このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鶴見区_(横浜市)とは?

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
神奈川県
【市】
横浜市
団体コード
14101-1
【面積】
33.23km

【総人口】
289,596
(推計人口、2018年4月1日)
人口密度
8,715人/km
【隣接自治体
隣接行政区】
横浜市(神奈川区港北区)
川崎市(川崎区幸区)
【区の木】
サルスベリ
【区の花】
サルビア
【区のマスコット】
ワッくん(ワニ)
【鶴見区役所】

【所在地】
230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央三丁目20番1号
北緯35度30分29.9秒東経139度40分56.7秒

【外部リンク】
鶴見区役所ホームページ



ウィキプロジェクト

鶴見区(つるみく)は神奈川県横浜市を構成する18の行政区の一つ。横浜市で初めて出来た区の一つでもある。

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
    • 2.1 地名
    • 2.2 区域の変遷
  • 3 交通
    • 3.1 鉄道
    • 3.2 バス
    • 3.3 道路
  • 4 沿革
  • 5 行政
  • 6 主な産業
  • 7 住宅団地
  • 8 教育
    • 8.1 大学・研究機関
    • 8.2 高等学校
    • 8.3 中学校
    • 8.4 小学校
    • 8.5 特別支援学校
    • 8.6 外国人学校
  • 9 友好交流都市
  • 10 主なスポット
  • 11 主な出身者
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

概要

鶴見区は、横浜市の最東端に位置し、東京湾に面する。北は川崎市川崎区幸区に接し、西は横浜市の港北区神奈川区に接し、南端部の大黒埠頭から横浜ベイブリッジで同市中区につながる。鶴見川が区内を南に蛇行して流れ、東京湾に注ぐ。北東部は鶴見川と多摩川に挟まれた平地(川のまち)で、北西部は下末吉台地の東端から続く丘陵地(丘のまち)。湾岸部は埋立地が広がり、市境は京浜運河を越えて扇島東京湾に接する(海のまち)。中心市街地は東部(川崎市寄り)に位置する鶴見駅周辺地区で川崎市川崎区・幸区との結びつきが強い。鶴見駅前は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されている。区内北西部には自然が残り、獅子ケ谷市民の森神奈川県立三ツ池公園などがある。

「鶴見」の名は、鎌倉時代から現れ、源頼朝がここで鶴を放ったことから命名されたという伝説もある。また一説には、「ツル」は鶴とは関わりなく「水路や河川の周辺地」を意味し、「ミ」は「周り・巡り」を意味する語で、合わせて「ツルミ」は蛇行する鶴見川の地形を表すとされる。

2012年(平成24年)5月1日現在、人口は275,592人(推計)で市内18区中第3位、区内に住所を定めている世帯の数は126,757世帯で港北区に次いで第2位となっている。また、2010年(平成22年)3月31日現在、区の戸籍数(本籍)は98,753戸籍で、18区中第1位となっている。

2010年(平成22年)1月1日現在、区の平均年齢は42.40歳(男41.49歳、女43.38歳)で、横浜市の平均年齢43.12歳(男42.06歳 女44.18歳)よりやや低い。2012年(平成24年)4月30日現在、区の外国人登録者数は9,670人で、区の人口に占める割合は約3.6%(市全体では約2.1%)。国籍別に見ると中国、韓国・朝鮮、ブラジル、フィリピンの順に多く、市全体と比べるとブラジルの構成比が大きいのが特徴である(市全体に登録するブラジル国籍住民の約44.2%が鶴見区在住)。

区の2009年度(平成21年度)の市税収入は、約650億円で、市全体収入の9.10%を占め、市内では神奈川区、中区、西区に次いで、18区中4番目となっている。

地理

鶴見区の衛星画像

区の東端は扇島、西端は上の宮二丁目で東西距離は8.16km、南端は大黒埠頭、北端は矢向六丁目で南北距離は10.13km。最高地は馬場四丁目で、海面からの高度は47.2mである。

区の中心は、鶴見区役所・鶴見駅・鶴見警察署などが所在する鶴見中央。町別人口も鶴見中央(一丁目〜五丁目)が最も多い18,812人で、区全体の人口の約6.8%を占める。

地形的には北西部の丘陵地、鶴見川流域の低地、臨海部の埋立地の3地域に分けられる。

地名

  • 朝日町1・2丁目
  • 安善町1・2丁目
  • 市場上町
  • 市場下町
  • 市場東中町
  • 市場西中町
  • 市場富士見町
  • 市場大和町
  • 潮田町1-4丁目
  • 江ケ崎町
  • 扇島
  • 小野町
  • 梶山一・二丁目
  • 上の宮一・二丁目
  • 寛政町
  • 岸谷一-四丁目
  • 駒岡一-五丁目
  • 栄町通1-4丁目
  • 汐入町1-3丁目
  • 獅子ケ谷一-三丁目
  • 下野谷町1-4丁目
  • 尻手一-三丁目
  • 末広町1・2丁目
  • 上末吉一-五丁目
  • 下末吉一-六丁目
  • 菅沢町
  • 諏訪坂
  • 大黒町
  • 大黒ふ頭
  • 大東町
  • 佃野町
  • 鶴見一・二丁目
  • 鶴見中央一-五丁目
  • 北寺尾一-七丁目
  • 東寺尾一-六丁目
  • 東寺尾東台
  • 東寺尾北台
  • 東寺尾中台
  • 寺谷一・二丁目
  • 豊岡町
  • 仲通1-3丁目
  • 生麦一-五丁目
  • 馬場一-七丁目
  • 浜町1・2丁目
  • 平安町1・2丁目
  • 弁天町
  • 本町通1-4丁目
  • 三ツ池公園
  • 向井町1-4丁目
  • 元宮一・二丁目
  • 矢向一-六丁目

※ 扇島は、全域が企業私有地であり、首都高速湾岸線を通行する場合を除き、一般人の立ち入りはできない。

区域の変遷

【年代】
【法令など】
事項

1889年(明治22年)4月

 | 

町村制および町村分合改称令の施行

 | 
  • 神奈川県橘樹郡
    • 生見尾村
      • 生麦村、鶴見村、東寺尾村を生見尾(うみお)村とする。
    • 町田村
      • 潮田村、菅沢村、市場村、矢向村、江ケ崎村、小野新田を町田村とする。
    • 旭村
      • 駒岡村、獅子ケ谷村、上末吉村、下末吉村、
        馬場村、北寺尾村、および師岡村を旭村とする。

1911年(明治44年)4月

 | 

子安村が分割併合(横浜市・大綱村・旭村)

 | 
  • 神奈川県橘樹郡
    • 生見尾村
    • 町田村
    • 旭村
      • 子安村から大字西寺尾を編入

1921年(大正10年)4月

 | 

生見尾村に町制施行

 | 
  • 神奈川県橘樹郡
    • 鶴見町
      • 生見尾村を鶴見町とする。
    • 町田村
    • 旭村

1923年(大正12年)4月

 | 

町田村に町制施行

 | 
  • 神奈川県橘樹郡
    • 鶴見町
    • 潮田町
      • 町田村を潮田(うしおだ)町とする。
    • 旭村

1925年(大正14年)4月

 | 

町域再編

 | 
  • 神奈川県橘樹郡
    • 鶴見町
      • 鶴見町と潮田町を合併して鶴見町とする。
    • 旭村

1927年(昭和2年)

 | 

4月、横浜市に編入。
10月、区制施行。

 | 
  • 神奈川県横浜市鶴見区
    • 横浜市鶴見区鶴見町、生麦町、東寺尾町、潮田町、菅沢町、
      市場町、矢向町、江ケ崎町、小野町、平安町、駒岡町、獅子ケ谷町、
      上末吉町、下末吉町、馬場町、北寺尾町、安善町、末広町となる。
  • 神奈川県横浜市神奈川区
    • 横浜市神奈川区西寺尾町、師岡町となる
      (1939年(昭和14年)4月、師岡町は港北区へ編入される)。

交通

鶴見川に架かる鷹野大橋(写真右の右岸は鶴見区駒岡、左の左岸は川崎市幸区南加瀬)。神奈川県道111号大田神奈川線が走る。
鶴見川の堤防上に植えられたヨコハマヒザクラ(上末吉)

鶴見区を通る鉄道には、南北に貫通する東海道本線(貨物線、品鶴線(横須賀線)を含む)、京急本線と、臨海部の工業地帯をカバーする鶴見線がある。また、区の北縁をかすめるように南武線が通っている(区内には矢向駅があり、尻手駅が区域に接する)。

バス交通は、横浜市営バス川崎鶴見臨港バス東急バスが担当している。区の内陸部(馬場、獅子ヶ谷、駒岡など)は駅から遠いため、交通手段を専らバスに頼っており、バスの本数が非常に多い。

主な道路には、国道1号国道15号および国道357号首都高速道路神奈川1号横羽線および湾岸線がある。湾岸線では、鶴見つばさ橋横浜ベイブリッジが有名である。

総持寺踏切は、60mと2009年6月1日に日本最長の踏切となった。

鉄道

なお、西部をわずかながら横浜線が通っているが、駅はない。菊名綱島を最寄駅とする地域もある。

バス

道路

首都高速道路
県道
市道

沿革

  • 約9000年前(縄文時代早期) : 区内各所に遺跡が見られる(梶山、上末吉、二本木、上の宮など)。
  • 2世紀頃(弥生時代後期) : 末吉の上台北遺跡から出土した人面土器。
  • 4世紀頃(古墳時代) : 駒岡の瓢箪山古墳、兜塚古墳、諏訪坂古墳など。
  • 7世紀初め(推古天皇の時代) : 鶴見神社(杉山神社、杉山大明神)の創建伝承。鶴見神社境内からは、弥生時代後期の土器や古墳時代から鎌倉時代に至る祭祀遺物が出土している。
  • 平安時代 : 区内の金剛寺、天王院、真福寺、東福寺、東漸寺が創建される。
東海道に架かる鶴見橋。19世紀初めの『江戸名所図会』より。詞書きには、「橋の近くには名産・米饅頭を売る家が多く、『鶴屋』という店は慶長の頃より続く」とある。
總持寺大祖堂
  • 1911年(明治44年) : 曹洞宗大本山・總持寺が、石川県から移転される。
  • 1913年(大正2年)2月 : 浅野総一郎が鶴見埋立組合を組織し、鶴見海岸495ha(150万坪)の埋立に着手する。
  • 1915年(大正4年) : 児童遊園地「花月園」が開業する。
  • 1920年(大正9年) : 鶴見駅西口が開設される。杉山神社(杉山大明神)から鶴見神社へ改称される。
  • 1923年(大正12年)12月 : 鶴見警察署を設置。
  • 1924年(大正13年) : 光華女学校(後の鶴見高等女学校、現・鶴見大学附属高等学校)が設立される。
  • 1925年(大正14年) : 潮田で鶴見騒擾事件が起こる。東京電力火力発電所工事の縄張り争い。
  • 1926年(大正15年)3月 : 鶴見線の前身である「鶴見臨港鉄道」が開通する。
  • 1927年(昭和2年)
    • 4月 : 鶴見町と旭村が横浜市に合併される。
    • 10月 : 区制施行。鶴見区となる。
  • 1928年(昭和3年)6月 : 市電神奈川線「生麦 - 金港橋」間が開通する。
  • 1930年(昭和5年)11月 : 浅野総一郎死去。
  • 1933年(昭和8年) : 潤光学園(現・法政大学女子高等学校)が設立される。
  • 1936年(昭和11年) : 市立鶴見工業実習学校(後の横浜市立鶴見工業高等学校)が開校される。
  • 1937年(昭和12年) : 馬場の鶴見配水池に水道塔が設置される。
  • 1941年(昭和16年) : 東寺尾に横浜第一商業学校(現・横浜商科大学高等学校。後に旭区に移転。)が設立される。響橋(めがね橋)竣工。
  • 1942年(昭和17年) : 橘女学校(現・橘学苑中学校・高等学校)が、土光登美(土光敏夫の母)により設立される。
  • 1943年(昭和18年)
    • 7月 : 私鉄鶴見臨港鉄道を国が買収し、国鉄鶴見線が開業。
    • 10月 : 県立鶴見中学校(現・神奈川県立鶴見高等学校)が、下末吉町130番地に移転。同校では、この移転の日(10月23日)を開校記念日とする。
  • 1945年(昭和20年)4月 : 空襲で区役所などを焼失。
  • 1947年(昭和22年) : 潮田、末吉、市場、豊岡(現・鶴見)、寺尾の市立新制中学校が創立される。京浜女子商業学校(現・白鵬女子高等学校)が、川崎市堤根から現在地の北寺尾に移転する。
  • 1948年(昭和23年)3月 : 鶴見警察署を自治体警察横浜市警察鶴見警察署に再編。
  • 1950年(昭和25年)5月 : 閉園した花月園の跡地を利用し花月園競輪場が開設される。
  • 1953年(昭和28年) : 鶴見女子短期大学(後に鶴見女子大学、現・鶴見大学鶴見大学短期大学部)が設立される。鶴見聖ヨゼフ小学校(現・聖ヨゼフ学園小学校)が設立される。
  • 1954年(昭和29年)8月 : 神奈川県立三ツ池公園が開園。
  • 1955年(昭和30年) : 横浜市警察・鶴見警察署を新警察法神奈川県警察鶴見警察署に再々編。
  • 1956年(昭和31年)6月 : 横浜市が政令指定都市に指定される。
  • 1958年(昭和33年)9月 : 台風22号(狩野川台風)で鶴見川が氾濫する。家屋水没648世帯、床上浸水14,000戸の被害が生じる。
  • 1960年(昭和35年) : 聖ヨゼフ学園高等学校が設立される。
  • 1963年(昭和38年)11月9日 : 鶴見事故が起こる。3重の列車衝突事故
  • 1964年(昭和39年) : 市立東高等学校が現在地の校舎に入校。
  • 1966年(昭和41年)5月21日 : 生麦の鶴見川臨港鶴見川橋付近で、殺人事件が発生。7月、市電生麦線が廃止。
  • 1967年(昭和42年)5月 : 鶴見川が一級河川に指定される。
  • 1968年(昭和43年) : 横浜商科大学が開校される。区の人口が26万人になり減少し始める。北部第一下水処理場(現・北部第一水再生センター)が開設される。
  • 1975年(昭和50年)4月 : 獅子ヶ谷市民の森が開園。
  • 1977年(昭和52年)10月 : 区制50周年記念行事が行われる。
  • 1980年(昭和55年) : 神奈川県立鶴見養護学校が開校される。
    • 1月 : 鶴見図書館が開館する。鶴見警察署の新庁舎が完成。
    • 12月 : 鶴見区で初めての地区センターである末吉地区センターが開設。
  • 1981年(昭和56年) : 区の人口が23万人から再び増加に転じる。
  • 1984年(昭和59年) : 北部第二下水処理場(現・北部第二水再生センター)が開設される。
  • 1985年(昭和60年)10月 : 鶴見公会堂が開館する。
  • 1986年(昭和61年) : 鶴見郵便局の新局舎が完成。
  • 1987年(昭和62年)10月 : 区制施行60周年。北部汚泥資源化センターが開設される。
  • 1988年(昭和63年)
    • 1月 : 鶴見区新総合庁舎が竣工する。新庁舎完成を記念して区のマスコット、ワニの「ワッくん」を制定。
    • 11月 : 獅子ヶ谷の「横溝屋敷」が、横浜市指定文化財第1号に指定される。
  • 1989年(平成元年) : 鶴見スポーツセンターが開設される。
  • 1990年(平成2年)
    • 6月 : 鶴見区で初めてのコミュニティハウスである上寺尾小学校コミュニティハウスが開所。
    • 7月 : 大黒ふ頭埋立が完成する。
  • 1991年(平成3年)
    • 2月 : 区のシンボルマークを制定する。
    • 1月 : 区民の花(サルビア)を決定する。
  • 1994年(平成6年)
    • 5月 : 鶴見駅西口行政サービスコーナーを設置する。同月、潮田交流プラザが開館。
    • 12月 : 高速湾岸線「鶴見つばさ橋」が開通する。
  • 1995年(平成7年)4月 : 末広町の環境事業局鶴見工場(現・資源循環局 鶴見工場)が本格稼働する。
  • 1996年(平成8年)
    • 5月 : 区のホームページが開設。
    • 7月 : 大黒海づり公園が開園。同月、高齢者保養研修施設「ふれーゆ」が開設。
  • 1997年(平成9年)
    • 5月 : 入江川せせらぎ緑道が開通。
    • 10月 : 区制70周年記念式典を開催。同月、区の木(サルスベリ)を決定する。
  • 1998年(平成10年)10月 : 中途障害者地域活動センター「ふれんどーる鶴見」が開所。
  • 1999年(平成11年)
    • 7月 : 「馬場花木園」が開園する。
    • 10月 : 福祉保健活動拠点を開設。
  • 2000年(平成12年)
    • 4月 : 末広町に理化学研究所「横浜研究所」が発足する。
    • 5月 : 特別養護老人ホーム「新鶴見ホーム」が開所。
    • 10月 : 理化学研究所横浜研究所「ゲノム科学総合研究センター」が開所。
    • 12月 : 馬場赤門公園が開園。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月 : 末広町に「産学共同研究センター」が開設される。
    • 4月 : 末広町に横浜市立大学大学院(連携大学院)が開校する。
  • 2002年(平成14年)1月 : 福祉保健センターが開設。
  • 2003年(平成15年)4月 : 末広町に横浜新技術創造館「リーディングベンチャープラザ」が開館。
  • 2004年(平成16年)4月 : 区の人口が再び26万人を超える。同月、県立平安高等学校と県立寛政高等学校を再編して、平安町の県立平安高等学校校地に神奈川県立鶴見総合高等学校を開校。同月、理化学研究所横浜研究所「免疫・アレルギー科学総合研究センター」が開設。
  • 2006年(平成18年)1月 : 「ゆうづる」(鶴見市場地域ケアプラザ・鶴見市場コミュニティハウス)が開所。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月 : 東部地域中核病院「済生会横浜市東部病院」が開院。
    • 5月 : 鶴見中央地域ケアプラザが開所。
    • 10月 : 区制施行80周年。
  • 2008年(平成20年) : 寛政町の県立寛政高等学校跡地に、県立東部総合職業技術校(かなテクカレッジ)を開校。
  • 2009年(平成21年) : 横浜市立鶴見工業高等学校が募集を停止。横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校が開校。区の人口が27万人を超える。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月 : 花月園競輪場が閉園される。鶴見駅東口再開発地区に大型複合施設「シークレイン」が開設される。
    • 12月 : 鶴見中央コミュニティハウス開館。同月、鶴見国際交流ラウンジ開館。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月 : シークレイン内に鶴見区民文化センター「サルビアホール」が開設される。
    • 4月 : 横浜市立鶴見工業高等学校が閉校。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 : 生麦地域ケアプラザ開所。
    • 11月 : 鶴見駅駅ビル「シァル鶴見」開業。
  • 2013年(平成25年)12月:区の人口が28万人を超える。

行政

鶴見警察署(鶴見中央)
鶴見郵便局(鶴見中央)
国の機関
  • 国土交通省京浜河川事務所
  • 横浜税関大黒ふ頭出張所
  • 鶴見税務署
  • 鶴見年金事務所
  • 鶴見労働基準監督署
県の機関
  • 神奈川県鶴見警察署
    • 交番・駐在所・連絡所 - 本町通交番、潮田交番、入船橋連絡所、鶴見駅前交番、東台連絡所、三角交番、鶴見駅西口交番、駒岡交番、別所交番、向谷交番、上末吉交番、市場交番、生麦交番、原交番、岸谷交番、東寺尾交番、矢向交番、矢向駅前交番、尻手交番、末吉交番、北寺尾駐在所
  • 県立東部総合職業技術校(かなテクカレッジ)
市の機関・施設
  • 横浜市鶴見区役所 - 区長 : 山崎幹夫(2011年5月1日 - )
前区長 : 植田孝一(2008年4月1日 - 2011年4月30日)
前々区長 : 小堀卓(こぼり たかし、2005年4月1日 - 2008年3月31日)
  • 横浜市鶴見消防署
    • 出張所 - 生麦、大黒町、末吉、入船、矢向、岸谷、寺尾、駒岡、鶴見水上
  • 鶴見土木事務所
  • 鶴見駅西口行政サービスコーナー
  • 鶴見福祉保健センター
  • 大黒港湾管理センター
  • 横浜港流通センター
  • 横浜市中央卸売市場食肉市場
  • 食肉衛生検査所
  • 交通局鶴見営業所
  • 鶴見配水池
  • 北部第一水再生センター
  • 北部第二水再生センター
  • 北部汚泥資源化センター
  • 資源循環局鶴見事務所
  • 資源循環局鶴見工場
  • 鶴見資源化センター
  • 鶴見公会堂
  • 鶴見スポーツセンター
  • 鶴見中央交流センター
  • 横浜市高齢者保養研修施設ふれーゆ
  • 鶴見川漕艇場
  • 横浜市国際学生会館
  • 老人福祉センター横浜市鶴寿荘
  • 鶴見区民文化センター「サルビアホール」
  • 地区センター
    • 末吉、生麦、寺尾、矢向、潮田、駒岡
  • コミュニティハウス
    • 新鶴見小学校、上寺尾小学校、市場小学校、寛政中学校、潮田公園、鶴見市場(ゆうづる)
  • 地域ケアプラザ
    • 潮田、矢向、寺尾、東寺尾、駒岡、鶴見市場、鶴見中央、生麦
  • 障害者地域活動ホーム
    • 障害者地域活動ホームふれあいの家、鶴見区障害者地域活動ホームもとみや、つるみ地域活動ホーム幹(みき)
  • 市立保育園
    • 潮田保育園、芦穂崎保育園、馬場保育園、生麦保育園、鶴見保育園
その他
  • 鶴見郵便局
    • 無集配局 - 尻手駅前郵便局、横浜矢向郵便局、横浜元宮郵便局、横浜上末吉郵便局、鶴見下末吉町郵便局、横浜東寺尾郵便局、鶴見市場郵便局、横浜大東郵便局、横浜栄町通郵便局、横浜仲通郵便局、横浜小野郵便局、横浜潮見橋通郵便局、鶴見駅前郵便局、横浜生麦郵便局、横浜佃野郵便局、横浜豊岡郵便局、横浜駒岡郵便局、横浜北寺尾三郵便局、横浜北寺尾郵便局、横浜馬場郵便局、横浜東寺尾二郵便局、横浜岸谷郵便局
  • 鶴見公証役場
  • 末吉配水池(川崎市上下水道局の施設)
  • 鶴見貯油施設(在日米海軍の施設)

主な産業

京浜工業地帯の中核であり、大小様々な規模の事業所が多数存在する。代表的なものを下記に挙げる。

鶴見区に本社が所在する上場企業(カッコ内は上場市場)
その他の主な事業所
2010Happy Mail