このキーワード
友達に教える
URLをコピー

阿部慎之助とは?

阿部慎之助
読売ジャイアンツ #10


【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
千葉県浦安市
【生年月日】
(1979-03-20) 1979年3月20日(39歳)
身長
体重 180 cm
97 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
捕手一塁手
【プロ入り】
2000年 ドラフト1位(逆指名)
【初出場】
2001年3月30日
【年俸】
2億1,000万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
日本
五輪
2000年2008年
WBC
2009年2013年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【獲得メダル】

日本

ワールド・ベースボール・クラシック

 | 2009 | 野球

阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(捕手内野手)。

NPB史上3位の年俸6億円プレーヤー(2014年)。読売ジャイアンツ第18代主将(2007年から2014年まで)。

愛称は「阿部ちゃん」、「慎ちゃん」。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
      • 1.2.1 入団から中軸へ
      • 1.2.2 主将、4番
      • 1.2.3 一塁へコンバート
  • 2 選手としての特徴
    • 2.1 打撃
    • 2.2 守備
    • 2.3 主将として
    • 2.4 その他
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別打撃成績所属リーグ内順位
    • 3.3 年度別守備成績
    • 3.4 タイトル
    • 3.5 表彰
    • 3.6 記録
    • 3.7 背番号
    • 3.8 登場曲
    • 3.9 代表歴
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
  • 5 関係文献
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

プロ入り前

元実業団野球チーム・電電東京に所属した阿部東司の第2子(1歳上の姉と3歳下の妹がいる)として誕生。慎之助の名は母親が池畑慎之介(ピーター)の大ファンだったことから名付けられた。父は掛布雅之習志野市立習志野高等学校で同期であり、掛布とクリーンナップを組み、掛布が3番・父が4番を打ち、全国高等学校野球選手権大会に出場経験がある。その影響もあり、幼い頃から阪神タイガースファンで掛布に憧れ左打ちになった。また父もポジションは捕手、中央大学と共通している。父の勧めもあり、浦安市野球協会学童部所属・軟式少年野球チーム・浦小クラブに所属。その縁で浦安市野球協会で阿部慎之助杯争奪少年野球大会を協賛している。

浦安市立浦安中学校から安田学園高等学校へ進学。高校では通算38本塁打を放つ。中央大学商学部に進学し3年生春まで東都大学野球連盟2部リーグでプレーする。2部リーグ通算51試合出場、186打数58安打、打率.312、12本塁打、41打点。3年生秋にチームは1部昇格。1部リーグ通算28試合出場、92打数27安打、打率.293、5本塁打、19打点。ベストナイン1回。2000年9月にはシドニーオリンピック代表に選ばれた。

中大時代は打撃には定評があり、(捕手以外の)野手への転向を勧められることもあったが固辞した。2000年11月のドラフト会議において、ドラフト1位(逆指名)で読売ジャイアンツに入団。契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える10億円契約を結んでいたことが、複数の関係者証言で明らかになった。

プロ入り後

 | 
プロジェクト:野球選手#NPB選手のスタイルに沿った形式に書き直す必要があります。

入団から中軸へ

2001年、当時ヘッドコーチだった原辰徳の推薦を受け、3月30日阪神タイガースとの開幕戦(東京ドーム)に、球団では山倉和博以来23年ぶりとなる「新人捕手開幕スタメン」として先発出場(8番・捕手)。その試合で阪神の先発投手の星野伸之から初打席初安打初打点を含む4打点を挙げる活躍を見せる。阿部がデビューした当時の巨人は村田真一に代わる正捕手の育成が急務だったこともあり、監督の長嶋茂雄は村田を阿部の「教育係」にするとともに、127試合に起用して経験を積み重ねさせた。最終的にシーズン13本塁打を放つが、規定打席には6打席不足した。新人捕手のシーズン2桁本塁打は田淵幸一以来2人目。

2002年、127試合に出場し、巨人軍としては1987年の山倉和博以来の捕手による規定打席に到達、ベストナインゴールデングラブ賞を獲得する。シーズン後半から高橋由伸の故障に伴い3番打者に起用され、8月の3度を含む4度のサヨナラ打を記録。このことから『サヨナラ慎ちゃん』と呼ばれるようになった。8月11日広島東洋カープ戦でのサヨナラ本塁打は自身初のサヨナラ本塁打であるとともに、巨人軍の東京ドーム通算1000号本塁打となるメモリアルアーチであった。打率も.298と好調であった。

2003年、シーズン半ばでの右肩の故障もあり94試合の出場に終わる。規定打席不足であるものの、打率.303を記録。この年、初めてオールスターゲームに出場した。

2004年4月9日から4月16日にかけて6試合連続本塁打、4月28日には一試合3本塁打を放つ。4月に放った16本塁打は王貞治の球団記録を更新し、1981年門田博光(南海ホークス)、1994年江藤智(広島)と並ぶ日本タイ記録。5月12日にはマーク・マグワイアが1998年に記録した従来の世界記録である「開幕35試合目での20本塁打」を2試合更新する「開幕33試合目での20本塁打」を記録する。この後ペースは失速し、5月後半~7月はそれぞれ2本ずつに留まり、8月には故障もあって、最終的には33本塁打にとどまった。しかし、シーズンで33本塁打は巨人軍所属捕手として球団史上初の30本塁打を記録し、規定打席到達で自身初の打率3割も記録した。11月には日米野球に捕手・代打で全8試合中、6試合に出場したが、13打席11打数0安打2四球だった。

2005年、打撃はシーズンを通じて5番打者に定着し最終的に打率は3割を越え、出塁率と得点圏打率はチームトップの成績であった。8月23日横浜ベイスターズ戦では、右肩痛のためプロ入り後初めて一塁手として出場。また、同年オフに、守備の負担を減らせば4番打者を務めることができると考えた原辰徳監督に一塁手へのコンバートを提案されたが、捕手として勝負したいと辞退した。

2006年、開幕前には、この年から開催されたワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出されたが、前年からの故障があり出場を辞退している。同年シーズンでは打率が4年ぶりに3割を割り、本塁打も自己最低の10本に終わったが、自身過去最高の盗塁阻止率.443を記録。オフの10月18日に、元・日産ミスフェアレディの女性との結婚を発表した。

主将、4番

2007年、チームの主将に任命される。同年6月9日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で「球団史上第72代目4番打者」となり、2本塁打5打点と活躍した。また、6月14日オリックス・バファローズ戦で、初回に平野佳寿から満塁本塁打を放ったが、これはプロ野球史上初の球団通算200満塁本塁打となった。オールスター第2戦ではMVPを獲得した。9月25日には33号本塁打を放ち、自身初のシーズン100打点を達成した。同時に、2003年の城島健司(当時福岡ダイエーホークス)以来、史上4人目の捕手登録選手のシーズン100打点達成となった(セントラル・リーグでは門前真佐人以来2人目で、57年ぶりの記録)。2008年に行われる北京オリンピック野球日本代表予選3試合に出場して13打数10安打4打点、打率.769の結果を残し、最優秀打者賞・MVPを獲得。

北京オリンピック日本代表での阿部
2009年日本シリーズ優勝パレードでの阿部慎之助(2009年11月22日撮影)

2008年、本塁打1本に付き1万円を慈善団体に寄付するようになった。この年は北京オリンピック代表に選出され8試合に出場した。この年も巨人軍の主将を務めリーグ優勝が決定した10月10日の試合では2打点を挙げるが、牽制球で2塁へ帰塁した際に右肩を負傷した。その結果、クライマックスシリーズには欠場、日本シリーズには代打・指名打者として出場し、1本塁打含む打率.400を記録するも、捕手の守備につく事はできなかった。

2009年第2回WBCの日本代表に選出される。出場機会には恵まれなかったが、第2ラウンド1組1位決定戦では捕手として先発出場した。シーズン中はスタメンを外れたり、セス・グライシンガーの先発時は鶴岡一成がマスクをかぶっている一方で、自身は4年ぶりに一塁手として出場する事もあった。9月には5試合で本塁打7本を放つ活躍で月間MVPを受賞。チームトップ、リーグ2位の32本塁打、リーグ1位の本塁打率、リーグ1位の長打率をマークし、チームの連覇に貢献した。9月18日東京ヤクルトスワローズ戦で巨人軍捕手初となる通算200本塁打を達成。日本シリーズでは、北海道日本ハムファイターズと対戦し、打っては第5戦で武田久からサヨナラ本塁打、第6戦では武田勝から決勝打を記録し、守ってもピンチの場面で3番・稲葉篤紀、4番・高橋信二を三振に仕留める好リードで、日本一を達成し、自身もシリーズMVPを受賞した。

2010年5月21日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で永井怜から本塁打を打ち、10年連続2桁本塁打を達成、巨人軍では長嶋茂雄・王貞治・原辰徳・松井秀喜高橋由伸に次ぐ6人目。6月19日の中日ドラゴンズ戦で浅尾拓也からこの試合2本目の本塁打を打ち、通算6度目の年間20本塁打。そして、2004年以来となる両リーグ最速の20本塁打を記録(同日、クレイグ・ブラゼルも記録)する。このペースは2004年に次ぐものである。さらに、6月は打率.375・14本塁打・21打点の好成績で月間MVPに選出された。9月11日の対広島戦で、捕手としては野村克也田淵幸一に次ぐ史上3人目のシーズン40本塁打を達成した。これは、捕手としては球団初、そして左打者の捕手としても初の記録である。本塁打率は2年連続でセントラル・リーグ1位。シーズン後の契約更改において、4億円を球団より提示された。

2011年東日本大震災の影響で日程が遅れたことに加え、4月5日の阪神タイガースとの練習試合で右ふくらはぎを負傷して、開幕に出遅れる。その後は二軍での調整を経て、交流戦初戦の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5番捕手で1軍復帰を果たすと、9回表に2死走者なしから初安打を放ち、逆転の足がかりを作った。その後も正捕手としてだけでなく、シリーズ終盤ではラミレスに代わって4番に定着するなどして、攻守にわたってチームを牽引。9月29日の横浜ベイスターズ戦では谷繁元信が打ち出した、セントラル・リーグ記録の連続守備機会無失策1,708を抜く、新記録の1,709を達成するなどして、最終的には114試合に出場して、打率.292で114安打の61打点(ただし開幕から1ヶ月欠場した影響で8年ぶりに規定打席には到達できなかった)、本塁打もチーム2位の20本と5年連続の20本塁打を達成した。シーズン中には、第7回「ジョージア魂賞」を受賞、JA全農Go・Go賞は、8月の「最多盗塁阻止賞」部門、9月の「最多二塁打、三塁打賞」部門、10月の「最優秀賞」と3か月連続で受賞した。シーズン終了後には5年連続となるベストナインにも選出された。オフの契約更改では、怪我で出遅れながらもナインを牽引したことが評価され、現状維持の4億円(推定)で更改した。

2012年、1月に第3子が誕生。主に4番で起用され、史上最多タイとなる年間3度の月間MVPを受賞するなどチームを牽引し、初の個人タイトルとなる首位打者、打点王、最高出塁率のタイトルを獲得。本塁打もバレンティンに4本差の2位で、一時は三冠王も視界に入れた。打率.3404は1991年に古田敦也が記録した.3398を上回る捕手の最高記録であり、打点は両リーグで唯一100を超える104を記録した。また、三振数も規定打席到達者の中でセ・リーグ最少で、出塁率・長打率も12球団トップだった。リード面でもチーム防御率2.16は、1966年の西鉄ライオンズ(2.13)以来の好成績となった。日本シリーズでは、3戦目に右膝裏を痛めて途中交代し、4戦目と5戦目に出番はなかったが、6戦目は四番捕手でスタメン出場し、7回裏に決勝タイムリーを打ってチームを日本一に導いた。シーズン終了後は原監督と共に正力松太郎賞を受賞、さらにセ・リーグMVPにも選ばれた。11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。契約更改では5億7千万円(推定)の1年契約で更改。佐々木主浩松井秀喜に次ぐ日本プロ野球で日本人史上3位の超高額年俸となった。同年12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され候補入りした。

2013年2月20日に、第3回WBC日本代表選手28人が発表され代表入りし2大会連続2度目の選出となった。この大会では、主将、4番、正捕手の三役を兼任した。1次ラウンドでは無安打も、3月12日のオランダ戦では自身初かつWBC史上初の1イニング2本塁打を記録。しかし準決勝のプエルトリコ戦では好機に3度凡退し、チームはここで敗戦を喫する。阿部は全7試合に出場し、チーム最多タイの7打点を記録した。シーズンでは、前年に引き続き安定した活躍を続け攻守に渡ってチームを牽引した。優勝へのマジックを1として迎えた9月21日の対広島戦で、試合開始10分前に肩に強い違和感を持ち欠場。代役で、井野卓が急遽起用された。診断の結果帯状疱疹に感染していることが明らかとなった。それでも翌日の試合、1点リードの9回にマスクを被り出場。チームの顔として、優勝の瞬間にグラウンドに立ち、ビールかけにも参加した。前年ほどの傑出した成績ではなかったものの、3年ぶりに30本塁打を記録するなどこの年も各部門で高い数字を記録した。シーズン終了後、年俸が6億円(推定)に上がり、松井秀喜と並ぶ球団最高年俸タイ記録、NPBでは史上2位タイ記録となった。

2014年、5月1日の対ヤクルト戦で西村健太朗の逆玉を捕った際に首を痛め途中交代をした。6月7日の対西武戦で、5回裏に岸孝之から右越えにソロ本塁打を放ち、球団歴代本塁打数332本で並んでいた松井秀喜を抜いて球団歴代単独4位に浮上した。なお、この本塁打で捕手では史上5人目となる通算1000打点も達成した。7月25日の対中日戦では、球団史上6人目となる通算3000塁打を達成した。しかし、この年は怪我や不振に泣かされ、一塁手として出場することもあった。本塁打数も19本にとどまり、2006年の10本以来8年ぶりに20本を下回った。打率.248は規定打席到達者の中で最下位だった。クライマックスシリーズでは全試合に4番に座り、第1戦に藤浪晋太郎からソロ本塁打、第3戦ではランディ・メッセンジャーから先制適時打を放ったが、この2安打のみと不振であった。なお第3戦の適時打はCS4試合の中でチーム唯一の適時打だった(それ以外の得点は本塁打と犠飛)。オフの10月22日に、10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。11月6日に、2年連続となる捕手部門でゴールデングラブ賞を受賞した。不振を受けて年俸は5億1000万円(推定)へとダウンしたが、球界最高年俸は変わらず。

一塁へコンバート

2015年、2014年オフに捕手から一塁手へコンバートされ、開幕から一塁手として出場したが、相川亮二が故障で離脱したこともあり急遽4月3日の阪神タイガース戦で、捕手に復帰した。これを記念し4月15日に、「I'm back! Tシャツ」が発売される事が発表された。4月18日に、右太腿裏の肉離れで登録抹消された。7月1日の広島戦で通算350号本塁打を記録した。同年は自主トレから猛練習、ハイペースで仕上げた影響で開幕前に疲労が蓄積。シーズン中は幾度も故障離脱し、111試合の出場で打率.242、15本塁打、47打点を記録した。CSのファイナルシリーズでは打率.688を記録。年俸は、1億円以上選手の減額制限である40%近くの36%(1億8400万円)ダウンを受け入れ、3億2600万円(推定)でサインした。巨人としては球団史上では金額面で過去2番目、12球団でも4番目となる下げ幅だった。

2016年、この年に就任した高橋由伸監督の方針で再び捕手登録に戻るが、オープン戦で肩に違和感を覚えて登録抹消。開幕を二軍で迎える。5月31日の対オリックス戦で一軍復帰し、その試合で本塁打を放った。さらに、7月8日のDeNA戦から8月10日の対DeNA戦まで23試合連続安打を記録し、自己最長連続安打となった。最終的に91試合の出場で規定打席には到達できなかったが、打率.310・12本塁打・52打点を記録し4番打者として随所で活躍を見せた。一方で、捕手復帰を目指したシーズンではあったが、自身が出遅れたこととに加え、3年目の小林誠司が守備面で成長したこともあり正捕手の座を獲得。この年は一塁手または指名打者としての出場となり、プロ入り後初めて捕手出場ゼロのシーズンとなった。年俸は6,600万円ダウンの2億6,000万円(推定)となった。

2017年、再び内野手登録となった。3月31日の開幕戦で第1打席に大野雄大から先制の2点本塁打を放ち、自身初のレギュラーシーズン初打席での本塁打を記録し、4月1日の第2戦でも、田島慎二から逆転サヨナラ3点本塁打を放った。6月18日、対ロッテ戦の第1打席で佐々木千隼から本塁打を放ち、通算本塁打を382本として元監督の原辰徳に並んだ。さらに第2打席で2打席連続本塁打を記録して通算383本となり、原を抜いて球団歴代単独3位となった。8月13日の対広島戦で今村猛から右前にヒットを放ち、NPB史上49人目の通算2000本安打を達成。巨人の生え抜き選手では1980年の柴田勲以来37年ぶり5人目、また21世紀以降のドラフト指名選手では初の快挙であった。シーズンでは3年ぶり、内野手登録となってからは初めて規定打席に到達し、打率は.262とふるわなかったたものの、17年連続2桁本塁打となる15本塁打・76打点を記録した。

2018年は、開幕一塁の座を4年目の岡本和真と争う。その中でのオープン戦で打率が1割を切る等不振であり、一方の岡本はオープン戦で打点王に輝くなど好調であったため、2年連続での開幕一軍入りは果たしたが、開幕一塁の座は岡本に譲ることになり開幕スタメンには名を連ねることはできなかった。

選手としての特徴

捕手の守備に就く阿部

打撃

強打の捕手として知られ、基準違反統一球が導入されていた2011年から2012年において両リーグ最高打率となる.318、同OPS.935を誇った。スイングを始めてから腰を捕手方向に捻るツイスト打法により緩急に対応し、内角の球も切れずにスタンドに運ぶ技術を持つ。左打者ながら左投手も苦にせず、2006年から2010年まで左投手に対して打率.283を記録し、統一球導入後の通算でも打率.327を記録している。ツイスト打法は内田順三に勧められて2004年から取り入れ、普段の練習やティーバッティングなどで腰の開きを我慢しながら反復して練習しているという。また、父からの「力に頼ることなく基礎の技術を大事に素直に打ちなさい」という教えを忠実に守っており、練習でのフリーバッティングにおいても強引に引っ張るのではなく、逆方向へ打ち返す練習を現在も行なっている。下半身の強靭さが必要なツイスト打法を使いこなす一方で、左打者で一塁到達4秒台後半の鈍足である。

守備

スローイング面では2010年には両リーグトップの進塁阻止率を記録。アマチュア時代から強肩に定評があり、スローイングの制球も安定している。試合後のアイシングやオフの鍼治療などで肩のケアには気を配っているが、肩の消耗のため「大学時代が一番スローイングは良かったかな?」と思うこともあるという。

リード面では「直感型とデータ型に分類するのではなく、両方が必要だと思っている。リードに関しては正解がないから、臨機応変に対応できることが一番」と話している。キャプテンシーが高く評価されており、チームメイトからは「ミットを構えた時の安心感があるし、声をかけてくれるタイミングも抜群」との信頼を得ている。2015年以降は故障の影響から負担の少ない一塁手としての出場が多くなっている。

主将として

2007年から2014年まで8年間にわたってチームの主将を務めたことで、緊張感のないプレーや不甲斐ない姿を晒す選手に対しては厳しい言葉を発することがあった。また、毎年1月に行われる自主トレには、坂本勇人や小林誠司を始め多くの若手選手を自費で帯同させていた。

2011年、シーズン終盤の10月6日の横浜ベイスターズ戦に先発した東野峻が7回2安打2失点の投球を見せたが、5四球出したことで「この成績で満足するなら野球やめたほうがいいんじゃないか」と苦言を呈した。

2012年の日本シリーズ(対日本ハム)第2戦では先発の澤村拓一が初回にピンチを招いたが、この際牽制球のサインを見逃したことで一度タイムを取ってマウンドに行って澤村の頭を叩いた。これで澤村は奮起し、8回無失点の好投で日本シリーズ初登板初先発初勝利を飾った(詳細は2012年の日本シリーズ)。

2013年の春季キャンプでは、プロ入り8年目を迎えた辻内崇伸が立ち投げでの調整だけで練習を済ませたことに対して「調整してる立場じゃねーだろ」と一喝した。この一件の翌日に辻内は原辰徳監督からも「円熟期なんだから」と注意された。しかし、辻内はこの年も公式戦で登板できず、この年限りで戦力外通告を受けて引退した。

その他

総合評価指標WARにおいて、2012年、2013年にはそれぞれ9.7、8.4といずれも両リーグNo.1の数値を記録する。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S

2001 | 巨人 | 127 | 428 | 386 | 40 | 87 | 18 | 0 | 13 | 144 | 44 | 3 | 0 | 2 | 2 | 31 | 7 | 7 | 79 | 9 | .225 | .293 | .373 | .666
2002 | 127 | 511 | 446 | 62 | 133 | 26 | 0 | 18 | 213 | 73 | 4 | 1 | 4 | 3 | 46 | 12 | 12 | 81 | 10 | .298 | .377 | .478 | .854
2003 | 94 | 371 | 314 | 46 | 95 | 15 | 1 | 15 | 157 | 51 | 1 | 1 | 3 | 4 | 40 | 6 | 9 | 52 | 7 | .303 | .392 | .500 | .892
2004 | 108 | 436 | 379 | 61 | 114 | 22 | 1 | 33 | 237 | 78 | 0 | 0 | 1 | 0 | 43 | 1 | 13 | 87 | 6 | .301 | .391 | .625 | 1.016
2005 | 130 | 534 | 476 | 56 | 143 | 16 | 0 | 26 | 237 | 86 | 0 | 2 | 0 | 6 | 51 | 4 | 1 | 78 | 15 | .300 | .365 | .498 | .863
2006 | 129 | 497 | 452 | 39 | 133 | 26 | 2 | 10 | 193 | 56 | 0 | 2 | 4 | 2 | 35 | 4 | 4 | 76 | 8 | .294 | .349 | .427 | .776
2007 | 140 | 580 | 499 | 72 | 137 | 20 | 0 | 33 | 256 | 101 | 1 | 2 | 3 | 10 | 57 | 7 | 11 | 76 | 17 | .275 | .355 | .513 | .868
2008 | 125 | 484 | 428 | 60 | 116 | 27 | 0 | 24 | 215 | 67 | 1 | 1 | 4 | 0 | 44 | 5 | 8 | 66 | 17 | .271 | .350 | .502 | .852
2009 | 123 | 462 | 409 | 63 | 120 | 20 | 2 | 32 | 240 | 76 | 1 | 1 | 2 | 7 | 34 | 0 | 10 | 87 | 9 | .293 | .357 | .587 | .943
2010 | 140 | 569 | 498 | 85 | 140 | 27 | 2 | 44 | 303 | 92 | 0 | 0 | 1 | 1 | 58 | 3 | 11 | 91 | 8 | .281 | .368 | .608 | .976
2011 | 114 | 437 | 390 | 45 | 114 | 21 | 0 | 20 | 195 | 61 | 1 | 1 | 2 | 1 | 35 | 2 | 9 | 66 | 12 | .292 | .363 | .500 | .863
2012 | 138 | 556 | 467 | 72 | 159 | 22 | 1 | 27 | 264 | 104 | 0 | 0 | 2 | 8 | 69 | 6 | 9 | 47 | 11 | .340 | .429 | .565 | .994
2013 | 135 | 529 | 422 | 81 | 125 | 17 | 0 | 32 | 238 | 91 | 0 | 0 | 0 | 6 | 86 | 9 | 15 | 59 | 8 | .296 | .427 | .564 | .991
2014 | 131 | 526 | 459 | 49 | 114 | 24 | 0 | 19 | 195 | 57 | 1 | 3 | 0 | 2 | 58 | 5 | 7 | 77 | 16 | .248 | .340 | .425 | .765
2015 | 111 | 419 | 343 | 44 | 83 | 14 | 0 | 15 | 142 | 47 | 0 | 0 | 0 | 4 | 64 | 1 | 8 | 84 | 9 | .242 | .370 | .414 | .784
2016 | 91 | 387 | 335 | 43 | 104 | 13 | 0 | 12 | 153 | 52 | 0 | 1 | 1 | 3 | 44 | 1 | 4 | 55 | 8 | .310 | .394 | .457 | .850
2017 | 129 | 512 | 455 | 41 | 119 | 13 | 0 | 15 | 177 | 76 | 0 | 1 | 1 | 7 | 41 | 1 | 8 | 67 | 13 | .262 | .329 | .389 | .718
NPB:17年 2092 | 8238 | 7158 | 959 | 2036 | 341 | 9 | 388 | 3559 | 1212 | 13 | 16 | 30 | 66 | 836 | 74 | 146 | 1228 | 183 | .284 | .368 | .497 | .865

年度別打撃成績所属リーグ内順位


度 年
齢 リ
|
グ 打
率 安
打 二

打 三

打 本

打 打
点 盗
塁 O
P
S
2001 | 23 | セ・リーグ | - | - | - | - | - | - | - | -
2002 | 24 | - | - | 10位 | - | - | 9位 | - | 7位
2003 | 25 | - | - | - | - | - | - | - | -
2004 | 26 | - | - | - | - | 8位 | - | - | 2位
2005 | 27 | - | - | - | -&nb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/25 20:33

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「阿部慎之助」の意味を投稿しよう
「阿部慎之助」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

阿部慎之助スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「阿部慎之助」のスレッドを作成する
阿部慎之助の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail