このキーワード
友達に教える
URLをコピー

雉子牟田直子とは?

雉子牟田 直子(きじむた なおこ、1972年3月26日 - )は、神奈川県海老名市出身の元女子プロテニス選手。姉の雉子牟田明子も著名な元女子プロテニス選手であった。姉の明子は、1983年に15歳4ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルス最年少優勝記録を樹立した早熟選手で、年代的には井上悦子の後に続き、主に1980年代後半に活躍した。妹の直子はその後、伊達公子の刺激で日本女子テニス界が最盛期を迎えた時期に活躍した人である。自己最高ランキングはシングルス44位、ダブルス18位。WTAツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで5勝を挙げた。姉と同じ旭硝子に所属した。

直子は専修大学を1年で中退し、1992年に20歳でプロ入りした。早熟選手だった姉の明子に比べると、妹はプロとしてのスタートは遅い。1995年全米オープンで、初めて4大大会の1回戦を突破する。この大会では日本人女子選手8人がシングルスの本戦に直接出場を果たし、日本女子テニス界の全盛期を印象づけた。翌1996年全米オープンで3回戦に進出したが、当時15歳のマルチナ・ヒンギス(スイス)に2-6, 2-6で完敗した。1997年ウィンブルドン2回戦で第16シード、当時シングルス16位のバルバラ・パウルスと対戦。5-7, 6-3, 6-3のフルセットで勝利する番狂わせを起こし、ヤユク・バスキ(インドネシア)との3回戦まで進出した。ダブルスでは1997年1998年の2年連続で、宮城ナナとペアを組んで全豪オープン女子ダブルスのベスト8に進出した。1998年の全豪女子ダブルスでは、3回戦でビーナスセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝ったが、続く準々決勝で第1シードのリンゼイ・ダベンポート(アメリカ)&ナターシャ・ズベレワ(ベラルーシ)組1-6, 0-6のストレートで完敗している。

しかし1998年に入ると、雉子牟田は腰痛と右肩の痛みに悩むようになる。この年はその怪我もあり特にシングルスで結果が残せず、ツアー開幕戦となった全豪オープンから6連敗を喫した。その後も低調な成績が続き、同年9月に東京有明コロシアムで開かれた「トヨタ・プリンセス・カップ」参戦時点でシングルスランクが年初の72位から290位にまで下降していた。この大会の予選を勝ち上がって臨んだ1回戦で、アンケ・フーバー(ドイツ)に3-6, 6-3, 0-6で敗れたのが現役最後の試合になった。この大会では沢松奈生子も現役を引退している。年末の12月に、雉子牟田直子は正式に現役引退を表明した。この年は4月に遠藤愛、8月末に長塚京子がそれぞれ引退を表明し、伊達と同世代の選手たちが次々にテニスコートから姿を消してゆく。伊達の刺激で盛り上がった日本女子テニスのブームは、こうしてあっけない終わりを迎えることになった。引退後はミズノでアドバイザリー・プロスタッフの肩書きで指導等に当たっている。また引退後に結婚し「万波直子」となったが、仕事では依然雉子牟田姓で通している。

外部リンク

全日本テニス選手権女子ダブルス優勝者
20・30年代 | 
  • (1924年)鴨井一枝&小林春子
  • (1925年・26年)羽山住江&安宅登美子
  • (1927年・28年)滝口澪子&飯村敏子
  • (1929年)朝吹磯子&小林知子
  • (1930年)戸田定代&増田登志江
  • (1931年)滝口澪子&小林知子
  • (1932年)中村千賀&棚橋糸子
  • (1933年)立花文子&林美喜子
  • (1934年・35年)岡田早苗&山岸久子
  • (1936年)佐々倉久美&原田美智子
  • (1937年)戸田定代&マリー・ホーン
  • (1938年)大浦直子&原久子
  • (1939年)木全豊子&沢田佳

40・50年代 | 
  • (1940年)加茂幸子&加茂純子
  • 1941年 大会開催なし
  • (1942年)加茂幸子&大浦直子
  • 1943年-45年 大会開催なし
  • (1946年)井上早苗&大浦直子
  • (1947年)井上早苗&山川道子
  • (1948年・49年)加茂幸子&朝長慶子
  • (1950年)加茂幸子&中牟田純子
  • (1951年-55年)宮城黎子&朝長慶子
  • (1956年)宮城黎子&井上早苗
  • (1957年)宮城黎子&中浴靖子
  • (1958年)保田多美子&有田雅子
  • (1959年)宮城黎子&井上早苗

  • 60・70年代 | 
  • (1960年-62年)宮城黎子&福井昭子
  • (1963年)小幡陽子&空野桂子
  • (1964年)ヘルガ・シュルツェ&マーゴット・シュルツェ
  • (1965年)太田智恵子&風呂本操
  • (1966年・67年)小幡陽子&後神澄江
  • (1968年)畠中君代&飯田藍
  • (1969年)畠中君代&村上智佳子
  • (1970年)キャスリーン・ハーター&エヴァ・ルンドクイスト
  • (1971年・72年)畠中君代&村上智佳子
  • (1973年)沢松和子&福岡加余子
  • (1974年)飯田藍&野村貴洋子
  • (1975年)楊正順&雀景美
  • (1976年)佐藤直子&中川清美
  • (1977年)塚本国代&中川清美
  • (1978年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1979年)塚本国代&中川清美

  • 80・90年代 | 
  • (1980年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1981年)古橋富美子&柳昌子
  • (1982年)古橋富美子&野村貴洋子
  • (1983年)塚本国代&中川清美
  • (1984年)佐藤直子&柳昌子
  • (1985年)井上悦子&柳昌子
  • (1986年)佐藤直子&岡本久美子
  • (1987年)飯田栄&西谷明美
  • (1988年)佐藤直子&木戸脇真也
  • (1989年)伊達公子&木戸脇真也
  • (1990年・91年)平木理化&遠藤愛
  • (1992年・93年)平木理化&宮城ナナ
  • (1994年)雉子牟田直子&田中由夏
  • (1995年)浅越しのぶ&松田愛子
  • (1996年)雉子牟田直子&神尾米
  • (1997年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (1998年)石田恵子&永冨恵子
  • (1999年)浅越しのぶ&久松志保

  • 00・10年代 | 
  • (2000年)井上青香&井上摩衣子
  • (2001年)平木理化&藤原里華
  • (2002年)杉山愛&藤原里華
  • (2003年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (2004年)金恵美&田口景子
  • (2005年)岡本聖子&高瀬礼美
  • (2006年)飯島久美子&波形純理
  • (2007年)新井麻葵&米村知子
  • (2008年)クルム伊達公子&藤原里華
  • (2009年)浜村夏美&米村知子
  • (2010年)浜村夏美&藤原里華
  • (2011年)青山修子&高畑寿弥
  • (2012年・13年)青山修子&波形純理
  • (2014年)二宮真琴&田中真梨
  • (2015年)久見香奈恵&高畑寿弥
  • (2016年)今西美晴&大前綾希子

  • 男単 ・女単 | 男複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/08 22:03

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「雉子牟田直子」の意味を投稿しよう
    「雉子牟田直子」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    雉子牟田直子スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「雉子牟田直子」のスレッドを作成する
    雉子牟田直子の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail