このキーワード
友達に教える
URLをコピー

阪急阪神ホテルズとは?

移動先: 案内検索
阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪急阪神ホテルズ
株式会社阪急阪神ホテルズ
Hankyu Hanshin Hotels Company, Limited
種類
株式会社
【市場情報】
非上場

【本社所在地】
日本
530-8310
大阪府大阪市北区芝田一丁目1番35号
南緯34度42分18.31秒 東経135度29分51.02秒 / 南緯34.7050861度 東経135.4975056度 / -34.7050861; 135.4975056座標: 南緯34度42分18.31秒 東経135度29分51.02秒 / 南緯34.7050861度 東経135.4975056度 / -34.7050861; 135.4975056
【本店所在地】
530-0012
大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号
北緯34度42分31.75秒 東経135度29分50.33秒 / 北緯34.7088194度 東経135.4973139度 / 34.7088194; 135.4973139
【設立】
1958年3月3日(大阪航空株式会社)
業種
サービス業
法人番号
6120001110689
【事業内容】
ホテル事業
【代表者】
代表取締役会長 中川喜博
代表取締役社長 藤本和秀
【資本金】
1億円
【発行済株式総数】
3万3,500株
【売上高】
48,375百万円(2017年3月期)
【営業利益】
2,407百万円(2017年3月期)
【経常利益】
2,150百万円(2017年3月期)
【純利益】
1,670百万円(2017年3月期)
【純資産】
6,403百万円(2017年3月31日現在)
【総資産】
75,653百万円(2017年3月31日現在)
【従業員数】
2,012名(2011年12月現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
阪急阪神ホールディングス株式会社 100%
【主要子会社】
第一ホテルサービス株式会社 100%
宝塚ホテルサービス株式会社 100%
株式会社阪急阪神レストランズ 100%
など
【関係する人物】
小林一三
【外部リンク】
http://www.hankyu-hotel.com/

株式会社阪急阪神ホテルズ(はんきゅうはんしんホテルズ、: Hankyu Hanshin Hotels Company, Limited)は、阪急阪神ホールディングス連結子会社ホテルの運営を行う会社である。阪急阪神東宝グループに属し、グループ名は阪急阪神第一ホテルグループである。

2018年1月1日現在、直営ホテル18、フランチャイズ12、リファーラル契約17の合計47施設を有する。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 阪急ホテルズ
      • 1.1.1 年表
    • 1.2 第一ホテル
      • 1.2.1 年表
    • 1.3 ホテル阪神
    • 1.4 レム (remm)
      • 1.4.1 年表
  • 2 沿革
  • 3 グループホテル
    • 3.1 旧阪急ホテルズグループ
    • 3.2 旧新阪急ホテルグループ
    • 3.3 旧第一ホテルグループ
    • 3.4 旧阪神電気鉄道グループ
    • 3.5 レム
    • 3.6 その他
    • 3.7 今後開業・加入予定のホテル
    • 3.8 過去に営業・加盟していたホテル
      • 3.8.1 旧阪急ホテルズグループ
      • 3.8.2 旧新阪急ホテルグループ
      • 3.8.3 旧第一ホテルグループ
      • 3.8.4 旧阪神電気鉄道グループ
      • 3.8.5 リファーラル契約
  • 4 関連会社
  • 5 不祥事
    • 5.1 従業員の健康保険等未加入問題
    • 5.2 メニュー虚偽表示事件
    • 5.3 長時間労働による従業員過労死問題
  • 6 関連項目
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

概要

阪急ホテルズと新阪急ホテルズの運営企業に、第一ホテルホテル阪神が合併された企業である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。なお阪急阪神東宝グループのメンバーでみどり会の加盟企業は他に東宝阪急阪神百貨店阪急不動産があり、阪急電鉄はみどり会だけではなく三水会にも加盟している。

阪急ホテルズ

年表

 | この節の加筆が望まれています。

第一ホテル

阪急阪神ホテルズ前身のひとつである「株式会社第一ホテル」は、阪急東宝グループ総帥小林一三が、1937年(昭和12年)に設立し、旗艦店の新橋他、「東京第一ホテル」ブランドで中規模なシティホテルを、「第一イン東京」ブランドでビジネスホテルをチェーン展開していた。

バブル景気期の過剰な投資や、平成不況による売上低下から経営破綻し、2000年5月に会社更生法を申請して倒産した。小林一三ゆかりの阪急東宝グループが再建支援し、2002年4月に旧:第一ホテルの経営を統合した。

年表

2000年に倒産する以前の第一ホテルの年表については「第一ホテル」を参照
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
    • 3月26日 - 「高松国際ホテル」が負債27億円で民事再生法適用申請。
    • 4月1日 - 「名古屋第一ホテル」を「ロイヤルパークイン名古屋」に改称。(ロイヤルパークホテルチェーン)
    • 11月1日 - 第一ホテルが100%減資、阪急電鉄が10億円出資して完全子会社化。「土浦第一ホテル」が「ホテルロイヤルレイク土浦」に改称。
    • 11月21日 - 第一ホテルの更生手続終結。
    • 12月1日 - 「海老名第一ホテル」を「オークラフロンティアホテル海老名」へ改称。(ホテルオークラが運営受託)
  • 2002年(平成14年)
  • 2004年(平成16年)4月 - 「第一ホテル光が丘」が「ホテルカデンツァ光が丘」へ改称。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日 - 第一阪急ホテルズと新阪急ホテルグループが経営統合して阪急第一ホテルグループとなり、阪急ホテルマネジメント、第一阪急ホテルズ、新阪急ホテル、京都新阪急ホテル、東京新阪急ホテル及び神戸三田新阪急ホテルの6社が合併し、商号が阪急ホテルマネジメントとなる。
    • 9月1日 - 「グアム第一ホテル」が「フィエスタリゾートグアム」へ変更。
    • 10月1日 - 「東京第一ホテル仙台」が「ホテルリッチフィールド青葉通り」へ変更。
    • 12月1日 - 「第一ホテルサイパンビーチ」が「フィエスタリゾート&スパサイパン」へ変更。
  • 2006年(平成18年)2月10日 - ホテルグランメールを買収。「東京第一ホテルオキナワグランメールリゾート」へ改称し、本グループに加盟。
  • 2007年(平成19年)
    • 6月30日 - 「東京第一ホテル魚津」が「ホテルグランミラージュ」へ変更。(日本海シーライン開発)
    • 7月5日 - 「東京第一ホテル小倉」が「ホテルクラウンパレス小倉」へ変更。(ホテルマネジメントインターナショナル)
    • 10月1日 - 「東京第一イン八戸」(旧「八戸センチュリーホテル」)、「東京第一イン八戸アネックス」(旧「第2八戸センチュリーホテル」)が開業。
    • 1月30日 - 「東京第一ホテル福岡」の営業を終了し、「IP HOTEL Fukuoka」へ変更。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - 「モンタナリゾート」営業再開。
    • 10月12日 - 「大分第一ホテル」の2012年10月までの撤退を表明。
  • 2012年(平成24年)
    • 7月5日 - 「沖縄ワシントンホテル」が「東京第一ホテル沖縄シティリゾート」に改称し、本グループに加盟。
    • 7月6日 - 同日正午をもって「大分第一ホテル」閉館。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - 「モンタナリゾート」が「東京第一ホテル岩沼シティリゾート」へ名称変更。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - サンルートホテルチェーンの「ホテルサンルート白河」が「東京第一ホテル新白河」へ改称し、本グループに加盟。

ホテル阪神

レム (remm)

「もっと、いい眠りを。」をコンセプトとして展開する新しい宿泊特化型ホテルブランド。日本ベッド製造と共同開発した、オリジナルベッドやマッサージチェアの全室完備などを特徴とする。レム (remm) は、レム睡眠ノンレム睡眠のレムを語源とした造語。

年表

沿革

  • 1926年(大正15年) - 宝塚ホテルが創業する。
  • 1938年(昭和13年) - 第一ホテルが新橋に創業する。
  • 1958年(昭和33年)3月3日 - 大阪航空株式会社を設立する。
  • 1999年(平成11年)12月20日 - 株式会社阪急ホテルズへ商号変更する。
  • 2000年(平成12年)
    • 5月26日 - 株式会社第一ホテルが会社更生法の適用を申請し倒産する。
    • 10月1日 - 株式会社阪急シグマコーポレーションがホテル営業権を事業譲渡し、阪急電鉄ホテルグループの経営統括会社になる。
  • 2001年(平成13年)
    • 11月1日 - 阪急電鉄、2000年5月に倒産した株式会社第一ホテルを完全子会社化する。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 阪急ホテルズ、株式会社第一ホテルを合併して株式会社第一阪急ホテルズへ商号変更する。阪急ホテルズの子会社であった株式会社ホテル阪急インターナショナル、株式会社千里阪急ホテル、株式会社宝塚阪急ホテルの3社も新会社である第一阪急ホテルズへ事業譲渡により事業統合し、「阪急第一ホテルグループ」として事業を開始する。
  • 2004年(平成16年)
株式交換前の新阪急ホテルの主要株主は、阪急電鉄株式会社50.15%、阪急不動産株式会社3.37%、日本生命保険相互会社1.58%、株式会社阪急百貨店1.05%である。
    • 6月1日 - ホテル経営統括会社である(旧)株式会社阪急ホテルマネジメントを、株式会社新阪急ホテルと共同で株式移転により阪急電鉄の完全子会社として設立し、株式会社第一阪急ホテルズと株式会社新阪急ホテルの経営戦略及び管理機能部門を移管して統合する。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - (旧)株式会社阪急ホテルマネジメント、株式会社第一阪急ホテルズ、新阪急ホテルグループ4社の計6社が合併し、存続会社の株式会社第一阪急ホテルズは、株式会社阪急ホテルマネジメントへ商号変更する。阪急電鉄グループの再編により、同日付けで親会社の阪急電鉄株式会社が商号変更して阪急ホールディングス株式会社になる。
  • 2006年(平成18年)
    • 9月29日 - 阪神電気鉄道が保有するホテル阪神の株式を譲受し、ホテル阪神を完全子会社化する。
    • 10月1日 - 阪急ホールディングス株式会社が商号変更して阪急阪神ホールディングス株式会社となる阪急・阪神経営統合に合わせ、旧・阪神電気鉄道グループのホテル阪神と六甲オリエンタルホテルが阪急第一ホテルグループに加わり、グループ名称を阪急阪神第一ホテルグループへ改称する。
  • 2007年(平成19年)11月7日 - 良質な眠りに重点を置く新しいホテルブランド「レム(remm)」第一弾の「レム日比谷」を開業する。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 完全子会社の株式会社ホテル阪神およびホテル阪神レストラン・システムズ株式会社を合併し、商号を株式会社阪急阪神ホテルズへ変更する。
  • 2014年(平成26年)4月8日 - 同社が保有していた鳴尾浜工場を菓子卸流通業の山星屋の子会社であるモントワールに売却。同工場で製造していた「宝塚ハードドーナツ」に関しては、モントワールが引き続き製造・販売を行う。
  • 2016年(平成28年)
    • 1月6日 - 阪急阪神東宝グループであるオーエスが運営している梅田OSホテルを含む梅田OSビルの建物部分を取得、梅田OSホテルは同日を以て一旦営業を終了しリニューアル後は2月5日から阪急阪神ホテルズ運営のホテルになる(ホテル名称は変更無し)。
    • 4月21日 - これまでSTACIAポイントと呼ばれていたポイント名称を「Sポイント」に変更。同時に、これまでは加算対象がホテルのみだったメンバーズカードをSポイント対応型に一新し、ホテル以外の施設でもSポイントの加算及び利用が可能になった。
    • 8月25日 - 「六甲山ホテル」事業を八光自動車工業へ譲渡することで合意。10月3日に譲渡を行い、開発協議が整うまでは阪急阪神ホテルズが引き続き同ホテルの運営を行う。
  • 2017年(平成29年)
    • 12月31日 - 「六甲山ホテル」営業終了。

グループホテル

本州を中心に広域にビジネスホテル展開をしていた第一ホテルがブランド内では拠点数が多くなっている。 ★は阪急阪神ホテルズ直営、■はフランチャイズ、□はリファーラル契約(2018年1月1日現在)である。

旧阪急ホテルズグループ

  • ホテル阪急インターナショナル

  • 千里阪急ホテル

  • ホテル阪急エキスポパーク

  • 宝塚ホテル

旧新阪急ホテルグループ

  • 大阪新阪急ホテル

  • 新阪急ホテルアネックス

  • 京都新阪急ホテル

旧第一ホテルグループ

  • 第一ホテル両国

  • 大阪第一ホテル

旧阪神電気鉄道グループ

  • ホテル阪神

レム

  • レム日比谷(千代田区)★
  • レム秋葉原(千代田区)★
  • レム六本木(港区)★
  • レム新大阪(大阪市淀川区)★
  • レム鹿児島(鹿児島市)★
  • レム日比谷

  • レム秋葉原

その他

  • アワーズイン阪急

  • 呉阪急ホテル

※「ザ・リッツ・カールトン大阪」(阪神電鉄ハービス大阪内)は、阪神電気鉄道の子会社(阪急阪神HDから見れば孫会社)である阪神ホテルシステムズ(阪急阪神ホテルズとの間に直接の関係はない)が経営するため、当ホテルグループには含まれない。

※JR四国ホテルグループのJRホテルクレメントブランドのうち、「JRホテルクレメント宇和島」のみ当グループホテルに加盟していない。

今後開業・加入予定のホテル

  • 東京都中央区京橋の阪神グリーンビル及びパイロット本社ビル等の一体建て替えに伴い、同ビル内高層部に2019年春を目処にレムブランドのホテルをオープン予定。
  • 阪神電鉄JR西日本がそれぞれ所有する大阪市福島区の福島5丁目及び7丁目の土地を複合ビルとして共同開発し、商業ゾーンに阪急オアシス、ホテルゾーンに阪急阪神ホテルズのホテルが2019年春に入居する予定。
  • 2021年竣工予定の神戸阪急ビル東館の建て替えに伴い、上層階にレムブランドのホテルが入居予定。
  • 銀座8丁目に、レムの上位ブランドである「レムプラス」の1号店となる「レムプラス銀座(仮称)」を2019年冬に開業予定。

過去に営業・加盟していたホテル

旧阪急ホテルズグループ

六甲山ホテル

  • 大阪エアポートホテル - 2006年9月3日 老朽化と客減少により閉鎖。2010年3月25日より「大阪空港ホテル」としてオープン。
  • 六甲山ホテル(灘区)★ - 2017年12月31日のチェックアウトをもって阪急阪神ホテルズとしての営業を終了。

旧新阪急ホテルグループ

  • 神戸三田新阪急ホテル(三田市)★ - 2011年3月31日で契約満了。翌4月1日よりオリックス不動産の子会社が運営する「三田ホテル」となる。

旧第一ホテルグループ

  • 東京第一ホテル仙台 - 現在は「ホテルリッチフィールド青葉通り」である。
  • 東京第一ホテル光が丘■ - 前田建設工業系列で、2004年にFC契約を解除し、現在は「ホテルカデンツァ光が丘」である。
  • 東京第一ホテル魚津★ - 2007年にグループを離れ、現在は「ホテルグランミラージュ」である。
  • 第一イン富山■ - 2001年にFC契約を解除し、現在は「富山地鉄ホテル」である。
  • 東京第一ホテル福岡■ - 2007年に買収され、現在は「アイピーホテル福岡」である。
  • 第一イン高松■ - 2002年にFC契約を解除し、「ロイヤルパークホテル高松アネックス」を経て、現在は「チサンイン高松」である。
  • 第一ホテル東京ベイ■ - 2002年にFC契約を解除し、現在は「ホテルオークラ東京ベイ」である。
  • 東京第一ホテル小倉(北九州市小倉北区)■ - 現在は「ホテルクラウンパレス小倉」である。名称変更後も2010年7月4日契約終了までD-Line+(オンライン予約サービス)に対応していた。同ホテル地下1階の映画館「小倉シネシティ有楽」は2003年8月31日に閉館。
  • 東京第一ホテル大森■ - 1984年10月15日に「第一イン大森」として開業し、FC契約元である澤田屋の破綻により1998年6月に廃業。建物解体後、跡地はマンションになっている。
  • 名古屋第一ホテル - 運営委託契約満了後「ロイヤルパークイン名古屋」になり、隣接する大名古屋ビルヂングとの一体的再開発に伴い、2011年2月末で営業終了。跡地は大名古屋ビルヂングの一部となる。ホテル自体は近接地に移転の上、「ロイヤルパークホテル ザ 名古屋」と名称変更して2013年11月に再オープン。
  • 大分第一ホテル(大分市)■ - 大分パルコ撤退後、入居ビルの営業断念に伴い2012年10月撤退を表明したが、その後閉館日を前倒しして2012年7月6日正午に閉館。
  • 筑波第一ホテル・エポカル■ - 2001年4月1日に「オークラフロンティアつくば・エポカル」に改称。
  • 東京第一ホテル那覇シティリゾート(那覇市)■ - 旧「沖縄ワシントンホテル」。2016年1月31日で離脱し現在は「スマイルホテル那覇シティリゾート」である。
  • 東京第一イン八戸(八戸市)■ - 旧「八戸センチュリーホテル」。2016年2月29日で離脱し現在は「ホテル イルヴィアーレ八戸」である。
  • 東京第一イン八戸アネックス(八戸市)■ - 旧「第二八戸センチュリーホテル」。2016年2月29日で離脱し現在は「ホテル イルヴィアーレ八戸 アネックス」である。
  • 東京第一ホテルオキナワ グランメールリゾート(沖縄市)■ - 旧「ホテルグランメール」。2016年3月31日で離脱、翌4月1日からは「オキナワ グランメールリゾート」に改称。

旧阪神電気鉄道グループ

リファーラル契約

関連会社

  • オーエス - 映画館運営。かつては梅田OSホテルの運営も行っていた。
  • 第一ホテル九州 - 大分第一ホテルと呉阪急ホテルの運営
  • 株式会社高知新阪急ホテル(97.8%出資)
  • アワーズイン阪急
  • 株式会社天橋立ホテル(90%出資)
  • 有馬ビューホテル
  • 真庭リゾート開発 - 真庭カンツリークラブと真庭リバーサイドホテルの運営
  • 第一ホテルサービス株式会社(100%出資)
  • 宝塚ホテルサービス株式会社(100%出資)
  • 京浜サービス株式会社(100%出資)
  • 株式会社 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/14 09:56

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「阪急阪神ホテルズ」の意味を投稿しよう
「阪急阪神ホテルズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

阪急阪神ホテルズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「阪急阪神ホテルズ」のスレッドを作成する
阪急阪神ホテルズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail