このキーワード
友達に教える
URLをコピー

黄載均とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2020年7月)
黄 載鈞 (ファン・ジェギュン)
Hwang Jae-Gyun
KTウィズ #10

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
ソウル特別市
【生年月日】
(1987-07-28) 1987年7月28日(32歳)
【身長
体重】
183 cm
96 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
三塁手遊撃手
【プロ入り】
2006年 2次ドラフト3位
【初出場】
KBO/ 2007年4月21日
MLB/ 2017年6月28日
【最終出場】
MLB/ 2017年8月1日
【年俸】
11億ウォン(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
プレミア12
2015年2019年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【ファン・ジェギュン】

【各種表記】

ハングル: 황재균
漢字: 黃載鈞
【発音:】
ファンジェギュン
英語表記: Hwang Jae-Gyun

黄 載鈞(ファン・ジェギュン、朝鮮語: 황재균1987年7月28日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身のプロ野球選手(内野手)。KBOリーグKTウィズ所属。

経歴

現代ユニコーンズ時代

京畿高等学校卒業後、2006年に2次ドラフト3位で現代ユニコーンズに入団。

2007年は同球団の最後のシーズンであり、後半戦から1軍に定着し頭角を現した。

ネクセン・ヒーローズ時代

現代解散後、2008年より創設されたウリ・ヒーローズ(同年途中からソウル・ヒーローズ、2010年よりネクセン・ヒーローズ)へ移籍。

2009年にレギュラーシーズン全133試合に出場、初めて規定打席に達し、18本塁打、30盗塁を記録した。

ロッテ・ジャイアンツ時代

2010年シーズン途中の7月、ロッテ・ジャイアンツにトレードで移籍した。

2011年遊撃手に転向したが、シーズン途中で文奎現(ムン・ギュヒョン)に遊撃手の座を奪われ、再び三塁に戻った。

2014年は9月に開催された2014年仁川アジア競技大会野球韓国代表に選出された。この大会では、チャイニーズタイペイとの決勝戦で2点タイムリーヒットを打つなど優勝に貢献し、兵役免除の恩典を受けることとなった。また母のソル・ミンギョンはテニス選手で、1982年ニューデリーアジア大会で優勝しており、韓国史上初の母子でアジア大会金メダルを獲得した例となった。2012年から2015年までレギュラーシーズン全試合に出場した。

2015年10月7日に第1回WBSCプレミア12韓国代表選手28名に選出された。大会ではベストナインの三塁手部門で表彰されるなど、韓国代表の優勝に貢献した。同年11月末、メジャーリーグベースボール(MLB)への移籍のためポスティングを要請したが入札先はなく、この年での移籍を断念した。

2016年オフにフリーエージェント(FA)権を行使した。

サンフランシスコ・ジャイアンツ時代

2017年1月25日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加した。

シーズンの開幕はジャイアンツ傘下のマイナーリーグチームであるAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎えた。

6月28日コナー・ガレスピー故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、同日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューを果たした。サンフランシスコ・ジャイアンツ史上、韓国人選手がメジャーリーグの試合に出場するのは黄載均が初めて。メジャーでの背番号は1。このデビュー戦で本塁打も記録している。7月23日にAAA級サクラメントへ降格となった。7月28日にMLBへ再昇格したが、8月2日に再びAAA級サクラメントへ降格した。9月1日にDFAとなり40人枠から外れ、11月2日にFAとなった。

KTウィズ時代

2017年11月13日にKTウィズと2018年から4年総額88億ウォンで契約し、韓国プロ野球へ復帰した。彼のロッテへの補償選手には趙武根が選ばれた。

2018年は8月から9月に開催された2018年ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会の韓国代表に選出された。同大会では韓国の3連覇に貢献した。

2019年オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12韓国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。同大会では決勝で日本に敗れ、準優勝となったが、同大会は東京オリンピック予選を兼ねており、開催国である日本を除きアジア・オセアニア最上位だったため韓国は出場権を獲得した。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

2007 | 現代 | 63 | 171 | 160 | 19 | 48 | 6 | 0 | 2 | 60 | 12 | 2 | 2 | 4 | 1 | 5 | 0 | 1 | 33 | 1 | .300 | .323 | .375 | .698
2008 | ウリ
ソウル
ネクセン
 | 117 | 333 | 306 | 27 | 73 | 10 | 1 | 1 | 88 | 18 | 10 | 7 | 7 | 2 | 16 | 0 | 2 | 56 | 8 | .239 | .279 | .288 | .567
2009 | 133 | 608 | 536 | 86 | 152 | 27 | 5 | 18 | 243 | 63 | 30 | 15 | 6 | 8 | 55 | 0 | 3 | 100 | 11 | .284 | .349 | .453 | .802
2010 | 52 | 198 | 169 | 26 | 38 | 5 | 0 | 2 | 49 | 21 | 12 | 5 | 1 | 4 | 22 | 0 | 2 | 33 | 6 | .225 | .315 | .290 | .605
ロッテ(KBO) | 42 | 154 | 137 | 15 | 31 | 9 | 3 | 4 | 58 | 19 | 6 | 2 | 5 | 0 | 10 | 0 | 2 | 40 | 4 | .226 | .289 | .423 | .712
'10計 94 | 352 | 306 | 41 | 69 | 14 | 3 | 6 | 107 | 40 | 18 | 7 | 6 | 4 | 32 | 0 | 4 | 73 | 10 | .225 | .303 | .350 | .653
2011 | 117 | 458 | 398 | 62 | 115 | 18 | 4 | 12 | 177 | 68 | 12 | 6 | 3 | 8 | 40 | 1 | 9 | 78 | 9 | .289 | .360 | .445 | .805
2012 | 133 | 504 | 448 | 42 | 122 | 19 | 1 | 4 | 155 | 51 | 26 | 8 | 11 | 2 | 38 | 3 | 5 | 81 | 10 | .272 | .335 | .346 | .681
2013 | 128 | 559 | 489 | 70 | 134 | 29 | 3 | 7 | 190 | 56 | 22 | 11 | 7 | 4 | 49 | 3 | 10 | 78 | 14 | .274 | .350 | .389 | .739
2014 | 128 | 550 | 486 | 66 | 156 | 33 | 3 | 12 | 231 | 76 | 17 | 10 | 4 | 4 | 53 | 0 | 3 | 86 | 8 | .321 | .388 | .475 | .863
2015 | 144 | 596 | 534 | 95 | 155 | 41 | 2 | 26 | 278 | 97 | 11 | 10 | 4 | 6 | 48 | 1 | 4 | 122 | 14 | .290 | .350 | .521 | .871
2016 | 127 | 559 | 498 | 97 | 167 | 26 | 5 | 27 | 284 | 113 | 25 | 10 | 0 | 8 | 49 | 5 | 4 | 66 | 10 | .335 | .394 | .570 | .964
2017 | SF | 18 | 57 | 52 | 2 | 8 | 1 | 0 | 1 | 12 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 0 | 0 | 15 | 1 | .154 | .228 | .231 | .459
2018 | KT | 142 | 588 | 530 | 76 | 157 | 41 | 3 | 25 | 279 | 88 | 14 | 7 | 2 | 3 | 49 | 1 | 4 | 120 | 5 | .296 | .358 | .526 | .885
2019 | 124 | 506 | 447 | 78 | 127 | 16 | 3 | 20 | 209 | 67 | 10 | 7 | 0 | 5 | 52 | 2 | 2 | 70 | 10 | .284 | .358 | .468 | .825
KBO:12年 1450 | 5785 | 5138 | 759 | 1475 | 280 | 33 | 160 | 2301 | 749 | 197 | 100 | 54 | 55 | 480 | 16 | 51 | 963 | 110 | .287 | .351 | .448 | .799
MLB:1年 18 | 57 | 52 | 2 | 8 | 1 | 0 | 1 | 12 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 0 | 0 | 15 | 1 | .154 | .228 | .231 | .459

表彰

代表歴

背番号

脚注

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  2. ^ Hwang homers for first Major League hit MLB.com (英語) (2017年6月28日) 2017年8月3日閲覧
  3. ^ Hundley, Hwang HRs help Giants sweep Rox MLB.com (英語) (2017年6月28日) 2017年8月3日
  4. ^ Jonathan Hawthorne (2017年9月1日). “Giants bring up four players as rosters expand” (英語). MLB.com. 2017年9月3日閲覧。
  5. ^ kt wiz¸ FA 황재균과 4년 계약 체결!” (韓国語). KT Wiz (2017年11月13日). 2017年11月13日閲覧。

関連項目

外部リンク

KTウィズ 2020
【監督】

71 李強喆


【コーチ】

【投手】

【捕手】
  • 5 安承漢
  • 17 許道渙
  • 22 張成宇
  • 42 李俊秀
  • 66 姜顕宇

【内野手】
  • 2 沈佑俊
  • 3 金知熱
  • 4 金成勲
  • 6 朴慶洙
  • 7 姜玟局
  • 10 黄載均
  • 14 金秉熙
  • 16 朴承昱
  • 25 文相澈
  • 37 呉太坤
  • 54 千成虎

【外野手】
  • 9 金永換
  • 12 孫敏燮
  • 23 趙庸皓
  • 24 メル・ロハス
  • 27 裴梃旲
  • 39 金敏赫
  • 50 姜白虎
  • 61 柳漢俊


野球韓国代表
野球大韓民国代表 - 2015 WBSCプレミア12 優勝
【監督】

81 金寅植


【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球大韓民国代表 - 2019 WBSCプレミア12
【監督】

74 金卿文


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/13 08:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「黄載均」の意味を投稿しよう
「黄載均」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

黄載均スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黄載均」のスレッドを作成する
黄載均の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail