このキーワード
友達に教える
URLをコピー

音色とは?

音色(おんしょく、ねいろ、英語: timbre)とは、の質を表現するために用いられる用語である。音高音圧が同じであっても音色の異なる音は異なる聞こえ方をする。

目次

  • 1 概説
  • 2 脚注
  • 3 関連項目
  • 4 外部リンク

概説

JISでは「聴覚に関する音の属性の一つで,物理的に異なる二つの音が,たとえ同じ音の大きさ及び高さであっても異なった感じに聞こえるとき,その相違に対応する属性。」と定義されている。

音響学的には、音の波形の違いが音色である。

音の波形をフーリエ変換すると、周波数成分に分解できる。これを音のスペクトルと呼び、スペクトル(すなわち音を構成する周波数とその強度の分布)の違いが、様々な音色の違いとして聞かれる。各周波数成分のうち、最も周波数の低いものを基音、それ以外を上音と呼ぶ。すなわち、上音の構成の違いが、音色の違いである。

上音の周波数が基音の周波数の倍数であればそれを倍音と呼ぶ。音楽に多く使われる人声弦楽器管楽器の音は主に基音と倍音から成り立っている(このような音を楽音と呼ぶ)ので、そのような場合には、倍音のそれぞれの強度の比が音色を決定すると言うことができる。

逆に、意図的に人声弦楽器管楽器の音に倍音以外の上音を混ぜ込むことによって、独特の音色を出すこともある。日本人にとって身近な例としては、三味線のサワリといわれる仕組みを挙げることができる。

実際の音にあっては、同じ音の高さ、同じ音の強さ、同じ(音響学的な意味での)音色が持続するということはあまりない。打ったりはじいたりして音を出した場合(楽器であってもそうでなくても)、音の出た瞬間が強くてそのあとは減衰する。実際にはそれだけでなく、音の高さや音色も特に音の出た直後に急激に変化することがわかっている。擦弦楽器や管楽器のように音を持続させるように作られた楽器であっても、音の出た瞬間には音が安定しないし、そもそも音が急速に強くなるという変化がある。

ヒトの聴覚は実際にはこういった変化も、音色の一部として聞き取っている。このような変化、特に音の強さの変化をエンベロープと呼び、電子楽器で音色を作るときの、重要な要素となっている。

また、ビブラートや、トレモロ装飾音などは、このことを実際の演奏に古くから応用させたものと言うことができるだろう。

声楽にあっては、歌詞による発音の違いも音色の違いに当たる。したがって、歌詞による音色の変化を作曲者が利用しようとした場合、歌詞を翻訳すると、その意図を十分に実現できないことが起こりうる。

また、基音は全ての音の支配的な周波数ではない。支配的な周波数は最も強く聞こえる周波数であり、それは基音の倍音である場合も多い。(フルートのD5以上の音など)

脚注

  1. ^ JIS Z 8106:2000 音響用語

関連項目

外部リンク


音楽
音楽史 | 

作曲 | 
  • 作曲家
  • 編曲家
  • 楽式
  • 記譜法
  • 楽譜
  • 歌詞
  • 作詞
  • 音楽理論 | 


    演奏 | 
  • 音楽家
  • 演奏者
  • 歌手
  • 指揮者
  • オーケストラ
  • バンド
  • 調律
  • ソルフェージュ
  • 絶対音感
  • 固定ド
  • 相対音感
  • 移動ド
  • 即興演奏
  • 演奏会
  • 音響機器
  • 舞台芸術

  • 楽器 | 
  • 発声
  • 古楽器
  • 弦楽器
  • 擦弦楽器
  • 撥弦楽器
  • 管楽器
  • 金管楽器
  • 木管楽器
  • 打楽器
  • 鍵盤楽器
  • 電気楽器
  • 電子楽器
  • 楽器分類学
  • 楽器分類別一覧
  • MIDI
  • 教育楽器

  • 主なジャンル | 
  • クラシック音楽
  • 賛美歌
  • ポピュラー音楽
  • ニューエイジ・ミュージック
  • ルーツ・ミュージック
  • ブラックミュージック
  • ダンス・ミュージック
  • ラウンジ・ミュージック
  • ゴスペル
  • ブルース
  • ジャズ
  • サイケデリック
  • ロックンロール
  • フォーク
  • ニューミュージック
  • シティ・ポップ
  • カントリー
  • タンゴ
  • リズム・アンド・ブルース
  • ロック
  • ソウル
  • ヒップホップ
  • レゲエ
  • スカ
  • フュージョン
  • クロスオーバー
  • イージーリスニング
  • ボサノヴァ
  • ファンク
  • ディスコ
  • テクノ
  • ユーロビート
  • ハウス
  • 実験音楽
  • 電子音楽
  • 環境音楽
  • ヘヴィメタル
  • パンク
  • ハードコア
  • オルタナティヴ
  • ノイズ
  • インダストリアル
  • テクノ
  • トランス
  • ジャングル
  • ドラムンベース
  • トリップ・ホップ
  • EDM
  • ヴェイパーウェイヴ
  • ゲーム音楽
  • アニメソング
  • BGM
  • 映画音楽
  • 演歌
  • 軍歌
  • 寮歌
  • 歌謡曲
  • 童謡
  • J-POP

  • 民族音楽 | 
  • アイヌ音楽
  • アイルランド音楽
  • アメリカ合衆国の音楽
  • アラブ音楽
  • アンゴラの音楽
  • イギリスの音楽
  • イヌイットの音楽
  • インドネシアの音楽
  • インドの伝統音楽
  • ウルグアイの音楽
  • 沖縄音楽
  • カーボベルデの音楽
  • 北アフリカの音楽
  • グリーンランドの音楽
  • ケルト音楽
  • コンゴ共和国の音楽
  • スコットランド音楽
  • 西洋音楽
  • 赤道ギニアの音楽
  • セルビアの音楽
  • チェコの音楽
  • 朝鮮の伝統音楽
  • トルコ音楽
  • 西サハラの音楽
  • パラグアイの音楽
  • バルカン半島の音楽
  • ハワイの音楽
  • 東ティモールの音楽
  • ブラジル音楽
  • ブルガリアの音楽
  • 邦楽
  • 民謡
  • モザンビークの音楽
  • ラテン音楽
  • ルーマニアの音楽
  • ロマ音楽
  • ワールドミュージック

  • 録音 | 
  • レコード会社
  • レコードレーベル
  • プロデューサー
  • レコーディング・エンジニア
  • マスタリング・エンジニア
  • サウンドデザイナー
  • シングル
  • EP盤
  • A面/B面
  • アルバム
  • カバー
  • リミックス
  • サンプリング
  • 音楽出版

  • メディア | 
  • 鑑賞
  • 蓄音機
  • レコード
  • CD
  • DVD-Audio
  • SACD
  • コンポーネントステレオ
  • MP3
  • 音声ファイルフォーマット
  • 音楽配信
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • ミュージカル映画
  • ミュージック・ビデオ
  • 音楽番組
  • 音楽ゲーム
  • 音楽雑誌
  • 音楽漫画
  • 音楽評論家

  • 一覧 | 
  • 音楽家
  • レコード会社
  • 欧文西洋音楽用語
  • 邦楽
  • クリスマス

  • 音楽学 | 
  • 音楽教育
  • 音楽心理学
  • 音楽社会学
  • 音楽療法
  • 音楽美学
  • 音楽民族学
  • 音響学
  • 電気音響工学
  • 音響心理学
  • 音声学
  • 音楽学者
  • RILM

  •  | 
  • 聴覚
  • 内耳神経
  • 一次聴覚野
  • 難聴
  • イヤーワーム
  • 音波
  • 音高
  • 周波数
  • 基本周波数
  • 倍音
  • 差音
  • 超音波
  • 低周波音
  • 騒音
  • 楽音
  • 音色
  • 純音
  • 正弦波
  • 音圧
  • デシベル
  • 音速
  • 振動
  • 波動
  • 現象
  • 無音

  • 関連項目 | 
  • 音楽の定義
  • 音楽の哲学
  • ムーサ
  • 時間
  • 空間
  • 芸能
  • 芸術

  • カテゴリ(一覧)
  • ポータル
  • プロジェクト


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/17 19:49

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「音色」の意味を投稿しよう
    「音色」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    音色スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「音色」のスレッドを作成する
    音色の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail