このキーワード
友達に教える
URLをコピー

青森駅とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年1月)
【青森駅】

東口駅舎と東口広場

あおもり
Aomori


【所在地】
青森県青森市柳川一丁目1-1
北緯40度49分43.87秒
東経140度44分4.89秒
座標: 北緯40度49分43.87秒 東経140度44分4.89秒

所属事業者
東日本旅客鉄道(JR東日本)
青い森鉄道
電報略号
アオ
【駅構造】
地上駅
ホーム
3面6線
【乗車人員
-統計年度-】
(JR東日本)-2018年-
5,397人/日(降車客含まず)
(青い森鉄道)-2016年-
1,814人/日(降車客含まず)
【開業年月日】
1891年(明治24年)9月1日
【乗入路線 3 路線】

【所属路線】
奥羽本線(JR東日本)
【キロ程】
484.5km(福島起点)
新青森 (3.9km)

【所属路線】
津軽線(JR東日本)
【キロ程】
0.0km(青森起点)
(6.0km) 油川

【所属路線】
青い森鉄道線(青い森鉄道)
【キロ程】
121.9km(目時起点)
東京から739.2km
筒井 (4.4km)

【備考】

共同使用駅
両社とも直営駅(管理駅)
JR東日本:みどりの窓口
改札業務:JR東日本が行う。

西口:JR東日本東北総合サービス受託の業務委託駅。
【青森駅】

あおもり
Aomori

所属事業者
北海道旅客鉄道(JR北海道)
【所属路線】
青函航路(青函連絡船)
【開業年月日】
1908年(明治41年)3月7日
【廃止年月日】
1988年(昭和63年)3月13日*
【キロ程】
0.0km(青森起点)
【備考】
*1988年(昭和63年)6月3日から9月19日まで暫定(復活)運航
西口駅舎(2018年4月)

青森駅(あおもりえき)は、青森県青森市柳川(やなかわ)一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・青い森鉄道である。

概要

青森県の県庁所在地・青森市の中心駅。

かつては東京から伸びる鉄道幹線である東北本線および奥羽本線の終着駅であり青函連絡船との乗換駅であった。1988年(昭和63年)の青函トンネル開通に伴う青函連絡船廃止と旅客輸送の海峡線経由化、2010年(平成22年)の東北新幹線開通に伴う東北本線の第三セクター化、さらには2016年(平成28年)の北海道新幹線開業に伴う海峡線経由の旅客輸送の新幹線への移行を経て、「北海道との連絡口としての役割から、三内丸山遺跡世界遺産白神山地への玄関口とその機能は変貌を遂げる駅」として、東北の駅百選に選定されるに至っている。なお、東北本線八戸駅 - 青森駅間の第三セクター化に伴い、在来線における所属線は東北本線から奥羽本線に変更されている。

2016年現在、乗り入れている路線はJR東日本の奥羽本線と津軽線、青い森鉄道の青い森鉄道線の合計3路線であり、いずれの路線も当駅が起終点となっている(津軽線のみ起点、他の2路線は終点)。

JR青森駅の事務管コードは▲211066である。

歴史

青森駅と青森桟橋(1975年)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

当駅は古くは青函連絡船の本州側玄関口であり、北海道と本州をつなぐ、全国的な交通網の要であった。その情景は歌謡曲「津軽海峡・冬景色」の歌詞にもなった。

1988年(昭和63年)に青函トンネルが開通すると、青函連絡船はその役目を新たに開業した津軽海峡線に譲って廃止され、津軽海峡線の快速「海峡」の始発・終着駅の役割を果たしていた。

その後、2002年(平成14年)の東北新幹線盛岡 - 八戸間開業時に快速「海峡」が廃止され、特急「白鳥」・「スーパー白鳥」の停車駅(一部始発および終着あり)となったことから、昼間の当駅始発・終着列車は減り、さらに2010年12月4日の東北新幹線新青森開業後は、東北本線八戸 - 当駅間は青い森鉄道に経営移管され、特急「白鳥」・「スーパー白鳥」の起終点は八戸駅から新青森駅に変更され、多客期の臨時特急「白鳥」の午前の1往復のみ当駅始発となった。

そして、2016年(平成28年)の北海道新幹線開業に伴い、青函トンネル経由の旅客列車はすべて新幹線へ移行することになったため、特急「白鳥」・「スーパー白鳥」をはじめとした津軽海峡線の旅客列車はすべて運行を終了した。これにより、当駅から直接北海道方面へ向かう旅客列車は無くなり、北海道への玄関口としての役割は新青森駅に譲り渡された。

かつては1番線側に青函連絡船の岸壁があり、連絡船の車両甲板につながる可動橋があった。また、当駅から安方を経て埠頭方面への臨港線(青森県公用臨港線)もあり、貨車の入れ替え作業がホームから頻繁に見られた。連絡船への貨車積み込みのため、構内の線路は岸壁に向かって北側に伸びた構造になっている。

年表

駅構造

構内番線対照表
番線(線路) 線路(のりば) 名称 所有(現在)
1番線 | - | 下り3番線 | JR東日本
2番線 | - | 下り2番線
3番線 | - | 下り1番線
4番線 6番線 津軽本線
5番線 5番線 奥羽下り本線
6番線 4番線 奥羽上り本線
7番線 3番線 中線
8番線 2番線 青い森鉄道線 | 青森県
9番線 1番線 青い森鉄道線
- | - | 材料線

島式ホーム3面6線を有する地上駅。1・2番線に青い森鉄道線、2 - 6番線に奥羽本線、4・6番線に津軽線の列車が発着している。各線は構内北側へ向けて1線に合流しており、客車列車の入換・機回し線として使用されている。東北本線八戸 - 青森間経営分離に際して構内改良工事が行われており、1・2番線の有効長短縮や不要線路・分岐器撤去などが実施された。経営分離以前は、一部列車を除き1・2番線に東北本線、3 - 5番線に奥羽本線、6番線に津軽線の列車が発着していた。線路番線(名称)としては駅構内西から番号が振られており、右表のようになっている。

当駅構内南端部には青い森鉄道線の「740」キロポストと奥羽本線の「485」キロポストがある。

構内の各ホーム間を連絡する跨線橋はホーム南北に2か所あり、南側のものは駅舎と各ホームとの連絡橋として現在も使用されているが、北側のものはかつての青函連絡船との乗り換え用のため現在は使用されていない。この北側の跨線橋は連絡船廃止後長らく未使用となっていたが、現在は改修されて八甲田丸・青い海公園と青森マリーナを結ぶ「青い海公園連絡橋」として使用されている。

のりば

【番線】
【路線】
行先
1・2 青い森鉄道線 | 八戸目時大湊線方面
奥羽本線 | 新青森弘前大館秋田方面
3 - 6
津軽線 | 蟹田方面

(出典:JR東日本:駅構内図)

東口

青い森鉄道出札窓口

青森駅舎(本屋)があり、2階にはJR青森駅の駅長室・内勤事務室とJR東日本盛岡支社青森支店がある。

社員配置駅(駅長・副駅長・営業総括助役・輸送総括助役配置)。津軽線油川駅 - 三厩駅間と奥羽本線新青森駅を管理下に置く。当駅の駅長は青森地区駅長を兼務している。

おもな施設

駅スタンプは、有人改札内に設置されている。

西口

JR東日本東北総合サービス業務委託されている。みどりの窓口、自動券売機が設置されている。

青い森鉄道の乗車券はJR自動券売機、窓口での発売となる。また、窓口で購入したものに関しては、マルスでの発行となるため、自動改札機の利用はできない。

駅弁

主な駅弁は下記の通り。

  • 野辺地とりめし
  • 津軽の笹寿司
  • 十和田バラ焼き重
  • 青森海鮮ちらし寿司
  • 大人の休日 津軽物語
  • 鮭いくら釜めし
  • むつ湾産帆立釜めし
  • 牛めし(青森県産牛)
  • 青森味づくし
  • 八戸小唄寿司
  • 津軽海峡弁当
  • 津軽海峡にぐ・さがな弁当

利用状況

近年の推移は以下のとおりである。

1日平均乗車人員推移
年度 JR東日本 青い森鉄道
1935年(昭和10年) | 1,766 | 
2000年(平成12年) | 8,649
2001年(平成13年) | 8,517
2002年(平成14年) | 8,646
2003年(平成15年) | 8,660
2004年(平成16年) | 8,380
2005年(平成17年) | 8,350
2006年(平成18年) | 8,348
2007年(平成19年) | 8,407
2008年(平成20年) | 8,173
2009年(平成21年) | 7,905
2010年(平成22年) | 7,246 | 1,734
2011年(平成23年) | 6,462 | 1,565
2012年(平成24年) | 5,929 | 1,543
2013年(平成25年) | 5,684 | 1,626
2014年(平成26年) | 5,677 | 1,730
2015年(平成27年) | 5,781 | 1,767
2016年(平成28年) | 5,342 | 1,814
2017年(平成29年) | 5,313 | 
2018年(平成30年) | 5,397 | 

駅周辺

東口

駅前風景

駅前

新町通り周辺

新町通りでは、毎年ゴールデンウィークに「AOMORI春フェスティバル」が開催される。

ニコニコ通り周辺

安方通り周辺

国道4号・国道7号沿い

西口

バス路線

東口

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2016年3月)

2017年1月現在(一部除く)。同じ行先でも経由地によってのりばが異なる。

番線 運行事業者 路 線 名 行 先
1 | JRバス東北 | 横内線 | 青森公立大学・モヤヒルズ
2 | 青森市営バス | 国道線 | 県病前東部営業所
浅虫線 | 浅虫温泉駅浅虫水族館
東バイパス線 | 東部営業所
築木館線 | 上築木館
小柳線 | 岡造道経由小柳団地→県病前・東部営業所
八洲交通 | 青森市市民バス・青柳線 | 県立中央病院前
青森市市民バス・滝沢線 | 上滝沢
3 | 青森市営バス | 横内環状線(右回り) | 青森駅→堤橋→中筒井→幸畑団地→青森駅
幸畑団地線 | 幸畑団地
流通団地線 | 中筒井経由流通団地
田茂木野線 | 田茂木野・田茂木沢
桑原線 | 桑原・昭和大仏
戸山団地線 | 戸山団地
沢山線 | 沢山
小柳線 | 桜川・南佃経由小柳団地→県病前・東部営業所
4 | 青森市営バス | 市民病院線 | 市民病院
問屋町線 | 第二問屋町
荒川線 | 八甲田大橋経由青森朝日放送
県土整備事務所線 | 学校教育センター
青森公立大学線 | 八甲田大橋経由青森公立大学
モヤヒルズ線 | モヤヒルズ
横内環状線 | 横内環状(左回り)→青森駅
浜田循環線 | 浜田循環(右回り)→青森駅
浪館・中央循環線 | (右回り)青森駅
流通団地線 | 八甲田大橋経由流通団地・南部工業団地
5 | 青森市営バス | (降車専用) | 
6 | 青森市営バス | 新城線 | 西部営業所
三内丸山遺跡線 | 三内丸山遺跡→免許センター
慈恵会病院線 | 慈恵会病院
細越線 | 細越・青森変電所
浪館・中央循環線 | (左回り)青森駅
野木和団地線 | 野木和団地
奥内・後潟線 | 後潟
南高校線 | 南高校
浜田循環線 | 浜田循環(左回り)→青森駅
荒川線 | 南旭町経由青森朝日放送
青森公立大学線 | 南旭町経由青森公立大学
流通団地線 | 南旭町経由南部工業団地
八甲田霊園線 | 八甲田霊園
サンドーム線 | スケート場前
浪館・中央循環線 | (左回り)青森駅
青森観光バス | 青森市市民バス・高田線 | 高田中学校
弘南バス | 青森市市民バス・浪岡線 | 空港経由浪岡駅
新青森駅経由 道の駅なみおか
7 | 青森観光バス | あおもりシャトルdeルートバス
ねぶたん号」 | 三内丸山遺跡
棟方志功記念館
シャトルバス | 青森競輪場
8 | JRバス東北 | ドリーム青森・東京号 | 東京駅(日本橋口)
東京ディズニーランド(R)
弘南バス
十和田観光電鉄
宮城交通 | ブルーシティ号 | 仙台駅前
9 | 弘南バス | マエダ100円バス | ガーラタウン
五所川原線 | 五所川原駅
黒石線 | 黒石駅
青森線 | 青森矢田前
津輕号 | バスタ新宿・東京駅(日本橋口)
スカイ号 | 上野駅
パンダ号 | 上野駅前
えんぶり号 | バスタ新宿(季節運行)
弘南バス
岩手県北バス | あすなろ号 | 盛岡駅西口
10 | 十和田観光電鉄 | 十和田市線 | 十和田市(三本木営業所)新青森駅
下北交通 | 青森線 | 野辺地駅前・むつバスターミナル
岩手県北自動車南部支社(南部バス) | MICHINORI EXPRESS | バスタ新宿東京ディズニーシー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/01 09:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「青森駅」の意味を投稿しよう
「青森駅」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

青森駅スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「青森駅」のスレッドを作成する
青森駅の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail