このキーワード
友達に教える
URLをコピー

電気使用制限等規則とは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
【電気使用制限等規則】


日本の法令
【通称・略称】
電力使用制限令、電力制限令
法令番号
平成23年6月1日経済産業省令第28号
【効力】
現行法
【種類】
産業法
【主な内容】
電気事業者から供給される電気の受電制限
【関連法令】
電気事業法
【条文リンク】
総務省法令データ提供システム

電気使用制限等規則(でんきしようせいげんとうきそく、平成23年6月1日経済産業省令第28号)とは、電気事業法(昭和39年7月11日法律第170号)第27条の規定に基づき、電気の供給不足を回避させる目的で、経済産業大臣電気事業者から供給される電気の受電制限を義務づけるための省令。現行法令は、1974年に制定された通商産業省令(昭和49年1月12日通商産業省令第2号)を2011年に全部改正されたもの。

本規則に基づき、具体的に電気の使用制限を発動するためには、経済産業大臣が対象地域や対象項目、対象者を指定する告示を別途発する必要があることから、報道機関などでは本規則と前述の告示をまとめて電力使用制限令(でんりょくしようせいげんれい)あるいは電力制限令(でんりょくせいげんれい)と称することが多い。

1974年に発動されたケースと、2011年に発動されたケースが知られる。

以下、特に定めない限り、本文中の条名は本規則の条文を指すものとする。

目次

  • 1 構成
  • 2 具体的な発動例
    • 2.1 1974年
    • 2.2 2011年
  • 3 関連項目
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

構成

以下の11条から成る。第3条と第7条は2011年の全部改正の際に追加された項目である。

  1. 使用電力量の制限
  2. 使用最大電力の制限
  3. 使用最大電力の制限の特例
  4. 用途を定めてする使用制限
  5. 日時を定めてする使用制限
  6. 制限の緩和
  7. 賃貸事業者等の努力義務
  8. 使用状況の報告
  9. 受電の届出及び勧告
  10. 公示等
  11. 提出

具体的な発動例

1974年

1973年に発生した第一次オイルショックに伴い、当時の日本では石油需給適正化法が施行されるなど石油の大幅な供給不足が懸念されており、石油の国内総使用量の抑制を行う一環として電気事業法第27条に基づく規制を行う事になり、1974年1月12日に新たに本規則が定められた。目的としては火力発電で使用する石油(化石燃料)の使用量を抑制させるために、使用電力量を減らすためであり、当時は通商産業省(現・経済産業省)の行政指導などにより節電を呼びかけていたものの、節電が思うように進まなかったため、強制力を持つ本令の発動に至ったとされている。

具体的には、契約電力500kW以上の大口需要家に対して、使用電力量を15%カットを義務づけた(第1条)。また、広告灯電飾ネオンサインショウウィンドウ用照明設備などの使用を禁止する措置も執った(当時の第3条=現・第4条)。これにより、テレビ局は深夜放送を休止し、商店等で早朝・夜間の営業を控えるなど電気使用の自粛も広がった。

2011年

東日本大震災による電力危機」も参照

2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により、東京電力福島第一原子力発電所を始めとして東京電力と東北電力管内の多くの発電所が甚大な被害を受けた。これによる電力の供給不足に対し、東京電力では計画停電を行うなどしてピーク時の突発的停電の回避に努めてきたが、空調設備(エアコン)の運転などにより電力需要の高まる夏期には電気事業者側のみの努力だけではピーク時の供給不足が避けられないとして、内閣官房長官を本部長とする政府の電力需給緊急対策本部が2011年5月13日に「夏期の電力需給対策」を取りまとめ、需要面では一律15%削減という需要抑制目標を掲げることとなった。この目標を補完するため、経済産業省は「使用最大電力の制限に係る経済産業大臣が指定する地域、期間等」(平成23年経済産業省告示第126号)を告示、37年振りに本規則を発動させることになった。

燃料の抑制=使用電力量の抑制を目的とした前回とは異なり、今回はピーク時の電力不足の回避を目的としているため、規則第2条について詳細な事項を定める一方で、規則第4条は適用しないこととなった。なお、今回の発動にあわせて、複数の企業間で義務づけ節電量を融通させることのできる例外規定(第3条)と、近年増加した設備のリース(元々の規則では、電力量等節減の義務づけが行われるのは設備の保有者に対してであり、設備の使用者に対しては実効力がなかった)に対応した使用者の努力義務規定(第7条)を追加する形で、規則を全面改訂している。

関連項目

脚注

  1. ^ 電力使用制限令、ピークを抑制 冷房集中の昼間狙う - 朝日新聞 2011年4月2日
  2. ^ 「夏期の電力需給対策について」のポイント (PDF) - 経済産業省・電力需給に関する検討会合資料

外部リンク

東日本大震災
被災地域 | 
被災3県 | 

その他 | 
  • 青森県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 栃木県
  • 北海道


  • 地震 | 
    地震の経過 | 

    メカニズム | 
  • 太平洋プレート
  • 北米プレート
  • 日本海溝
  • 海溝型
  • 連動型
  • 巨大地震
  • 超巨大地震
  • 津波
  • 長周期地震動
  • 地殻変動・液状化
  • 想定外問題


  • 被害と影響 | 
    被害と影響 | 

    東京電力
    福島第一
    原発事故
     | 
  • 東京電力
  • 福島第一原子力発電所
  • 事故の経緯 (2011年3月)
  • 事故の経緯 (2011年4月以降)
  • 放射性物質の拡散
  • 事故の影響
  • フクシマ50
  • 原子力安全・保安院
  • 原子力安全委員会
  • 原子力規制委員会・原子力規制庁
  • 原子力損害賠償・廃炉等支援機構
  • 原子力災害対策特別措置法
  • 原発事故避難者特例法
  • 原発事故被害者救済法
  • 放射性物質汚染対処特措法
  • 被曝
  • 被曝限度
  • 食の安全
  • 日本の原子力政策

  • 電力危機 | 
  • 発電所の復旧増設
  • 輪番停電
  • 節電
  • 電気使用制限等規則
  • でんき予報
  • 原発再稼働問題


  • 対応と支援 | 
    日本政府 | 

    日本国内 | 
  • 物資の提供
  • 募金活動
  • 義援金寄付
  • 支援活動
  • 個人・団体の支援活動
  • チャリティー活動
  • Pray for Japan
  • 東北六魂祭
  • 臨時災害放送局
  • 心理支援センター
  • 収容避難場所
  • 仮設住宅

  • 日本国外 | 
  • アジア諸国
  • ヨーロッパ諸国
  • 北米諸国
  • トモダチ作戦
  • パシフィック・アシスト作戦


  • 記事の一覧
  • カテゴリ
  • 東北地方太平洋沖地震
  • 東日本大震災
  • 東北地方太平洋沖地震


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/07/22 17:42

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「電気使用制限等規則」の意味を投稿しよう
    「電気使用制限等規則」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    電気使用制限等規則スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「電気使用制限等規則」のスレッドを作成する
    電気使用制限等規則の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail