このキーワード
友達に教える
URLをコピー

黒部川とは?

【黒部川】

黒部川河口から朝日、白馬~五竜岳、立山連峰

【水系】
一級水系 黒部川
【種別】
一級河川
【延長】
85 km
【平均流量】
12.18 m³/s
(宇奈月観測所 1994年)
【流域面積】
667 km²
【水源】
鷲羽岳(富山市)
【水源の標高】
2,924 m
【河口・合流先】
日本海(黒部市入善町)
【流域】
日本 富山県
黒部ダム

黒部川(くろべがわ)は、富山県東部を流れる一級河川。黒部川水系の本川である。

地理

富山県と長野県の境、北アルプス鷲羽岳(わしばだけ)に源を発し、おおむね北へと流れる。川全体の8割は深い山地を穿ちながら流れ、黒部峡谷と呼ばれる。黒部峡谷中にはそのV字谷に混じって雲ノ平高天原薬師見平タンボ平内蔵助平餓鬼ノ田圃といった平坦地が点在する。黒部市宇奈月町愛本橋付近で山地を抜け、広さ1.2万haの黒部川扇状地を流れる。この扇状地は黒部市、入善町にかけて広がり、その地形は海中にまで広がっている。黒部川の豊富な水量でこの扇状地は湧き水が多く、黒部川扇状地湧水群として名水百選のひとつにも選ばれている。本流は河口付近では黒部市と入善町の境界となり、日本海へと注ぐ。

富山県の七大河川(黒部川、片貝川早月川常願寺川神通川庄川小矢部川)の一。

主な支流

流域の自治体

富山市立山町黒部市入善町朝日町

自然

河口周辺は富山県指定の「黒部川河口鳥獣保護区」として鳥獣保護区に指定されている。連携排砂後、水質汚濁があったが国土交通省による2006年の水質調査結果により8年ぶりに水質日本一に返り咲いた。

気候

黒部川流域は日本海型気候であり、国内有数の多雨多雪地帯である。その地点別の降水量は過去10年間の平均では、上流に向かうほど多くなり、黒部市街地では約2,000mm、扇状地より上流の宇奈月では約3,000mm、さらに上流の峡谷地にある仙人谷では、4,000mmを超える。

また黒部川流域では、6月から7月にかけて、梅雨前線による豪雨が多いことから洪水の危険性が高く、12月から3月にかけて、降雪が多いことから雪解け水による水資源が豊富である。

黒部川上流域は、南北に縦走する立山連峰と後立山連峰にそって偏西風が吹き抜ける際に発生する雨雲が、剣岳・立山等の標高の高い山にぶつかる位置にあるために降水量が多くなっている。

毎年、3月から5月頃にかけては、日本海に低気圧が発生し寒冷前線が通過することが多く、これに応じたフェーン現象の発生もみられる。この急激な温度上昇が、流域の雪崩や山火事を発生させる原因にもなっている。

流域内の年平均気温は、仙人谷で9°C、宇奈月で12°C、黒部で14°Cとなっており、上流域の仙人谷の方がいずれも 3〜5°C低くなっている。

歴史

江戸時代この地を領した前田氏は、防衛と技術上の問題から越中東部の常願寺川早月川片貝川、黒部川に橋を架けなかった。当時、黒部川は扇状地上でさまざまな流路に分かれて流れており、黒部四十八瀬と呼ばれていた。昨日渡れた場所も今日は本流になり渡れずといった状況は絶えずあり、北陸道では親不知に匹敵する難所となっていた。また、黒部川上流部では、立山一帯も含めて藩の取り締まり(視察)の一環として奥山廻りも行われた。

黒部川に橋がないことはあまりにも不便なため、寛永3年(1626年)に北陸街道を大きく上流に迂回した愛本の地に初めて橋を架けた。しかし氾濫の度に流失を繰り返したために、前田綱紀寛文2年(1662年)に橋脚がない全長63mもの刎橋を作らせた。この愛本刎橋は日本三奇橋の一つに数えられたという。

1880年、上流部で大町市富山市を結ぶ立山新道が開通し、黒部川は船で渡る交通システムが整備されたが、わずか2シーズンで廃止された。1971年立山黒部アルペンルートが開通すると観光客が黒部ダムの天端を往来することが可能となった。ダムの上流側の黒部湖には「平の渡し」という渡し船があるが、ダム湖ができる前に黒部川に架かっていた橋の機能を代替するものとして運行されている。

名称の由来

大まかに3つの説がある。

利水

黒部川#関西電力の発電所」も参照

黒部川は水量が多く高低差もあるため、水力発電に有利な条件を備えており、大正時代には日本電力(現在の関西電力)による水力電源開発が始められた。特に上流部では急峻な山岳地帯を舞台にして、壮絶とも言える工事が行なわれている。なかでも黒部ダム黒部川第四発電所関電トンネルといった通称「くろよん」と呼ばれる電源開発事業は最も有名であるが、その他にも戦前期の黒部川第三発電所の建設工事では「くろよん」を上回る犠牲者を出しているなど、黒部川の電源開発は多くの人命を失い、多大な労力を払いながらの事業となった。

一方、下流の扇状地でも、大正時代より灌漑用水などを活用した発電所建設が進み、全国でも珍しい低落差発電が行なわれている。

河川施設

ダム

連携排砂

連携排砂」も参照

黒部川上流部は土砂崩壊の激しい地域であるため、土砂が予想を上回る勢いで各ダムに堆積している。そこで出し平ダムでは排砂ゲートが設けられ、1991年(平成3年)12月に初めての排砂が行われたが、これによって出し平ダムからヘドロが流されて漁業被害が起きたとされ、公害訴訟が起きている。これは出し平ダムで貯水開始から6年以上経過してダム湖に蓄積し変質したものを、薄める水が少ない冬にまとめて流したのが問題ではないかと考えられている。

これをふまえて下流域への影響を少なくする方法が検討され、また1995年(平成7年)7月11日に発生した豪雨で非常に大量の土砂が流出したため、3年間に3回、増水時に排砂放流を行った。増水時に排砂することで、下流への影響がダムの存在しない自然の状態に近くなるという行政による観測結果が得られた。

その後、下流に宇奈月ダムが完成し、2001年度(平成13年度)から連携排砂を行うこととなった。これは梅雨や台風で基準以上の増水が起きたとき、出し平ダムで排砂放流を行い、宇奈月ダムではまず洪水調節を行う。そして洪水のピークが過ぎるのを確認しながら宇奈月ダムも排砂を行うという方法である。

関電と行政は「これまでの観測結果からダム湖に土砂が流れ込む量の90%以上は増水時であることが確認されており、黒部川が増水する度に(その年の最初の増水に合わせて)連携排砂、以後は増水に合わせて連携通砂を行い、ダム湖に土砂を蓄積せずに流すように運用している。ダムが無い自然の状態の土砂移動により近付けるように自然との共存を目指して運用改善の努力がなされている」と主張している。

関西電力の発電所

北陸電力の発電所

北陸電力の発電所はすべて愛本発電所の下流にある。

主な橋梁

黒部川河口よりの眺望

立山連峰と後立山連峰の風景

山名は各項目へリンクしています

初雪山
白金の頭
長栂山
朝日岳
白馬岳
旭岳
清水岳
白馬鑓ヶ岳
天狗の頭
唐松岳
五龍岳
(越中)駒ヶ岳
僧ヶ岳
毛勝山
剱岳
立山
奥大日岳'
大日岳
画像ファイル(環境により文字がずれることもあります)

ギャラリー

脚注

  1. ^ 北日本新聞『立山・黒部 世界へ発信』
  2. ^ 他に大型扇状地として那須野が原扇状地(4万ha)、胆沢扇状地(2万ha)などがある。
  3. ^ 黒部川流域の概要”. 国土交通省河川局 (2019年8月16日). 2019年8月16日閲覧。
  4. ^ 宇奈月町史編纂委員会編『宇奈月町史』宇奈月町、1969年、p574,p592。
  5. ^ 「大山町史」第6章 交通・通信の発達 p544 大山町史編纂委員会編 1964年発行
  6. ^ 河川事業-事業について|国土交通省 北陸地方整備局 黒部河川事務所”. www.hrr.mlit.go.jp. 2019年9月6日閲覧。
  7. ^ 北日本新聞 2017年8月13日付朝刊24面『ふるさと人物探訪2』より
  8. ^ この発電所を最後に電力開発事業は終了している。なお、柳川発電所で使われた水車等が展示されている。
  9. ^ 新潮社『高熱隧道』

関連項目

外部リンク

一級水系の河川
北海道開発局管轄

東北地方整備局管轄

関東地方整備局管轄

北陸地方整備局管轄

中部地方整備局管轄

近畿地方整備局管轄

中国地方整備局管轄

四国地方整備局管轄

九州地方整備局管轄



典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/15 23:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「黒部川」の意味を投稿しよう
「黒部川」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

黒部川スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「黒部川」のスレッドを作成する
黒部川の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail