このキーワード
友達に教える
URLをコピー

19世紀とは?

この項目「19世紀」は途中まで翻訳されたものです。(原文:英語版 "19th century" 00:31, 13 January 2016 (UTC))
翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページ履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。要約欄への翻訳情報の記入をお忘れなく。(2016年1月)
 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年3月)

千年紀: 2千年紀
世紀: 18世紀 - 19世紀 - 20世紀
十年紀: 1800年代 1810年代 1820年代 1830年代 1840年代
1850年代 1860年代 1870年代 1880年代 1890年代
19世紀に君臨した大英帝国

19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀

目次

  • 1 19世紀の歴史
    • 1.1 国民国家の成立
    • 1.2 帝国主義の興隆
    • 1.3 列強の植民地争奪戦
  • 2 できごと
    • 2.1 1800年代
    • 2.2 1810年代
    • 2.3 1820年代
    • 2.4 1830年代
    • 2.5 1840年代
    • 2.6 1850年代
    • 2.7 1860年代
    • 2.8 1870年代
    • 2.9 1880年代
    • 2.10 1890年代
    • 2.11 1900年代
  • 3 文化
    • 3.1 文学
    • 3.2 音楽
    • 3.3 思想
    • 3.4 科学
    • 3.5 技術
  • 4 人物
    • 4.1 ヨーロッパ
      • 4.1.1 政治家・王族
        • 4.1.1.1 フランス
        • 4.1.1.2 オーストリア=ハンガリー
        • 4.1.1.3 ロシア
        • 4.1.1.4 イギリス
        • 4.1.1.5 ドイツ(プロイセンほかドイツ領邦を含む)
        • 4.1.1.6 北欧
        • 4.1.1.7 イタリア
        • 4.1.1.8 スペイン
        • 4.1.1.9 ベルギー
        • 4.1.1.10 ギリシア
      • 4.1.2 軍人
      • 4.1.3 実業家
      • 4.1.4 科学と技術
      • 4.1.5 思想と哲学・人文諸学
      • 4.1.6 宗教
      • 4.1.7 文学
      • 4.1.8 美術
      • 4.1.9 音楽
      • 4.1.10 社会事業家
      • 4.1.11 探検家・旅行家
      • 4.1.12 料理
      • 4.1.13 その他
    • 4.2 アングロアメリカ
    • 4.3 ラテンアメリカ
    • 4.4 サハラ以南のアフリカ
    • 4.5 西アジアと北アフリカ
    • 4.6 南アジア
    • 4.7 東南アジア
    • 4.8 オセアニア
    • 4.9 東アジア
      • 4.9.1 清
      • 4.9.2 越南
    • 4.10 日本
  • 5 19世紀生まれの最後の生き残り
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

19世紀の歴史

国民国家の成立

フランス七月革命。ヨーロッパでは革命により近代的な国家が生まれた。

西欧ではフランス革命の影響により自由主義ナショナリズムが広がった。19世紀初頭のナポレオンの興亡や反動的なウィーン体制、「諸国民の春」や数々の市民革命の勃発の後、ナショナリズムの高揚によりドイツイタリアなどの新たな統一された強力な国家が登場した。 またナポレオン戦争による混乱に乗じて1810年代から1820年代にはスペイン・ポルトガルの支配からラテンアメリカ諸国が各地で独立した。しかし大土地所有者の優遇やモノカルチャー栽培などで独立してからも近代化は進まず、欧米列強への従属がこの後も長く続いた。

帝国主義の興隆

インド大反乱。アジア・アフリカ諸国には苦渋の時代であった。

19世紀のイギリス工業化による生産力の増大により得た、圧倒的な経済力と軍事力で世界の覇権を握った。イギリスは時には武力をも用いて世界各国に自由貿易を認めさせ、イギリスを中心とした国際経済体制に世界を組み込んでいった(パクス・ブリタニカ)。この過程で、大陸国家であるロシア海洋国家のイギリスとの間に度重なる衝突が発生し、20世紀における世界大戦の遠因が形成された。

アジアアフリカにとっては苦渋の時代であり、トルコタイ王国などの国では西欧文化を取り入れ近代化が試みられた。清国の半植民地化が実質的に始まったのは、アロー戦争敗北後に天津条約北京条約を締結してからである。オスマン帝国もヨーロッパ諸国による介入でギリシャ独立戦争において敗北し、ムハンマド・アリーエジプトでの台頭を止めることが出来なかった。インドではイギリスが19世紀にマラーター戦争シク戦争を行い、インドを植民地化した。1857年にはインド大反乱が勃発したが、翌年にイギリスはこれを鎮圧し、ムガル帝国は終焉を迎えた。

日本でも1853年アメリカペリー浦賀に来航、江戸幕府開国を認めさせ、日本も欧米を中心とした世界経済に組み込まれた。1868年には長らく続いた幕藩体制は崩壊し(明治維新)、新たに発足した明治政府は欧米文化を摂取して急速な近代化を目指した。19世紀末には、近代化に成功した日本やタイ王国などの一部の国以外は、西欧列強の植民地にされるか、強い影響下におかれた。

列強の植民地争奪戦

19世紀中頃に、ドイツ、フランス、アメリカ合衆国はイギリスに続いて産業革命をなしとげた。こうした後進産業国では政府の強力なリードのもとで産業育成がなされた。19世紀の末期には資源の豊富なアメリカ合衆国や重化学工業分野が成長したドイツの発展が著しく、事実上イギリスの覇権は崩れた(第二次産業革命参照)。これにより1870年代の露土戦争前後から19世紀末には列強の植民地争奪競争がおこなわれた。日本も日清戦争日露戦争などを通じ、こうした植民地争奪戦に乗り出していく。

できごと

蒸気機関車ロバート・スチーブンソンロケット号」。

1800年代

詳細は「1800年代」を参照
江戸時代の旅行ブーム。1802年には十返舎一九の『東海道中膝栗毛』の刊行が始まり、文化文政時代のおおらかな気風も相まって各地への旅行が庶民でも楽しまれるようになった。画像は歌川広重の「東海道五十三次」の「日本橋」。
阮朝越南の成立。黎朝衰退後に台頭した西山三兄弟を倒し、阮福暎は嘉隆帝と名乗ってベトナム全土を統一した。画像は首都の順化(ユエ)に今も残る順化皇城の延寿宮
ナポレオン1世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
ウィリアム・ターナーの「トラファルガーの海戦(イギリス国立海洋博物館蔵)」。
ゴヤの「マドリード、1808年5月3日(プリンシペ・ピオの丘での虐殺)」。

1810年代

詳細は「1810年代」を参照
シタデルの虐殺。エジプト総督ムハンマド・アリーはアラビア半島遠征への壮行会に乗じてこの国の支配者層であるマムルークを虐殺し、権力基盤を固めた。
ナポレオンのロシア遠征。画像はアドルフ・ノーザンの「ナポレオンのモスクワからの退却」。
革命への反動。画像はウィーン会議の様子を描いたJ.B.Isabenの絵画。
ナポレオン戦争の終結。画像はワーテルローの戦い
メデューズ号の筏」。モーリタニア沖での難破で船員147名のうち15名しか生存しなかった。画像はこの事件を描いたフランス人画家テオドール・ジェリコーのもの(ルーブル美術館蔵)。
パンジャーブシク王国。イギリスのインド進出に最後まで抵抗したのがシク王国である。画像は国王ランジート・シングの宮廷(ダルバール)を描いた細密画。

1820年代

詳細は「1820年代」を参照
ギリシア独立戦争。画像はウジェーヌ・ドラクロワの「キオス島の虐殺」。
グアヤキルの会談。スペイン支配からラテンアメリカを別個に独立させてきた二人の指導者ホセ・デ・サン・マルティンとシモン・ボリーバルがこの地で会見した。
清におけるアヘンの輸入超過。1820年代後半にはアヘン密輸により清の財政悪化が懸念され始めた。画像はアヘン吸引をする清の庶民。
出典:wikipedia
2018/10/16 05:42

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「19世紀」の意味を投稿しよう
「19世紀」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

19世紀スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「19世紀」のスレッドを作成する
19世紀の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail