このキーワード
友達に教える
URLをコピー

電源開発促進税とは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

電源開発促進税(でんげんかいはつそくしんぜい)とは、電源開発促進税法に基づく日本の租税

概要

発電施設の設置促進、運転の円滑化、利用促進、安全確保、電気の供給の円滑化などを目的に、一般送配電事業者の販売電気に課する国税である。目的税の一つである。

創設時(1974年)の目的は、当時のオイルショックにより石油に代わる代替エネルギーを模索し、原子力発電所水力発電所地熱発電所等の設置を促進するためであった。

2003年(平成15年)に石油石炭税法の施行と引き換えに税率を段階的に引き下げている。

2006年度(平成18年度)までは、税収の全額を電源開発促進対策特別会計(でんげんかいはつそくしんたいさくとくべつかいけい)の直接の収入として(直入)いた。

2007年度(平成19年度)からは行政改革推進法で、特別会計の改革が規定され電源開発促進対策特別会計石油石炭税を主要財源とする石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計とが、エネルギー対策特別会計に統合されつことになり、具体的には特別会計に関する法律により改正がされた。また、電源開発促進税の税収額を特別会計に直入することをやめて、一般会計の歳入として後、必要額を特別会計に繰り入れる仕組みになった。

諸データ

税収の推移

国税庁の統計を参照(単位:100万円)

外部リンク

出典

  1. ^ “長期時系列データ 間接諸税”. 国税庁. https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/jikeiretsu/01.htm 2019年12月19日閲覧。
日本の租税
国税
【普通税】
【直接税】

【間接税】


【目的税】
【直接税】

【間接税】



地方税(道府県税)
【普通税】
【直接税】

【間接税】


【目的税】
【直接税】



地方税(市町村税)
【普通税】
【直接税】

【間接税】


【目的税】
【直接税】

【間接税】



控除
【所得税】
【所得控除】

【税額控除】
  • 配当控除
  • 外国税額控除
  • 政党等寄附金特別控除
  • 認定NPO法人等寄附金特別控除
  • 公益社団法人等寄附金特別控除
  • (特定増改築等)住宅借入金等特別控除
  • 住宅耐震改修特別控除
  • 住宅特定改修特別税額控除
  • 認定住宅新築等特別税額控除


【消費税】

【相続税・贈与税】


所得
【所得税】



カテゴリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/09 07:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「電源開発促進税」の意味を投稿しよう
「電源開発促進税」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

電源開発促進税スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「電源開発促進税」のスレッドを作成する
電源開発促進税の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail