このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鳥人間コンテスト選手権大会とは?

【ジャンル】
スポーツ
【放送時間】
毎年8月または9月
19:00 - 20:54(114分)
【放送期間】
1977年8月7日 - 2008年9月15日
2010年9月24日 - 現在(41回)

【放送国】
日本
【制作局】
讀賣テレビ放送(大会主催)
【出演者】
放送への出演者を参照
【音声】
ステレオ放送
【字幕】
文字多重放送
【データ放送】
番組連動データ放送
エンディング
歴代イメージソングを参照
【外部リンク】
公式サイト

鳥人間コンテスト選手権大会』(とりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい、英称:JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN RALLY)は、讀賣テレビ放送主催による人力飛行機の滞空距離及び飛行時間を競う競技会。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 開催中止
  • 2 歴史
    • 2.1 放送日・開催日
    • 2.2 歴代イメージソング
  • 3 2009年開催中止の余波
  • 4 テレビ放送
  • 5 ルール
  • 6 大会の競技部門
  • 7 各大会の優勝者・記録
    • 7.1 滑空機部門
    • 7.2 滑空機部門フォーミュラクラス
    • 7.3 人力プロペラ機ディスタンス部門
    • 7.4 人力プロペラ機タイムトライアル部門
    • 7.5 レディース部門
    • 7.6 人力ヘリコプター部門
  • 8 事故
  • 9 放送への出演者
  • 10 著名人の参加
  • 11 スタッフ
    • 11.1 第41回(2018年)
    • 11.2 過去のスタッフ
  • 12 関連商品
  • 13 関連項目
  • 14 脚注
    • 14.1 注釈
    • 14.2 出典
  • 15 外部リンク

概要

1977年滋賀県近江八幡市宮ヶ浜水泳場で第1回が開催されて以降、毎年7月に滋賀県彦根市琵琶湖を舞台に開催され、1980年(第4回)以降は同市内にある松原水泳場を会場としている。その模様は、讀賣テレビ制作・日本テレビ系列全国ネット特別番組として放送されている。

参加団体や関係者からは、省略して「鳥コン」とも呼ばれる。

初期のテレビ放送では、タイトルの頭に「飛べ、栄光の大空へ!」というキャッチコピーが付けられていた。第34回(2011年)以降は「飛ばなきゃならない理由(ワケ)がある!」をキャッチコピーにしている。

当初は『びっくり日本新記録』内の1競技として、同番組で第1回が放送され、第2回から単独番組となった。尚、第1回は「鳥人間コンテスト日本大会」(とりにんげんコンテストにほんたいかい)、第2回 - 第4回は「鳥人間コンテスト世界大会」(とりにんげんコンテストせかいたいかい)というタイトルだった。尚、「鳥人間」は讀賣テレビの登録商標(商標登録番号第4776282号)である。又、第21回から第35回までの放送では、大会イメージソングを年替わりで設定していた(後述)。

参加チームについては、大会の規模が大きくなるにつれて、個人参加から大学のクラブ・サークル単位による参加が主流になっている。学生時代にパイロットやスタッフとして当大会へ参加した社会人が「鳥人間OB」として独自にチームを結成したり、出身校や他チームにノウハウや経験を伝えたりすることも多い。近年の放送では、日本以外の国から参加するチームや、著名人が番組・所属事務所単位で挑戦するチームにも焦点を当てている。

2010年には岩谷産業が創業80周年記念で特別協賛として参加したため『Iwataniスペシャル 第33回鳥人間コンテスト選手権大会』(イワタニスペシャル だい33かいとりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい)というタイトルで実施した。2011年以降も、岩谷産業が特別協賛を務めているため『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト(西暦)』(イワタニスペシャル とりにんげんコンテスト)として開催されている。又、2010年以降の大会では、社内で結成した「Iwananiクリーンエネルギーチーム」が他の出場者と同じ条件で滑空機部門に参加している。

開催中止

#2009年開催中止の余波」も参照

2018年までの時点で開催を全面的に中止した年は、1997年(第21回)、2009年の2回である。1997年は台風9号が会場付近を直撃したため、大会史上初めての全面中止に至った。2009年には前年のリーマン・ショック(2008年9月15日)発生以降に急速に悪化した世界金融危機により讀賣テレビの広告収入が減少したことに加え、地デジの設備投資などに伴う全社的な経費削減、安全性の向上を目的とした人力飛行機離陸用仮設プラットフォームの設計変更などを理由に中止に踏み切った。しかし、大会の復活を望む意見が全国の出場希望者から讀賣テレビへ多数寄せられたことから、翌年より再開された。

歴史

放送日・開催日

大会と収録を毎回、7月下旬から8月上旬までの間に実施。近年は、収録から1 - 2ヶ月後に、大会のダイジェスト番組を放送している。

【回数】
【放送日】
開催日
第1回 | 1977年8月7日14日 | 1977年7月2日
第2回 | 1978年9月7日 | 1978年7月21日
第3回 | 1979年9月1日 | 1979年7月20日
第4回 | 1980年8月9日 | 1980年7月19日
第5回 | 1981年9月3日 | 1981年8月8日
第6回 | 1982年9月23日 | 1982年8月7日
第7回 | 1983年9月22日 | 1983年8月6日
第8回 | 1984年9月20日 | 1984年8月4日
第9回 | 1985年9月19日 | 1985年8月3日
第10回 | 1986年9月4日 | 1986年8月2日
第11回 | 1987年8月6日 | 1987年8月1日
第12回 | 1988年8月18日 | 1988年7月30日
第13回 | 1989年8月10日 | 1989年7月29日
第14回 | 1990年8月16日 | 1990年8月4日
第15回 | 1991年8月15日 | 1991年8月3日
第16回 | 1992年8月20日 | 1992年8月1日
第17回 | 1993年9月9日 | 1993年7月31日
第18回 | 1994年8月6日 | 1994年7月30日
第19回 | 1995年8月5日 | 1995年7月29日
第20回 | 1996年8月3日 | 1996年7月27日
(第21回) | (1997年8月2日) | (1997年7月26日)
第22回 | 1998年9月5日 | 1998年7月31日 - 8月1日
第23回 | 1999年8月28日 | 1999年7月30日 - 31日
第24回 | 2000年8月12日 | 2000年7月28日 - 29日
第25回 | 2001年8月4日 | 2001年7月27日 - 28日
第26回 | 2002年8月31日 | 2002年7月27日 - 28日
第27回 | 2003年9月6日 | 2003年7月26日 - 27日
第28回 | 2004年8月28日 | 2004年7月31日 - 8月1日
第29回 | 2005年9月19日 | 2005年7月16日 - 17日
第30回 | 2006年9月22日 | 2006年7月22日 - 23日
第31回 | 2007年9月6日 | 2007年7月28日 - 29日
第32回 | 2008年9月15日 | 2008年7月26日 - 27日
2009年は開催中止
第33回 | 2010年9月24日 | 2010年7月24日 - 25日
第34回 | 2011年8月19日 | 2011年7月30日 - 31日
第35回 | 2012年8月27日 | 2012年7月28日 - 29日
第36回 | 2013年9月4日 | 2013年7月27日 - 28日
第37回 | 2014年9月3日 | 2014年7月26日 - 27日
第38回 | 2015年9月2日 | 2015年7月25日 - 26日
第39回 | 2016年8月31日 | 2016年7月30日 - 31日
第40回 | 2017年8月23日 | 2017年7月29日 - 30日
第41回 | 2018年8月29日 | 2018年7月28日

歴代イメージソング

 | 
この節の加筆が望まれています。

※がついている曲は開催年と発表された年が異なる楽曲である。

【年】
【回数】
【曲】
【アーティスト】
備考
1996年 | 第20回 | 終わらない夢に | TUBE | 
1997年 | 第21回 | 大空へ | FIELD OF VIEW | 大会が台風9号による荒天のため中止となった影響で、本曲はシングルとしての発売が見送られた。
1998年 | 第22回 | 1万メートルの景色 | 小松未歩 | 大会開催前の人力プロペラ機ディスタンス部門の記録が9,761.56mであり、タイトルを「1万メートルの景色」としたが、この大会の記録は23,688.24mであった。
2006年 | 第30回 | 風になって | 森山直太朗 | 
2007年 | 第31回 | 空はまるで | MONKEY MAJIK | 元はヨコハマタイヤのイメージソング。
2008年 | 第32回 | 旅人 ※ | ケツメイシ | 
2010年 | 第33回 | 風のカプセル | GIRL NEXT DOOR | 
2011年 | 第34回 | Rising Sun | EXILE | 東日本大震災復興支援チャリティーソング
2012年 | 第35回 | ブルーバード ※ | いきものがかり | 元はテレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の第3期オープニングテーマ。
2015年 | 第38回 | ワタリドリ/Dracula La | [Alexandros] | 
2016年 | 第39回 | Fly high!! | BURNOUT SYNDROMES | 

2009年開催中止の余波

讀賣テレビの広告収入の減少及び設備投資による制作費の見直しによって2009年の開催は中止となったが、正式なプレスリリース発表後にエントリーを予定していたチームや長年大会を応援してきたファンや視聴者から多数の問い合わせや応援の声、抗議などが読売テレビに寄せられた。中には寄付金を募るから開催して欲しいという声が寄せられたほか、毎年参加して記録を更新しているチームがライバル同士という垣根を越えて連絡を取り合うといった事例が報告されている。これらの声に応えるため、讀賣テレビ及び鳥人間コンテスト実行委員会は2010年の開催を決定した。

なお、鳥人間コンテスト選手権大会は毎年彦根市の夏の一大イベントとなっていることから、彦根市は2009年の開催中止を受けて『バードマン・サマー2009』を開催し、鳥人間検定、大会の歴史をたどるパネル展示、紙飛行機づくり教室などの催しが行われた。

テレビ放送

大会の模様は木曜日の『木曜スペシャル』(1979年 - 1993年)→土曜日の『スーパースペシャル』(1994年 - 2003年)→『THEスペシャル!』(2004年)で放送されてきた。単発特別番組枠終了後は、毎年秋の番組改編期(主に平日が中心)に単発特別番組として放送されている。番組VTRについては、基本として制作局の読売テレビ(ytv)が大阪の本社から送出しているが、過去には東京の日本テレビが送出を担当したことも数回ある。

2007年に3年ぶりとなる単発特別番組枠『モクスペ』が木曜19時 - 20時54分に編成され、当番組と同じくytvが制作している『ベストヒット歌謡祭』と同様に同枠で放送されたが、2008年は19時台がytv制作枠(『月曜19時アニメアワー』、後の『アニメ☆7』)にあたる月曜日に放送された。2009年は開催中止のため、放送されなかった。2010年2011年金曜日に放送されたが、2012年は2008年以来4年ぶりに月曜日で放送された(月曜20時台が日本テレビ系同時ネット枠となるテレビ宮崎でも同時ネット)。2013年以降は水曜日に放送されているが、火曜日日曜日に放送されたことは一度もない。また、2007年から地上デジタル放送ではデータ放送も実施している。

2008年からは従来の通常番組のスポンサーから特別セールスに変更され、2010年では岩谷産業が特別協賛社になったことに伴い岩谷産業をメインとした複数スポンサーとなった。

2007年は地上波での第31回の放送のほか、CS放送の日テレプラス&サイエンス(現・日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ)にて第27回(2003年)・第29回(2005年)・ 第30回(2006年)の模様も再放送された。

2003年は当時阪神タイガースが首位だったため、ytvはローカルで阪神戦を放送し、本番組は後日に改めて放送された(讀賣テレビ以外の系列局(テレビ宮崎を除く)は「裏送り」の形で通常通り放送された)。

2006年にはイメージテーマソングに森山直太朗の『風になって』を起用し、第30回を記念して『鳥人間コンテスト 30th ANNIVERSARY DVD-BOX』が同年10月6日に発売された。

放送の間には飛行機が残って飛行士だけフライト台から転落してしまう、風にあおられたプロペラ飛行機が180度旋回して順番待ちの飛行機に衝突して壊してしまうなどハプニングも多々あった(これらの飛行士はいずれも失格となった)。

クロスネット局福井放送テレビ大分テレビ宮崎へのネットの有無は、放送される曜日の枠やスポンサーセールス等の関係上年度により異なる。福井放送ではクロスネットに該当する時間帯が限定的なため基本的に毎回同時放送を行っている。2012年は放送日が月曜日に当たったため、以上の3局では同時ネットを実施した。2015年にはテレビ宮崎が、フルネット局での放送日(水曜日)の深夜(日付の上では翌日)に時差ネットで放送している。

日本テレビ系列局のない沖縄県では、琉球放送2016年5月28日に『鳥人間コンテスト2015』を放送。日本テレビ系列局での本放送から8か月後の放送であった。

2017年には、地上波で8月23日に第40回のダイジェスト番組を放送したほか、CS放送のファミリー劇場で第32回(2008年)・第34回(2011年)・第35回(2012年)・第38回(2015年)のダイジェスト番組を再放送。制作局のytvでは、第40回のダイジェスト番組で公開しなかったシーンを中心に構成した特別編集版を、本放送の11日後(9月3日)の15:25 - 17:00に放送している。

2018年には、ytvの開局60周年特別企画として、8月29日にダイジェスト番組を放送した。

ルール

大会のルールは毎回少しずつ改定されており、毎年公式ルールブックが発行される。主な規定には発進時の規定、プラットフォームの標準数値、競技エリア、機体に対する制限などがある。初期はハンググライダーの改良型程度だった参加機も徐々に高性能化が進み、新型機の登場や大記録が出るとその都度ルールの改定が行われている。

大会に出場する機体は、書類審査によって決定される。第37回大会(2014年)までは、フライト中のパイロットの表情や声を放送に反映させる目的で、出場許可の下りた機体の一部に番組スタッフがオンボードカメラとボイスレコーダーを装着していた。第38回大会(2015年)からは、装着の対象を出場全チームの機体に拡大。この拡大を機に、出場を希望するチームには、書類選考で提出する機体の設計図にオンボードカメラの装着位置を記載することを求めている。

出場許可の下りた機体には、審査の合格を示す「OK」のステッカーを配布。このステッカーを貼った機体のみ、大会へ出場できる。失念してしまい貼っていなかった場合や、故意に剥がすなどでステッカーの欠落が発覚した場合は失格となる。

機体の発進はプラットフォーム上の審判員が「ゲート、オープン!」と言って白旗を上げれば可能となる。下述するとおり、白旗が上がっていない時に発進すると、不正スタートとみなされて失格となる。

失格・措置
機体の発進の際に白旗が上がったことを確認せずに不正スタートした場合、危険な飛行と審査員が判断した場合や勧告無視の場合、飛行距離が限界に達し中止の勧告に従わなかった場合(後述)、プラットフォームから競技者およびその補助者が転落(競技者が2人以上の場合は誰かが転落、故意による落下・落水行為も含む)した場合、陸上に墜落した場合、飛行中に部品等が落下した場合は飛行距離に関係なく失格となる。
機体がプラットフォームへ到達し、離陸態勢に入る直前に、不運にも致命的な不具合が生じた場合は、審判長が競技者およびその補助者に勧告し、納得させた上で機体を湖上に落とす措置を指示することができる。納得行かない場合は機体を引き揚げることも可能。この場合、勧告を受けたチームは棄権として記録される。
プラットフォームを離陸後、何らかのアクシデントでパイロット(競技者)が機体から転落した際は、その転落地点が公式記録となる(機体がその先まで飛行しても、その距離は記録されない)。
スタート直後の墜落や測定に支障の生じた場合は、記録は測定不能となる。この場合は会場の電光掲示板には「0m」と表示され、場内アナウンスでは「測定不能」と放送される。
機体を撃墜しようとする妨害行為も禁止され、行った場合は重い処分が科せられる。
折り返しルール
従来はプラットフォームから着水地点までの距離が記録となっていたが、第27回(2003年)に人力プロペラ機部門で日本大学理工学部サークル・航空研究会のMöwe20(メーヴェ20)が約34kmという現会場での事実上の限界記録(松原水泳場→琵琶湖大橋間)を出した。
この際の経緯は以下の通りである。
  • まず東北大(この年3位)が進路を北に向け対岸まで達したが、安全を考えそこで着水させた。
  • 日本大チームは、1位を狙い、北より長距離飛べる南へと進路を向けた。
  • その結果、当時の最長地点にあたる琵琶湖大橋付近までの飛行に成功。
  • だが、琵琶湖大橋付近への到着は当時の運営の想定外であり、しかも、パイロットの体調に問題なく、高度も安定していたため、本来失格となる琵琶湖大橋通過の可能性が浮上しつつあった。そのため、運営は安全を重視し、急きょ機体を着水させる勧告が出された。
  • しかし、パイロットは納得がいかず、そのまま通過する意気込みで飛行していたが最終的に説得に応じ着水。
    • 本来は最初の勧告無視の時点で、規則違反で失格となっていたが、新記録であったことや琵琶湖大橋到着まで若干の猶予があったため、説得が認められ、運営による失格の判断も保留となっていた。
  • その後に東工大も同様に南へと進路をとり、1位には及ばなかったが2位。
この時、運営は想定より長距離になった場合の飛行を考慮していないという問題が露呈した。そう言った経緯から、折り返し飛行のルールが登場した。制式決定前には「25km地点で折り返すことで、50km飛行も可能」という情報も流れたりしたが、最終的に第28回(2004年)から「18km地点(沖島)での折り返しを認める」というルールの制定で落ち着いた。折り返し飛行のルールだが、第28回を例とした場合、18kmを超えると大音響のサイレンが鳴り折り返しが可能になり、往復に成功すれば、第27回を上回る36kmの最長記録が出せるようになるというものである。
なおこれは折り返しを義務付けるものではなく、従来通り琵琶湖大橋や琵琶湖北端に向かうことも可能である。この場合の記録は、単純にプラットフォームからの距離となる。琵琶湖大橋越え・潜りや地上飛行は失格となるため、手前で飛行を打ち切らなければならないので折り返した場合より最長記録は短くなる。しかし気象条件などにより折り返しはリスクが高い場合もあり、参加者の判断が勝敗を左右することになる。
長距離飛行に備えて第28回から18km地点の折り返し飛行が導入されたが、折り返しには成功しても完全制覇者はなかなか現れなかった。しかし、遂に第32回(2008年)にて、18km地点の折り返し飛行に成功し完全制覇した者が現れた。この時は折り返し実施後、プラットフォーム付近へ到着し設定されたエリアに着水させてゴールとした。これ以降、ルール面では、スタートでの再度の折り返しは認めず、その時定められた折り返し地点での旋回に成功しプラットフォーム付近への着水をもって「ゴール=大会記録」という方針が確立されることとなった。距離については第36回大会(2013年)以降は、20km地点を折り返し地点に変更し、第32回の記録を上回れるようにした。ただし、完全制覇は滅多に出ないことから、従来通り最長距離を飛行したチームが優勝となるのが基本である。
第40回大会(2017年)では、社会人チーム「BIRDMAN HOUSE伊賀」パイロットの渡邊悠太が、20km地点の折り返し飛行のルール下で初めて40km完全制覇に成功。大会記録(放送上は「40km完全制覇」)に認定された。この時には、以下のルールを適用したうえで、「BIRDMAN HOUSE伊賀」の優勝を確定させている。
  • 渡邊を乗せた機体が折り返しに成功した末に、プラットフォーム付近まで到達したため、設定されたエリアでの着水によってゴールと認定した。渡邊の後にも数チームが飛行を予定していたため、以降に飛行したチームのパイロットが40km完全制覇を達成した場合には、渡邊の飛行時間(フライトタイム)から1秒でも下回ることを逆転優勝の条件に定めていた。しかし、該当するチームが出なかったため、全出場機のフライト終了後に「BIRDMAN HOUSE伊賀」の優勝が確定した。
第41回大会(2018年)からは、一筆書きによって三角形を描くようなルートで最長60kmまで飛行することを想定したうえで、プラットフォームの北方に位置する竹生島にも折り返しポイントを設定。プラットフォーム - 竹生島間(19km)を「北ルート」、プラットフォーム - 沖島間(20km)を「南ルート」として、ルートと折り返しポイントを全て通過したうえでプラットフォームへ帰還できた場合に「60km完全制覇」と認定する。
賞金・優勝賞品
大会の部門ごとに、優勝チームへ100万円、2位のチームへ30万円、3位のチームへ20万円が贈られる。
2010年からは、スポンサーの岩谷産業が、自社製品の一部を優勝チームの副賞に提供している。以前は、大会事務局から優勝チームに対して、海外旅行の目録が贈られていた。

大会の競技部門

人力飛行機の技術開発の進展や番組の放送形態の変化に伴い、競技部門は開催年度によって大きく変化している。

第2回(1978年)に人力プロペラ機がエントリーしたが、コミックエントリーとして扱われた。実際にまともな飛行性能はなかった。その後、飛距離が伸びる人力プロペラ機が出現し、第10回(1986年)に競技部門は滑空機部門と人力プロペラ機部門に分けられ、以後は滑空機と人力プロペラ機は一緒に競技することはなくなった。

第28回(2004年)から滑空機部門については機体の制限値がある「フォーミュラ」と、それがない「オープン」の2つのクラスに分けて行う。

人力ヘリコプター部門についてはプラットフォームから安全な離陸ができない恐れを考慮し、第27回(2003年)をもって廃止された。

人力プロペラ機部門では第27回(2003年)で34kmの限界点に達したため、第29回(2005年)からは18km地点での折り返しが導入された。当初は前回の第28回(2004年)でのルール変更の予定だったが、天候不良により人力プロペラ機部門が競技不成立だったため、事実上この回からのルール変更となった。第32回(2008年)大会では36kmの限界点に達した為、第33回大会(2010年)から20km地点での折り返しに変更された。第40回大会(2017年)で、渡邊悠太が40kmの限界点に初めて到達。第41回大会(2018年)からは、最長60kmのフライトへ対応できるように、折り返し点を2ヶ所に増やしている。

人力プロペラ機タイムトライアル部門は所定のコース(往復コース)をフライトするのに掛かった時間を競うもので、第30回(2006年)において初めて実施された。第32回(2008年)までは1km地点で折り返すルールだったが、いずれの大会も完走できたのは1チームのみであった。第33回(2010年)より、半分の500m地点での折り返しに変更され、初めて複数のチームが完走した。

各大会の優勝者・記録

各部門の太字になっている記録は現在の大会記録。

滑空機部門

【回数】
【開催日】
【記録】
【優勝】
備考
【操縦者】
所属団体
01回 | (1977年7月02日) | 082.44m | 岡良樹 | 東京ハングライダークラブ | 優勝機設計は本庄季郎
(一式陸上攻撃機設計者)
02回 | (1978年7月21日) | 079.78m | 大平英二 | ニューウィングス | 
03回 | (1979年7月20日) | 088.53m | 島根俊夫 | 日本自作航空機連盟 | 
04回 | (1980年7月19日) | 101.60m | 鈴木正人 | 日大駿河台航空研究会 | 
05回 | (1981年8月08日) | 095.83m | 菊池守男 | 車山ハンググライディング | 
06回 | (1982年8月07日) | 144.00m | 村山智彦 | 日本大学理工学部航空研究会 | 
07回 | (1983年8月06日) | 162.62m | 岡崎利彦 | 日本フライングクラブ | 
08回 | (1984年8月04日) | 163.03m | 楠正彰 | (個人での出場) | 
09回 | (1985年8月03日) | 290.45m | 石本豪 | 豊田飛行愛好会 | 
第10回 | (1986年8月02日) | 158.38m | 柴野敏彦 | POINT ONE MILE | 
第11回 | (1987年8月01日) | 176.71m | 木島明良 | 茂原市フリーフライト | 
第12回 | (1988年7月30日) | 261.90m | 糸谷浩 | 西富士友の会 | 
第13回 | (1989年7月29日) | 205.10m | 佐々木正司 | TOA鳥人間の会 | 
第14回 | (1990年8月04日) | 記録なし | 台風に伴う強風のため中止
第15回 | (1991年8月03日) | 318.75m | 木島明良 | フリーフライト | 
第16回 | (1992年8月01日) | 232.08m | 中村克 | チームエアロセプシー | 
第17回 | (1993年7月31日) | 248.31m | 栗野けんじ | 東京都立大学人力飛行機研究会 | 
第18回 | (1994年7月30日) | 329.83m | 佐々木正司 | TOA鳥人間の会 | 
第19回 | (1995年7月29日) | 274.72m | 佐々木正司 | TOA鳥人間の会 | 
第20回 | (1996年7月27日) | 300.36m | 佐々木正司 | TOA鳥人間の会 | 
第21回 | (1997年7月26日) | 中止 | 台風9号による荒天のため中止
第22回 | (1998年7月31日 - 8月01日) | 364.08m | 福森啓太 | チームハマハマ | 
第23回 | (1999年7月30日 - 31日) | 345.92m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第24回 | (2000年7月28日 - 29日) | 256.53m | 雨宮健一 | 夜鳥の会 | 
第25回 | (2001年7月27日 - 28日) | 417.49m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第26回 | (2002年7月27日 - 28日) | 414.33m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第27回 | (2003年7月26日 - 27日) | 420.48m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第28回 | (2004年7月31日) | 173.26m | 阿知波哲史 | チームTINKER | 
第29回 | (2005年7月16日) | 370.80m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第30回 | (2006年7月22日) | 258.21m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第31回 | (2007年7月28日) | 483.47m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第32回 | (2008年7月26日) | 377.98m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第33回 | (2010年7月25日) | 421.11m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ | 
第34回 | (2011年7月30日) | 314.41m | 河原井悠 | 上智大学 Flying Turkeys | 
第35回 | (2012年7月28日) | 501.38m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ×神奈川工科大学 | 
第36回 | (2013年7月27日) | 460.07m | 大木祥資 | みたか+もばらアドベンチャーグループ×神奈川工科大学 | 
第37回 | (2014年7月26日) | 407.03m | 大木祥資 | みたかもばら下横田 | 
第38回 | (2015年7月25日) | 373.75m | 石丸隆宏 | 九州大学鳥人間チーム | 
第39回 | (2016年7月30日) | 443.80m | 大木祥資 | みたかもばら下横田 | 
第40回 | (2017年7月29日) | 440.37m | 佐藤光 | 日本大学生産工学部津田沼航空研究会 | 学生チームの最長飛行記録で初優勝
第41回 | (2018年7月28日) | 446.42m | 熊倉賢人 | 日本大学生産工学部津田沼航空研究会 | 前年に達成した学生チームの最長飛行記録を更新
2010Happy Mail