このキーワード
友達に教える
URLをコピー

阪和線とは?

【基本情報】

【通称】
阪和線(天王寺駅 - 和歌山駅間)
羽衣線(鳳駅 - 東羽衣駅間)
【国】
日本
【所在地】
大阪府和歌山県
【起点】
天王寺駅
【終点】
和歌山駅
【駅数】
36駅
【路線記号】
R(支線のぞく)
【開業】
1929年7月18日
【全通】
1930年6月16日
【所有者】
西日本旅客鉄道
【運営者】
西日本旅客鉄道
車両基地
吹田総合車両所日根野支所
【使用車両】
使用車両の節を参照
【路線諸元】

【路線距離】
61.3 km(天王寺駅 - 和歌山駅間)
1.7 km(鳳駅 - 東羽衣駅間)
軌間
1,067 mm(狭軌)
【線路数】
複線(天王寺駅 - 和歌山駅間)
単線(鳳駅 - 東羽衣駅間)
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式
自動閉塞式
保安装置
ATS-PおよびATS-SW
最高速度
120 km/h

阪和線(はんわせん)は、大阪府大阪市天王寺区天王寺駅から和歌山県和歌山市和歌山駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。ほかに大阪府堺市西区鳳駅から大阪府高石市東羽衣駅までを結ぶ支線を持つ。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 路線データ
  • 2 沿線概況
    • 2.1 天王寺駅 - 日根野駅間
    • 2.2 日根野駅 - 和歌山駅間
    • 2.3 鳳駅 - 東羽衣駅間(支線)
  • 3 運行形態
    • 3.1 天王寺駅 - 和歌山駅間
      • 3.1.1 特急
      • 3.1.2 快速
      • 3.1.3 直通快速
      • 3.1.4 関空快速・紀州路快速
      • 3.1.5 区間快速
      • 3.1.6 普通
    • 3.2 快速列車の推移
    • 3.3 過去の列車
      • 3.3.1 料金不要の「特急」「急行」「準急」
      • 3.3.2 (有料)急行(1966年までの準急含む)
      • 3.3.3 新快速
      • 3.3.4 関空特快「ウイング」
      • 3.3.5 はんわライナー
      • 3.3.6 B快速
    • 3.4 鳳駅 - 東羽衣駅間(羽衣線)
  • 4 女性専用車
  • 5 使用車両
    • 5.1 現在の使用車両
      • 5.1.1 特急列車
      • 5.1.2 快速・普通列車
    • 5.2 過去の使用車両
      • 5.2.1 電車
      • 5.2.2 気動車
      • 5.2.3 電気機関車
  • 6 輸送品質向上の取り組み
    • 6.1 複々線化計画と大阪市内区間の高架化
    • 6.2 開かずの踏切問題
  • 7 歴史
    • 7.1 阪和電気鉄道→南海鉄道
    • 7.2 日本国有鉄道
    • 7.3 西日本旅客鉄道
  • 8 駅一覧
    • 8.1 羽衣線
    • 8.2 過去の接続路線
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

大阪市南部のターミナルである天王寺から南へ伸び、大阪府南部の各都市を経由して和歌山市へ至る路線であり、JR西日本のアーバンネットワークの一角を成す。ラインカラーオレンジ色()であり、選定理由は「陽光あふれる大地につながるイメージ」とされる。路線記号は R である。愛称も正式名称と同じ「阪和線」である。

阪和線は、当路線より海側を通っている南海電気鉄道南海本線と競合しているほか、天王寺駅(新今宮駅) - 三国ケ丘駅間では南海高野線と、大阪市内ではOsaka Metro御堂筋線谷町線近鉄南大阪線阪堺電気軌道などとも競合している。和歌山駅では紀勢本線に接続しており、同線へ直通し南紀方面へ向かう特急列車も運転されている。関西国際空港が開港した1994年9月4日以降は、同空港へのアクセス路線としても重要な役割を持つようになっている。

私鉄の南海山手線(旧阪和電気鉄道)を戦時買収して国有化した路線であるため、独特の三角屋根をもった特徴的な駅舎が数多く存在したが、近年駅舎の建て替えなどでその多くが姿を消した。また、日本国有鉄道(国鉄)の多くの駅でみられた2面3線の駅構造がなく、2面4線が主要駅の標準仕様となっている。のちに国鉄分割民営化によりJR西日本の路線となった。

鳳駅から分岐する東羽衣駅までの支線は羽衣線などと通称されている。この区間にはラインカラー・駅ナンバー・路線記号はいずれも設定されていない。なお、杉本町駅から分岐して八尾駅まで通じていた路線(2004年7月1日休止、2009年4月1日廃止)は「阪和貨物線」あるいは「阪和連絡線」と呼ばれていたが、これは阪和線ではなく関西本線の支線であった。

支線も含め、全線が旅客営業規則上の「大阪近郊区間」および「電車特定区間」に含まれており、区間外よりも割安な近距離運賃が適用される。またIC乗車カードICOCA」の近畿圏エリアに含まれている。

天王寺駅 - 長滝駅間(構内のぞく)と鳳駅 - 東羽衣駅は近畿統括本部が、長滝駅 - 和歌山駅間は和歌山支社が管轄している。

路線データ

阪和線と競合する南海本線の位置関係

沿線概況

天王寺駅 - 日根野駅間

停車場・施設・接続路線
凡例

 |  |  |  | 
 | 0.0 | 天王寺駅
 | 
 |  |  | 
 |  | 大阪環状線
 | 
 |  |  | 
 |  | 関西本線(大和路線)
 |  |  |  | 
 |  | 南海:天王寺支線
 |  |  |  | 
 |  | 大阪阿部野橋駅/河堀口駅
 |  | 
 |  | 近鉄:南大阪線
 |  | 
 |  | 

 | 1.5 | 美章園駅

 |  | 南海:平野線

 | 3.0 | 南田辺駅

 | 3.9 | 鶴ケ丘駅

 | 4.7 | 長居駅

 | 5.9 | 我孫子町駅

 |  | 阪和貨物線

 | 6.9 | 杉本町駅
 |  |  |  | 
 |  | 大和川
 |  |  |  | 
 | 7.9 | 浅香駅
 |  |  |  | 
 |  | 西除川
 |  | 
 |  | 狭間川

 | 8.8 | 堺市駅
 | 
 | 
 | 10.2 | 三国ケ丘駅
 |  | 

 |  | 南海:高野線

 | 11.1 | 百舌鳥駅

 | 12.4 | 上野芝駅

 |  | 百済川

 | 13.7 | 津久野駅

 |  | 石津川
 |  |  |  | 
 |  | 南海:南海本線
 |  |  |  | 
 | 
15.1
0.0
 | 鳳駅
 |  |  |  | 
 | 
-
1.7
 | 東羽衣駅 "羽衣線"
 |  |  |  | 
 |  | 羽衣駅/帝國車輛工業
 |  |  |  | 
 |  | 吹田総合車両所(鳳)
 |  |  |  | 
 |  | 南海:高師浜線
 |  |  |  | 
 |  | 南海:南海本線

 | 16.3 | 富木駅

 | 18.0 | 北信太駅

 | 19.4 | 信太山駅

 | 20.9 | 和泉府中駅

 |  | 槇尾川
 |  | 
 |  | 松尾川
 |  | 
 |  | 牛滝川

 | 23.9 | 久米田駅

 |  | 春木川

 | 25.1 | 下松駅

 | 26.5 | 東岸和田駅

 |  | 津田川

 | 28.1 | 東貝塚駅

 |  | 水間鉄道:水間線

 |  | 近木川

 | 30.0 | 和泉橋本駅

 |  | 見出川

 | 31.5 | 東佐野駅

 |  | 住吉川

 | 33.0 | 熊取駅

 |  | 雨山川

 | 34.9 | 日根野駅
 |  | 
 |  | 関西空港線
 |  | 
 |  | 吹田総合車両所

 |  | 日根野支所

 | 36.3 | 長滝駅

 |  | 樫井川

 | 38.6 | 新家駅

 |  | 新家川

 | 40.5 | 和泉砂川駅

 |  | 金熊寺川

 | 43.3 | 和泉鳥取駅

 |  | 山中川

 |  | 第一山中トンネル

 | 45.2 | 山中渓駅

 |  | 山中川

 |  | 第二山中トンネル

 |  | 大阪府/和歌山県

 |  | 雄山トンネル

 |  | 第一湯屋谷トンネル

 |  | 第二湯屋谷トンネル

 |  | 第三湯屋谷トンネル

 | 53.3 | 紀伊駅

 | 57.2 | 六十谷駅

 |  | 紀の川
 |  | 
 | 60.2 | 紀伊中ノ島駅 和歌山線
 |  | 
 |  | 紀勢本線
 |  | 
 |  | 大門川
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 | 
 | 

 | 61.3 | 和歌山駅
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 和歌山電鐵:貴志川線

 |  | 紀勢本線(きのくに線)


天王寺駅では阪和電鉄時代から使用している地上の阪和線専用ホームからの発着が基本ではあるが、1989年(平成元年)7月22日関西本線(大和路線)ホームからも発着が可能となり、特に関西国際空港開港後は大阪環状線と直通する列車を中心に大和路線ホームから発着する列車が大幅に増えている。地上ホームから出発するとすぐ右方向から近づいてくる環状線直通列車が通る連絡線と合流した後、高々架の近鉄南大阪線の下を通り美章園駅に到着する。その先しばらくすると阪神高速14号松原線(その地下にはOsaka Metro谷町線も走っている)と交差する。1929年(昭和4年)の開業時は天王寺駅からここまでが高架で開通し、下に南海平野線が走っていた。この先は杉本町駅の手前まで2004年に完成した高架区間を走る。右手に桃ヶ池公園が見えると南田辺駅、そして右手に長池公園、元シャープ本社と続くと待避線のある鶴ケ丘駅に到着する。鶴ケ丘駅は長居陸上競技場の最寄り駅である。車窓から見える長居公園内にある長居球技場(キンチョウスタジアム)が視界の後方に移動すると長居駅に到着する。地上駅時代にはこの長居駅に待避線があったが、高架後待避線は鶴ケ丘駅に移されている。かつて長居駅の前後にはあびこ筋(府道28号大阪高石線)・長居公園通(国道479号)との踏切があり、渋滞の絶えない箇所であった。我孫子町駅を過ぎると高架区間は終了し徐々に高度を下げる。地上に降りると大阪市立大学の最寄り駅で待避線のある杉本町駅に着く。2008年までは関西本線久宝寺駅から延びていた阪和貨物線の終点であった。

大和川を渡り堺市に入る。堺市に入って最初の駅が浅香駅である。浅香駅の南側でも西除川と狭間川という二つの川を渡る。次が快速停車駅の堺市駅である。堺市駅を出ると高架道の大阪府道12号堺大和高田線の下を通る。金岡南二踏切を過ぎると徐々に線路脇の地面が高くなって掘削部を進むようになる。そして中央環状線の下を通ると南海高野線との接続駅である三国ケ丘駅に到着する。三国ケ丘駅を出るとすぐに南海高野線と国道310号(西高野街道)の下を過ぎ、徐々に高度を上げ百舌鳥駅に着く。日本最大級の古墳である大仙古墳(仁徳天皇陵) は進行方向

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/09 20:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「阪和線」の意味を投稿しよう
「阪和線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

阪和線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「阪和線」のスレッドを作成する
阪和線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail