このキーワード
友達に教える
URLをコピー

集団遺伝学とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年11月)

集団遺伝学(しゅうだんいでんがく、: population genetics)は、生物集団内における遺伝子の構成・頻度の変化に関する遺伝学の一分野。チャールズ・ダーウィン自然選択説グレゴール・ヨハン・メンデル遺伝法則の融合から誕生した分野と呼ぶこともできる。

個体群生物群集遺伝子プールを対象とし、進化遺伝確率論統計学などの数学的手法を用いて研究する。ロナルド・フィッシャーシューアル・ライトJ・B・S・ホールデンらによって考えだされた近代進化論を、ジョン・メイナード=スミスウィリアム・ドナルド・ハミルトンらが発展させ、現在に至る。

扱われる進化のプロセスとしては、突然変異(mutation)、遺伝的浮動(genetic drift)、自然選択(natural selection)、遺伝子流動(gene flow)、遺伝的組み換え(recombination)、集団構造などがある。そのようなプロセスが適応種分化に及ぼす影響を論じる。

理論的なアプローチの他、ショウジョウバエを用いた実験的なアプローチも行われている。デオキシリボ核酸(DNA)の二重らせん構造が解明されるまでは、主に数理生物学的な理論的アプローチがとられてきたが、分子生物学の発展に従って、木村資生中立進化説のように、分子遺伝学的手法もとられるようになった。今日的なテーマとしては、自然集団の遺伝的過程において進化がどのように起こるか研究することも可能となった。

集団遺伝学の手法や理論は、交配実験が不可能な人類集団の遺伝学的組成に関する研究や、動植物の育種学などに寄与している。

脚注

  1. ^ 文部省日本遺伝学会学術用語集 遺伝学編』丸善、1993年、増訂版。 ISBN 4-621-03805-2。

参考文献

関連項目

外部リンク

生物学
【対象生物学】
 | 
【生理・生化学】

【細胞・組織学】

【ゲノム・遺伝学】

【進化生物学】

【生態学】

【応用・学際領域】



集団遺伝学
【主要概念】

ハーディー・ワインベルクの法則 / 遺伝的連鎖 / 連鎖不平衡 / フィッシャーの基本定理 / 中立進化説 / プライスの共分散方程式


選択

自然 / / 人為 / 生態学


【ゲノム変異への
選択の効果】

遺伝的ヒッチハイク / バックグラウンド選択


遺伝的浮動

少ない個体数 / ボトルネック効果 / 創始者効果 / 合祖理論 / バルディング・ニコルズ・モデル


【創始者】

ロナルド・フィッシャー / J・B・S・ホールデン / シューアル・ライト


【関連項目】

進化 / 小進化 / 進化ゲーム / 適応度地形 / 遺伝子系図 / Template:population



進化
共通祖先の証拠
【進化の過程】

集団遺伝の仕組み

進化発生学の構想

【器官と
生物学的過程の進化】

【分類群の進化】

【種分化の形態】
  • 向上進化
  • 退行的進化
  • 分岐進化

進化論の歴史

【その他】

進化の年表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/12 03:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「集団遺伝学」の意味を投稿しよう
「集団遺伝学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

集団遺伝学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「集団遺伝学」のスレッドを作成する
集団遺伝学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail