このキーワード
友達に教える
URLをコピー

音楽番組とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2013年5月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2013年5月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2013年5月)

音楽番組(おんがくばんぐみ)とは、歌手ミュージシャン音楽家などが出演し、楽曲演奏を披露することを主体とした放送番組(テレビ番組ラジオ番組)である。

ジャンルは歌謡曲ポップスJ-POPアニメソング洋楽K-POPロックジャズクラシックなど多種多様である。

楽曲の歌唱を主体としたものは、歌番組(うたばんぐみ)とも呼ばれる。このほか、1990年代後半以降は歌手・ミュージシャン等をゲストに招くことを前提としたトーク主体で1〜2曲程度の楽曲の歌唱を伴う番組も音楽番組の一種に分類される傾向にある。

目次

  • 1 音楽番組の種類
  • 2 テロップ表示について
    • 2.1 歌詞テロップについて
    • 2.2 作詞家・作曲家テロップについて
  • 3 音楽番組一覧
    • 3.1 日本のテレビ音楽番組
      • 3.1.1 一般歌謡番組系
        • 3.1.1.1 特別番組系
        • 3.1.1.2 過去に放送された歌謡番組
      • 3.1.2 バラエティ番組系
      • 3.1.3 一般向け
      • 3.1.4 演歌専門
      • 3.1.5 ロック・ポップス系
      • 3.1.6 音楽情報
      • 3.1.7 ビデオクリップ
      • 3.1.8 洋楽専門
      • 3.1.9 視聴者参加・オーディション
      • 3.1.10 クラシック系
      • 3.1.11 民謡
      • 3.1.12 童謡・アニメソングなど
      • 3.1.13 お笑い系
      • 3.1.14 その他
    • 3.2 欧米のテレビ音楽番組
    • 3.3 韓国のテレビ音楽番組
  • 4 ラジオ音楽番組
    • 4.1 アメリカ
    • 4.2 イギリス
    • 4.3 日本
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 関連カテゴリ

音楽番組の種類

歌謡曲など歌手が歌っているものを扱う番組や、クラシック音楽など演奏を中心に扱う番組もある。

特に歌謡番組系では、スタジオで歌手やミュージシャンが生演奏する以外にも、『COUNT DOWN TV』(TBS)などのようにランキング発表を主体とした番組(カウントダウン番組)もある。

1980年代までは生放送で歌手が多く出演するものが中心であった。「歌のコーナー」を設けるバラエティ番組が少なからずあった。

現在では少子化やアーティストらの音楽番組に対する姿勢の多様化、音楽不況に伴い、視聴率が最盛期よりも大幅に低下している番組も数々見受けられる。

その一環として、『うたばん』や『月光音楽団』(両番組ともTBS)のような、歌よりもトークやバラエティ形式の番組が中心となってきている。 中でも『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の様に、ブームの拡大を受けてK-POPコーナーを設けた番組もあった。

一方、『僕らの音楽』(フジテレビ)などの様に、アーティストのパーソナリティなどに焦点を当てたストレートで純粋な音楽番組も徐々に増えてきている。

また、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)では放送開始から2016年現在まで生放送をしている。

また、歌謡番組とは別に、主に若年層を対象にした番組では、アーティストのプロモーションビデオ(PV、いわゆるビデオクリップ)紹介や、インタビュー企画などを紹介する番組も多数ある。CS放送MTVなどが該当。

クラシック番組では、主にオーケストラによる演奏が中心。放送40年以上の『題名のない音楽会』(テレビ朝日)などは、良質で格調高い名曲を紹介している。 トーク席の1列の最大人数は6〜12人で座り、5人以上は2列以上で座る。 また、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』『スカパー!音楽祭』『水曜歌謡祭』では、武部聡志音楽団の生演奏で良質かつ選曲にもこだわっている。

テロップ表示について

歌詞テロップについて

1980年代まで録画、生放送にかかわらず、歌唱に際しては歌詞のテロップを入れることはほとんどなかった。これは当時のスーパーインポーズの技術が2台のカメラを切り替えながらプロジェクターから出力する方法だったため、生放送では約8秒ごとに進んでいく歌詞に合わせて表示することが難しかったからという理由がある。

夜のヒットスタジオ』では、1978年7月31日の放送でサザンオールスターズが出演した際、あまりの早口の歌詞が聞き取れないと苦情の電話が多く来たため、2回目の出演の際に歌詞を表示したのが最初であるが、その他は吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」などくらいで、恒常的に用いられることはなかった。

その後1982年頃から『ザ・ベストテン』が正式に初登場曲と「今週のスポットライト」のコーナーのみに歌詞を表示するようになった。しかし、初登場時でも中継であったり、セットによっては翌週に表示ということも多くあった。1989年2月23日放送回からは全曲に表示するようになったが、これも他番組に先駆けてのことだった。NHK紅白歌合戦でも全曲に歌詞が表示されるようになったのは1982年の第33回NHK紅白歌合戦からである。しかし表示方法が前記のような方法であったため、文字が斜めに映ったり、誤って表示されないということも多々あった。

1990年代以降は生放送の音楽番組が減り録画放送が増えた影響でテロップ編集が容易となったため、多くの歌謡番組で歌詞にテロップ表示をするようになったが、外国語の歌詞の曲は原語のままか、日本語訳のみ表示するケースが多い。

なお、プロモーションビデオを紹介する番組やCSWOWOWなどの有料放送のライブ番組は原則的に歌詞テロップを表示しないのが多いが、放送局名や曲名のサイドテロップを常時入れている番組もある。

NHK総合テレビで放送されていた『NHK歌謡コンサート』は、文字サイズが大きく表示されていた。

Linked Horizonの楽曲『紅蓮の弓矢』では、Linked Horizonの方針からか歌詞テロップが表示されなかった。

作詞家・作曲家テロップについて

民放の場合、「作詞作曲」と表記するの場合がほとんどであるが、NHKの場合は「詞・曲」と表記する。

テレビ放送黎明期には、作詞者作曲者クレジットが曲名と共に表記されることは殆どなかったが、1970年代に入り、各放送局独自の音楽賞レース番組を創設するようになってからは、作詞・作曲クレジットの表記が通常のレギュラー放送の歌番組等でなされるようになった(ちなみに『NHK紅白歌合戦』で初めて作詞者・作曲者テロップが付されるようになったは1970年(第21回)からのことである)。

しかし、日本テレビ(2016年まで)やTBS(レコ大有線大賞以外)の番組ではテロップの表記が曲名・歌手名しか見られないことが多い。

音楽番組一覧

日本のテレビ音楽番組

一般歌謡番組系

2019年2月現在放送中の番組
演歌・歌謡曲を中心とした選曲。1993年4月から2016年3月まで放送されていた「NHK歌謡コンサート」のリニューアル版。NHKホールからの生放送が基本だが、月1回NHK大阪ホールからの生放送になる。また名場面集が放送される週や地方からの生放送になる週もある。2017年4月以降の司会は谷原章介小郷知子アナウンサー。
塩野義製薬一社提供、放送開始から50年近い歴史を誇る超老舗番組。毎回3 - 4組のアーティストが出演。アーティスト同士がコラボレーションして歌唱披露することも多い。放送されていない系列局がある。2016年4月以降の司会は仲間由紀恵軽部真一アナ。主な歴代司会者は越路吹雪長門裕之南田洋子星野知子鈴木杏樹恵俊彰ほか。全てのレギュラー放送の音楽番組の中で放送期間が歴代最長である。
通称『Mステ』。放送開始30年を数える老舗歌番組。毎週生放送で6 - 8組のアーティストが出演。2018年10月以降の司会はタモリ並木万里菜アナ。
明治から昭和にかけての日本の曲をピアノ伴奏FORESTA合唱で披露する番組。
『FNS歌謡祭』のスタッフが制作を手掛ける音楽番組。毎週2 - 3組のアーティストがライブ形式で歌唱。また歌唱アーティストとは別のゲストとのスタジオトークも行われる。同年4 - 9月に放送された『水曜歌謡祭』を枠移動した上で、リニューアル・改題した。2017年4月期からは放送時間拡大の上、日曜24時台に枠移動となった。司会は『水曜歌謡祭』と同じく森高千里渡部建(アンジャッシュ)。
出演アーティストが新曲や代表曲をフルコーラスで披露する音楽番組。毎週3組のアーティスト出演。司会はベッキーハマ・オカモト(OKAMOTO'S)。
月1回日曜日17時台に放送(番組編成上の都合で放送休止の月や土曜日に振り替える月もあり)。アイドルグループや若手アーティストを中心に4 - 6組が出演。2016年3月まで放送の「MUSIC JAPAN」の事実上の後継番組で、放送初年度は一部アーティストの歌唱シーンを除いて生放送だったが、2017年度からはトーク部分を含め全編事前収録となった。2017年4月以降の司会は徳井義実(チュートリアル)、渡辺直美
特別番組系
複数メディア
NHK
毎年大晦日の恒例。2018年までで69回を数える。ちなみにテレビ放送開始前(ラジオ放送のみ)の第1回 - 3回は1月開催で、タイトルは「紅白音楽試合」だった。
各年度の紅白歌合戦についてはCategory:NHK紅白歌合戦も参照。
毎年8月に放送される、ナツメロを中心の番組。「夏の紅白」とも呼ばれている。
2001年から毎年11月上旬(2014年からは12月中旬)にNHK大阪ホールから公開生放送。
日本テレビ系(NNNNNS)
元は全日本有線放送大賞で、毎年12月の開催だった。その後、ALL JAPANリクエストアワードと改め、現在の11月の開催となる。2003年より現在の題名。USENへのリクエスト数を中心に受賞者を選ぶ音楽祭。会場は毎年異なるが、フェスティバルホール大阪城ホールワールド記念ホールを中心に開催。司会は宮根誠司橋本マナミ(2018年時点)。
元は日本テレビ音楽祭で、その後、日本テレビ音楽の祭典→1億3000万人が選ぶ!ベストアーティストと改め、2009年から現タイトルで毎年12月中旬(2011年以降は11月下旬)に放送され、その年に話題を集めたアーティストが生出演する番組。放送時間はおよそ3-4時間。2004年まで会場は東京ベイNKホールだったが、2005年〜2007年は横浜アリーナ、2009年は東京ビッグサイト、2008・2010年以降は幕張メッセイベントホール日本テレビ麹町分室Gスタジオの二元中継にてそれぞれ開催されている。司会は櫻井翔()、羽鳥慎一徳島えりかアナウンサー(2018年)。
日本テレビ開局60周年記念特別番組としてスタートし、日本人に力をくれたまたは力をくれる名曲とテレビを彩った名曲を紹介する。1回目・2回目までは「THE MUSIC DAY 音楽のちから」というタイトルだったが3回目以降は毎年タイトルが変わる。1回目は12時間(途中NNNストレイトニュース等を挿入)、2回目・3回目・4回目・6回目は11時間、5回目は10時間、7回目は9時間30分(途中NNNニュースを挿入)。司会は櫻井翔(嵐)、羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサー(2019年時点)。
嵐のスペシャル企画としてライブ中の視聴者参加型ゲーム企画も実施されている。
テレビ朝日系(ANN)
Mステの年末特番。毎年12月下旬に放送され、その年に話題を集めたアーティストが生出演する番組。会場は第1回から東京ベイNKホールだったが、2004年のみさいたまスーパーアリーナ、2005年からは幕張メッセイベントホールで開催されている。放送時間はおよそ4時間(2017年は4時間10分)。司会はタモリ並木万里菜アナウンサー(2018年時点)。
Mステの秋特番。毎年9月下旬に放送され、番組を各時代で支えてきたアーティストが総出演する番組。会場は通常放送と同じテレビ朝日本社第1スタジオで開催されている。放送時間はおよそ10時間(2015年・2016年は9時間48分、2017年は10時間18分)。司会はタモリ、弘中綾香アナウンサー(2018年時点)。
2015年はMステの放送30年目記念として、2016年はMステの放送30周年記念として開催された。
TBS系(JNN)
日本作曲家協会主催。以前は毎年大晦日に開催されているが、開始当初は大晦日開催ではなかった。2006年からは12月30日に開催されている(現在の会場は新国立劇場中劇場)。2018年までで第60回を数える。総合司会は安住紳一郎アナウンサー、土屋太鳳(2018年時点)
CDTVの特番で、毎年大晦日23時50分(2009~2017年は23時45分、2018年は23時55分)から元旦早朝5時にかけて生放送されるオールナイトスペシャルライブ。その年のJ-POPシーンを賑したアーティストが大挙出演。司会は中居正広、国山ハセンアナウンサー、伊東楓アナウンサー、宇賀神メグアナウンサー(2018→2019年時点)。
2008年より放送開始し、番組改編期を中心に年2回程度放送。1970 - 1980年代の演歌・歌謡曲を中心とした選曲で、TBS系の歴代音楽番組の中からの秘蔵VTR紹介パートと10組程度のゲストが自身の代表曲や往年の名曲のスタジオ(番組上表記は赤坂スペシャルホール)歌唱やトークを行うパートの2部で構成されている。放送時間は現在約4時間だが、以前は3時間や3時間半の回もあった。司会は安住紳一郎アナウンサー。
東日本大震災復興支援を目的に2011年より放送開始。毎年7月中旬(2013年・2015年は6月下旬、2014年は8月上旬)に放送され、人気アーティストや東日本大震災被災地に縁があるアーティストが複数生出演し自身の代表曲や最新曲を歌唱する。会場はメイン会場となっているTBS放送センタースタジオと、サブ会場となっている被災地(第1回は仙台、第2回は福島仙台岩手)からの中継の二元放送となっている。放送時間は1回目は7時間40分(途中S☆1等を挿入。また一部放送局はS☆1終了後に飛び降り)、2回目は3時間24分、3回目以降は7年連続で15時間(途中JNN報道特集JNNニュースを挿入)。3回目以降は全ての音楽番組の中で放送時間が歴代最長である(2019年現在)。総合司会は中居正広、安住紳一郎アナウンサー(2019年時点)。
2016年より放送開始。毎年10月下旬に放送。ハロウィン仕様の衣装にコスプレしてヒット曲を披露したり、VTR企画や普段見られないスペシャル企画を展開する。2018年は放送が無かった。
2017年より放送開始し、年2回程度放送。毎回音楽に関する1つのテーマ(例「オリコン年間1位の50年」「歌姫のCD・レコード総売り上げランキング100」など)を設定し、テーマに合致した楽曲をTBS系歴代音楽番組の貴重映像などで紹介する。またスタジオにはパネラー数組を招いてのイントロクイズ企画や、歌手ゲストによるヒット曲の披露等もある。司会は堺正章宮迫博之(雨上がり決死隊)など。
2017年より放送開始。毎年3月下旬に放送。卒業ソング・春うたを中心に披露したり、VTR企画やドラマとのコラボレーション企画などを展開する。
2017年より放送開始。毎年12月下旬に放送。クリスマスソング・ラブソング・ウィンターソングを中心に披露したり、VTR企画やドラマとのコラボレーション企画などを展開する(2018年はドラマとのコラボレーション企画は行われなかった)。番組ナビゲーターは江藤愛アナウンサー(2018年時点)。
テレビ東京系(TXN)
毎年大晦日に「年忘れにっぽんの歌」のタイトルで放送。演歌中心の番組で、サラリーマンや中高年齢層の人気が高い。なお、平成元年3月まではレギュラー番組で、週1回の放送。加えて2010年までは「夏祭りにっぽんの歌」のタイトルで毎年7月第1金曜日にも放送されていた。また2016年は「秋祭りにっぽんの歌」のタイトルで、9月22日の昼枠に事前収録で放送された(但し関東ローカルでの放送)。
演歌の育成を目的としており、人気作詞家・人気演歌歌手への登竜門的音楽祭。また、年末の賞取りレースの中では唯一演歌のみを対象にして行われている。なお、2011年までは11月末頃の日曜ビッグバラエティ枠で放送されていたが、2012年から2016年までは12月第1木曜日の20・21時台、2017年からは12月第1日曜日に放送されている。会場はテレビ東京本社第1スタジオ。司会は徳光和夫松丸友紀アナウンサー(2014年時点)。また、1990年から1993年までは日本テレビで、1978年から1989年まではNHK総合で放送されていた。
2014年にテレビ東京が開局50周年を記念して初めて開催された。以降はテレビ東京の夏の大型音楽番組として毎年恒例で開催されている。出演アーティストは演歌歌手・ポップス歌手など幅広い。
テレビ東京で放送されているバラエティ番組とのコラボレーション企画も行われている。
放送時間は4時間後半台(2014年は4時間54分、2015年は4時間18分、2016年・2017年は4時間23分)(2018年は5時間)。会場は2014年の第1部は「五反田・ゆうぽうと」、2014年の第2部・2015年以降は「テレビ東京天王洲スタジオ」からの生放送。司会は国分太一(TOKIO)(2018年時点)。
演歌・歌謡曲を中心とした最新の楽曲を歌手が披露する。司会は島崎和歌子増田和也アナウンサー。
フジテレビ系(FNNFNS)
毎年12月に放送され、その年に話題を集めたアーティストが生出演する音楽番組だが、かつては賞取りレースだった。現在は、出演アーティスト同士のコラボレーション(共演)がメインになっている。なお、放送時間は3時間台後半から4時間台前半(2017年は4時間28分)、会場はグランドプリンスホテル新高輪 大宴会場「飛天」(2014年のみフジテレビ本社V5スタジオとの二元中継)からの生放送。司会は森高千里、渡部建、加藤綾子アナウンサー(2017年時点)。2015年からは2回の放送となり、第1夜はグランドプリンスホテル新高輪 大宴会場「飛天」で開催され、第2夜ではフジテレビ本社スタジオから生放送される。2016年は、2週連続で4時間18分生放送され、合計放送時間は8時間36分。2017年以降は、2週連続で4時間28分生放送され、合計放送時間は8時間56分。
『FNS歌謡祭』の派生番組で2012年から放送開始。“夏のFNS歌謡祭”との通称があり、毎年7月下旬又は8月上旬に放送される。『FNS歌謡祭』がグランドプリンスホテル新高輪「飛天」で生放送されているのに対し、この番組の会場は2015年までは代々木第一体育館から公開生放送されていた。『FNS歌謡祭』と同様で、出演アーティスト同士のコラボレーション(共演)がメイン。放送時間は4時間28分。司会は森高千里、渡部建(アンジャッシュ)、加藤綾子アナウンサー(2018年時点)。また、2016年はフジテレビ本社スタジオにて番組初の昼から夜まで半日かけて10時間以上にわたり長時間放送された。放送時間は10時間9分。
『FNS歌謡祭』の派生番組で2016年から放送開始。“春のFNS歌謡祭”との通称があり、毎年3月下旬に放送される。『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』とは異なり、番組全体が収録であり、過去のVTR企画や出演アーティストのロケ企画・出演アーティスト同士のトークがメインとなっている。出演アーティストのスタジオライブも行われる。2018年以降は、放送されていない。司会は森高千里、渡部建(アンジャッシュ)、加藤綾子アナウンサー(2017年時点)。放送時間は4時間18分。
ジャニーズ事務所所属アーティストが年越し恒例として東京ドームから生中継で行うエンターテインメントショー。
各グループの歴代の名曲メドレーを披露する「ヒットソングメドレー」、本来の持ち歌であるグループを他のグループと交代して披露する「グループチェンジメドレー」、異なる2つのグループのそれぞれ1人ずつによる共演でヒット曲を披露する「夢の2ショット」、各グループのメンバーをシャッフルしたスペシャルユニットで楽曲を披露する「シャッフルメドレー」などの他の音楽番組では見られない企画も目白押しである。
1960~70年代にヒットした歌謡曲を中心に選曲で、昭和の日本歌謡史の中から番組独自で各時代ごとに分けて、その時代を飾った歌謡曲の逸話や誕生秘話をVTRで紹介するとともに、スタジオで歌手が自身の代表曲を披露する。司会は三宅裕司春風亭昇太。放送時間は第1回が2時間54分、第2回が2時間30分。
BSスカパー!
毎年2月又は3月に放送されているBSスカパー!史上初の音楽特番である。出演アーティスト同士のコラボレーション(共演)がメイン。司会はベッキー、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)(2017年時点)。放送時間は4時間30分。
過去に放送された歌謡番組
NHKの歌謡ショー番組の草分け。GSブーム絶頂期にザ・タイガースの出演がカットされた逸話は有名。
NHKの若者向け音楽番組の先駆け的存在。毎週若手歌手が「ヤング101」として出演、ステージを繰り広げた。司会は関口宏黒柳徹子ら。中村八大らが音楽監督を務めた。
毎週人気アイドルが出演。サンデーズバックダンサーとして出演していた。司会は鈴木ヒロミツ都倉俊一太川陽介石川ひとみらが務めた。BS2蔵出し劇場』でも放送しているほか、CS第一興商スターカラオケでも放送中。
毎回1組の歌手が出演。現在BS2「蔵出し劇場」およびCSチャンネル銀河にて放送中。
演歌歌手が多数出演。司会は主にNHKアナウンサー(生方恵一山川静夫葛西聖司徳田章阿部渉ほか)だが、『ヒットステージ』ではMi-Keも司会に参加した。
「レッツゴーヤング」の後継番組。司会は第1期が天宮良小倉久寛、第2期はMALTAがそれぞれ担当。MALTA司会時代はアイドルが月代わりでアシスタントを務めた。
1993年から2007年まで14年間放送された番組。人気アーティストが毎回7、8組ほど出演。基本的にはNHKホールよりライブ形式で公開収録。司会は森口博子爆笑問題堂本光一優香西川貴教安めぐみらが担当した(安はナビゲーター)。第1期(1993年)と第2期(1994年)第9期(DX、2006年)単発番組だった。
紅白歌合戦の民放版ともいうべき番組。「ウソ発見器」コーナーが人気を集めた。白組キャプテンは堺正章、紅組は水前寺清子岡崎友紀ら6人がキャプテンを務めた。
『紅白 - 』とは打って変わり、正統派ランキング番組に生まれ変わった。堺正章榊原郁恵が司会を務めた。渋谷公会堂からの生放送が売りだった。
出典:wikipedia
2019/09/12 04:47

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「音楽番組」の意味を投稿しよう
「音楽番組」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

音楽番組スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「音楽番組」のスレッドを作成する
音楽番組の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail