このキーワード
友達に教える
URLをコピー

非自民・非共産連立政権とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年5月)

非自民・非共産連立政権(ひじみん・ひきょうさんれんりつせいけん)は、自由民主党日本共産党を除く政党による連立政権1993年第40回衆議院議員総選挙前に広く喧伝され、選挙後の細川内閣羽田内閣として具体化した。

目次

  • 1 政権発足までの経緯
  • 2 政権の運営
  • 3 その後
  • 4 関連項目

政権発足までの経緯

1993年6月18日、宮澤喜一内閣不信任案の採決において自民党の反主流派・羽田派が造反して賛成、可決し、衆議院が解散(嘘つき解散)される。羽田派とユートピア政治研究会が自民党を離党して新生党新党さきがけをそれぞれ結党して自民党は分裂、第40回衆議院議員総選挙(7月18日投開票)では、自民党は2党の議員の分だけ議席を減らし、獲得議席数は全体の4割余りに終わる大惨敗を喫した。一方、自民党から飛び出した新生・さきがけは議席を確保、同じく躍進した日本新党とともに『新党ブーム』と呼ばれた。

自民党は日本新党、新党さきがけの両党と連立交渉に入ったが、非自民の政党が集まれば自民一党の議席数を上回る状況であったため、新生党代表幹事の小沢一郎が中心となって非自民連立政権の樹立が図られる。7月29日、社会・新生・公明・日本新・民社・さきがけ・社民連民改連の代表が会談し、連立政権樹立に合意。8月9日、日本新党細川護煕代表が首相に指名され、自民党と共産党以外の8党派による細川内閣が成立した。これにより、自民党は1955年の結党以来維持して来た政権与党の座から下野した。

政権の運営

細川内閣成立後、連立を構成する政党の意見をどのように調整し決定するかが政治機構上の重要な問題となった。細川政権下で「与党代表者会議」が設けられ、与党5党代表幹事-書記長クラスで構成した。政治改革法案の内容の調整や増減税の方針を始め、重要な政策決定、さらに、予算編成の時期など重要な政治日程を協議決定し、閣議の上から政治全体を抑えているようにみえ、与党内の不満や分裂を招いた。

与党内では、選挙制度改革や消費税問題などで社会党と小沢が対立を深め、細川が無断で「国民福祉税」の導入を発表するなど混迷を極めた。1994年4月に細川内閣は総辞職に追い込まれる。連立与党は引き続き羽田内閣で枠組みの維持を図るも、社会・さきがけ両党が政権発足と同時に与党を離脱して内閣はいきなり死に体となり、わずか2ヶ月で退陣する。自民党が両党に手を回して自社さ連立の村山内閣成立となり、非自民・非共産連立政権は10ヶ月で終焉を迎えた。

その後

非自民・非共産勢力からは自民党の対抗馬として、1994年に新進党、次いで1998年に民主党が誕生した。民主党は2009年の第45回衆議院議員総選挙で圧勝し、社会民主党国民新党とともに連立政権を誕生させた。この民社国連立政権も、非自民・非共産連立政権と言える。

関連項目

民主党
執行部 | 
代表 - 幹事長 - 政策調査会長 - 国会対策委員長 - 参院議員会長

党内グループ
(設立順)
※Gはグループの略
※併記年は結成年 | 
解党まで存続 | 
民社協会 :旧民社党G 1994(平成6)年 - 政権戦略研究会 :旧羽田G 1998(平成10)年(解党時に解散) - 国のかたち研究会 :G 2000(平成12)年 -
新政局懇談会 :横路G 2002(平成14)年(解党時に解散) - 凌雲会 :前原G 2002(平成14)年 - 花斉会 :野田G 2002(平成14)年 - リベラルの会 近藤G 2004(平成16)年(解党時に解散) - 「日本のグランド・デザイン」研究会 :玄葉G 2011(平成23)年3月(解党時に解散) - 素交会 :大畠G 2011(平成23)年8月 - サンクチュアリ :赤松G 2012(平成24)年8月 - 自誓会 :細野派 2014(平成26)年1月

解党前に解散
全て2012(平成24)年解散 | 
政権公約を実現する会 :鳩山G 2002(平成14)年 - 旧自由党 + 一新会 + 北辰会 + 木曜会 ≒ 新しい政策研究会 :小沢G 2003(平成15)年 - 21世紀国家ビジョン研究会 :小沢鋭仁G 2010(平成22)年6月 - 青山会 :樽床G 2010(平成22)年10月 - 雄志会 :平野G 2010(平成22)年12月 - 日本維新・V-democrats :原口G 2011(平成23)年2月 - 国益を考える会 :2011(平成23)年4月 - メロスネット :2011(平成23)年6月 - 真実の会 :福田グループ 2012(平成24)年7月 - 礎会 :2011(平成23)年8月


協力団体 | 
日本労働組合総連合会 (連合,組員数順:UAゼンセン - 自治労 - 自動車総連 - 電機連合 - JAM - 日教組 - 基幹労連 - 生保労連 - JP労組 - 情報労連 - 電力総連 - 私鉄総連 - 国公連合 - JR連合 - JR総連 - 全日本海員組合 ほか) - 部落解放同盟 - 韓国民団 ほか
宗教団体 | 
新宗連 (立正佼成会 - PL教団 ほか) - 浄土真宗 - 天理教 - 曹洞宗 ほか

他の政党
地域政党 | 
維新の党 - 生活の党 - 社民党 - 沖縄社大党
地方議員のみ | 
全国市民政治ネットワーク (東京生活者ネット - 神奈川ネット - 市民ネットワーク千葉県) - 緑・にいがた ほか
民主党の系列 | 
新政みえ - 県民クラブ (大分) ほか




基本理念 | 
民主中道

公式組織 | 
次の内閣 - 公共政策プラットフォーム - ガソリン値下げ隊 - 民主くん

歴代代表
(代表選挙) | 
1.菅直人 - 2.鳩山由紀夫 - 3.菅 - 4.岡田克也 - 5.前原誠司 - 6.小沢一郎 - 7.鳩山 - 8.菅 - 9.野田佳彦 - 10.海江田万里 - 11.岡田
(※太字首相)

連立・合併 | 
民由合併 - 福田・小沢会談 - 民社国連立政権 - 民国連立政権 - 民国合併構想 - 三党合意

前身政党・会派 | 
自民党 - 新党さきがけ - 社民党 - 旧民主党 - 民政党 (太陽党 - フロム・ファイブ - 国民の声) - 新党友愛 - 民主改革連合 - 自由党
(院内会派:民主友愛太陽国民連合 - 無所属クラブ - 新緑風会)

分裂政党 | 
保守新党 - 改革クラブ - 新党きづな - 国民の生活が第一 - みどりの風 - 新党大地 - 減税日本・反TPP・脱原発を実現する党

後継政党 | 
民進党

党内の
議員連盟
(設立順) | 
娯楽産業健全育成研究会:1999(平成11)年 - HE議連:2004(平成16)年- 人権擁護法案から人権を守る会:2005(平成17)年- 慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会:2007(平成19)年 - 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟:2008(平成20)年1月 - 永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会:2008(平成20)年1月 - 朝鮮半島問題研究会:2008(平成20)年2月 - 戸籍法を考える議員連盟:2009(平成21)年 - 石川知裕代議士の逮捕を考える会:2010(平成22)年1月 - 司法のあり方を検証・提言する議員連盟:2010(平成22)年4月 -
TPPを慎重に考える会:2011(平成23)年2月ほか

主な出来事 | 
第二期民主党をつくる有志の会結成:2002(平成14)年 - 石井紘基刺殺事件:2002(平成14)年 - 堀江メール問題:2006(平成18)年 - 消えた年金:2007(平成19)年 - 天皇特例会見:2009(平成21)年 - 公務員庁構想:2010(平成22)年 - 鳩山おろし:2010(平成22)年 - 菅おろし:2011(平成23)年 -
民主党国民の声結成:2011(平成23)年

関連項目 | 
カテゴリ - 国会議員一覧 - 離党した国会議員一覧 - 除名された国会議員一覧 - 閣僚経験者一覧 - 民主王国 - 七奉行 - 七人の侍


社会民主党(旧・日本社会党)
前身:日本社会党
歴代党首 | 
日本社会党委員長 | 
片山哲

右派・左派社会党委員長 | 
左派:鈴木茂三郎 - 右派:河上丈太郎

日本社会党委員長 | 
鈴木茂三郎 - 浅沼稲次郎 - 河上丈太郎 - 佐々木更三 - 勝間田清一 - 成田知巳 - 飛鳥田一雄 - 石橋政嗣 - 土井たか子 - 田邊誠 - 山花貞夫 - 村山富市

社会民主党党首 | 
村山富市 - 土井たか子 - 福島瑞穂 - 吉田忠智 - 又市征治


執行部 | 
党首:又市征治 - 副党首:福島瑞穂 - 幹事長:吉川元 - 国会対策委員長:照屋寛徳 - 政策審議会長:吉川元

所属国会議員 | 
衆議院 | 
吉川元 - 照屋寛徳

参議院 | 
2019年改選:又市征治
2022年改選:福島瑞穂


政権構想 | 
社共共闘(革新統一) - 社公連合政権構想 - 社公民路線 - 社会党シャドーキャビネット - 非自民・非共産連立政権 - 自社さ連立政権 - 連合・五党協議会 - 民社国連立政権 - 野党共闘

分離した政党 | 
社会革新党(社会民主党) - 労働者農民党 - 社会党再建全国連絡会 - 民社党 - 社会民主連合 - 新党護憲リベラル - 新社会党(を基盤とした確認団体9条ネット) - 民主党

系譜を汲む政党 | 
立憲民主党

合流した政党 | 
社会党再建全国連絡会 - 協同党 - 労働者農民党 - 沖縄社会党

綱領 | 
左社綱領 - 日本における社会主義への道 - 日本社会党の新宣言 - 95年宣言 - 社会民主党宣言

歴史 | 
森戸・稲村論争 - 社会党右派 - 社会党左派 - 社会党再統一 - 55年体制 - 三井三池争議 - 砂川事件 - 石炭政策転換闘争 - 安保闘争 - 浅沼稲次郎暗殺事件 - 三里塚闘争 - 土井ブーム - 消費税廃止法案 - PKO協力法 - 非自民・非共産連立政権 - 自社さ連立政権 - 社民党へ改組、そして少数政党へ転落 - 民社国連立政権 - 普天間基地移設問題

関連項目 | 
社会主義 - 社会民主主義 - 日本型社会民主主義 - 非武装中立 - 憲法9条 - 社会主義協会 - 社会党再建全国連絡会 - 日本社会主義青年同盟 - 日本民主教育政治連盟 - 対共産圏補完外交 - 連合の会 - 日本社会党の派閥 - 社会主義インターナショナル - 社会新報(社会タイムス)- オール沖縄 - サンクチュアリ - 立憲フォーラム - 労働者運動資料室 - 革新自治体 - 日本対外文化協会

支持団体 | 
全国労働組合連絡協議会 - 日本労働組合総連合会 - 日本労働組合総評議会 - 部落解放同盟 - 全日本農民組合連合会 - 原水爆禁止日本国民会議 - 平和フォーラム - 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合 - 在日本朝鮮人総聯合会 - 九条の会

共闘勢力 | 
立憲民主党 - 日本共産党 - 自由党 - 新社会党 - 沖縄社会大衆党 - 緑の党 - 全国市民政治ネットワーク

関連カテゴリ | 
Category:社会民主党 - Category:日本社会党


国民新党
常任幹事会 | 
代表:自見庄三郎(解党時)

代表 | 

副代表 | 
  • 紺谷典子2005-2006
  • 田村秀昭2005-2007
  • 亀井郁夫2005-2007
  • 自見庄三郎2007-2009
  • 亀井郁夫2009-2010
  • 自見庄三郎2010-2012
  • 松下忠洋2012
  • 廃止

  • 幹事長 | 
  • 亀井久興2005-2009
  • 自見庄三郎2009-2010
  • 下地幹郎2010-2012
  • 浜田和幸2012-2013
  • 解党

  • 政調会長 | 
  • 自見庄三郎2007-2009
  • 下地幹郎2009-2010
  • 森田高2010
  • 亀井亜紀子2010-2012
  • 浜田和幸2012
  • 野間健2012-2013
  • 廃止

  • 衆院国対委員長 | 
  • 亀井久興2006-2007
  • 糸川正晃2007-2009
  • 下地幹郎2009-2010
  • 中島正純2010-2012
  • 廃止

  • 参院国対委員長 | 
  • 長谷川憲正2006-2009
  • 森田高2009-2010
  • 亀井亜紀子2010-2012
  • 廃止

  • 最高顧問 | 
  • 綿貫民輔2009-2012
  • 廃止

  • 前身政党 | 
    自由民主党(一部)

    友党 | 
    民主党 - 社会民主党 - 新党大地 - 政党そうぞう - 新党日本

    その他・関連項目 | 
    郵政民営化 - 郵政解散 - 民国合併構想 - 民社国連立政権 - 民国連立政権 - 国民新党所属の議員及び党員


    公明党
    支持母体:創価学会
    歴代代表 | 
    公明党委員長 | 
    原島宏治 - 辻武寿 - 竹入義勝 - 矢野絢也 - 石田幸四郎

    公明代表 | 
    藤井富雄 - 浜四津敏子

    公明党代表 | 
    神崎武法 - 太田昭宏 - 山口那津男


    閣僚経験者 | 
    細川内閣 | 
    郵政大臣:神崎武法 - 労働大臣:坂口力 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 環境庁長官:広中和歌子

    羽田内閣 | 
    運輸大臣:二見伸明 - 郵政大臣:日笠勝之 - 建設大臣:森本晃司 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 科学技術庁長官:近江巳記夫 - 環境庁長官:浜四津敏子

    小渕内閣第2次改造内閣
    第1次森内閣
    第2次森内閣 | 
    総務庁長官:続訓弘

    第2次森改造内閣 (中央省庁再編前) | 
    厚生大臣労働大臣:坂口力

    第2次森改造内閣 (中央省庁再編後)
    第1次小泉内閣
    小泉再改造内閣
    第2次小泉内閣 | 
    厚生労働大臣:坂口力

    第2次小泉改造内閣
    第3次小泉内閣
    第3次小泉改造内閣 | 
    国土交通大臣:北側一雄

    第1次安倍内閣
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/30 12:47

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「非自民・非共産連立…」の意味を投稿しよう
    「非自民・非共産連立政権」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    非自民・非共産連立政権スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「非自民・非共産連立政権」のスレッドを作成する
    非自民・非共産連立政権の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail