このキーワード
友達に教える
URLをコピー

韓国シリーズとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年11月)

韓国シリーズは、韓国プロ野球の最終的な優勝球団を決定するために2つのチームが対戦する一連の野球の試合である。つまり、最終的な勝利を手にするには韓国シリーズに進出する必要があり、このように進出した二球団がお互いに相手して最終的な勝負するシステムである。現在の制度上では、韓国シリーズに進出するために次の2つの条件のいずれかを満たす必要がある。一つはポストシーズンのプレーオフで勝利することであり、もう一つはレギュラーシーズンで1位通過することである。

大会概要

韓国プロ野球所属のチームがレギュラーシーズンを終えた後、1位で通過したチームとプレーオフで勝利したチームが7戦4先勝制の試合を行い、優勝チームを決める。1982年から開始された。

なお試合開催球場については、日本シリーズワールドシリーズのように進出した2チームそれぞれの本拠地だけで行うという方式である場合と、収容能力によって上記2球場+第5試合以後、ソウル特別市蚕室野球場でのセントラル開催となる場合とがあるが、2016年度からは前者のみとなる(詳しくはKBOリーグ#ポストシーズンの開催球場にも詳述)

1982年 - 1984年
1985年

(基本パターン)

 | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  | 
 | A(5戦3勝制) |  | 

 | 前期1位チーム | 
 |  |  | (7戦4勝制)
 | 後期1位チーム |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 |  |  | 
 |  |  | 年間勝率1位チーム | 
 |  |  |  | 

 |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  | 

 |  | 

(特殊パターン)

 | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  | 
 | A(5戦3勝制) |  | 

 | 年間総合勝率2位チーム | 
 |  |  | (7戦4勝制)
 | ステージ1位で勝率の低いチーム |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 |  |  | 
 |  |  | ステージ1位で勝率の高いチーム | 
 |  |  |  | 

 |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  | 

 |  | 

1986年 - 1988年

(基本パターン)

 | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  | 
 | A(5戦3勝制) |  | 

 | 前期1位チーム | 
 |  |  | (7戦4勝制)
 | 後期2位チーム |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 | B(5戦3勝制) |  | 
 |  |  | Bの勝者 | 
 | 後期1位チーム |  |  | 

 | 前期2位チーム |  |  |  | 
 | 
 |  |  | 

 |  | 

1989年 - 1992年

(基本パターン 以後1999・2000年を除き2014年まではこのパターンに準じる 韓国シリーズ以外の試合・勝ち抜け数は本文参照)

 | 準プレーオフ(1回戦) |  | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | A |  |  |  | 

 | 勝率4位チーム | 
 |  |  | B
 | 勝率3位チーム |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  | 勝率2位チーム |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | (7戦4勝制)
 |  |  |  | 
 |  | Bの勝者 | 
 |  |  | 
 |  |  |  |  | 勝率1位チーム | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  | 

1993年 - 1998年
1999年 - 2000年

(基本パターン すべて7戦4勝制)

 | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  | 
 | A |  | 

 | ドリームリーグ1位 | 
 |  |  | 0
 | マジックリーグ2位 |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 | B |  | 
 |  |  | Bの勝者 | 
 | マジックリーグ1位 |  |  | 

 | ドリームリーグ2位 |  |  |  | 
 | 
 |  |  | 

 |  | 

(特殊パターン)

2001年
2002年 - 2004年
2005年
2006年 - 2007年
2008年
2009年
2010年-2014年
2015年
 | プレーオフワイルドカード代表決定戦(1回戦) |  | 準プレーオフ(2回戦) |  | プレーオフ(準決勝) |  | 韓国シリーズ(決勝)
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | A(アドバンテージ付き2戦2勝制) |  |  |  |  |  | 

 | 勝率5位チーム | 
 |  |  | B(5戦3勝制)
 | 勝率4位チーム |  |  | 
 | Aの勝者 | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  | 勝率3位チーム |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | C(5戦3勝制)
 |  |  |  | 
 |  | Bの勝者 | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 勝率2位チーム |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  | D(7戦4勝制)
 |  |  |  | 
 |  | Cの勝者 | 
 |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  | 勝率1位チーム | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  | 
 |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  | 
 |  | 
 |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  | 
 | 

ポストシーズンへはレギュラーシーズン5位までのチームが出場でき、まず1回戦「ワイルドカード代表決定戦」で勝率4位と5位のチームが2戦2勝制で行うが、4位のチームに1勝分のアドバンテージをあらかじめ与えることにし、第1戦で5位チームが勝利し、かつ第2戦引き分けにより1勝1敗1引き分けとなった場合、もしくは第1戦で4位チームが勝利するか、引き分けとなった場合(この場合は第2戦を行わない)は4位チームの勝ち抜けとみなし、3位チームとの準プレーオフを行う。以後は2014年度までと同じだが、準プレーオフ(2回戦)、プレーオフ(準決勝)までは5戦3勝制、決勝戦の韓国シリーズのみ7戦4勝制(準プレーオフ以後はアドバンテージなし)とする。

2016年-

シリーズ年度別結果

【回】
【年】
【勝利チーム】
【優勝回数】
【成績】
【星取表】
【相手チーム】
最優秀選手
1 | 1982年 | OBベアーズ | 初優勝 | 4勝1敗1分け | △●○○○○ | 三星ライオンズ | 金裕東(キム・ユドン、外)
2 | 1983年 | ヘテ・タイガース | 初優勝 | 4勝1分け | ○○○△○ | MBC青龍 | 金奉淵(キム・ボンヨン、指)
3 | 1984年 | ロッテ・ジャイアンツ | 初優勝 | 4勝3敗 | ○●○●●○○ | 三星ライオンズ | 柳斗烈(ユ・ドゥヨル、外)
4 | 1985年 | 三星ライオンズの前・後期統合優勝のため未開催。三星の初優勝
5 | 1986年 | ヘテ・タイガース | 3年ぶり2度目 | 4勝1敗 | ○●○○○ | 三星ライオンズ | 金正洙(キム・ジョンス、投)
6 | 1987年 | ヘテ・タイガース | 2年連続3度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | 三星ライオンズ | 金準桓(キム・ジュンファン、外)
7 | 1988年 | ヘテ・タイガース | 3年連続4度目 | 4勝2敗 | ○○○●●○ | ビングレ・イーグルス | 文煕秀(ムン・ヒス、投)
8 | 1989年 | ヘテ・タイガース | 4年連続5度目 | 4勝1敗 | ●○○○○ | ビングレ・イーグルス | 朴哲祐(パク・チョル、指)
9 | 1990年 | LGツインズ | 初優勝 | 4勝0敗 | ○○○○ | 三星ライオンズ | 金龍洙(キム・ヨンス、投)
10 | 1991年 | ヘテ・タイガース | 2年ぶり6度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | ビングレ・イーグルス | 張彩根(チャン・チェグン、捕)
11 | 1992年 | ロッテ・ジャイアンツ | 8年ぶり2度目 | 4勝1敗 | ○○●○○ | ビングレ・イーグルス | 朴東煕(パク・ドンヒ、投)
12 | 1993年 | ヘテ・タイガース | 2年ぶり7度目 | 4勝2敗1分け | ○●△●○○○ | 三星ライオンズ | 李鍾範(イ・ジョンボム、遊)
13 | 1994年 | LGツインズ | 4年ぶり2度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | 太平洋ドルフィンス | 金龍洙(投)
14 | 1995年 | OBベアーズ | 13年ぶり2度目 | 4勝3敗 | ●○○●●○○ | ロッテ・ジャイアンツ | 金敏浩(キム・ミンホ、遊)
15 | 1996年 | ヘテ・タイガース | 3年ぶり8度目 | 4勝2敗 | ○●○●○○ | 現代ユニコーンズ | 李強喆(イ・ガンチョル、投)
16 | 1997年 | ヘテ・タイガース | 2年連続9度目 | 4勝1敗 | ○●○○○ | LGツインズ | 李鍾範(遊)
17 | 1998年 | 現代ユニコーンズ | 初優勝 | 4勝2敗 | ○○●○●○ | LGツインズ | 鄭珉台(チョン・ミンテ、投)
18 | 1999年 | ハンファ・イーグルス | 初優勝 | 4勝1敗 | ○○●○○ | ロッテ・ジャイアンツ | 具臺晟(ク・デソン、投)
19 | 2000年 | 現代ユニコーンズ | 2年ぶり2度目 | 4勝3敗 | ○○○●●●○ | 斗山ベアーズ | トム・クィンラン(三)
20 | 2001年 | 斗山ベアーズ | 6年ぶり3度目 | 4勝2敗 | ●○○○●○ | 三星ライオンズ | タイロン・ウッズ(指)
21 | 2002年 | 三星ライオンズ | 17年ぶり2度目 | 4勝2敗 | ○●○○●○ | LGツインズ | 馬海泳(マ・ヘヨン、指)
22 | 2003年 | 現代ユニコーンズ | 3年ぶり3度目 | 4勝3敗 | ○●●○○●○ | SKワイバーンズ | 鄭珉台(投)
23 | 2004年 | 現代ユニコーンズ | 2年連続4度目 | 4勝2敗3分け | ○△●△○●△○○ | 三星ライオンズ | 趙容浚(チョ・ヨンジュン、投)
24 | 2005年 | 三星ライオンズ | 3年ぶり3度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | 斗山ベアーズ | 呉昇桓(オ・スンファン、投)
25 | 2006年 | 三星ライオンズ | 2年連続4度目 | 4勝1敗1分け | ○●○○△○ | ハンファ・イーグルス | 朴鎮萬(パク・チンマン、遊)
26 | 2007年 | SKワイバーンズ | 初優勝 | 4勝2敗 | ●●○○○○ | 斗山ベアーズ | 金宰炫(キム・ジェヒョン、指)
27 | 2008年 | SKワイバーンズ | 2年連続2度目 | 4勝1敗 | ●○○○○ | 斗山ベアーズ | 崔廷(チェ・ジョン、三)
28 | 2009年 | 起亜タイガース | 12年ぶり10度目 | 4勝3敗 | ○○●●○●○ | SKワイバーンズ | 羅志完(ナ・ジワン、外)
29 | 2010年 | SKワイバーンズ | 2年ぶり3度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | 三星ライオンズ | 朴正権(パク・チョングォン、一)
30 | 2011年 | 三星ライオンズ | 5年ぶり5度目 | 4勝1敗 | ○○●○○ | SKワイバーンズ | 呉昇桓(オ・スンファン、投)
31 | 2012年 | 三星ライオンズ | 2年連続6度目 | 4勝2敗 | ○○●●○○ | SKワイバーンズ | 李承燁(イ・スンヨプ、一)
32 | 2013年 | 三星ライオンズ | 3年連続7度目 | 4勝3敗 | ●●○●○○○ | 斗山ベアーズ | 朴漢伊(パク・ハニ、外)
33 | 2014年 | 三星ライオンズ | 4年連続8度目 | 4勝2敗 | ●○○●○○ | ネクセン・ヒーローズ | ヤマイコ・ナバーロ (二)
34 | 2015年 | 斗山ベアーズ | 14年ぶり4度目 | 4勝1敗 | ●○○○○ | 三星ライオンズ | 鄭秀彬(チョン・スビン、外)
35 | 2016年 | 斗山ベアーズ | 2年連続5度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | NCダイノス | 梁義智(ヤン・ウィジ、捕)
36 | 2017年 | 起亜タイガース | 9年ぶり11度目 | 4勝1敗 | ●○○○○ | 斗山ベアーズ | 梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、投)
37 | 2018年 | SKワイバーンズ | 8年ぶり4度目 | 4勝2敗 | ○●○●○○ | 斗山ベアーズ | 韓東旻(ハン・ドンミン、外)
38 | 2019年 | 斗山ベアーズ | 3年ぶり6度目 | 4勝0敗 | ○○○○ | キウム・ヒーローズ | 呉在一(オ・ジェイル、一)

脚注

  1. ^ ストライクゾーン「2015年KBOリーグシーズン実施要綱」
韓国シリーズ
【1980年代】
 |  | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

【1990年代】
1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999

【2000年代】
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009

【2010年代】
2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019

【2020年代】
2020 |  |  |  |  |  |  |  |  | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/31 06:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「韓国シリーズ」の意味を投稿しよう
「韓国シリーズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

韓国シリーズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「韓国シリーズ」のスレッドを作成する
韓国シリーズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail