このキーワード
友達に教える
URLをコピー

髭男爵とは?

テレビ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、DVDやBlu-rayなどでの販売や公式なネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。
髭男爵
HIGEDANSHAKU


【メンバー】
ひぐち君
山田ルイ53世
【結成年】
1999年
【事務所】
サンミュージックプロダクション
【活動時期】
1999年 -
【出身】
NSC東京校3期(山田)
【現在の活動状況】
テレビ・ライブなど
【芸種】
漫才
【ネタ作成者】
山田ルイ53世
【過去の代表番組】
エンタの味方!
恋友GET大作戦
キネマルネッサンス あ〜や城
おもいッきりDON!1025
など
【同期】
フットボールアワーなど
【公式サイト】
公式プロフィール

髭男爵(ひげだんしゃく)は、日本漫才コンビである。サンミュージックプロダクション所属。

目次

  • 1 メンバー
    • 1.1 過去のメンバー
  • 2 略歴
    • 2.1 コンビ結成まで
    • 2.2 事務所所属からブレイクまで
  • 3 芸風
  • 4 受賞歴
  • 5 出演
    • 5.1 現在のレギュラー
    • 5.2 過去のレギュラー
    • 5.3 テレビドラマ
    • 5.4 レギュラー以外の出演
    • 5.5 テレビアニメ
    • 5.6 ラジオ
    • 5.7 映画
    • 5.8 DVD
    • 5.9 CM・広告活動
    • 5.10 プロモーションビデオ
    • 5.11 CD
  • 6 作品
    • 6.1 DVD
    • 6.2 書籍
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 外部リンク

メンバー

山田ルイ53世(やまだルイ53せい)
本名:山田 順三(やまだ じゅんぞう、 (1975-04-10) 1975年4月10日(44歳))。身長168センチメートル体重120キログラム血液型O型。主にツッコミ担当。男爵キャラとしてはパリシャンゼリゼ通り出身、ソルボンヌ大学卒業を自称。
実際は兵庫県三木市出身で、六甲中学校に進学するが、中学2年生の夏頃から引きこもりになり、中途退学。引きこもりは20歳まで続く。大学入学資格検定を経て愛媛大学法文学部の夜間主コースに入学大学時代に友人と漫才コンビを組むも解散、大学2年の途中で退学し上京、東京NSC3期生となる。NSC時代の相方ははいじぃ。旧芸名は「ピュアぞー」。単独で『R-1ぐらんぷり』にも出場している。2011年8月8日、一般女性と結婚。8月8日が「髭の日」だったことから、夫人からの提案でこの日に結婚することが決まった。翌2012年7月4日に第1子長女、2019年6月11日に第2子次女が誕生。2014年夏より女性アイドルグループまどもあ54世」のプロデュースを手がける。特技は「勇気」。
ひぐち君(ひぐちくん)
本名:樋口 真一郎(ひぐち しんいちろう、 (1974-02-12) 1974年2月12日(45歳))。身長175センチメートル、体重60キログラム、福岡県福岡市城南区出身。血液型はB型福岡県立修猷館高等学校(高校1年で留年)、関西学院大学社会学部卒業。卒業後大手企業に就職するも1か月で退職し、お笑い芸人を志す。主にボケ担当。
中学校の先輩にカンニング竹山がいる。竹山が同じ事務所で身内に不幸な事情がある芸人を集めたグループ・竹山軍団のメンバーである。2010年2月28日の第4回東京マラソンで完走。
自宅ではウサギを数羽飼っており、自身のブログにはそのウサギについての記事ばかりが書かれている。
2015年3月15日に一般女性と結婚。
2015年11月にワインエキスパートの資格を取得。

過去のメンバー

市井昌秀(いちい まさひで)
(1976-04-01) 1976年4月1日(43歳)、富山県出身。髭男爵結成以前は中西哲夫(現笑い飯)とコンビ「スキップ」を組んでいた。ネタの方向性が合わず髭男爵を1999年脱退し、東京乾電池の研究生を経た後に映画監督に転身。

略歴

コンビ結成まで

樋口が大学の3回生の頃一緒に旅行に行っていた仲間内でお笑いをやろうと盛り上がり、その時友人が「コイツもお笑いやりたいって」と連れてきたのが市井だった。

樋口たちのグループは学園祭などに出ていたがそれだけでは飽き足らず、休みに深夜バスで上京しお笑い事務所のオーディションに参加する。結果は芳しくなかったが、余程楽しかったのか就職も決まり時間に余裕のある4回生時に再び上京し、ブレイクもの!(フジテレビ)のオーディションに参加し合格。

テレビ出演を叶えた樋口は「あれ‥‥‥お笑い行けるんじゃ?」と舞い上がるものの一旦押さえつけて大学卒業後は就職先の下着メーカーの研修に励んでいた。そんな時に市井から「やっぱり、お笑いやらない?」と電話があり、退職し上京。実は市井は4回生を休学し一足先に上京して東京NSCに入学し半年足らずで辞めたものの、東京に残り続け樋口たちの再度の上京にも合流、共にテレビ出演を果たしていた。

当初は樋口、市井、ツッコミ担当の友人の3人で活動する算段だったが、ツッコミ担当が最後の最後で真っ当な会社員の道を選び離脱した。2人に暗雲が立ち込めるが、市井はツッコミが上手いやつがいるとNSCの同期であった山田を誘いに樋口と山田のアパートへ尋ねに行った。

当時の山田は市井に遅れること数か月NSCを辞め、フリーのピン芸人として活動していたが、実態は小さなライブに一度か二度出ただけで、月に何度かのネタ見せ以外は最低限の食を確保するために日雇いの肉体労働に精を出す毎日であった。結局その場では答えを出さなかったが、1か月後2人の申し出を受けることになる。3人で幾つかの事務所のネタ見せに挑むがライブに出演できたのは一度きりであった。山田が早くも気持ちが萎え始めていた頃、樋口と山田を引き合わせた市井が音を上げて脱退、コンビとなる。

トリオ名「髭男爵」は、市井が決めた。樋口らの大学時代から続く言わば"名跡"だが、愛着のない山田はコンビ名変更を申し出るものの「まぁ、字画とか良いらしいから‥‥‥」と樋口は要領の得ない説得をし、喧嘩をするのが面倒なのでそのままになった。

事務所所属からブレイクまで

共通の知人を介して知り合った仲でしかなかった2人であったが辛うじて共有していたものもあった。女性人気の出そうな市井が抜け、華のない2人となったことはマズイという危機感である。実際ライブのオーディションでも華のなさつまりキャラの薄さにため息を吐かれている。

見た目だけでもメリハリをつけるために、山田は凹凸感を出すためにと15cmの厚底ブーツに真っ赤なパンタロンを樋口に買わせた。山田も身を削っており樋口と同じく小鼻のわきにあった黒子を「こんな〝黒子被り〟、売れない!」と極貧にも拘らず借金してまで除去している。「今、〝親子漫才〟が居ない!」と閃いた山田は樋口を養子にしようと検討したこともある。

ある程度色々なライブに出演できるようになると、現事務所サンミュージックのゴングショーに挑戦することになった。これは3回ライブに勝ち抜けば事務所所属の交渉権を獲得出来るもので髭男爵は何故か4回勝ち抜かねばならず、挙句勝ち抜けばマネージャー陣は誰も欲しがらず「可哀想だから‥‥‥」と同情票が一票入り事務所預かりとなった。今も昔もサンミュージック所属の芸人はスカウトが基本でお情けで入所したのは髭男爵だけとのこと。その後電波少年に山田1人で出演し、苛酷なロケに1年耐え帰国したものの鳴かず飛ばずで状況は一転しなかった。

丁度この頃コントから漫才に転向し思いの外ウケた。特徴のない普通の漫才であったが、方向性は間違っておらず後はオリジナリティー、キャラだと自信を深めた。そして、くりぃむしちゅー上田晋也から「髭でも男爵でもないじゃない」と突っ込まれたことなどを機に、2004年の夏頃から「キャラつけないと売れない」と山田がコンビ名を体現するように男爵風の衣装をまとい、髭を生やしてネタをするようになった。当時はひぐち君は一般人のスタイルで、貴族に庶民が振り回されるというものだった(執事のスタイルになったのは2005年から)。

2006年M-1グランプリで準決勝に進出し、敗者復活戦にて強烈な印象を残す。M-1 の評判が届いたのかエンタの神様からオファーが舞い込むが、多少仕事は増えたがブレイクには程遠く、3回で出演終了。事務所の後輩の小島よしおが大ブレイクしダークホースと持ち上げていたマネージャー陣も関心を無くした。それを救ったのが爆笑レッドカーペットで2007年の暮れに出演すると翌年の2008年よりテレビ出演が急増。バラエティ番組やCMへの出演の他、同年秋にはラジオにて冠番組『髭男爵 ルネッサンスラジオ』(文化放送)も始まった。

芸風

主に漫才を行う。

山田が燕尾服シルクハットという近世ヨーロッパ貴族のような衣装、ひぐち君は緑地の召使いの衣装をまとい、ワイングラスを片手に舞台に上がる。山田はにこやかに笑いながら登場する。グラスの中身は、通常は安くて色がよいという理由でファンタグレープである。山田が中腰の姿勢から腰を起こしながらグラスを掲げ、「ルネッサ〜ンス! どうも貴族です」と声高らかに言うのが挨拶及び基本ギャグ。集団トーク番組などで席のスペースに余裕がなく、ワイングラスを持っていない場合は仕草だけで済ませることもある。

漫才では、ひぐち君のボケに対して、山田が「〜やないかーい」と言いながらワイングラスを合わせるツッコミを入れるというのが基本パターン。漫才中、ひぐち君が真面目あるいは深刻な話をしてネタを変える時、山田が「事情が変わった」と言い、流れを転換する。

また2010年頃には、山田が大御所演歌歌手「髭島三郎」(ひげじま さぶろう)に扮し、ひぐち君がそのマネージャー役に扮したコントも行っていたが、現在は封印している。

受賞歴

出演

現在のレギュラー

髭男爵
山田のみ

過去のレギュラー

髭男爵
山田のみ
ひぐち君のみ

テレビドラマ

髭男爵
山田のみ
ひぐち君のみ

レギュラー以外の出演

髭男爵
山田のみ
ひぐち君のみ

テレビアニメ

ラジオ

映画

DVD

山田のみ
ひぐち君のみ

CM・広告活動

山田のみ

プロモーションビデオ

ひぐち君のみ

CD

作品

DVD

書籍

脚注

注釈

  1. ^ 音の響きと余韻のキレの良さから、東洋佐々木ガラスの「HSハードストロング レセプション ボルドー」(610ml)を使用。
  2. ^ 当人たちは「貴族のお漫才」と称する
  3. ^ ワイングラスをあわせる芸風であるが故に、2008年6月放送の「OSAKA漫才ヴィンテージ」では、ネタ中にワイングラスが疲労破損する事故も起きている。割れたグラスを床に置き、ツッコミはハイタッチをしてネタを続行した。
  4. ^ ネット局は年度ごとに変更。
  5. ^ 本来は3月27日までの予定だったが、東北地方太平洋沖地震の影響で当該放送分の収録が不可能になったため、1週早い3月20日放送分で終了した。

出典

  1. ^ カンパイオトコ 2012年8月22日より
  2. ^ 山田ルイ53世『一発屋芸人列伝』新潮社、2018年、218頁
  3. ^ 髭まかせ #22 (2013年5月14日公開)より(YouTube:OHW Plus SunMusic Channel)
  4. ^ “引きこもりからの栄光なき受験が糧に 髭男爵・山田さん”. 朝日新聞デジタル. (2015年1月18日). http://www.asahi.com/articles/ASH1D6GW3H1DUEHF014.html?iref=comtop_6_04 2015年1月18日閲覧。
  5. ^ はいじぃ研究所 (2005年7月28日). “元相方”. 2008年7月2日閲覧。
  6. ^ 髭男爵・山田ルイ53世が“ひげの日”に入籍(ORICON、2011年8月8日)
  7. ^ “髭男爵・山田ルイ53世に第1子女児誕生”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年7月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2013862/full/ 2019年6月11日閲覧。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/10/20 15:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「髭男爵」の意味を投稿しよう
「髭男爵」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

髭男爵スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「髭男爵」のスレッドを作成する
髭男爵の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail