このキーワード
友達に教える
URLをコピー

高梨裕稔とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
千葉県茂原市
【生年月日】
(1991-06-05) 1991年6月5日(28歳)
【身長
体重】
187 cm
90 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2013年 ドラフト4位
【初出場】
2015年5月3日
【年俸】
3,600万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


高梨 裕稔(たかなし ひろとし、1991年6月5日 - )は、千葉県茂原市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 日本ハム時代
    • 1.3 ヤクルト時代
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

野球を始めたのは小学2年生の時。内野手だった中学生時代には、公式戦で安打を1本しか放てなかった影響で、下級生にレギュラーの座を奪われかけた時期があったという。

千葉県立土気高等学校への進学直後には、友人からの誘いでサッカーへの挑戦を考えたものの、結局野球部へ入部。1年時の夏までは三塁手だったが、監督の勧めで、1年時の秋から投手へ転向した。在学中は春夏ともに甲子園球場での全国大会へ出場できなかったが、投手転向の直後は122km/hだったストレートの最高球速が、3年時には142km/hを計測。3年夏の全国高等学校野球選手権千葉大会で自身の投球を見た高橋一三からの誘いで、当時高橋が硬式野球部の監督を務めていた山梨学院大学へ進学した。

大学時代にはヤクルトスワローズの投手だった伊藤彰コーチや高橋の指導によって、関甲新学生野球のリーグ戦で活躍。3年時の春季リーグ戦には、読売ジャイアンツ (ファーム)との練習試合への登板中に右肘の違和感を訴えたことから、大事を取って登板しなかった。3年時の秋季リーグで実戦に復帰すると、延長15回にまで及んだ平成国際大学との初戦に、先発で168球を投げて完投勝利を達成。この勝利を皮切りに、5勝1敗という成績で、ベストナイン・最多勝利・最優秀防御率のタイトルを手にした。リーグ戦では、通算26勝を記録するとともに、ベストナインと最多勝利を2度ずつ獲得。4年時の6月に大学野球日本代表の合宿へ参加すると、チーム内の練習試合で主力打者を完璧に抑えたことを機に、NPB球団のスカウトから注目されるようになった。

2013年のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから4巡目で指名。契約金4,000万円、年俸780万円(金額は推定)という条件で入団した。担当スカウトは川名慎一で、背番号は39

日本ハム時代

2014年には、イースタン・リーグ公式戦17試合に登板し、1勝8敗1セーブ、防御率4.90で一軍公式戦への登板機会がなく、推定年俸760万円(20万円減)で契約更改する。

2015年には、5月3日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で先発投手として一軍にデビューした。しかし、3回1/3を投げて4失点を喫した末に敗戦投手になった。結局、一軍公式戦全体では2試合の登板で0勝1敗に終わった。その一方で、イースタン・リーグの公式戦には21試合へ登板。チームトップ(リーグ2位)の11勝を挙げるとともに、投球回数(114回2/3)がリーグ2位、防御率(3.38)がリーグ4位に達した。

2016年には、前年までの一軍公式戦通算投球回数が7回1/3であったことから、大卒での入団3年目ながらNPBの規定で新人王の有資格者とみなされていた(当該項に詳述)。レギュラーシーズンでは、救援要員として初めての開幕一軍入りを果たすと、5月までの一軍公式戦23試合の救援登板で2勝2敗1ホールドを記録した。6月8日の対広島東洋カープ戦(札幌ドーム)からは、先発に再び転向。この試合で一軍での先発初勝利を挙げると、先発ローテーションの一角へ定着するとともに、チームのパシフィック・リーグ(パ・リーグ)優勝に大きく貢献した。レギュラーシーズン通算では、10勝2敗1ホールド、防御率2.38を記録。先発への転向後は、8月13日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天Koboスタジアム宮城)で一軍初の完投勝利を完封で挙げるなど、14試合の登板ながら8勝無敗という好成績でレギュラーシーズンを終えた。ポストシーズンでは、福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第4戦(10月15日)および広島との日本シリーズ第4戦(10月26日、いずれも札幌ドーム)で先発を任されたが、いずれも自身に勝利は付かなかった。しかし、新人王の受賞資格を有するパ・リーグの投手ではただ1人レギュラーシーズンで2桁勝利(10勝)を挙げたことなどが高く評価されたため、日本シリーズの終了後にはパ・リーグの新人王に選ばれた。記者投票(総数255票)では楽天の1年目の野手である茂木栄五郎が116票を集めたが、高梨は131票を集めて茂木を僅差で抑えた。記者投票で同時に2名に100票以上入った事例は過去にもなかった。また、NPBの新人王を入団1年目以外の有資格者が受賞した事例は、2012年榊原諒以来5年振り12人目。入団3年目以上の有資格者が受賞した事例は、2002年正田樹(いずれも受賞時点では日本ハムに所属)以来14年振り5人目であった。ただし、高校以外のアマチュア球界からNPBの球団へ新たに入った選手が有資格者として入団3年目で受賞した事例は史上初めてである。

2017年には、4月4日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で、レギュラーシーズン一軍の今年度、初登板・初先発・初勝利を記録。次に先発で登板した4月11日の対ソフトバンク戦で敗戦投手になったため、前年途中から続いていたレギュラーシーズンにおける自身の連勝が10で止まったものの、5月2日の対ロッテ戦で自身2度目の一軍公式戦完封勝利を挙げた。その後の先発登板試合で2連敗を喫するなど調子を落としたことから、同月下旬に救援要員へ再転向。5月26日の対ソフトバンク戦(いずれも札幌ドーム)では救援登板で勝利投手になったが、セ・パ交流戦以降は先発に復帰している。

2018年は開幕から先発ローテーションに入り前半戦5勝5敗ながらローテーションを守っていたが、初登板と三回目の登板以外は全て失点しまう等不安定な投球が目立ち、8月登板した2試合では立て続けに大量失点してしまった為に二軍落ち。結局シーズン中の1軍復帰はできずシーズンでは18試合に登板し、5勝7敗防御率4.50で被本塁打はリーグワースト21本を記録。契約更改でも現状維持の3600万円でサインし不安定なシーズン内容に巻き返しを誓っていた。。 その僅か6日後の2018年12月11日、秋吉亮谷内亮太との2対2での交換トレードにより、太田賢吾とともに東京ヤクルトスワローズへの移籍が発表された。

ヤクルト時代

2019年は先発投手として期待され、開幕3戦目の対阪神タイガース戦に先発登板し見事移籍初先発初勝利を飾った。その後2連敗したものの、4月28日の対広島カープ5回戦で本拠地初勝利を記録すると、そこから先発で3連勝を記録したが次第に前年同様に不安定な投球が目立ち2連敗を記録。交流戦では古巣の日本ハム戦に先発登板したが、勝敗はつかなかったものの4回を投げ3失点で二軍落ち。交流戦が明けて一軍復帰したが全く勝てず連敗は5まで続き、8月半ばには中継ぎに配置転換された。9月1日の対中日ドラゴンズ22回戦にて、先発のアルバート・スアレスが急遽降板し二番手で登板して勝利投手となり連敗は5で止まった。シーズンでは前年同様の5勝7敗だったが、防御率は自己ワーストの6.23を記録してチームの投手陣の崩壊に足並みを揃える結果となってしまった。

選手としての特徴

大学ではピッチングを基本から学ぶ。その結果、ストレートは140キロ台中盤に達し、タテに大きく割れるカーブとのコンビネーションでリーグ戦通算26勝をマークするまでに成長した。 その他キレのあるフォークボールや、スライダーを投じる。プロ入り後の最速は151km/h。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2015 | 日本ハム | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 31 | 7.1 | 5 | 1 | 3 | 0 | 1 | 7 | 0 | 1 | 5 | 3 | 3.68 | 1.09
2016 | 37 | 14 | 1 | 1 | 1 | 10 | 2 | 0 | 1 | .833 | 439 | 109.2 | 79 | 6 | 36 | 0 | 4 | 86 | 0 | 0 | 30 | 29 | 2.38 | 1.05
2017 | 22 | 18 | 1 | 1 | 0 | 7 | 7 | 0 | 0 | .500 | 504 | 117.1 | 110 | 13 | 40 | 1 | 3 | 100 | 6 | 1 | 51 | 48 | 3.68 | 1.28
2018 | 18 | 18 | 1 | 0 | 0 | 5 | 7 | 0 | 0 | .417 | 459 | 110.0 | 110 | 21 | 28 | 1 | 3 | 78 | 2 | 0 | 61 | 55 | 4.50 | 1.25
2019 | ヤクルト | 21 | 14 | 0 | 0 | 0 | 5 | 7 | 0 | 0 | .417 | 358 | 78.0 | 90 | 13 | 34 | 0 | 4 | 82 | 7 | 0 | 56 | 54 | 6.23 | 1.59
通算:5年 100 | 65 | 3 | 2 | 1 | 27 | 24 | 0 | 1 | .529 | 1791 | 422.1 | 394 | 54 | 141 | 2 | 15 | 353 | 15 | 2 | 203 | 189 | 4.03 | 1.27

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
投手
【試

合】















2015 | 日本ハム | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2016 | 37 | 4 | 9 | 1 | 1 | .929
2017 | 22 | 3 | 15 | 0 | 0 | 1.000
2018 | 18 | 4 | 15 | 1 | 1 | .950
2019 | ヤクルト | 21 | 3 | 12 | 0 | 1 | 1.000
通算 100 | 16 | 51 | 2 | 3 | .971

表彰

記録

投手記録
打撃記録

背番号

脚注

  1. ^ 小関順二『プロ野球スカウティングレポート2014』廣済堂出版、2014年、242頁。ISBN 978-4-331-51810-6。
  2. ^ 『2014プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、101頁。ISBN 978-4-905411-17-8。
  3. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月14日閲覧。
  4. ^ 高梨裕稔・右腕 ~幼少の夢叶う~北海道日本ハムファイターズに入団 「一軍で勝つ」を目標に新たな夢へ”. 山梨学院大学 (2013年12月6日). 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ 『2014プロ野球カラー名鑑2014』ベースボール・マガジン社、2014年、135頁。ISBN 978-4-583-62082-4。
  6. ^ 日本ハム高梨「少しは親孝行できた」両親前で3勝目”. 日刊スポーツ (2016年6月8日). 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ 日本ハム・高梨 プロ初完投初完封で7勝目!あるぞ新人王” (2016年8月13日). 2017年6月3日閲覧。
  8. ^ 栗山監督、CS初先発の高梨に「球は悪くなかった」”. 日刊スポーツ (2016年10月15日). 2016年12月1日閲覧。
  9. ^ 【日本シリーズ】日本ハム・高梨 5回1失点も5四球を反省”. 東京スポーツ (2016年10月26日). 2016年12月1日閲覧。
  10. ^ 日本ハム高梨裕稔がパ最優秀新人賞「まさか自分が」”. 日刊スポーツ (2016年11月28日). 2016年12月1日閲覧。
  11. ^ 日本ハム・高梨、連勝10で止まる・・・"転倒ボーク"はかかとが地面に引っかかる”. サンケイスポーツ (2017年4月11日). 2017年6月27日閲覧。
  12. ^ 日本ハム 11得点で大勝 高梨が完封勝利” (2017年5月2日). 2017年6月8日閲覧。
  13. ^ 日本ハム高梨は現状維持「一言で悔しいシーズン」 - 日刊スポーツ、2018年12月05日掲載、同日閲覧
  14. ^ 移籍の高梨「経験生かして」太田「レベルアップを」 - 日刊スポーツ、2018年12月11日掲載、同日閲覧
  15. ^ ヤクルト高梨、移籍後初勝利 6回3安打1失点「強気に攻められた」 - スポニチアネックス、2019年4月01日掲載、
  16. ^ ヤクルト高梨本拠初勝利 大学時代から神宮勝利熱望 - 日刊スポーツ、2019年4月28日掲載、
  17. ^ 山学大エース高梨がプロ志望届 大学で進化、3球団注目”. 山梨日日新聞WEB版. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  18. ^ http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170908-OHT1T50228.html

関連項目

外部リンク

東京ヤクルトスワローズ 2019 - 2020
監督 | 
22 高津臣吾

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 88 池山隆寛(監督)
  • 73 福地寿樹(チーフ)
  • 72 小野寺力(投手)
  • 84 松岡健一(投手)
  • 78 大松尚逸(打撃)
  • 85 畠山和洋(打撃)
  • 95 土橋勝征(内野守備走塁)
  • 80 緒方耕一(外野守備走塁)
  • 87 福川将和(バッテリー)

  • 投手 | 
  • 12 石山泰稚
  • 13 中尾輝
  • 14 高梨裕稔
  • 15 大下佑馬
  • 16 原樹理
  • 17 清水昇
  • 18 寺島成輝
  • 19 石川雅規
  • 20 近藤一樹
  • 24 星知弥
  • 26 坂本光士郎
  • 28 ブキャナン
  • 29 小川泰弘
  • 34 山田大樹
  • 37 マクガフ
  • 38 梅野雄吾
  • 40 市川悠太
  • 43 スアレス
  • 47 高橋奎二
  • 48 金久保優斗
  • 53 五十嵐亮太
  • 54 中澤雅人
  • 56 鈴木裕太
  • 61 久保拓眞
  • 62 田川賢吾
  • 64 風張蓮
  • 67 平井諒
  • 68 山中浩史
  • 99 蔵本治孝

  • 捕手 | 
  • 30 西田明央
  • 32 松本直樹
  • 52 中村悠平
  • 57 古賀優大
  • 59 大村孟
  • 63 井野卓

  • 内野手 | 
  • 00 奥村展征
  • 0 藤井亮太
  • 1 山田哲人
  • 3 西浦直亨
  • 5 川端慎吾
  • 10 荒木貴裕
  • 36 廣岡大志
  • 39 宮本丈
  • 46 太田賢吾
  • 55 村上宗隆
  • 66 吉田大成

  • 外野手 | 
  • 8 中山翔太
  • 9 塩見泰隆
  • 23 青木宣親
  • 31 山崎晃大朗
  • 41 雄平
  • 42 坂口智隆
  • 49 渡邉大樹
  • 50 上田剛史
  • 51 濱田太貴
  • 65 田代将太郎

  • 育成選手 | 
  • 117 松本友(内野手)
  • 118 内山太嗣(捕手)


  • パシフィック・リーグ新人王
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1961 徳久利明
  • 1962 尾崎行雄
  • 1965 池永正明
  • 1967 高橋善正
  • 1969 有藤通世

  • 1970年代 | 
  • 1970 佐藤道郎
  • 1971 皆川康夫
  • 1972 加藤初
  • 1973 新美敏
  • 1974 三井雅晴
  • 1975 山口高志
  • 1976 藤田学
  • 1977 佐藤義則
  • 1978 村上之宏
  • 1979 松沼博久

  • 1980年代 | 
  • 1980 木田勇
  • 1981 石毛宏典
  • 1982 大石大二郎
  • 1983 二村忠美
  • 1984 藤田浩雅
  • 1985 熊野輝光
  • 1986 清原和博
  • 1987 阿波野秀幸
  • 1988 森山良二
  • 1989 酒井勉

  • 1990年代 | 
  • 1990 野茂英雄
  • 1991 長谷川滋利
  • 1992 高村祐
  • 1993 杉山賢人
  • 1994 渡辺秀一
  • 1995 平井正史
  • 1996 金子誠
  • 1997 小坂誠
  • 1998 小関竜也
  • 1999 松坂大輔

  • 2000年代 | 
  • 2001 大久保勝信
  • 2002 正田樹
  • 2003 和田毅
  • 2004 三瀬幸司
  • 2005 久保康友
  • 2006 八木智哉
  • 2007 田中将大
  • 2008 小松聖
  • 2009 攝津正

  • 2010年代 | 
  • 2010 榊原諒
  • 2011 牧田和久
  • 2012 益田直也
  • 2013 則本昂大
  • 2014 石川歩
  • 2015 有原航平
  • 2016 高梨裕稔
  • 2017 源田壮亮
  • 2018 田中和基
  • 2019 高橋礼

  • 記述のない年は該当者なし

    北海道日本ハムファイターズ - 2013年ドラフト指名選手
    指名選手 | 


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/09 03:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「高梨裕稔」の意味を投稿しよう
    「高梨裕稔」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    高梨裕稔スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「高梨裕稔」のスレッドを作成する
    高梨裕稔の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail