同立戦が単独カードで日程編成が行なわれる。また、大学野球では数少ない、指名打者制を採っていないリーグでもある。

過去には2000年に実施した記念行事の東西対抗戦の他、東西対抗戦としては、毎年東京六大学野球連盟の数校を関西に招待したものや、一端中断後の再開時には東京六大学野球連盟に加えて東都大学野球連盟からも数校ずつ招待するなど、かつてはリーグ間交流に積極的であったが、現在は行なわれていない。

リーグ名称は「関西学生野球連盟」であるが、内部的には随所で「関西学生野球六大学リーグ」を使用している。ファンや関係者筋の会話などにも「六大学」の呼称が使われるが、全国の他のリーグの例でもたまに見られるようなスラングではなく、連盟発行物や優勝旗など随所に「六大学」が意図的に使用されている。これは、新リーグの連盟名称決定時の経緯から関西六大学の継承をやむなく断念した一方で、英名においては当時言及されなかった事から、旧関六で英語表記での正式名称に用いていた「KANSAI BIG6」を英語名表記での愛称として継続使用(英語表記の場合でも正式な連盟名称はあくまで当記事の冒頭に記述してある名称)する事で旧関六の流れを継承したリーグという自負の表現もなっている。通常「××BIG6」を英語名表記に用いる場合は、日本語で「××六大学野球連盟」という連盟名称においての正式な英語表記に用いるのが通常であるが、連盟成立過程における過去の複雑な経緯(詳細は当記事の他に関西六大学野球連盟 (旧連盟)などの関連記事を参照の事)によりこの連盟では英語名表記の愛称としてBIG6を用いている。これは日本の大学野球においては唯一のケースになる。

新制発足以来、2015年シーズン終了時点、加盟する6校のうち、京都大学は30期連続最下位となっている。

運営方法

構成

固定した6校

対戦方法

2戦先勝方式
同一の対戦校に対して先に2勝したチームがその相手校に勝利したとして対戦を終了する。(1勝1敗の場合は翌日以降に第3戦を行い決着を付ける。ただし引き分けなどにより第3戦で決着がつかない場合、あるいは雨天など天災によって予備日を使い切っても決着がつかない場合は、後日追加日程を発表したうえで決着をつけるまで再試合をする)

順位決定方法

勝ち点制により決定。

勝ち点制
  • 同一対戦校に勝ち越した場合に勝ち点1を獲得し、勝ち点が多い方が上位。
  • 勝ち点が同じ場合は全体の勝率比較によって順位を決定。
  • 勝ち点も勝率も同じ場合は、優勝校を決定する場合に限り決定戦(プレイオフ)を行なう。(決定戦の成績・記録はリーグ戦としての成績・記録には加算しない。)
  • 同勝ち点同勝率の場合でその他の順位については、連盟規定により当該校同士の対戦で勝ち点を獲得した方を上位とする。
勝率
全勝ち数を全試合数(引き分けは再試合扱いのため除く)で割った数値。

試合会場

加盟大学

※大学選手権=全日本大学野球選手権大会出場回数、神宮大会=明治神宮大会出場回数。(選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む)

【学校】
【優勝回数】
【最終優勝】
【大学選手権】
【神宮大会】
【最終
出場大会】
備考
近畿大学 | 37 | 2018年秋 | 11 | 13 | 2018年
神宮大会 | 全日本大学野球選手権優勝:4回
明治神宮大会優勝:2回
2013年秋季は出場辞退
旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝9回
近畿大学野球連盟(現:近畿学生野球連盟)所属時に大学選手権に9回出場
立命館大学 | 22 | 2019年春 | 18 | 4 | 2019年
大学選手権 | 全日本大学野球選手権準優勝:3回
明治神宮大会ベスト4:1回
旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝17回
同志社大学 | 8 | 2011年秋 | 6 | 7 | 2011年
大学選手権 | 全日本大学野球選手権準優勝:1回
明治神宮大会優勝:2回
旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝18回
関西大学 | 5 | 2017年秋 | 11 | 6 | 2017年
神宮大会 | 全日本大学野球選手権優勝:2回
明治神宮大会優勝:1回
2009年秋季は出場辞退
旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝31回
関西学院大学 | 3 | 2013年秋 | 5 | 1 | 2013年
神宮大会 | 全日本大学野球選手権準優勝:2回
旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝11回
京都大学 | 0 | - | 0 | 0 | - | 旧:関西六大学野球連盟でリーグ優勝2回(旧:京都帝国大学時代)

歴代優勝校

平成以降の優勝校

開催年 春季リーグ優勝 秋季リーグ優勝
1989年 | 近畿大学☆ | 近畿大学◎☆
1990年 | 立命館大学 | 同志社大学◎☆
1991年 | 関西大学 | 近畿大学
1992年 | 立命館大学 | 立命館大学
1993年 | 関西学院大学 | 同志社大学◎
1994年 | 近畿大学 | 近畿大学
1995年 | 関西大学 | 近畿大学◎
1996年 | 立命館大学 | 近畿大学
1997年 | 近畿大学☆ | 近畿大学◎☆
1998年 | 近畿大学☆ | 近畿大学◎
1999年 | 立命館大学 | 立命館大学◎
2000年 | 立命館大学 | 近畿大学
2001年 | 立命館大学 | 近畿大学◎
2002年 | 近畿大学 | 近畿大学
2003年 | 近畿大学 | 同志社大学
2004年 | 立命館大学 | 立命館大学
2005年 | 近畿大学 | 近畿大学◎
2006年 | 近畿大学 | 近畿大学◎
2007年 | 立命館大学 | 近畿大学
2008年 | 近畿大学 | 立命館大学◎
2009年 | 近畿大学 | 立命館大学
2010年 | 同志社大学 | 同志社大学
2011年 | 同志社大学 | 同志社大学
2012年 | 立命館大学 | 関西学院大学
2013年 | 近畿大学 | 関西学院大学◎
2014年 | 立命館大学 | 関西大学◎
2015年 | 立命館大学 | 立命館大学◎
2016年 | 立命館大学 | 関西大学◎
2017年 | 近畿大学 | 関西大学◎
2018年 | 立命館大学 | 近畿大学
2019年 | 立命館大学 | 

脚注

  1. ^ 関西学生野球連盟”. 関西学生野球連盟. 関西学生野球連盟. 2014年11月25日閲覧。
  2. ^ 当時の京都五大学野球連盟に所属していた医科大学は、京都府立医科大学ではなく京都帝国大学医学部のこと(帝大に統合前は「京都医科大学」)ではないかとの説もあるが、いずれも否定・肯定の決め手となる確証が現状では得られていない。なお、京都府立医科大学の硬式野球部は廃部になり現存していないが、廃部前には京滋大学野球連盟に加盟していた。当ページのノートも参照。
  3. ^ 他の地域の大学野球連盟でも、本来の正式名称とは異なる「六大学」を会話上や印刷物上の表現などで愛称として使用するケースがある。但し、これらはいずれも日本国内において多いケースではなく、あくまでローカルなケースになっている。
  4. ^ 記述の様な本来の正式名称とは異なる名称を内部で多用する情況がある一方、対外的な場・公式の場でのこのリーグの紹介・説明を行なう場合には一般的に「六大学」の呼称は用いないのが通例である。
  5. ^ Sponichi Annex (2011年10月3日 16:04). “京大 22季連続最下位が決定”. スポーツニッポン新聞社. 2011年1月17日閲覧。
  6. ^ それ以前の優勝校は下記を参照。
    旧関西六大学野球連盟 歴代優勝校(全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~)
    関西学生野球連盟 歴代優勝校(全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~)

関連項目

外部リンク

日本の大学野球
主要大会 | 

統括組織 | 
全日本大学野球連盟 | 
北海道 | 

東北 | 
  • 北東北大学野球連盟
  • 仙台六大学野球連盟
  • 南東北大学野球連盟

  • 関東・甲信越 | 
  • 千葉県大学野球連盟
  • 関甲新学生野球連盟
  • 東京新大学野球連盟
  • 東京六大学野球連盟
  • 東都大学野球連盟
  • 首都大学野球連盟
  • 神奈川大学野球連盟

  • 北陸・東海 | 
  • 愛知大学野球連盟
  • 東海地区大学野球連盟
  • 北陸大学野球連盟

  • 関西 | 
  • 関西学生野球連盟
  • 関西六大学野球連盟
  • 阪神大学野球連盟
  • 近畿学生野球連盟
  • 京滋大学野球連盟

  • 中国・四国 | 
  • 広島六大学野球連盟
  • 中国地区大学野球連盟
  • 四国地区大学野球連盟

  • 九州・沖縄 | 
  • 九州六大学野球連盟
  • 福岡六大学野球連盟
  • 九州地区大学野球連盟




  • 関西学生野球連盟


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/08/12 11:37

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「関西学生野球連盟」の意味を投稿しよう
    「関西学生野球連盟」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    関西学生野球連盟スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「関西学生野球連盟」のスレッドを作成する
    関西学生野球連盟の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail