このキーワード
友達に教える
URLをコピー

静岡朝日テレビとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "静岡朝日テレビ"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2014年5月)

 | 
この記事で示されている出典について、該当する記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。ご存知の方は加筆をお願いします。(2013年7月)

 | 画像提供依頼:初代社屋(七間町時代)の外観の画像提供をお願いします。(2012年11月)
株式会社静岡朝日テレビ
Shizuoka Asahi Television.Co.,Ltd.

種類
株式会社
【略称】
SATV、あさひテレビ
【本社所在地】
日本
420-8567
静岡県静岡市葵区東町15番地
【設立】
1976年(昭和51年)11月19日
(静岡県民放送株式会社)
業種
情報・通信業
法人番号
4080001002629
【事業内容】
放送法に基づくテレビジョン放送事業
【代表者】
平城隆司(代表取締役社長)
【資本金】
10億円
【売上高】
86億3200万円(2020年03月31日時点)
【営業利益】
5億9500万円(2020年03月31日時点)
【経常利益】
6億5200万円(2020年03月31日時点)
【純利益】
4億6300万円(2020年03月31日時点)
【総資産】
128億4200万円(2020年03月31日時点)
【従業員数】
152名(2017年6月1日現在)
【主要株主】
テレビ朝日ホールディングス 31.7%
朝日新聞社 19.9%
中日新聞社 11.5%
(2019年4月1日時点)
【外部リンク】
https://www.satv.co.jp/
【静岡朝日テレビ】

【英名】
Shizuoka Asahi
Television Co., Ltd.

放送対象地域
静岡県
ニュース系列
ANN
番組供給系列
テレビ朝日ネットワーク
【略称】
SATV
愛称
あさひテレビ
静岡朝日
呼出符号
JOSI-DTV
呼出名称
しずおかあさひテレビ
デジタルテレビジョン
【開局日】
1978年7月1日
本社
〒420-8567
静岡県静岡市葵区東町
15番地
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
5
デジタル親局 静岡 18ch
【主なデジタル中継局】
浜松 23ch
三島 23ch
島田 18ch
【公式サイト】
https://www.satv.co.jp/
特記事項:
開局から1年間はANNとNNNのクロスネット局だった。
静岡朝日テレビ本社 2018年に東側(写真右側)を増築

株式会社静岡朝日テレビ(しずおかあさひテレビ、Shizuoka Asahi Television Co., Ltd.)は、静岡県放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はSATV (Shizuoka Asahi TeleVision)、愛称は「あさひテレビ」。テレビ朝日系列フルネットの放送局である。

概要

1978年7月1日弁護士鈴木信雄を社長として、静岡県内で3局目(アナログUHFでは2局目)の民放テレビ局として開局。系列新聞は朝日新聞中日新聞テレビ朝日キー局とするANN系列に属する。

旧社名は静岡県民放送(愛称:静岡けんみんテレビ・SKT)で、1993年10月1日に現社名に変更された。開局から1年間はANN系列と日本テレビ系列(NNN)のクロスネット局だったが、静岡第一テレビ(SDT)開局以降はANN系列に1本化。わずかながら、テレビ東京系列局の番組も現在でも番販扱いで放送されている。

コールサインはJOSI-DTV。リモコンキーID5である。本社所在地は静岡市葵区東町(あずまちょう)。

2008年に開局30周年を迎えた。キャッチコピーは「家族の中にあさひテレビ」。

1980年に放送が開始された土曜早朝の情報ワイド番組『おはようしずおか』以来、地元密着の情報番組制作に力を入れている。この流れは2000年に放送を開始した夕方の情報ワイド番組『とびっきり!しずおか』に引き継がれ、現在に至っている。

エンジョイDIY』に林マヤが出演していたことから、さわやか五郎(上々軍団)などアップフロント系列の芸人(元所属を含む)の起用が目立つ。

本社・支社・支局

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2015年3月31日 - 2016年3月31日

【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 20,000株 | 18
【株主】
【株式数】
比率
テレビ朝日 | 3,980株 | 19.90%
朝日新聞社 | 3,980株 | 19.90%
文化工房 | 2,350株 | 11.75%
中日新聞社 | 2,300株 | 11.50%
日本経済新聞社 | 2,000株 | 10.00%
名古屋テレビ放送 | 1,440株 | 07.20%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
発行済株式総数
10億円 | 20億円 | 5000円 | 200,000株
【株主】
【株式数】
比率
朝日新聞社 | 6,000株 | 3.0%
読売新聞社 | 6,000株 | 3.0%
中日新聞社 | 6,000株 | 3.0%
日本経済新聞社 | 6,000株 | 3.0%
産業経済新聞社 | 6,000株 | 3.0%
鈴木信雄 | 6,000株 | 3.0%
上野次郎吉 | 6,000株 | 3.0%
近藤久一郎 | 5,000株 | 2.5%
望月喜多司 | 5,000株 | 2.5%
井上光一 | 5,000株 | 2.5%
1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 20億円 | 5万円 | 20,000株 | 41
【株主】
【株式数】
比率
全国朝日放送 | 1,000株 | 5.0%
朝日新聞社 | 1,000株 | 5.0%
中日新聞社 | 0,900株 | 4.5%
日本経済新聞社 | 0,900株 | 4.5%
静岡瓦斯 | 0,500株 | 2.5%
天龍木材 | 0,500株 | 2.5%
大昭和製紙 | 0,300株 | 1.5%
静岡銀行 | 0,200株 | 1.0%
清水銀行 | 0,200株 | 1.0%
2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 20,000株 | 28
【株主】
【株式数】
比率
全国朝日放送 | 3,980株 | 19.90%
朝日新聞社 | 3,480株 | 17.40%
中日新聞社 | 2,000株 | 10.00%
日本経済新聞社 | 2,000株 | 10.00%
名古屋テレビ放送 | 1,390株 | 06.95%

沿革

10月5日 郵政省が、静岡県を放送区域とする民放テレビ第3波を割り当て。
9月24日 予備免許
11月19日 静岡県民放送株式会社設立。
ファイル:SKT logo.png
けんみんテレビのロゴ
4月21日 アナログ放送試験電波を発射。
6月15日 アナログ放送のサービス放送を開始。
7月1日 愛称を静岡けんみんテレビ(略称:SKT)として、アナログ放送の本放送を開始 。当時はテレビ朝日系列と日本テレビ系列とのクロスネットで、ANNとNNN双方に加盟していた。また、この年に限り『24時間テレビ』に参加。また、シンボルマークは木の葉をイメージしたデザインのシンボルマークを使用開始した。
7月1日 静岡第一テレビの開局によりNNNから離脱し、ANN系列のマストバイ局となる。
8月1日 音声多重放送を開始(静岡県内テレビ局では最も遅い)。
10月1日 社名を、株式会社静岡朝日テレビ(SATV)に変更と同時に、当時のイメージキャラクターであった「アーサー」(ケツァールをイメージした鳥)を図案化(青い渦巻きに三つの青いノコギリ線(その内右上の線は赤色)したものをシンボルマークとして、使用開始した。
3月 データ放送を開始。
7月1日 静岡市(葵区)東町に新社屋が完成し、同市七間町の旧社屋から移転。なお、新社屋は免震構造となっている。旧社屋はその後しばらくは青葉別館として残していたが、2003年頃に取り壊し、現在、跡地は駐車場となっている。
9月 社史『明日へ翔ぶ 静岡朝日テレビ二十年史』(二十年史編集事務局 編集、395ページ)を刊行。
3月25日 デジタル放送の試験電波を初めて発射。
3月28日 エリア内視聴者向けに局の愛称を「あさひテレビ」に変更。新聞テレビ情報誌の表記も同時に変更(なお、これはあくまで静岡県内の視聴者向け愛称であり、対外・全国向け表記及び地上デジタル放送のEPGは他の系列局との混同防止のため、正式社名の「静岡朝日テレビ」を使用している。
9月12日 デジタル放送のサービス放送を開始。
11月1日 テレビ静岡(SUT)、静岡第一テレビ(SDT)と同時に、デジタル放送の本放送を開始。デジタル放送のウォーターマークは「あさひ」と表記。
3月27日とびっきり!しずおか』、ニュース映像など自社制作の一部でハイビジョン制作を開始(県内テレビ局では最も遅い)。
4月1日 ワンセグの本放送を開始。
2月17日 、アナログ放送において「アナログ」のウォーターマークの常時表示を実施(静岡県内テレビ局では最も遅い)。
9月6日 アナログ放送において終了告知テロップの常時表示を先行開始(静岡県内初)。
9月27日 アナログ放送のレターボックス下段が2行表示になる。受付時間の表記が加わる。1行目は「お問い合わせ先 デジサポ静岡 054-***-****」2行目は「受付:平日9:00 - 21:00 土・日・祝日9:00 - 18:00」
7月24日 アナログ放送を終了した。
1月30日 若手社員によるWEB放送局・SunSetTVを開局。
3月テレビ朝日ホールディングスによる持分法適用関連会社化(東日本放送福島放送も同様)。
9月、本社隣接地に別館が竣工。この敷地にはかつて、静岡三菱ふそう自動車販売(2006年3月1日に三菱ふそうトラック・バスに吸収合併)の本社ビルがあった。
2月21日新型コロナウイルス感染症の影響で、3月8日に開催を予定していた「静岡マラソン2020」の開催中止を発表。前日・当日に予定していた番組は中止となり、「とびっきり!しずおか」で実施の新人アナウンサー・スミス春子を起用した「スミス春子 静岡マラソンへの道」も途中打ち切りを余儀なくされた。

ネットワークの移り変わり

クロスネットから単独ネットへ

1966年以降、朝日新聞社は全国朝日系テレビネットワークを構築すべく、全国各地にUHF新局の開局申請を行い、その結果他系列と相乗り(クロスネット)となる形ながらも、一応全国に朝日系のテレビ局が開局した。しかしながら1970年前後の大量開局時でも静岡県では朝日系のテレビ局を開局できず、取り残された者同士の朝日新聞社・テレビ朝日陣営と読売新聞社・日本テレビ陣営が1975年以降の新局開設申請に動く事となった。朝日は中日新聞社や浜松財界などを味方につけ、浜松市に本社を置く新局の開局を目指した。浜松財界がテレビ局の開局に動いた理由の1つに、テレビの父と呼ばれる高柳健次郎の出身地であることがあった。一方の読売陣営は地元静岡新聞社や県漁協連、林業団体などを味方につけて、静岡市に本社を置く新局の開局を目指した。1973年10月5日にチャンネルプランの修正案に静岡に新しいテレビ局を設置することが盛り込まれてからは、朝日、読売を応援する陣営が次々に開局の申請書を提出するなど、互いに足の引っ張り合いが激しさを増し、出口が見えない「泥仕合」の様相を呈したため、静岡県知事や県議会も介入せざるを得なくなり、結果として朝日陣営が静岡に本社を置き、読売陣営がこれに協力する形をひとまずとる事として、静岡県民放送がクロスネットの形で開局する事となった(第3局、第4局の開局の経緯は、『静岡朝日テレビ二十年史』、『静岡第一テレビ十年史』において詳細が記されている)。

なお、翌1979年の静岡第一テレビ(日本テレビ系列)の開局により、このクロスネットは1年で終了する。

ちなみに、静岡第一テレビ開局までは静岡県民放送に「第2事業本部」という部署が存在した。名目上は「第3・第4局共通の問題に当たる」ための部署として設置された が、実際には静岡第一テレビの開局準備が主な業務(静岡県民放送の運営は「第1事業本部」が担当)で、静岡第一テレビ開局と同時に廃止された。

この一件を契機として、まず相乗りで新局を開局させ、その局の経営が軌道に乗った所で別途新局を開局させて袂を分かつ開局手法が、以降開局の長野県のテレビ信州(TSB。現在は日本テレビ系列のフルネット局)をはじめとして、朝日・読売両グループ間で多く行われたが、その発端はこの静岡県民放送開局に至る一連の流れであり、この手法は「静岡方式」とも呼ばれていた。

(『静岡朝日テレビ二十年史』、『静岡第一テレビ十年史』などから抜粋し一部引用、一部要約)

クロスネット時代の番組編成

ニュース番組
朝と夜についてはNNN、昼前と夕方についてはANN、21時前については水金はANN、その他はNNNと20時台の番組に準じて放送する形であった。
一般番組
テレビ朝日系列、日本テレビ系列の両系列を完全な均等比率にて編成するところまではいかなかったようであるが、元来朝日系主導で開局した局であったこと、1年後に日本テレビ系列局の開局が内定していたこともあり、若干ANN系列に軸足が傾いた編成比率であったと言われている。

クロスネット末期の曜日別レギュラー番組

【】
【月曜日】
【火曜日】
【水曜日】
【木曜日】
【金曜日】
【土曜日】
日曜日
19:00 赤い鳥のこころ
(テレビ朝日) | シャープ
スターアクション!

(日本テレビ) | 東芝ファミリーホール
特ダネ登場!?

(日本テレビ★) | クイズタイムショック
(テレビ朝日) | 花の子ルンルン
(テレビ朝日) | 新・巨人の星II
(日本テレビ) | ミュージック・ボンボン
(日本テレビ)
19:30 一休さん
(テレビ朝日) | それは秘密です!!
(日本テレビ) | 水曜スペシャル
(テレビ朝日) | 木曜スペシャル
(日本テレビ) | 燃えろアタック
(テレビ朝日) | 土曜スペシャル
(日本テレビ) | すばらしい世界旅行
(日本テレビ)
20:00 NTV紅白歌のベストテン
(日本テレビ) | 新五捕物帳
(日本テレビ) | ワールドプロレスリング
(テレビ朝日) | 俺たちは天使だ!
(日本テレビ)
21:00 月曜スター劇場
(日本テレビ) | 半七捕物帳
(テレビ朝日) | 欽ちゃんの
どこまでやるの!?

(テレビ朝日) | ナショナルゴールデン劇場
(テレビ朝日) | 金曜ロードショー
(日本テレビ★) | 土曜ワイド劇場
(テレビ朝日) | 日曜洋画劇場
(テレビ朝日)
22:00 大都会 PARTIII
(日本テレビ★) | プロポーズ大作戦
(テレビ朝日) | 特捜最前線
(テレビ朝日) | 風花のひと
(日本テレビ)

主な番組

現在放送している番組

自社制作番組

報道
スポーツ
その他

テレビ朝日系時差ネット番組

製作局の表記のないものはテレビ朝日製作。遅れ日数は一部を除き、すべて2020年4月時点での日数。

※2018年3月は、特番放送の為放送休止。
※最終週は『朝まで生テレビ!』放送のため休止
出典:wikipedia
2020/09/27 15:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「静岡朝日テレビ」の意味を投稿しよう
「静岡朝日テレビ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

静岡朝日テレビスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「静岡朝日テレビ」のスレッドを作成する
静岡朝日テレビの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail