このキーワード
友達に教える
URLをコピー

黒い花びらとは?

黒い花びら」(くろいはなびら)は、水原弘シングル1959年7月に東京芝浦電気(現・東芝)の音楽事業部、東芝レコードから発売された。

目次

  • 1 解説
    • 1.1 経緯
  • 2 収録曲
  • 3 カバー
  • 4 映画
    • 4.1 スタッフ
    • 4.2 出演者
    • 4.3 同時上映
  • 5 脚注

解説

水原弘のデビューシングルにして代表曲のひとつであり、また第1回日本レコード大賞の受賞作品としても知られる。作詞は永六輔、作曲は中村八大による。

ポール・アンカの「君は我が運命」をヒントに作曲された。

それまで洋楽を手がけてきた東芝レコード(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)が手がけた邦楽レコードの第一号でもあった。

この曲で水原弘は1959年から始まった第1回日本レコード大賞を受賞した。また水原弘はこの曲で1959年の第10回NHK紅白歌合戦にも出場した。

この曲の間奏のサキソフォンを演奏しているのは、高知県土佐清水市出身の西村昭夫である。曲が大ヒットした事もあって、この曲をモチーフに映画化もされ、同名の映画が東宝から1960年に公開された。主演は水原弘である。

レコードB面は、東宝映画『青春を賭けろ』の主題歌である。『黒い花びら』もこの『青春を賭けろ』の挿入歌であった(レコードでの表記は主題歌となっている)。

この曲にはシングルで発売されたバージョンの他にも昭和40年代に入りステレオ録音で収録されたバージョンが存在する。イントロが男性によるバックコーラスのものがシングル版であり、バックコーラスではなくストリングスの音が聞こえる方が新録音版である。ベストアルバムに収録されているものは特に記述などはないため、再生するまでどちらが入っているかは判別できない。また青春歌年鑑シリーズにおいては複数で重複されて収録されているが、青春歌年鑑'60では新録音版が、青春歌年鑑戦後編4ではシングル版と異なるバージョンで収録されている。

経緯

本曲は、永と中村の最初期の共作の1作である。1959年6月、新作のロカビリー映画『青春を賭けろ』のためのオリジナル楽曲を必要としていた東宝は、渡辺晋を経由して売り込みに来ていた中村に、「明日までにロカビリーを10曲仕上げてくる」というとんでもないオーディションの課題を突き付けられる。中村が困り果てていると、放送作家として面識があった永と往来でばったり出会った。永はそれまで作詞の経験はなかったが、中村は永の了解をとるとそのまま自分のマンションに連れ込み、オーケストラ用の記譜担当者3名を待機させて徹夜で10曲作り上げた。10曲の中には本作のほかに、B面の『青春を賭けろ』や、ずっと後世になって再評価されることになる『黄昏のビギン』などがあった。

歌唱歌手をオーディションで選考し、キャバレーの流しで人気が急騰していた水原が当選する。当時新人歌手の楽曲は先輩歌手のB面に場を借りるのが一般的で、水原のデビュー曲は『ネリカン・ブルース』(山下敬二郎)のB面として発売されるはずであった。ところが、山下のA面曲の歌詞が公序良俗に反すると問題視され、レコード製作基準管理委員会から発売禁止の処分を受けてしまい、水原のデビューもあおりを受けてボツになってしまった。

しかし程なく中村は、長田幸治(ビクターのディレクター)から「没にするのは惜しい。フランク永井なら10万枚は行く」というコメントを得、勇んで東芝の責任者と直談判をした。説得が実り、黒い花びらをA面、青春を賭けろをB面にした上で発売された。当時水原は無名の新人で、しかも自粛騒動で映画とのタイアップの時期を逃したことから東芝サイドもヒットを想定せず、初盤プレスはわずか2000枚程度であった。ところが楽曲は周囲の予想に反してヒットを記録、増産を重ねる。

同年末、第1回日本レコード大賞の審査にノミネートされる。同賞の趣旨は、音楽のジャンルの垣根を超えた”日本人の手による本当の日本の音楽を作り出すこと”を目標に掲げていた。服部良一は後年、「『黒い花びら』のような曲に大賞をとってもらいたかった」と漏らしており、審査員の間では、単なる王道の流行歌ではなく、『黒い花びら』に将来を見据えた音楽性を見出していたことがわかる。当初のノミネート基準は日本作曲家協会所属の作曲家によるものでなくてはならず、中村はフリーランスであったため基準を満たしていなかった。12月14日の最終選考の最中にそれが発覚し、急遽中村を協会に加盟させることにより、体裁をとりつくろった。同日、本曲の大賞受賞が発表される。

「黒い花びら」の累計売上は100万枚に達した。1959年の東芝レコードの流行歌レコード売上で年間1位を記録した。同社の年間2位も同じく水原の「黒い落葉」であった。

収録曲

(全作詞:永六輔、作曲・編曲:中村八大)

  1. 黒い花びら(JP-1070)
  2. 青春を賭けろ

カバー

映画

【黒い花びら】

Yellow Zone
【監督】
瑞穂春海
【脚本】
川瀬治原島正夫
【製作】
山崎喜暉
【出演者】
水原弘
【音楽】
中村八大
【主題歌】
「黒い花びら」(水原弘)
【撮影】
杉本正二郎
【製作会社】
東京映画
【配給】
東宝
【公開】
1960年1月27日
【上映時間】
67分
【製作国】
日本
【言語】
日本語

本曲を題材とした歌謡映画は、1960年1月27日に公開、『駅前シリーズ』でお馴染みの東京映画が製作、水原も自ら主演している。モノクロ、東宝スコープ。上映時間は67分と「中編クラス」作品である。

スタッフ

出演者

同時上映

現代サラリーマン 恋愛武士道

脚注

  1. ^ NHK-FM 大瀧詠一の日本ポップス伝 1995年
  2. ^ 佐藤剛「『黄昏のビギン』の物語」
  3. ^ 塩澤実信『昭和の流行歌物語 佐藤千夜子から笠置シズ子、美空ひばりへ』展望社、2011年、229-230頁。ISBN 978-4-88546-231-3。
  4. ^ 「流行歌ことしの当たり屋 レコード各社のベスト・テンから」『毎日新聞』1959年12月26日付東京夕刊、3面。
  5. ^ 宝塚OGによるカバーアルバム第2弾発売決定 昭和の歌謡名曲が男役歴代トップスター達によって蘇る”. Billboard Japan. 2015年4月23日閲覧。
日本レコード大賞受賞(1959年)
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960(2) 松尾和子/和田弘とマヒナスターズ誰よりも君を愛す
  • 1961(3) フランク永井君恋し
  • 1962(4) 橋幸夫/吉永小百合いつでも夢を
  • 1963(5) 梓みちよこんにちは赤ちゃん
  • 1964(6) 青山和子愛と死をみつめて
  • 1965(7) 美空ひばり
  • 1966(8) 橋幸夫霧氷
  • 1967(9) ジャッキー吉川とブルー・コメッツブルー・シャトウ
  • 1968(10) 黛ジュン天使の誘惑
  • 1969(11) 佐良直美いいじゃないの幸せならば

  • 1970年代 | 
  • 1970(12) 菅原洋一今日でお別れ
  • 1971(13) 尾崎紀世彦また逢う日まで
  • 1972(14) ちあきなおみ喝采
  • 1973(15) 五木ひろし夜空
  • 1974(16) 森進一襟裳岬
  • 1975(17) 布施明シクラメンのかほり
  • 1976(18) 都はるみ北の宿から
  • 1977(19) 沢田研二勝手にしやがれ
  • 1978(20) ピンク・レディーUFO
  • 1979(21) ジュディ・オング魅せられて

  • 1980年代 | 
  • 1980(22) 八代亜紀雨の慕情
  • 1981(23) 寺尾聰ルビーの指環
  • 1982(24) 細川たかし北酒場
  • 1983(25) 細川たかし矢切の渡し
  • 1984(26) 五木ひろし長良川艶歌
  • 1985(27) 中森明菜ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
  • 1986(28) 中森明菜DESIRE -情熱-
  • 1987(29) 近藤真彦愚か者
  • 1988(30) 光GENJIパラダイス銀河
  • 1989(31) Wink淋しい熱帯魚

  • 1990年代 | 
  • 1990(32) 堀内孝雄恋唄綴り」・B.B.クィーンズおどるポンポコリン
  • 1991(33) 北島三郎北の大地」・KAN愛は勝つ
  • 1992(34) 大月みやこ白い海峡」・米米CLUB君がいるだけで
  • 1993(35) 香西かおり無言坂
  • 1994(36) Mr.Childreninnocent world
  • 1995(37) trfOvernight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜
  • 1996(38) 安室奈美恵Don't wanna cry
  • 1997(39) 安室奈美恵CAN YOU CELEBRATE?
  • 1998(40) globewanna Be A Dreammaker
  • 1999(41) GLAYWinter,again

  • 2000年代 | 
  • 2000(42) サザンオールスターズTSUNAMI
  • 2001(43) 浜崎あゆみDearest
  • 2002(44) 浜崎あゆみVoyage
  • 2003(45) 浜崎あゆみNo way to say
  • 2004(46) Mr.ChildrenSign
  • 2005(47) 倖田來未Butterfly
  • 2006(48) 氷川きよし一剣
  • 2007(49) コブクロ
  • 2008(50) EXILETi Amo
  • 2009(51) EXILESomeday

  • 2010年代 | 
  • 2010(52) EXILEI Wish For You
  • 2011(53) AKB48フライングゲット
  • 2012(54) AKB48真夏のSounds good !
  • 2013(55) EXILEEXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
  • 2014(56) 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBER.Y.U.S.E.I.
  • 2015(57) 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEUnfair World
  • 2016(58) 西野カナあなたの好きなところ
  • 2017(59) 乃木坂46インフルエンサー

  • 第32回から第34回までは演歌・歌謡曲とポップス・ロックの2部門に分けて発表された。括弧内の数字は第○回を示す。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/19 20:49

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「黒い花びら」の意味を投稿しよう
    「黒い花びら」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    黒い花びらスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「黒い花びら」のスレッドを作成する
    黒い花びらの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail