このキーワード
友達に教える
URLをコピー

黄色社会主義とは?


社会主義の潮流
社会主義
空想的社会主義
チャーティズム

共産主義
マルクス主義
マルクス・レーニン主義
左翼共産主義
スターリン主義
トロツキズム
毛沢東主義
主体思想

アナキズム
サンディカリスム
アナルコサンディカリスム
デ・レオン主義
社会的無政府主義
国家社会主義

修正主義
社会民主主義
民主社会主義
黄色社会主義
ユーロコミュニズム
市場社会主義
リバタリアニズム社会主義

アラブ社会主義
アフリカ社会主義
ビルマ式社会主義

エコ社会主義

21世紀の社会主義

宗教的社会主義の潮流
宗教社会主義
キリスト教社会主義
仏教社会主義
イスラム教社会主義

歴史
産業革命 · 市民革命
共産党宣言· 1848年革命 · 1848年のフランス革命 · パリ・コミューン
ロシア革命 · 冷戦 · 平和共存
スターリン批判 · ハンガリー動乱
中ソ対立 · 文化大革命
東欧革命 · ソ連崩壊

国際組織
第一インターナショナル
第二インターナショナル
第三インターナショナル
第四インターナショナル
コミンフォルム
労働社会主義インターナショナル
社会主義インターナショナル
インターナショナル一覧

関連項目
啓蒙思想 · 自由主義 · 平等主義
近代化 · 資本主義 · ブルジョワ

独占資本 · 国家独占資本主義
帝国主義 · 植民地 · 大恐慌

社会改良主義 · 唯物史観 · 階級闘争
プロレタリア独裁 · 前衛党 · 民主集中制 · 人民民主主義

労働運動 · 労働組合 · コミューン
労働価値説 · 搾取 · 社会保障

国有化 · 計画経済 · 大きな政府
· 混合経済 · 集産主義 · 社会的富の公平分配

国際主義 · 世界革命論
一国社会主義 · 社会主義国
国家資本主義 · 制限主権論

社会愛国主義 · 反資本主義 · 反帝平和主義 · 反共主義 · マルクス主義批判 · 反レーニン主義 · 反スターリン主義 · 社会主義市場経済
反グローバリゼーション
赤旗 · インターナショナル (歌)
プロレタリア文学
社会主義リアリズム
左翼 · 極左 · 改良主義 · 急進主義 · 進歩主義


Part of a series on
Politics and elections
第三の位置

思想
黄色社会主義
ファシズム
ナチズム
シュトラッサー主義
国家社会主義
民族アナキズム
国家サンディカリスム
統合主義
民族ボルシェヴィズム
アラブ社会主義

党・運動
ファシスト党
黒色戦線
ファランヘ党
新体制運動
イギリス国民党
国家ボリシェヴィキ党
en:American Freedom Party
en:Parti Communautaire Européen
Parti Communautaire
National-Européen

en:National Bolshevik Front

関連項目
反資本主義
反共産主義
混合経済
統制経済
第三の道
政治的シンクレティズム

Portal:政治学

黄色社会主義(英語: Yellow socialism)または黄色サンディカリスム(フランス語: syndicalisme jaune)は、1904年フランス社会党ピエール・ビエトリー(fr:Pierre Biétry)が考案した、「赤色社会主義」である正統派マルクス主義とは対照的な社会主義である。正統派マルクス主義の階級闘争ストライキ暴力革命などの好戦性に反対し、強力な政府のもとでの資本家と労働者階級の利益の共有を主張した。

正統派マルクス主義者の側からは「裏切り者」との意味でも使用され、欧米や中国語圏などでは御用組合黄色組合と呼ばれる。第一次世界大戦後には一部はファシズムナチズムに合流し、また後の社会民主主義にも影響を与えた。

概要

黄色社会主義は、労働者階級に「赤色社会主義」とは対照的な選択肢を提供するために考案された統治体制である。第一次世界大戦前の20世紀初期では正統派マルクス主義と労働者の支持を競った主要な存在であった。しかし第一次世界大戦後にこの運動はファシズムや、以前より存在して後にナチズムに発展したオーストリア国家社会主義(en:Austrian National Socialism)に熱中するようになった。

黄色社会主義の概念では結果として、労働者は資本主義体制の一部となるよう奮闘し、経営陣と同等の労働組合が形成される。この点でコーポラティズムに類似している。これらの2集団の間の調整を通じて、労働者はより多くの会社の利益を共有する。この概念は、この上位に強力で独裁的な国家が存在することを主張した。

この黄色社会主義は、その用語を使用するかどうかにかかわらず、正統派マルクス主義者の立場からは支配階級の側から社会主義を自称しているとみなされており、また多くの非マルクス主義者からは修正主義とみなされている。この概念は、ピエール・ビエトリーが考案した概念とはかなり相違があるが、後の社会民主主義民主社会主義と呼ばれる概念を多数含んでいる。

歴史

「黄色社会主義」の用語は、1904年にフランス社会党の前の党員であったピエール・ビエトリーが「フランス黄色国家連合」(en:Fédération nationale des Jaunes de France)を設立した際に、彼が造語した。後に、スイスドイツに同系の「黄色」集団が形成された。この運動は正統派マルクス主義に強く反対した。

アメリカ合衆国では、黄色社会主義はサミュエル・ゴンパーズの企業組合主義(business unionism)に関連し、「黄色組合主義」(yellow unionism)とも呼ばれた。企業組合主義は、コーポラティストの社会で労働協定を締結するのが労働者の最善の選択だとの信念を中心とした。

マルクス主義者は黄色社会主義者や黄色組合主義者を、ナショナリズムであり、時には移民による賃金低下や失業などに反対するなどの排外主義、場合によっては反ユダヤを含む人種差別主義とすら結びつくとして批判した。ヨーロッパでは第一次世界大戦中は、マルクス主義者は社会民主主義政党や黄色社会主義とも連携した。しかしそのような政党はピエール・ビエトリーの理念とは関連を持たなかった。

1915年の Zimmerwald 会議(en:Zimmerwald Conference)で形成された「ベルン・インターナショナル」(en:Berne International)では、ウラジーミル・レーニンは「黄色共産主義者」を「戦争への反対にもかかわらず、革命的社会主義を却下した」と記した。第一次世界大戦後には、「黄色社会主義」の用語は使用されなくなった。

参照

  1. ^ Payne, Stanley. A History of Fascism, 1914-1945. Routledge, 1996. pp. 46.
  2. ^ Dictionary Of Public Administration, p560
  3. ^ Mandal, U.C. Dictionary Of Public Administration. Ivy Publishing House, 2008. pp. 560.
  4. ^ Griffin, Roger. The Nature of Fascism. Routledge, 1993. pp. 92-93.
  5. ^ Kaplan, Barbara Hockey. Social Change in the Capitalist World Economy. Sage Publications, 1978. pp. 81.
  6. ^ The Tasks of the Third International - V. I. Lenin

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/04 02:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「黄色社会主義」の意味を投稿しよう
「黄色社会主義」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

黄色社会主義スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黄色社会主義」のスレッドを作成する
黄色社会主義の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail