このキーワード
友達に教える
URLをコピー

関西本線とは?

【基本情報】

【通称】
大和路線(加茂駅 - JR難波駅間)
【国】
日本
【所在地】
愛知県三重県京都府奈良県大阪府
【起点】
名古屋駅
【終点】
JR難波駅
【駅数】
52駅(貨物駅含む)
電報略号
カサホセ
【路線記号】
CJ(名古屋駅 - 亀山駅間)
V(亀山駅 - 加茂駅間)
Q(加茂駅 - JR難波駅間)
【開業】
1889年5月14日
【最終延伸】
1964年11月24日
【所有者】
東海旅客鉄道
(名古屋駅 - 亀山駅間)
西日本旅客鉄道
(亀山駅 - JR難波駅間)
日本貨物鉄道
(四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間)
【運営者】
上記各第1種鉄道事業者および
日本貨物鉄道
(名古屋駅 - 亀山駅間 第2種鉄道事業者)
【使用車両】
使用車両の節を参照
【路線諸元】

【路線距離】
174.9 km(名古屋駅 - JR難波駅間)
3.3 km(四日市駅 - 塩浜駅間)
1.4 km(平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間)
軌間
1,067 mm(狭軌)
【線路数】
複々線複線単線
複線以上の区間は路線データの節を参照
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式(名古屋駅 - 亀山駅間、加茂駅 - JR難波駅間)
最高速度
120 km/h
【備考】
廃止された八尾駅 - 杉本町駅間の路線諸元については阪和貨物線を、加茂駅 - 奈良駅間の旧線については大仏線をそれぞれ参照
【路線図】



経路図
凡例

 | 
 | 0.0 | 名古屋駅
 | 
 |  | 関西線 (名古屋地区)を参照
 | 
 | 59.9 | 亀山駅 JR東海/JR西日本
 | 
 |  | 亀山駅 - 加茂駅間を参照
 | 
 | 120.9 | 加茂駅
 | 
 |  | 大和路線を参照
 | 
 |  | 阪和貨物線を参照
 | 
 |  | 
 | 
 | 174.9 | JR難波駅

関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区名古屋駅から亀山駅奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区JR難波駅に至る鉄道路線(幹線)である。名古屋駅 - 亀山駅間が東海旅客鉄道(JR東海)、亀山駅 - JR難波駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。このほか日本貨物鉄道(JR貨物)の四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間の貨物支線を持つ。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 路線データ
  • 2 沿線概況
    • 2.1 名古屋駅 - 亀山駅間
    • 2.2 亀山駅 - 加茂駅間
    • 2.3 加茂駅 - JR難波駅間(大和路線)
  • 3 運行形態
    • 3.1 地域輸送
      • 3.1.1 名古屋駅 - 亀山駅間(JR東海)
      • 3.1.2 亀山駅 - 加茂駅間(JR西日本)
      • 3.1.3 加茂駅 - JR難波駅間(JR西日本)
    • 3.2 優等列車
    • 3.3 貨物列車
  • 4 使用車両
    • 4.1 現在の車両
    • 4.2 過去の車両
  • 5 利用状況
  • 6 歴史
    • 6.1 年表
      • 6.1.1 大阪鉄道(奈良駅 - 湊町駅間、現在の奈良駅 - JR難波駅間)
      • 6.1.2 奈良鉄道(木津駅 - 奈良駅間)
      • 6.1.3 関西鉄道
      • 6.1.4 国有化以後
      • 6.1.5 国鉄分割民営化以後(JR化後)
  • 7 今後の予定・構想
  • 8 駅一覧
    • 8.1 JR東海
    • 8.2 JR西日本
      • 8.2.1 亀山駅 - 加茂駅間
      • 8.2.2 加茂駅 - JR難波駅間
    • 8.3 JR貨物
    • 8.4 廃止区間
    • 8.5 廃駅
    • 8.6 廃止信号場
  • 9 脚注
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

名古屋と大阪を三重県北勢地方、伊賀地方、京都府南部、奈良県北部を経由して結んでいる。民間の鉄道会社である関西鉄道の路線として開業し、名古屋と奈良・大阪を最短距離で結ぶ鉄道路線として国鉄と乗客を奪い合った歴史を持ち、路線名もこの社名に由来する。国有化後は1970年代まで全線を直通する列車が運転されていたが、並行する東海道本線東海道新幹線の整備、近鉄特急の台頭、名阪国道の開通によるモータリーゼーションの普及などにより、名阪間の輸送からは撤退した。現在では亀山駅、加茂駅を境界として運転系統が3区間に分割されており、境界となる駅を跨いで運転される旅客営業列車は、急行「かすが」の廃止以降は一切運転されていない。

名古屋都市圏の名古屋駅 - 河原田駅間は三重県中南部や和歌山県紀南地方特急快速列車などの直通列車が運行されている。河原田駅 - 亀山駅間は名古屋方面との普通・快速列車のみ運行している。亀山駅 - 加茂駅間では非電化であり、1両ないし2両の気動車による地域輸送が行われている。名古屋駅 - 加茂駅間に路線愛称名はつけられていない。

加茂駅 - JR難波駅間は1988年(昭和63年)3月から「大和路線」(やまとじせん)という愛称が付与され、アーバンネットワークを構成する路線と位置づけられている。なお、大阪 - 奈良間の都市間輸送についてはJRの奈良駅奈良市の中心部からやや離れていることもあって、近鉄奈良線に押されている。王寺駅 - JR難波駅間では、和歌山線桜井線方面に直通する快速列車も運行されている。

柘植駅 - JR難波駅間は旅客営業規則の定める「大阪近郊区間」に含まれており、そのうち奈良駅 - JR難波駅間が電車特定区間天王寺駅 - JR難波駅間が大阪環状線内に含まれ、区間外よりも割安な近距離運賃が設定されている。また、JR東海管内の名古屋駅 - 亀山駅間がIC乗車カードTOICA」のエリアに、JR西日本管内のうち前述の大和路線区間が同「ICOCA」のエリアに含まれている。

名古屋駅 - 亀山駅間はJR東海東海鉄道事業本部の管轄(該当全区間直轄)、亀山駅(構内のぞく) - JR難波駅間はJR西日本近畿統括本部の管轄(加茂駅 - JR難波駅間は本部直轄、亀山駅 - 加茂駅間は両端駅のぞき同本部の大阪支社亀山鉄道部の管轄)である。

路線記号は名古屋駅 - 亀山駅間が CJ、亀山駅 - 加茂駅間が V 、加茂駅 - JR難波駅間が Q

路線データ

沿線概況

名古屋駅 - 亀山駅間

電化されている名古屋地区非電化区間との境目である亀山駅

名古屋駅を南向きに出発した列車は、名古屋車両区への回送線および名古屋臨海高速鉄道あおなみ線とともに右に曲がり、東海道本線などから離れる。左側にはかつて笹島駅(貨物)であった跡地が広がる。右側を走っていたあおなみ線が頭上を越えて左側に移ると、進行方向右側には名古屋車両区が広がる。最初に関西鉄道が開業した「愛知駅」はここに位置した。名古屋高速5号万場線をアンダークロスした後、高架となり、あおなみ線が左へ離れていくと、間もなく八田駅に着く。その後、庄内川橋梁の手前で近鉄名古屋線をアンダークロスし、国道302号を乗り越えると2001年に新設された春田駅に着く。その後、蟹江駅永和駅を経て弥富駅に到着する。弥富駅では名鉄尾西線と接続する。同駅から桑名駅までは近鉄線と並行する。木曽川を渡ると三重県に入り、長島駅を経て長良川揖斐川を渡る。この区間は1959年伊勢湾台風で甚大な被害を受けた。また、この付近で近鉄名古屋線の旧線跡が垣間見える。桑名駅に着く手前で関西本線が近鉄線を潜る。

桑名駅は近鉄名古屋線のほか、養老鉄道養老線三岐鉄道北勢線と接続する。三岐鉄道北勢線を潜り、朝明信号場で複線になった後、近鉄名古屋線と併走しながらカーブして朝日町に入り、東芝の工場の手前で近鉄線と離れ朝日駅に。伊勢湾岸自動車道を潜る手前で四日市市に入り、三岐鉄道三岐線と近鉄線を潜り富田駅に着く。三岐鉄道と貨物列車の連絡が行われており、駅東側に貨物ヤードが広がる。 この駅は三岐鉄道の基地でもあり、東口を出た先には本社ビルがある。ここから先は四日市の工場地帯となり、大小の工場や事業所などが広がる。国道1号国道23号と寄り添い、富田浜駅を経て四日市駅に着く。四日市駅は市名を冠した駅であるが、市の中心駅は実質的に近鉄四日市駅である。塩浜駅への貨物線が分岐する貨物列車の一大拠点であり、貨車が多く置かれている。

四日市駅の次の南四日市駅を過ぎ、工業地帯を抜けると河原田駅に着く。同駅では伊勢鉄道と接続し、途中で単線が上下線から別れその間を走って駅に着く。伊勢鉄道のホームは築堤上にあり、跨線橋で結ばれている。名古屋駅発の特急「南紀」や快速「みえ」などの列車はこの駅から伊勢鉄道へ乗り入れ、津駅を経て鳥羽駅新宮駅紀伊勝浦駅に向かう。

河原田駅から単線区間になる。車窓は田園風景となり民家も少なく、鈴鹿山脈の南端に沿って小高い山の裾を廻る。鈴鹿市に入り、線路の南に沿って流れる鈴鹿川の水面が現れる。河曲駅を過ぎ、次の加佐登駅では駅の北側斜面に民家が密集し南にコンクリート工場がある。亀山市に入り、近くに団地のある井田川駅を過ぎると堤防に遮られて鈴鹿川が見えなくなる。水田が散在する中、左手から紀勢本線が合流して亀山駅に着く。駅前は雑居ビルが建つものの市街地の中心ははっきりしない。丘陵地にあり、南に鈴鹿川、北に台地が控え、またかつての亀山城の櫓がわずかに残る。亀山駅はJR東海の管轄駅であり、JR西日本区間との境界駅である。3面5線の構造で、紀勢本線と接続するが、多くの急行が行き交った頃の面影はない。

亀山駅 - 加茂駅間

関西本線(亀山駅 - 加茂駅間)
凡例


 |  | 関西線 (名古屋地区)を参照

 |  | 紀勢本線

 | 59.9 | 亀山駅 JR東海/JR西↓
 |  | 
 |  | 亀山鉄道部

 |  | 東名阪自動車道亀山直結線

 | 65.6 | 関駅

 |  | 金場トンネル

 |  | 坊谷トンネル

 | 71.0 | 加太駅

 | 75.6 | 中在家信号場

 |  | 加太トンネル

 | 79.9 | 柘植駅

 |  | 草津線

 | 86.1 | 新堂駅

 | 90.5 | 佐那具駅
 | 
 | 

 | 94.5 | 伊賀上野駅
 |  | 
 |  | 伊賀鉄道:伊賀線

 | 101.8 | 島ケ原駅

 |  | 島ケ原駅トンネル

 |  | 三重県/京都府

 | 104.8 | 月ケ瀬口駅

 |  | 大河原小トンネル

 |  | 大河原大トンネル

 | 108.8 | 大河原駅
 |  | 
 |  | 木津川
 |  | 
 | 114.2 | 笠置駅
 |  | 
 |  | 

 | 120.9 | 加茂駅

 |  | 大和路線を参照

非電化区間(亀山駅 - 加茂駅間)を走る気動車キハ120
木津川を横に伸びる関西線の線路

この区間は非電化である。現在では単行(1両編成)や2両編成の気動車(キハ120形)で普通列車が走るのみだが、かつては急行列車貨物列車など長大編成の列車が走っていたため、各駅ともホームや交換設備有効長が非常に長い。かつては多くの駅に中線(上り線と下り線の間にある待避線)があり、中線があった駅は上り線と下り線の間に中線が撤去された空間が空いている。

この区間は山間部が多い。大和街道に沿っており、木津川と支流の柘植川が見える。

亀山駅からは国道1号と併走して、東海道の宿場関宿の最寄り駅相対式2面2線の関駅に着き、ここから国道1号と重複していた国道25号と並走して相対式2面2線の加太駅に着く。2018年4月の関駅無人化までは加太駅はこの区間では唯一の無人駅であった。この先、鈴鹿山脈布引山地の境界に当たる加太駅 - 柘植駅間には、加太越えと呼ばれる25 ‰(パーミル)急勾配があり、蒸気機関車が走っていた頃は多くの鉄道ファンが訪れた。スイッチバック式の中在家信号場(2006年に使用停止)がある。信号場の先にある加太トンネルでは、蒸気機関車の煤煙運転台に充満することを防ぐために、トンネル入り口に遮蔽幕を設置し、列車通過後にこの幕を下ろして列車後方の気圧を下げ、煤煙を列車後方に集める工夫もなされていた。日本全国の急勾配や長大なトンネルで、乗務員の酸欠窒息事故が多発したため、対策が施された。伊賀市に入り、単式と島式の2面3線の柘植駅では草津線が分岐する。かなり構内が広いが、駅は寂しい。もともと関西鉄道は東海道のルートに沿って草津から亀山へ向かって線路を敷設したため、亀山方面から見ると草津線が直線で、関西本線が左へ分岐するような線形となっている。かつて、柘植駅には加太越えの蒸気機関車のために転車台給水塔もあったが、現在はすべて撤去されている。

柘植駅を出ると周囲は開け、伊賀盆地を走り、新堂駅となる。かつては単式と島式の2面3線であったが、現在は島式1面2線である。しばらく西に向いて走り、単式2面2線の佐那具駅となる。次の伊賀上野駅はこの区間の途中駅のなかでは唯一の直営駅であり、ワンマン取り扱い駅ではない。この駅からは加茂駅への区間列車がある。単式とそこにある切欠と島式の2面4線の構造で、うち3線をJRが使用し、下りホーム反対側の切欠1線には伊賀市(旧上野市)の市街地を経て伊賀神戸駅に向かう伊賀鉄道伊賀線が発着する。忍者で有名な伊賀市の中心は伊賀鉄道の上野市駅付近一帯である。そこに上野城があるが、この駅の少し先から見える。

伊賀上野駅を出ると、並走する大和街道は国道163号に変わり、柘植川も木津川に変わる。しばらく平地を走り、単式2面2線の島ケ原駅からは山間地へと入る。車窓から、この区間最大の見所である、木津川の渓谷美を見ることができるが、大雨が降るとしばしば不通となり、保安上のネックにもなっている。京都府南山城村に入り、単式2面2線の月ケ瀬口駅となる。月ヶ瀬梅林への最寄り駅での花見の時期は多くの客で賑わう。南山城村役場に近い単式2面2線の大河原駅を過ぎ、笠置町に入り、桜と渓谷美で有名な島式1面2線の笠置駅となる。木津川市に入ると、加茂駅に到着する。加茂駅は島式2面3線の橋上駅で、天王寺・大阪方面への大和路快速と接続している。亀山方面からの気動車は基本的に中線から発着する。中線は両側をホームに挟まれており、大阪方面の電車と同一ホームで対面乗り換え可能である。

加茂駅 - JR難波駅間(大和路線)

保存された旧奈良駅舎

加茂駅以西は電化区間となり、不動山トンネルを抜け木津駅に至る。この辺りには、関西鉄道が路線の買収によってネットワークを構築する過程で放棄された路線が廃線跡として残っている(歴史節を参照)。このほか、不動山トンネル付近ではトンネルの老朽化によって線路が付け替えられた旧線跡がある。加茂駅 - 木津駅間は単線だが、2004年の近畿地方交通審議会答申8号では、この区間を複線化するように答申している。木津駅は奈良線片町線(学研都市線)が分岐し、奈良・京都・京橋方面への交通の要衝であるが、都市圏から比較的近い割に利用客はさほど多くはない。木津川市(旧木津町)の代表駅ではあるが、JRの木津駅ではなく近鉄京都線の高の原駅木津川台駅を利用する木津川市民(旧木津町域住民)も多い。木津駅を出ると京奈和自動車道木津インターチェンジ国道24号などを右に見ながら進み、奈良県に入ると平城山駅となる。すぐ先に佐保信号場があり吹田総合車両所奈良支所への入出区線が分岐する。奈良市北部の新興地域を行くこのあたりは、新しい住宅地と古墳群が同居している。次の奈良駅では桜井線(万葉まほろば線)が分岐する。また奈良線の列車もすべて奈良駅まで運転される。奈良駅付近は高架化の際に、寺社風建築で有名な旧奈良駅舎の撤去が検討されたが、現地付近に保存されることとなった。奈良駅は主要観光地や官公庁・ビジネス街などへのアクセス、バス路線との乗り換えなどにおいて、近鉄奈良駅新大宮駅に対して劣勢に立ち、JRの京都・大阪方面への競争力も運賃・所要時間・本数面で近鉄より低いため利用者は少ない。駅周辺は高架化工事の前後から再開発工事が進められて、西口にも駅前広場やバスターミナルが設置されている。

奈良駅 - 王寺駅間では、斑鳩の法隆寺付近を通る。奈良を出て、しばらく奈良盆地の中を進むと大和郡山市に入り、2面2線の郡山駅となる。大和郡山市役所や郡山城跡など市の中心部は近鉄の近鉄郡山駅が近い。住宅地と田畑と金魚の飼育のための池を見ながら、近鉄橿原線を潜って進むと大和小泉駅。次の法隆寺駅斑鳩町の中心駅で、2面2線の橋上駅となっている。法隆寺はこの駅からかなり離れたところに位置する。法隆寺を出ると奈良盆地南部の田畑の中を真っ直ぐに走る。大和川を渡って近鉄田原本線を潜ると、左手から和歌山線が合流し、国道25号を潜り王寺駅となる。この駅は和歌山線のほか近鉄生駒線、近鉄田原本線が集結する奈良県西部の交通の要衝となっており、利用者も多い。

出典:wikipedia
2019/08/22 16:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「関西本線」の意味を投稿しよう
「関西本線」のコンテンツはまだ投稿されていません。

関西本線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「関西本線」のスレッドを作成する
関西本線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail