このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鳩山由紀夫内閣とは?

移動先: 案内検索
 | 
この記事は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか、議論中です。そのため偏った観点から記事が構成されているおそれがあります。議論はノートを参照してください。(2009年11月)

【鳩山由紀夫内閣】

政権交代を伝える新聞記事

【内閣総理大臣】
第93代 鳩山由紀夫
【成立年月日】
2009年(平成21年)9月16日
【終了年月日】
2010年(平成22年)6月8日
【与党・支持基盤】
民社国連立政権
民主党社会民主党国民新党
【施行した選挙】
なし
【衆議院解散】
なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)

鳩山由紀夫内閣(はとやまゆきおないかく)は、衆議院議員民主党代表鳩山由紀夫が第93代内閣総理大臣に任命され、2009年(平成21年)9月16日から2010年(平成22年)6月8日まで続いた日本の内閣である。 第45回衆議院議員総選挙における民主党の圧勝を受け、民主党、社会民主党国民新党の3党連立内閣(民社国連立政権)として成立した。非自民・非共産連立政権の誕生は1994年羽田内閣以来15年ぶりの出来事であったが、1993年細川内閣、翌年の羽田内閣とも非自民・非共産内閣ではあったが比較第一党は自由民主党であった。

目次

  • 1 在職期間
  • 2 発足
  • 3 実績
  • 4 退陣
  • 5 国務大臣
  • 6 副大臣
  • 7 大臣政務官
  • 8 内閣官房副長官・総理大臣補佐官など
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
    • 11.1 政策・対策等関連記事
  • 12 外部リンク

在職期間

発足

2009年(平成21年)8月30日第45回衆議院議員総選挙が施行され、民主党が総議席の3分の2に迫る308議席獲得と圧勝した。さかのぼって8月14日、民主党・社会民主党国民新党の3党は「衆議院選挙に当たっての共通政策」を発表していたが、総選挙の結果を受けて9月9日に3党の党首会談が行われ、10項目の政策分野について意見を擦り合わせ、連立政権の樹立が合意された。これは、民主党は参議院において過半数の議席を有していないため、安定した政権運営のためには2党との連立が欠かせなかったことによる。

9月16日民主党代表鳩山由紀夫国会において首班指名を受け、同日、鳩山内閣が発足した。従前の内閣においては組閣当日に新閣僚が呼び込まれてポストを告げられることが常であったが、今回の組閣では前日までに閣僚人事が内定され、新閣僚予定者にポストが内示された。これは政策決定を内閣へ一元化する政権方針の一環であり、新大臣に副大臣の人選を委ねるためである。また閣僚名簿の発表後に行われてきた新閣僚の就任記者会見は「官僚主導の象徴」であるとして閣議後に行なった。

実績

官僚政治主導を掲げ、国家戦略室と行政刷新会議を設置した。衆議院選挙で民主党は、子ども手当高速道路の無料化などを政権公約に掲げていたが、財源の問題もあり不完全にしか実施されなかった。ほかに、事業仕分け、高等学校授業料無償化などが実施された。政策の決定には民主党幹事長小沢一郎が強い影響力を行使していたとみられている。

初閣議では「国家戦略室」(法制化後に国家戦略局へ格上げする予定)の設置が鳩山から指示され、続く閣僚懇談会では事務次官等会議の廃止と政府の公式見解の発表を政務三役(大臣・副大臣政務官)に限る原則が確認され、「脱官僚依存」をアピールする形で内閣がスタートした。9月18日には国家戦略室と並ぶ新政権の目玉として行政刷新会議の設置が閣議決定された。組閣直後の報道各社の世論調査では支持率が各社軒並み70%を超え、歴代2位もしくは3位となる高水準となった。

新機軸として、国家戦略室、行政刷新会議を担当する国務大臣ポストが新設された。また、国家戦略担当大臣たる菅直人内閣総理大臣臨時代理の第1順位に指定され、副総理の肩書きが与えられた。副総理が設置されるのは第1次橋本内閣久保亘(社民党)以来。なお、首相官邸には副総理執務室が用意されているが、官邸が竣工してから今まで一度も副総理が置かれなかったため、今回初めて使用されることになった。社民党・国民新党からそれぞれ党首(福島瑞穂亀井靜香)が入閣、その他の閣僚ポストは民主党によって占められ、麻生内閣に引き続いて民間からの入閣はなかった。

なお、民主党が衆議院選挙前の野党時に「組閣」した第五次鳩山由紀夫「次の内閣」から実際に同じ役職に就いたのは21名中3名であった。また、2005年(平成17年)のマニフェストに謳われた「政権発足直後の混乱を回避するため、主要閣僚などを事前に決定したチームを作る」という構想は小沢一郎の意向を受けて頓挫した。

退陣

共同通信による電話世論調査の支持率推移

内閣発足当初、支持率は70%を超えていたが、鳩山自身や小沢一郎の金銭問題・普天間基地移設問題を巡る混乱もあり支持率は急降下した。

普天間基地移設問題では自民党政権時代の日米合意をくつがえし基地の県外移設を追求したが実現できず、ほぼ原案に近い状態で決着させようとした。この対応は社民党の連立離脱を招き、民主党内では鳩山への退陣要求(鳩山おろし)が起こった。

鳩山内閣は2010年(平成22年)6月4日内閣総辞職し、同時に小沢一郎を幹事長から退任させた。後任には民主党の新代表となった菅直人が指名された。認証式が遅れたため鳩山内閣は職務執行内閣として6月8日まで存続した。鳩山内閣は政権交代から9か月弱で退陣に追い込まれた。在任期間は266日間で、2013年(平成25年)現在戦後に成立した内閣としては東久邇宮内閣(54日間)、羽田内閣(64日間)、石橋内閣(65日間)、宇野内閣(69日間)、芦田内閣(220日間)、幣原内閣(226日間)、細川内閣(263日間)に次ぐ8番目の短命内閣である。

国務大臣

出身党派: 民主党 社会民主党 国民新党 (発足時:民主党15、社会民主党1、国民新党1)


【職名】
【氏名】
【出身等】
【在職期間】
【備考】

内閣総理大臣
鳩山由紀夫 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 民主党代表
副総理
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当) 菅直人 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
(副総理)
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(地域主権推進担当) 原口一博 |  | 衆議院
民主党
(羽田グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
法務大臣
千葉景子 |  | 参議院
民主党
(横路グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位→
第4位
外務大臣
岡田克也 |  | 衆議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
財務大臣
藤井裕久 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)1月7日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位
菅直人 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2010年(平成22年)1月7日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
(副総理)
文部科学大臣
川端達夫 |  | 衆議院
民主党
(川端グループ)
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 国立国会図書館連絡調整委員会委員
内閣総理大臣臨時代理就任順位-→
第5位
厚生労働大臣
長妻昭 |  | 衆議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 年金改革担当
農林水産大臣
赤松広隆 |  | 衆議院
民主党
(横路グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
経済産業大臣
直嶋正行 |  | 参議院
民主党
(川端グループ)
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
国土交通大臣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当) 前原誠司 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
環境大臣
小沢鋭仁 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
防衛大臣
北澤俊美 |  | 参議院
民主党
(羽田グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
内閣官房長官
平野博文 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位
国家公安委員会委員長
中井洽 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ)
(川端グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位
内閣府特命担当大臣
(防災担当) 前原誠司 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)1月12日 | 
中井洽 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ)
(川端グループ) | 2010年(平成22年)1月12日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位
内閣府特命担当大臣
(金融担当) 亀井静香 |  | 衆議院
国民新党 | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 郵政改革担当
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)
(少子化対策担当)
(男女共同参画担当) 福島瑞穂 |  | 参議院
社会民主党 | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)5月28日 | 
平野博文 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2010年(平成22年)5月28日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位
内閣府特命担当大臣
(科学技術政策担当) 菅直人 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)1月7日 | 国家戦略担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
(副総理)
川端達夫 |  | 衆議院
民主党
(川端グループ)
(鳩山グループ) | 2010年(平成22年)1月7日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 内閣総理大臣臨時代理就任順位-→
第5位
内閣府特命担当大臣
(「新しい公共」担当) 仙谷由人 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2010年(平成22年)2月10日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 公務員制度改革担当
国家戦略担当
内閣府特命担当大臣
(行政刷新担当) 仙谷由人 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)2月10日 | 公務員制度改革担当
国家戦略担当
枝野幸男 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ)
(菅グループ) | 2010年(平成22年)2月10日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
  1. ^ 期間(2009年(平成21年)9月16日 - 2010年(平成22年)1月7日)。
  2. ^ 期間(2010年(平成22年)1月8日 - 2010年(平成22年)6月8日)。
  3. ^ 罷免。

副大臣

出身党派: 民主党 社会民主党 国民新党 (発足時:民主党20、社会民主党1、国民新党1)


【職名】
【氏名】
【出身等】
【在職期間】

内閣府副大臣
大島敦 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
古川元久 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
大塚耕平 |  | 参議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
総務副大臣
渡辺周 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
内藤正光 |  | 参議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
法務副大臣
加藤公一 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
外務副大臣
武正公一 |  | 衆議院
民主党
(野田グループ)
(小沢グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
福山哲郎 |  | 参議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
財務副大臣
野田佳彦 |  | 衆議院
民主党
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
峰崎直樹 |  | 参議院
民主党
(横路グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
文部科学副大臣
中川正春 |  | 衆議院
民主党
(羽田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
鈴木寛 |  | 参議院
民主党
(鳩山グループ)
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
厚生労働副大臣
細川律夫 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
長浜博行 |  | 参議院
民主党
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
農林水産副大臣
山田正彦 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
郡司彰 |  | 参議院
民主党
(横路グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
経済産業副大臣
増子輝彦 |  | 参議院
民主党
(羽田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
松下忠洋 |  | 衆議院
国民新党 | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
国土交通副大臣
辻元清美 |  | 衆議院
社会民主党 | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)5月31日
馬淵澄夫 |  | 衆議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
環境副大臣
田島一成 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
防衛副大臣
榛葉賀津也 |  | 参議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
  1. ^ 社民党の政権離脱による辞任。

大臣政務官

出身党派: 民主党 国民新党 (発足時:民主党24、国民新党1)


【職名】
【氏名】
【出身等】
【在職期間】

内閣府大臣政務官
泉健太 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
田村謙治 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
津村啓介 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ)
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
総務大臣政務官
小川淳也 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
階猛 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
長谷川憲正 |  | 参議院
国民新党 | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
法務大臣政務官
中村哲治 |  | 参議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
外務大臣政務官
吉良州司 |  | 衆議院
民主党
(小沢グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
西村智奈美 |  | 衆議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
財務大臣政務官
大串博志 |  | 衆議院
民主党
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
古本伸一郎 |  | 衆議院
民主党
(川端グループ)
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
文部科学大臣政務官
後藤斎 |  | 衆議院
民主党
(羽田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
高井美穂 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ)
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
厚生労働大臣政務官
山井和則 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ)
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
足立信也 |  | 参議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
農林水産大臣政務官
佐々木隆博 |  | 衆議院
民主党
(横路グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
舟山康江 |  | 参議院
民主党
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
経済産業大臣政務官
近藤洋介 |  | 衆議院
民主党
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
高橋千秋 |  | 参議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
国土交通大臣政務官
長安豊 |  | 衆議院
民主党
(前原グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
三日月大造 |  | 衆議院
民主党
(川端グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
藤本祐司 |  | 参議院
民主党
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
環境大臣政務官
大谷信盛 |  | 衆議院
民主党
(無派閥) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
防衛大臣政務官
楠田大蔵 |  | 衆議院
民主党
(羽田グループ)
(野田グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日
長島昭久 |  | 衆議院
民主党
(野田グループ)
(菅グループ) | 2009年(平成21年)9月18日
- 2010年(平成22年)6月8日

内閣官房副長官・総理大臣補佐官など

出身党派: 国家公務員 民主党 (発足時:民主党4、国家公務員2)


【職名】
【代】
【氏名】
【出身等】
【在職期間】
【備考】

内閣官房副長官
(政務) - | 松野頼久 |  | 衆議院
民主党
(鳩山グループ) | 2009年(平成21年)9月16日
- 2010年(平成22年)6月8日 | 
- | 松井孝治 |  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/14 21:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「鳩山由紀夫内閣」の意味を投稿しよう
「鳩山由紀夫内閣」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

鳩山由紀夫内閣スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鳩山由紀夫内閣」のスレッドを作成する
鳩山由紀夫内閣の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail