このキーワード
友達に教える
URLをコピー

飯島滋弥とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
千葉県香取郡吉田村(現:匝瑳市)
【生年月日】
(1918-10-11) 1918年10月11日
【没年月日】
(1970-08-09) 1970年8月9日(51歳没)
【身長
体重】
174 cm
71 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
内野手外野手
【プロ入り】
1946年
【初出場】
1946年4月27日
【最終出場】
1955年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • 東映フライヤーズ (1967 - 1969)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


飯島 滋弥(いいじま しげや、1918年10月11日 - 1970年8月9日)は、千葉県香取郡吉田村(現:匝瑳市吉田)出身の元プロ野球選手(内野手外野手)・コーチ監督解説者

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 年度別監督成績
    • 2.3 タイトル
    • 2.4 表彰
    • 2.5 記録
    • 2.6 背番号
  • 3 エピソード
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
  • 5 参考文献
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

旧制千葉中学校時代に甲子園へ二度出場。旧制慶應義塾大学に進学後は一塁を守り「百万ドルの内野陣」と謳われた。東京六大学リーグ通算38試合に出場し、112打数25安打、打率.223、1本塁打。卒業後は日立航空を経て、1946年セネタースへ入団。1年目から打率.312(7位)、本塁打12本(2位)の成績をあげたが、翌年以降は結果が出ず、フロントとの確執もあって1949年大映スターズへ移籍。この年は打率.293、本塁打25本を放ち主軸に返り咲く。1951年10月5日の対阪急戦(大須球場)では1回表に満塁ホームラン、7回表に満塁ホームランと3ランホームランの1イニング2本塁打の計3本の本塁打を放ち、1試合2満塁本塁打、1試合11打点、1イニング7打点の日本記録を打ち立てた。1952年に打率.336で首位打者のタイトルを獲得。1955年には南海ホークスへ移籍。同年限りで現役を引退。

引退後は、日本短波放送プロ野球ナイトゲーム中継」(1956年 - 1959年)、文化放送フジテレビニッポン放送ラジオ関東解説者として活動。1967年に一軍打撃コーチとして古巣・東映に復帰し、「月に向かって打て」という名言で大杉勝男をホームラン打者として大成させたことで知られる。1968年からは二軍監督を務めたが、同年シーズン途中で休養した大下弘監督に代わり後半からは監督代理を務めた。二軍監督に戻った1969年限りで退団。

1970年8月9日胃がんのため死去。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1946 | セネタース
東急
急映
 | 103 | 455 | 378 | 68 | 118 | 23 | 5 | 12 | 187 | 57 | 11 | 4 | 2 | -- | 72 | -- | 3 | 32 | -- | .312 | .426 | .495 | .921
1947 | 112 | 469 | 386 | 45 | 90 | 20 | 3 | 6 | 134 | 34 | 7 | 4 | 2 | -- | 75 | -- | 6 | 41 | -- | .233 | .366 | .347 | .713
1948 | 47 | 180 | 155 | 14 | 32 | 6 | 1 | 3 | 49 | 14 | 4 | 1 | 0 | -- | 24 | -- | 1 | 17 | -- | .206 | .317 | .316 | .633
1949 | 大映 | 122 | 494 | 423 | 70 | 124 | 29 | 2 | 25 | 232 | 84 | 4 | 3 | 1 | -- | 67 | -- | 3 | 46 | -- | .293 | .394 | .548 | .942
1950 | 111 | 484 | 423 | 78 | 136 | 20 | 2 | 27 | 241 | 77 | 12 | 2 | 0 | -- | 52 | -- | 9 | 44 | 19 | .322 | .407 | .570 | .977
1951 | 85 | 360 | 313 | 56 | 92 | 14 | 0 | 18 | 160 | 63 | 1 | 0 | 1 | -- | 44 | -- | 2 | 40 | 6 | .294 | .384 | .511 | .896
1952 | 119 | 495 | 411 | 68 | 138 | 19 | 5 | 13 | 206 | 59 | 2 | 1 | 1 | -- | 78 | -- | 5 | 31 | 15 | .336 | .447 | .501 | .949
1953 | 60 | 192 | 156 | 12 | 38 | 6 | 0 | 0 | 44 | 20 | 3 | 0 | 2 | -- | 29 | -- | 5 | 17 | 11 | .244 | .379 | .282 | .661
1954 | 121 | 491 | 418 | 44 | 109 | 18 | 0 | 10 | 157 | 61 | 4 | 6 | 3 | 5 | 58 | -- | 7 | 46 | 12 | .261 | .360 | .376 | .736
1955 | 南海 | 73 | 168 | 133 | 6 | 24 | 3 | 1 | 1 | 32 | 15 | 0 | 1 | 0 | 1 | 28 | 0 | 6 | 32 | 5 | .180 | .347 | .241 | .588
通算:10年 953 | 3788 | 3196 | 461 | 901 | 158 | 19 | 115 | 1442 | 484 | 48 | 22 | 12 | 6 | 527 | 0 | 47 | 346 | 68 | .282 | .391 | .451 | .842

年度別監督成績

年度
球団
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
1968 | 東映 | 6位 | 55 | 21 | 33 | 1 | .389
通算:1年 55 | 21 | 33 | 1 | .389

タイトル

表彰

記録

背番号

エピソード

亡くなる前日の8月8日に、飯島は後楽園球場のスタンドで、グラウンドにいた当時巨人監督の川上哲治と会話をしたという話がある。川上が同球場の監督室で飯島の訃報を聞いた際、居合わせた記者にその話をしたところ、誰もが「まさか」と思い、そのうちの一人が「胃癌で亡くなった人がその前日に球場に来ることができますか」と言ったが、川上は「会ったものは会った」と自説を譲らなかったという。これについて、同じくその場に居合わせた近藤唯之は著作の中で、「川上は嘘をつく人ではないし、第一こんなことで嘘をついても仕方ないので、飯島の最後の執念がそうさせたとしか思えない」と綴っている。

関連情報

出演番組

参考文献

脚注

  1. ^ 『シリーズにっぽんの高校野球 vol.8 関東編Ⅰ』(ベースボール・マガジン社) 73頁。ISBN 978-4-583-61575-2
  2. ^ 年度別成績 1946年
  3. ^ 年度別成績 1952年 パシフィック・リーグ
  4. ^ 『朝日新聞』1970年8月11日付夕刊 (3版、9面)
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」410ページ
  6. ^ 「背番号の運命」をはじめ、近藤の著作で飯島を取り上げたもの多数に記載あり。

関連項目

外部リンク

業績
日本プロ野球オールスターゲームMVP
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 森下整鎮, 金田正一, 張本勲
  • 1961 広瀬叔功, 田宮謙次郎
  • 1962 ブルーム, 張本勲
  • 1963 近藤和彦, 王貞治, 古葉毅
  • 1964 金田正一, J.マーシャル, J.スタンカ
  • 1965 D.スペンサー, 高倉照幸, 江藤慎一
  • 1966 広瀬叔功, 榎本喜八, 古葉竹識
  • 1967 土井正博, 長池徳二, 大杉勝男
  • 1968 江藤慎一, 柴田勲, 小池兼司
  • 1969 土井正博, 船田和英

  • 1970年代 | 
  • 1970 長池徳二, 江夏豊, 遠井吾郎
  • 1971 江夏豊, 長池徳二, 加藤秀司
  • 1972 野村克也, 阪本敏三, 池田祥浩
  • 1973 若松勉, 福本豊, 山崎裕之
  • 1974 高井保弘, 福本豊, 張本勲
  • 1975 山本浩二, 松原誠, 土井正博
  • 1976 有藤道世, 門田博光, 吉田孝司
  • 1977 若松勉, 野村克也, 王貞治
  • 1978 A.ギャレット, 簑田浩二, 掛布雅之
  • 1979 王貞治, B.マルカーノ, 山本浩二

  • 1980年代 | 
  • 1980 岡田彰布, 平野光泰, 江夏豊
  • 1981 藤原満, 掛布雅之, 山倉和博
  • 1982 福本豊, 柏原純一, 掛布雅之
  • 1983 門田博光, 梨田昌崇, 落合博満
  • 1984 簑田浩二, ブーマー, 江川卓
  • 1985 高木豊, W.クロマティ, 松永浩美
  • 1986 山本和範, 清原和博, 吉村禎章
  • 1987 高沢秀昭, 石毛宏典, 清原和博
  • 1988 ブーマー, 岡田彰布, 正田耕三
  • 1989 村田兆治, 彦野利勝

  • 1990年代 | 
  • 1990 R.ブライアント, 清原和博
  • 1991 古田敦也, 広沢克己
  • 1992 石井浩郎, 古田敦也, 駒田徳広
  • 1993 清原和博, T.オマリー
  • 1994 秋山幸二, G.ブラッグス
  • 1995 落合博満, 松井秀喜
  • 1996 山本和範, 清原和博, 金本知憲
  • 1997 松井稼頭央, 清原和博
  • 1998 川上憲伸, 松井秀喜
  • 1999 松井秀喜, R.ローズ, 新庄剛志

  • 2000年代 | 
  • 2000 R.ペタジーニ, 山崎武司, 清原和博
  • 2001 松井稼頭央, R.ペタジーニ, 中村紀洋
  • 2002 G.アリアス, 的山哲也
  • 2003 高橋由伸, 金本知憲
  • 2004 松坂大輔, SHINJO
  • 2005 金城龍彦, 前田智徳
  • 2006 青木宣親, 藤本敦士
  • 2007 A.ラミレス, 阿部慎之助
  • 2008 山崎武司, 荒木雅博
  • 2009 青木宣親, 松中信彦

  • 2010年代 | 
  • 2010 阿部慎之助, 片岡易之
  • 2011 畠山和洋, 中村剛也, 稲葉篤紀
  • 2012 中村紀洋, 前田健太, 陽岱鋼
  • 2013 澤村拓一, 新井貴浩, 内川聖一
  • 2014 B.エルドレッド, 柳田悠岐
  • 2015 藤浪晋太郎, 會澤翼
  • 2016 筒香嘉智, 大谷翔平
  • 2017 内川聖一, A.デスパイネ
  • 2018 森友哉, 源田壮亮


  • パシフィック・リーグ首位打者
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 榎本喜八
  • 1961 張本勲
  • 1962 ブルーム
  • 1963 ブルーム
  • 1964 広瀬叔功
  • 1965 野村克也
  • 1966 榎本喜八
  • 1967 張本勲
  • 1968 張本勲
  • 1969 永淵洋三, 張本勲

  • 1970年代 | 
  • 1970 張本勲
  • 1971 江藤慎一
  • 1972 張本勲
  • 1973 加藤秀司
  • 1974 張本勲
  • 1975 白仁天
  • 1976 吉岡悟
  • 1977 有藤道世
  • 1978 佐々木恭介
  • 1979 加藤英司

  • 1980年代 | 
  • 1980 L.リー
  • 1981 落合博満
  • 1982 落合博満
  • 1983 落合博満
  • 1984 ブーマー
  • 1985 落合博満
  • 1986 落合博満
  • 1987 新井宏昌
  • 1988 高沢秀昭
  • 1989 ブーマー

  • 1990年代 | 
  • 1990 西村徳文
  • 1991 平井光親
  • 1992 佐々木誠
  • 1993 辻発彦
  • 1994 イチロー
  • 1995 イチロー
  • 1996 イチロー
  • 1997 イチロー
  • 1998 イチロー
  • 1999 イチロー

  • 2000年代 | 
  • 2000 イチロー
  • 2001 福浦和也
  • 2002 小笠原道大
  • 2003 小笠原道大
  • 2004 松中信彦
  • 2005 和田一浩
  • 2006 松中信彦
  • 2007 稲葉篤紀
  • 2008 リック
  • 2009 鉄平

  • 2010年代 | 
  • 2010 西岡剛
  • 2011 内川聖一
  • 2012 角中勝也
  • 2013 長谷川勇也
  • 2014 糸井嘉男
  • 2015 柳田悠岐
  • 2016 角中勝也
  • 2017 秋山翔吾
  • 2018 柳田悠岐


  • パシフィック・リーグ ベストナイン(外野手)
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 田宮謙次郎, 張本勲, 山内和弘
  • 1961 田宮謙次郎, 張本勲, 山内和弘
  • 1962 張本勲, 山内一弘, 吉田勝豊
  • 1963 張本勲, 広瀬叔功, 山内一弘
  • 1964 高倉照幸, 張本勲, 広瀬叔功
  • 1965 張本勲, 広瀬叔功, 堀込基明
  • 1966 高倉照幸, 張本勲, 毒島章一
  • 1967 土井正博, 長池徳二, 張本勲
  • 1968 G.アルトマン, 土井正博, 張本勲
  • 1969 長池徳二, 永淵洋三, 張本勲

  • 1970年代 | 
  • 1970 G.アルトマン, 長池徳二, 張本勲
  • 1971 門田博光, G.アルトマン, 長池徳二
  • 1972 長池徳二, 張本勲, 福本豊
  • 1973 長池徳二, 張本勲, 福本豊
  • 1974 D.ビュフォード, 張本勲, 福本豊
  • 1975 佐々木恭介, 白仁天, 弘田澄男
  • 1976 門田博光, 弘田澄男, 福本豊
  • 1977 門田
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/14 10:13

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「飯島滋弥」の意味を投稿しよう
    「飯島滋弥」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    飯島滋弥スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「飯島滋弥」のスレッドを作成する
    飯島滋弥の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail