このキーワード
友達に教える
URLをコピー

阪急宝塚本線とは?

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
大阪府兵庫県
【起点】
大阪梅田駅
【終点】
宝塚駅
【駅数】
19駅
【路線記号】
HK
【開業】
1910年3月10日
【所有者】
阪急電鉄
【運営者】
阪急電鉄
車両基地
平井車庫
【使用車両】
使用車両の節を参照
【路線諸元】

【路線距離】
24.5 km
軌間
1,435 mm(標準軌)
【線路数】
複々線(大阪梅田 - 十三間)
複線(十三 - 宝塚間)
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式
自動閉塞式
保安装置
阪急型ATS(AF軌道回路方式)
最高速度
100 km/h
【路線図】



宝塚本線(たからづかほんせん)は、大阪府大阪市北区大阪梅田駅から兵庫県宝塚市宝塚駅までを結ぶ阪急電鉄鉄道路線。宝塚本線自体を指して、またはその支線である箕面線を含めて通称宝塚線と呼ばれる。ラインカラーは箕面の紅葉からオレンジ()。

概要

神戸本線および京都本線と並ぶ、阪急電鉄の基幹路線の一つであり、支線である箕面線とともに現在の阪急電鉄の開業以来の路線でもある。神戸本線およびその支線と合わせて神宝線と総称されることもある。大阪随一の繁華街・梅田(キタ)と阪神間を代表する住宅都市で、かつ宝塚歌劇団の本拠地である宝塚とを結ぶ路線であり、全区間にわたり西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線(JR宝塚線)の東側ないし北側を通るほか、国道176号(能勢街道)も全区間ほぼ同じルートを通っている。

路線データ

路線概況

停車場・施設・接続路線
凡例

 |  | 

 |  | 北新地駅 JR西: JR東西線
 |  | 

 |  | 大阪梅田駅 阪神: 本線
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 0.3 | 梅田駅 (1) -1971
 |  |  | 
 | 

 |  | 1 - 4の路線は下記参照
 |  |  | 
 | 

 |  | 大阪駅 (梅田駅)
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 0.0 | HK-01 大阪梅田駅 (2) 1971-
 |  |  | 
 | 
 |  | (東梅田駅) (西梅田駅)
 |  |  |  | 
 |  | 梅田信号場
 |  |  | 
 | 
 |  | 阪神:北大阪線
 |  | 
 | 
 | 
 |  | 
 |  |  | 
 | 
 |  | JR西:梅田貨物線
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 0.9 | HK-02 中津駅
 | 
 | 
 |  | 
 | 1.3 | 新淀川駅 -1926
 |  |  |  | 
 |  | 淀川
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 | 2.4 | HK-03 十三駅
 |  | 
 |  | 
 |  |  京都本線/ 神戸本線
 |  | 
 |  | JR西:北方貨物線

 |  | JR西: 山陽新幹線
 |  | 
 |  | 旧線 -2000
 |  | 
 | 4.4 | HK-41 三国駅
 |  | 
 |  | 神崎川
 |  | 
 |  | 

 | 6.0 | HK-42 庄内駅

 |  | 名神高速道路

 | 7.5 | HK-43 服部天神駅

 | 8.7 | HK-44 曽根駅

 |  | 

 | 9.5 | HK-45 岡町駅
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 

 | 10.5 | HK-46 豊中駅

 |  | 
 |  | 
 |  | 大阪モノレール線
 | 
 | 

 | 11.9 | HK-47 蛍池駅
 |  | 
 |  | 

 |  | 中国自動車道
 |  | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 13.5 | HK-48 石橋阪大前駅
 |  | 
 |  |  箕面線

 | 15.9 | HK-49 池田駅
 |  | 
 |  | 
 | 
 | 

 |  | 
 |  | 
 |  | 猪名川大阪府/兵庫県

 |  | 阪神高速11号池田線
 |  |  |  | 
 |  | JR西: 福知山線( JR宝塚線)
 |  |  |  | 
 |  | 能勢電鉄: 妙見線
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 17.2 | HK-50 川西能勢口駅
 |  |  | 
 | 
 |  | 川西国鉄前駅 -1981
 |  |  |  | 

 |  | 川西池田駅
 | 
 | 
 |  | 
 | 17.8 | 花屋敷駅 -1962
 |  |  |  | 
 |  | 日本無軌道電車
 |  | 
 | 18.2 | HK-51 雲雀丘花屋敷駅
 |  | 
 | 18.3 | 雲雀丘駅 -1961
 |  |  |  | 
 |  | 平井車庫
 |  | 
 | 19.4 | 平井駅 -1944
 |  | 
 | 19.7 | HK-52 山本駅 (2) 1944-
 |  | 
 | 20.2 | 山本駅 (1) -1944
 |  | 
 |  | 中山寺駅
 |  | 
 | 21.5 | HK-53 中山観音駅
 |  | 
 | 22.4 | HK-54 売布神社駅
 |  | 
 |  | 中国自動車道
 |  | 
 | 23.3 | HK-55 清荒神駅
 |  | 
 |  | JR西: 福知山線( JR宝塚線)
 |  | 
 |  |  今津線
 | 
 | 
 | 24.5 | HK-56 宝塚駅



 | 
この節の加筆が望まれています。

沿線は市街地や住宅地が続いており、北摂(豊能地域・阪神北地域)から大阪への通勤・通学路線となっている。三国駅付近、曽根駅 - 豊中駅間、石橋阪大前駅 - 川西能勢口駅間、宝塚駅付近は高架化されている。

創業当時、宅地開発用に買収した土地に沿って路線を建設したことから、曲線が多く、スピードアップに不利な線形となった。特に、三国駅付近には制限速度30km/hの急曲線が存在し、最大のネックとなっていた。1990年台から2000年にかけて、三国駅付近・豊中駅の急曲線は高架化に併せて緩和されたが、2020年現在も、服部天神駅手前・豊中駅 - 蛍池間・石橋阪大前駅手前などにやや急な曲線が残っている。神戸本線・京都本線に比べて平均駅間距離が短く、いくつかの駅は1962年までに統合で姿を消している。

運行形態

大阪梅田駅 - 宝塚駅間には普通のほか、ほぼ終日にわたって急行が運転されている。このほか、平日朝には通勤特急準急、そして朝夕には大阪梅田駅 - 能勢電鉄日生中央駅間を直通運転している特急「日生エクスプレス」が運転されている。また、お盆・年末で土曜・休日ダイヤにて運転する平日の朝ラッシュ時は上りのみ川西能勢口発大阪梅田行き普通を増発するなど、柔軟なダイヤ編成を行っている。

ダイヤ面では、戦後の昭和20年代から長い間、昼間15分間隔(梅田駅〈現在の大阪梅田駅〉 - 宝塚駅間の急行、梅田駅 - 宝塚駅間の普通、梅田駅 - 池田駅間の普通が各1本ずつ)のダイヤが続いた(当時は車庫が池田駅にあった)。平井車庫を建設し池田駅から車庫を移転したうえで、池田駅高架化工事中には当駅の折り返し線が使えなかったため、池田駅発着の普通を暫定的に雲雀丘花屋敷駅まで延長するなどの変化はあったが、基本的には30年以上にわたって、昼間はほぼ同じパターンのダイヤで運転されてきた。

1986年(昭和61年)12月には、阪急日生ニュータウンの発展と能勢電鉄日生線の定着を踏まえた白紙ダイヤ改正が実施され、昼間10分間隔運転(梅田駅 - 宝塚駅間の急行、梅田駅 - 雲雀丘花屋敷駅間の普通と梅田駅 - 池田駅間の普通を交互に運転)として急行を大増発するとともに豊中駅に新規停車させた。以来、昼間の速達列車の10分間隔運転というスタイルは基本的に変わりはないが、近年は輸送形態や社会情勢の変化などにより、後述の通り、速達系列車の内容を変更する改正を頻繁に行うようになっている。2015年(平成27年)以降は、ラッシュ時間帯の減車・減便(特に宝塚駅 - 川西能勢口駅間や箕面線への直通列車)も行われるようになった。

他路線との接続は、石橋阪大前駅では箕面線、川西能勢口駅では能勢電鉄との接続を考慮したダイヤが組まれているが、宝塚駅での今津線との接続は重視されていない(今津線が、神戸本線との接続を優先させているため)。昼間時間帯では、今津線から宝塚本線側に乗り換える場合、今津線の列車が宝塚駅に到着する数分前に宝塚本線の急行が出発してしまうダイヤとなっている(対して、宝塚本線から今津線へは数分での接続となる)。この傾向は長く続いており、特に昼間の特急が設定されていた2000年6月 - 2003年8月は、今津線から乗り換える場合、接続パターンが特急・普通の交互(急行は前述の通り今津線到着前に出発してしまう)となり、川西能勢口駅以東へ急ぐ場合は利用できる列車が実質20分毎という状態になっていた。

日中1時間あたりの運転本数
種別\駅名 大阪梅田 … 雲雀丘花屋敷 … 宝塚
急行 | 6本
普通 | 6本 | 

列車種別

以下に種別ごとの詳細を示す。現行の停車駅は「駅一覧」を参照。

特急「日生エクスプレス」

詳細は「日生エクスプレス」を参照

宝塚本線最速達種別で、通常は平日ダイヤのみに設定されている。朝ラッシュ時に日生中央発大阪梅田行きが、夕ラッシュ時に大阪梅田発日生中央行きが、それぞれ7本ずつ運行される。朝ラッシュ時は約16 - 17分間隔、夕方ラッシュ時は20分間隔の運転である。なお、2009年春以降は、春・秋の行楽期の特定の土曜・日曜・祝日にも臨時列車として運転されていた(基本は午前の日生中央発梅田行き2本のみ)が、2015年秋以降はなくなった。阪急線内での停車駅は、十三駅・石橋阪大前駅・池田駅・川西能勢口駅である。

車両は1000系1001F・1003F・1004F・1006F・1009F・1012F・1013F・1015F・1018F、8000系8004F・8005F・8006F・8007Fと6000系6005F・6011F・能勢電鉄6000系6002F8連の限定運用であるが、現在は6005Fと6011Fは異常時以外、8004F・8005Fも基本的には日生エクスプレスの運用に充当されず、1000系のうち神戸線から貸し出された編成も日生エクスプレスの運用に充当していない。

1997年11月改正で運転を開始した。開始当初は平日3往復のみであったが、2003年8月改正から平日7往復になった。またこの改正より、池田駅が停車駅に加わっている。2015年3月改正で川西能勢口発の通勤特急(10両編成)が新設されたため、運行開始以来実施されていた川西能勢口駅での増結作業(8両 → 10両)は廃止され、能勢電鉄内停車駅からの所要時間が短縮された。

通勤特急

2015年3月21日のダイヤ改正で復活した種別。この改正以前の通勤急行から事実上の種別変更で、平日朝ラッシュ時に川西能勢口発大阪梅田行きのみ6本(15 - 17分間隔)運転している。停車駅は、池田駅・石橋阪大前駅・豊中駅・十三駅である。宝塚本線では唯一の10両編成で、最後部(宝塚方)の車両には宝塚本線では初めて、かつ唯一の女性専用車両を設定している。

充当される車両は2015年のダイヤ改正当初は梅田寄りに2両編成の8000系または7000系の増結車(7032F, 8034F, 8042F)を連結した6000系8両編成(6007F, 6008F, 6013F, 6015F)と、7000系8両編成(7011F, 7015F, 7018F、および8030F+7024F+7026Fで構成された8連も含む)を宝塚寄りとして2両編成を増結した10両編成で運転される。8000系または7000系の両編成と6000系を組み合わせた編成は、6000系側に女性専用車両のステッカーが貼り付けられ、一定期間、通勤特急専従編成となる(6000系は時折、通勤特急に使われない車両は女性専用車両のステッカーを撤去したうえで8両編成の運用に入る)。7000系は2両編成(7031, 7033編成)を8両編成の宝塚寄りに増結するため、女性専用車両は2両編成側に設定される。したがって7000系は日ごとに異なる編成、異なる組み合わせが使用される。運転ダイヤも1,2,5本目は8000系または7000系を連結した6000系(5本目は1本目と同一編成)、3,4本目は7000系で固定されていた。しかし2018年のダイヤ改正以降は宝塚寄りに増結車を連結した運用が無くなり、全運用が梅田寄りに2両編成の8000系(8030F, 8034F)または7000系(7032F, 7033F)の増結車を連結した6000系(6006F, 6007F, 6013F, 6015F)8両編成での運行となった。他にも2両編成側に8000系(8040F, 8041F)が、8両編成側に6000系(6005F,6011F)または7000系(7018F)があり、これらの編成は検査入場した際などに一時的に使用される。

なお、2000年6月から2003年8月までにも通勤特急が設定されていた。この初代の通勤特急は宝塚発梅田行きが片道2本のみ運転されていて、途中の停車駅は雲雀丘花屋敷駅・川西能勢口駅・池田駅・石橋駅(現在の石橋阪大前駅)・十三駅であった。

急行

終日運行されている。基本的に大阪梅田駅 - 宝塚駅間で運転されるが、下りは平日夕方から夜間にかけてのラッシュ時と最終24時発で大阪梅田発雲雀丘花屋敷行きが設定されている。停車駅は、十三駅と豊中駅から宝塚駅の各駅である。

宝塚本線の優等列車としては最も古く、1932年10月に登場した。かつては十三駅 - 石橋駅(現在の石橋阪大前駅)間無停車で豊中駅と蛍池駅は通過していた(石橋駅 - 宝塚駅間は各駅停車)。1986年12月改正で豊中駅に平日ラッシュ時の一部を除いて停車するようになり、1997年11月改正で豊中駅に全列車が、2003年8月改正で蛍池駅に停車するようになった。日中は一時期特急または快速急行に置き換えられていたこともあったが、2006年10月改正から昼間の運転が復活している。

宝塚本線の急行で大阪梅田駅 - 宝塚駅間を利用する場合、実際には大阪梅田駅から神戸本線の特急に乗車し、西宮北口駅今津線に乗り換える経路よりも多少時間がかかるため、今津線経由で行く場合の方が宝塚駅に先着できる。ただし、後述の宝塚発今津線経由大阪梅田行きの準急を除いて、西宮北口駅での乗り換えが伴うため、上り下りを含めた移動が強いられる。接続時間も含めると日中の場合の所要時間差は大阪梅田駅 → 宝塚駅が1分差(宝塚本線経由33分、神戸本線・今津線経由32分)、宝塚駅 → 大阪梅田駅が2分差(宝塚本線経由34分、今津線・神戸本線経由32分)と大差はなくなる。また、大阪梅田駅から宝塚駅に向かう場合、最終は今津線経由の方が遅い(宝塚駅から大阪梅田駅へは、平日のみ今津線経由の方が僅かだが遅い)。

準急

平日の朝ラッシュ時に宝塚発大阪梅田行きのみ運転している。全列車が大阪梅田まで先着する。途中停車駅は曽根駅までの各駅と十三駅、中津駅である。

かつては現在の急行の停車駅と三国駅に停車し、箕面線直通列車を基本に、一部列車が梅田駅(現在の大阪梅田駅) - 雲雀丘花屋敷駅間で運転されていた。1997年11月改正時に通勤準急の運行開始と代わる形で一旦運行が休止されたが、2000年6月改正で復活した。この改正では宝塚発も運転されるようになり、三国駅は通過となった(現在の急行の停車駅と同じ。当時の急行とは蛍池駅に停車するか否かの違いのみであった)。2003年8月改正で箕面線直通列車が通勤準急に変更され、準急が岡町駅・曽根駅・中津駅に停車するようになったが、2015年3月改正で通勤準急を統合したことに伴い、箕面線直通と雲雀丘花屋敷行きが復活した。しかし、2018年7月改正でこれらの列車が再び廃止され宝塚発梅田行きのみの運行体制になった。

なお、平日朝ラッシュ時上りに限り、宝塚駅から今津線・神戸本線経由で大阪梅田行きの準急が別途運行されている(詳細は今津線神戸本線を参照)。門戸厄神駅以北は各駅に停車するが、西宮北口駅には停車せず、宝塚本線の急行より数分所要時間が短い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/05/29 08:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「阪急宝塚本線」の意味を投稿しよう
「阪急宝塚本線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

阪急宝塚本線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「阪急宝塚本線」のスレッドを作成する
阪急宝塚本線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail