このキーワード
友達に教える
URLをコピー

駒澤大学とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2018年5月)
【駒澤大学】

駒沢校舎本部棟前

駒澤大学 (東京都区部および多摩地域)
東京都区部および多摩地域の地図を表示
駒澤大学 (日本)
日本の地図を表示

【大学設置】
1925年
【創立】
1592年
【学校種別】
私立
【設置者】
学校法人駒澤大学
【本部所在地】
東京都世田谷区駒沢一丁目23番1号
北緯35度37分44秒 東経139度39分29.1秒 / 北緯35.62889度 東経139.658083度 / 35.62889; 139.658083座標: 北緯35度37分44秒 東経139度39分29.1秒 / 北緯35.62889度 東経139.658083度 / 35.62889; 139.658083
【キャンパス】
駒沢(東京都世田谷区)
玉川(東京都世田谷区)
深沢(東京都世田谷区)
【学部】
仏教学部
文学部
経済学部
法学部
経営学部
医療健康科学部
グローバル・メディア・スタディーズ学部
【研究科】
人文科学研究科
経済学研究科
商学研究科
法学研究科
経営学研究科
医療健康科学研究科
グローバル・メディア研究科
法曹養成研究科
【ウェブサイト】
駒澤大学公式サイト

駒澤大学(こまざわだいがく、英語: Komazawa University)は、東京都世田谷区駒沢一丁目23番1号に本部を置く日本私立大学である。1925年に設置された。大学の略称駒大(こまだい)、駒澤(こまざわ)。

目次

  • 1 概観
    • 1.1 大学全体
    • 1.2 建学の精神
    • 1.3 教育および研究
    • 1.4 学風および特色
  • 2 沿革
    • 2.1 略歴
    • 2.2 年表
  • 3 基礎データ
    • 3.1 所在地
    • 3.2 象徴
    • 3.3 校歌・応援歌
    • 3.4 スクールカラー
  • 4 教育・研究
    • 4.1 組織
      • 4.1.1 学部
      • 4.1.2 研究科
      • 4.1.3 専門職大学院
      • 4.1.4 研究所
    • 4.2 教育
      • 4.2.1 大学教育・学生支援推進事業
      • 4.2.2 大学生の就業力育成支援事業(就業力GP)
      • 4.2.3 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業
      • 4.2.4 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
    • 4.3 社会貢献
      • 4.3.1 公開講座
      • 4.3.2 日曜講座
      • 4.3.3 スポーツフェスティバルin玉川
      • 4.3.4 駒澤大学クリーンキャンペーン
  • 5 学生生活
    • 5.1 クラブ・サークル
      • 5.1.1 体育会(40団体)
      • 5.1.2 文化部(23団体)
      • 5.1.3 任意団体(107団体)
      • 5.1.4 その他団体(2団体)
    • 5.2 体育会所属団体の主な功績
      • 5.2.1 陸上部
      • 5.2.2 硬式野球部
      • 5.2.3 サッカー部
      • 5.2.4 空手部
      • 5.2.5 ボクシング部
    • 5.3 文化部の主な功績
      • 5.3.1 吹奏楽部
    • 5.4 学園祭
  • 6 大学関係者と組織
    • 6.1 大学関係者一覧
    • 6.2 大学関係者組織
  • 7 施設
    • 7.1 キャンパス
      • 7.1.1 駒沢キャンパス
        • 7.1.1.1 本部棟
        • 7.1.1.2 駒澤大学百周年記念講堂
        • 7.1.1.3 法科大学院棟
        • 7.1.1.4 大学会館246
        • 7.1.1.5 コミュニティ・ケアセンター
      • 7.1.2 玉川キャンパス
        • 7.1.2.1 部室棟
      • 7.1.3 深沢キャンパス
        • 7.1.3.1 深沢キャンパス120周年アカデミーホール
    • 7.2 セミナーハウス・厚生寮
    • 7.3 学生寮
    • 7.4 学生食堂
    • 7.5 売店
  • 8 対外関係
    • 8.1 他大学との協定
      • 8.1.1 国内
        • 8.1.1.1 大学コンソーシアム
        • 8.1.1.2 大学院学生交流協定
      • 8.1.2 国外
        • 8.1.2.1 国際交流協定校
    • 8.2 関係校
    • 8.3 姉妹校
  • 9 附属校
    • 9.1 現附属校
      • 9.1.1 高等学校
    • 9.2 旧附属校
      • 9.2.1 大学
      • 9.2.2 専門学校
      • 9.2.3 高等学校
      • 9.2.4 幼稚園
  • 10 社会との関わり
  • 11 脚注
  • 12 参考文献
  • 13 外部リンク

概観

道元禅師
曹洞宗の開祖
1200年 - 1253年

大学全体

駒澤大学は、日本の仏教宗派の一つである曹洞宗1592年(文禄元年)に設立した吉祥寺の学寮(吉祥寺会下学寮)を起源とする旃檀林(1657年命名)が発展した大学である。また駒澤キャンパスがある駒沢大学駅周辺は、高級住宅街があり都内でも有数の治安の良い地域 であるとされる。

建学の精神

駒澤大学の建学の精神は、「仏教」の教えと「」の心を現代的教育に活かしてゆくことを、建学の理念としている。

仏教は、物事を正しく理解する「智慧」を獲得し、それを「慈悲」の心で周囲に役立てることを目指す。しかし、それらは外だけに向けられるものではなく「智慧」も「慈悲」も、自己を離れては存在しえない。そこで、本来の自己を見つめる「禅」の心が活きてくる。己れの、内と外、体と心、それらをひとつにして道をきわめてゆくことを、道元は「身心学道」と表現した。駒澤大学はいわば、この「身心学道」を、現代社会において実践しようとしている大学である。駒澤大学が養成しようとしているのは、常に本来の自己にたちかえりつつ、最新の学問を修め、現代の社会に活かしていく人材である。

駒澤大学の建学の理念をわかりやすく表現した言葉として、「行学一如」と「信誠敬愛」がある。

行学一如
修行(実行・実践)と修学(学問・研究)は一体で、互いに影響し合って発展していくという禅の思想に由来する言葉。
信誠敬愛
大乗仏教に説く自利と利他の精神を敷衍して、自己を磨くには、誠の心をもってし、他者のために尽くすには、深い慈しみの心をもってすべきということ。

教育および研究

駒澤大学は創設の経緯から仏教学部を設置し、純粋な仏教研究を行う仏教学科と、日本では2つしか設置されていない学科を設けている。

近年では、平成15年(2003年)に日本唯一の医療健康科学部を開設し、診療放射線技師の育成を行っている。

平成18年(2006年)には、グローバル・メディア・スタディーズ学部を開設し、世界を舞台に活躍できる語学力と情報リテラシーを備え、メディアコンテンツの本質を深く理解し駆使する力を備えた人材の育成に取り組んでいる。またこれは日本で一番長い学部名としても有名である。

学風および特色

スポーツで有名であり、主に陸上サッカー野球ボクシング空手が盛んである。

文化部では、吹奏楽部の活躍が目覚ましい。

沿革

(沿革節の主要な出典は公式サイト)

略歴

駒澤大学は、文禄元年(1592年)に駿河台吉祥寺に創設された学林を起源とする。禅の実践と仏教の研究、漢学の振興を目的としていた。明暦3年(1657年)に吉祥寺駒込に移転し、中国の名僧であった陳道栄が旃檀林と命名した(この名は、現在の校歌にもうたわれている)。

その後、吉祥寺学寮を中心にして青松寺学寮(獅子窟)と泉岳寺学寮を統合した曹洞宗大学林専門学本校(明治15年(1882年)10月15日開校)、曹洞宗大学(明治38年(1905年)改称)を経て、大学令に基づく旧制の駒澤大学(大正14年(1925年)改称)へと発展し、このとき寺院の子弟以外にも広く門戸を開放している。

栴檀の花
駒澤大学の門柱
大正7年(1918年)に建てられた
かつては「曹洞宗大学」と刻まれていた
黙仙寮跡
大正15年(1926年)に建設された学生寮の碑
献鐙碑
明治23年(1890年)に現在の港区六本木に建てられた碑。志半ばで病に早逝した学僧を哀れみ、献鐙を点じ魂を慰めた
覚仙坦山老之碑
明治27年(1894年)に建てられた原坦山老之を偲ぶ碑

年表

基礎データ

駒沢校舎入口

所在地

象徴

校歌・応援歌

スクールカラー

教育・研究

組織

学部

研究科

専門職大学院

研究所

教育

文部科学省に採択された教育プロジェクトには、次のものがある。

大学教育・学生支援推進事業

学生の人間力の向上をはかり、1年次生から将来に向けたキャリアプランを確立させることを目指し、職員、教員ならびに学生の3主体連携に基づいた就職支援に取り組む。
学生主体:内定を得た学生の自主的グループによる下級年次生へのアドバイス、グループディスカッションを中心とした「就職活動集中セミナー」の実施。
職員主体:学生のキャリアプランの確立を支援する「ガイダンス」の開催、キャリアカウンセラーによる個別相談、企業の人事担当者と面談をする「学内合同企業説明会」等の実施。
各学部の教員との連携により各主体間の協働を促し、学生の「就職活動実践力」を鍛え、経済、社会の発展に貢献できる人材育成を目指す。教育課程のキャリア教育と組み合わせて、キャリア教育の推進を図ることが期待される。

大学生の就業力育成支援事業(就業力GP)

この取組は、1.大学4年間にわたる就業力教育体系の評価・改善、2.学生自身が身につけるべき力に気づき、自発的に就業力を磨くための仕組み、3.キャリア教育の各科目の評価・改善をもとに、新しい就業力教育体系を経済学部・グローバル・メディア・スタディーズ学部で試行し、その評価・改善を通じて就業力育成教育を確立することを目的とする。

産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業

産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が地域ごとに共同して地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体等と産学協働のための連携会議を形成して取組を実施することにより、社会的・職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組の充実が図られるよう国として財政支援を行うことにより、幅広い職業人養成に比重を置く大学の機能別分化に資することを目的とする。

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

この取組は、医療健康科学研究科において採択され、がんの手術療法、放射線療法、化学療法その他のがん医療に携わるがん専門医療人を養成する大学の取組を支援することを目的として実施される。

社会貢献

公開講座

公開講座」も参照
現役の教員、名誉教授、非常勤講師が、聴講者の要望を受けつつ、その時々のトピックスにも配慮したテーマの講座を開いている。

日曜講座

昭和37年(1962年)に発足した坐禅と講義による公開講座。「本講座は、地域社会の人々に、本学が親しみ易い大学となり、家族そろって仏教(禅)を身近に生活し体験するうちに人間的教養も高まり、幸福な家庭を築きあげるよう努めることにある」(「講座開講のねがい」より)とあり、現在、駒澤大学禅研究所が中心となって講座を運営している。

スポーツフェスティバルin玉川

平成22年(2010年)より、近隣との交流を深め、駒澤大学そして駒澤大学体育会サークルがどのような活動を行っているか発表することを目的として、小・中学生を対象としたスポーツ教室を開催している。

駒澤大学クリーンキャンペーン

体育会部活の学生・教職員が協力し、定期的に駒澤大学周辺の道路の清掃活動を行っている。

学生生活

クラブ・サークル

駒澤大学には、2017年4月時点で、体育会(40団体)、文化部(23団体)、任意団体(107団体)、その他団体(2団体)、計172団体がある。

体育会(40団体)

学生スポーツの興起と学内体育の振興、並びに所属団体間の親睦、交流、調整を目的に学内のスポーツ系団体(1競技1団体)が加盟している。いずれも競技団体ごとの連盟に駒澤大学体育会所属団体として登録し、公式試合に臨んでいる。

文化部(23団体)

文化・芸術・学術・芸能等のサークル活動を通じて、人間形成および学生生活の向上をはかることを目的としている。

昭和47年度以前に創立された伝統ある文化サークルの集団である。

任意団体(107団体)

昭和48年度以降に設立されたサークルである。体育会や文化部に比べ、歴史が浅い団体がこれに分類されている。その他、学術研究を目的とする課外ゼミ形式の団体もこれに含まれる。内訳は、研究・学習系の任意団体が29団体[語学系3団体、福祉系4団体、歴史系10団体、文学系6団体、その他6団体]、交流系の任意団体が2団体、スポーツ系の任意団体が48団体[テニス系12団体、野球系10団体、武道系3団体、サッカー系2団体、バスケットボール系5団体、スキー・スノーボード系2団体、オールラウンド系5団体、その他(陸上、水泳、バドミントン、バレーボール、バスケットボール、卓球、ダンス)9団体]、映画・舞台・放送系の任意団体が3団体、音楽系の任意団体が7団体、旅行・アウトドア系の任意団体が7団体、趣味・その他の任意団体が15団体である。

その他団体(2団体)

通常のサークルとは異なり、学生機関としての役割を担う団体がこれに属している。所属しているのは、体育会に所属するすべての団体からの派遣委員によって構成されている、体育会本部と、卒業アルバムの編集・作成を行う学生卒業アルバム委員会である。

体育会所属団体の主な功績

陸上部

東京箱根間往復大学駅伝競走出雲全日本大学選抜駅伝競走全日本大学駅伝対校選手権大会の学生三大駅伝で、日体大とともに全国大学最多タイの計21回の優勝を誇る。

箱根駅伝では、総合優勝6回。このうち、2002年から2005年にかけて、史上5校目(中大日体大日大順大・駒大)となる総合4連覇を達成した。

出雲駅伝では、1997年1998年で2連覇し、計3回の優勝を誇る。

全日本大学駅伝対抗選手権大会(インカレ)では、初の全国制覇が1998年で計12回優勝を誇り、2011年から2014年にかけて、史上初の大会4連覇を成し遂げた。

硬式野球部

硬式野球部東都大学野球連盟に加盟している。2015年現在、春と秋合わせて1部リーグで27回優勝している。また、全日本大学野球選手権大会優勝6回、明治神宮野球大会大学の部優勝4回となっている。

サッカー部

サッカー部は昭和6年(1931年)創立。関東大学サッカーリーグ戦5部からスタートし、後に1部昇格。1990年代に入り着実に力をつけ、強豪校の仲間入りを果たした。サッカー部出身者については駒澤大学の人物一覧を参照の事。

尚全日本大学サッカー選手権における2004-2006年にかけての3連覇は大会史上4校目(単独での3連覇は早稲田大学以来2校目)、総理大臣杯の2004-2006年にかけての3連覇は大会史上初である。

空手部

空手部は昭和23年(1948年)創立。昭和23年に同好の士が集い、昭和26年に西山英峻師範が就任する。空手道部のOB会である峻空会が組織されている。これまでに、幾多の学生優勝者を輩出している。

ボクシング部

ボクシング部は昭和44年(1969年)創立。平成20年(2008年)の北京オリンピックには清水聡選手が出場した。

出典:wikipedia
2019/09/19 19:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「駒澤大学」の意味を投稿しよう
「駒澤大学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

駒澤大学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「駒澤大学」のスレッドを作成する
駒澤大学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail