このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1918年の野球とは?

(1918年の野球から転送)
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年1月)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1918年のできごとを記す。

1918年4月15日に開幕し、シーズン途中に第一次大戦のためペナントレースを9月1日に中断し、その時点の首位チームを優勝としてワールドシリーズを9月初旬に開催して9月11日に全日程を終えた。

9月1日時点で首位であったナショナルリーグシカゴ・カブスアメリカンリーグボストン・レッドソックスがリーグ優勝した。シカゴ・カブスは8年ぶり11度目、ボストン・レッドソックスは2年ぶり6度目の優勝となった。

ワールドシリーズはボストン・レッドソックスがシカゴ・カブスを4勝2敗で制し、5度目のシリーズ制覇を果たした。

目次

  • 1 できごと
    • 1.1 第一次大戦の影響
    • 1.2 レッドソックスとヤンキース
    • 1.3 記録
  • 2 最終成績
    • 2.1 レギュラーシーズン
      • 2.1.1 アメリカンリーグ
      • 2.1.2 ナショナルリーグ
    • 2.2 ワールドシリーズ
  • 3 個人タイトル
    • 3.1 アメリカンリーグ
      • 3.1.1 打者成績
      • 3.1.2 投手成績
    • 3.2 ナショナルリーグ
      • 3.2.1 打撃成績
      • 3.2.2 投手成績
  • 4 出典
  • 5 外部リンク

できごと

第一次大戦の影響

1914年8月に始まった第一次世界大戦にアメリカは参戦していなかったが、1917年4月にウイルソン大統領は参戦を決意しドイツに宣戦布告した。1917年はメジャーリーグでも数人が志願して兵役についたが、野球開催に関しての影響は少なかった。しかし1918年に入ると戦局が急を告げて、選手たちがぞくぞくと召集を受け、一般国民の戦意の高揚とともに野球に対する関心が衰え始め、野球界にとって冬の時代であった。この年に曲がりなりにも試合を消化できたのはメジャーリーグとマイナーのインターナショナルリーグだけで、他のマイナーリーグは選手の不足と経営の不振で崩壊状態であった。

そのためアメリカン・リーグのバン・ジョンソン会長は危機感を持ち、ワールドシリーズの中止を検討するが他の球団オーナーが反対する事態となった。そして軍の要請(仕事か戦闘かを迫るものであった)を受け入れて、8月2日にレギュラーシーズンを9月1日で打ち切りとすることを決め、この結果合計226試合が中止となった。しかしペナントレースは中断されたがワールドシリーズは特別措置として開催が認められて、9月5日から行われた。

アメリカン・リーグのレッドソックスは、ベーブ・ルースが投手で20試合に登板して13勝7敗の成績を収め、そして外野手として59試合、一塁手として13試合出場し、打率.300・本塁打11本・打点66を打って本塁打王となり、そのバッティングに注目が集まって、レッドソックスの投打の中心となり、他にもカール・メイズ(21勝)がいた。

一方ナショナル・リーグのシカゴ・カブスも強力な投手陣がいてヒッポ・ボーン(22勝)、レフティー・タイラー(19勝)、クロード・ヘンドリックス(19勝)らが活躍した。

そしてワールドシリーズでは、ベーブ・ルースが2勝、カール・メイズも2勝してレッドソックスがシリーズを制した。

レッドソックスとヤンキース

ボストン・レッドソックスはこの年に新しい監督エド・バローを迎えて通算5度目のシリーズ制覇であった。しかし1920年に当時のレッドソックスのオーナーだったハリー・フレイジーは、財政難からチームの看板選手だったベーブ・ルースをヤンキースに放出、バローも1920年限りで監督をやめ、ヤンキースのゼネラルマネージャーをつとめることになる。そして1903年から1918年までの15年間で5回シリーズ制覇したレッドソクッスの6度目のシリーズ制覇はそれから86年後の2004年になった。

その間にニューヨーク・ヤンキースは1923年から通算27回のシリーズ制覇を成し遂げることになるが、この1918年時点ではシリーズどころかリーグ優勝も無い弱小球団であった。第一次大戦が終結したこの年でボストン・レッドソックスはアメリカンリーグ最多の6回リーグ優勝し、ナショナルリーグではシカゴ・カブスが最多の11回、ニューヨーク・ジャイアンツが8回リーグ優勝していた。やがて32年後の1950年にヤンキースはカブスの優勝回数(1950年時点で16回)を超えて17回のリーグ優勝からさらに20世紀後半に優勝回数を伸ばしていく。

そのニューヨーク・ヤンキースは、1913年にハイランダースからヤンキースに名称を変え、この1918年に新監督を迎えてリーグ4位であった。1915年にオーナーとなったジェイコブ・ルパートが1913年からカージナルスの選手兼監督を務めていたミラー・ハギンスを招いての最初のシーズンであった。この年は4位、翌1919年は3位、1920年も3位とそれまでBクラスであったチームは確実に上昇機運であった。そしてレッドソックス監督であったエド・バローをゼネラルマネージャーに就任させてからヤンキースの黄金時代が始まった。ミラー・ハギンスも1929年のシーズン途中で急逝するまでにリーグ優勝6回、シリーズ制覇3回の実績を残した。

記録

最終成績

レギュラーシーズン

アメリカンリーグ

順 チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 | ボストン・レッドソックス | 75 | 51 | .595 | --
2 | クリーブランド・インディアンス | 73 | 54 | .575 | 2.5
3 | ワシントン・セネタース | 72 | 56 | .563 | 4.0
4 | ニューヨーク・ヤンキース | 60 | 63 | .488 | 13.5
5 | セントルイス・ブラウンズ | 58 | 64 | .475 | 15.0
6 | シカゴ・ホワイトソックス | 57 | 67 | .460 | 17.0
7 | デトロイト・タイガース | 55 | 71 | .437 | 20.0
8 | フィラデルフィア・アスレチックス | 52 | 76 | .406 | 24.0
 |  | 

ナショナルリーグ

順 チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 | シカゴ・カブス | 84 | 45 | .651 | --
2 | ニューヨーク・ジャイアンツ | 71 | 53 | .573 | 10.5
3 | シンシナティ・レッズ | 68 | 60 | .531 | 15.5
4 | ピッツバーグ・パイレーツ | 65 | 60 | .520 | 17.0
5 | ブルックリン・ロビンス | 57 | 69 | .452 | 25.5
6 | フィラデルフィア・フィリーズ | 55 | 68 | .447 | 26.0
7 | ボストン・ブレーブス | 53 | 71 | .427 | 28.5
8 | セントルイス・カージナルス | 51 | 78 | .395 | 33.0

ワールドシリーズ

詳細は「1918年のワールドシリーズ」を参照
9/ 5 – | レッドソックス | 1 | - | 0 |  | カブス
9/ 6 – | レッドソックス | 1 | - | 3 |  | カブス
9/ 7 – | レッドソックス | 2 | - | 1 |  | カブス
9/ 9 – | カブス | 2 | - | 3 |  | レッドソックス
9/10 – | カブス | 3 | - | 0 |  | レッドソックス
9/11 – | カブス | 1 | - | 2 |  | レッドソックス

個人タイトル

アメリカンリーグ

打者成績

項目 選手 記録
打率 | タイ・カッブ (DET) | .382
本塁打 | ベーブ・ルース (BOS) | 11
ティリー・ウォーカー (PHA)
打点 | ボビー・ヴィーチ (DET) | 78
得点 | レイ・チャップマン (CLE) | 84
安打 | ジョージ・バーンズ (PHA) | 178
盗塁 | ジョージ・シスラー (SLA) | 45
 |  | 

投手成績

項目 選手 記録
勝利 | ウォルター・ジョンソン (WS1) | 23
敗戦 | エディ・シーコット (CWS) | 19
スコット・ペリー (PHA)
防御率 | ウォルター・ジョンソン (WS1) | 1.27
奪三振 | ウォルター・ジョンソン (WS1) | 162
投球回 | スコット・ペリー (PHA) | 332⅓
セーブ | ジョージ・モグリッジ (NYY) | 7

ナショナルリーグ

打撃成績

項目 選手 記録
打率 | ザック・ウィート (BRO) | .335
本塁打 | ギャビー・クラバス (PHI) | 8
打点 | シェリー・マギー (CIN) | 76
得点 | ヘイニー・グロー (CIN) | 86
安打 | チャーリー・ホロシャー (CHC) | 161
盗塁 | マックス・キャリー (PIT) | 58
 |  | 

投手成績

項目 選手 記録
勝利 | ヒッポ・ボーン (CHC) | 22
敗戦 | ルーブ・マーカード (BRO) | 18
ジョー・オーチジャー (PHI)
防御率 | ヒッポ・ボーン (CHC) | 1.74
奪三振 | ヒッポ・ボーン (CHC) | 148
投球回 | ヒッポ・ボーン (CHC) | 290⅓
セーブ | フレッド・アンダーソン (NYG) | 3
ウィルバー・クーパー (PIT)
ジョー・オーチジャー (PHI)
フレッド・トニー (CIN/NYG)

出典

外部リンク

各年のメジャーリーグベースボール
1870 - | 
 |  |  |  |  |  | 1876 | 1877 | 1878 | 1879

80 - | 
1880 | 1881 | 1882 | 1883 | 1884 | 1885 | 1886 | 1887 | 1888 | 1889

90 - | 
1890 | 1891 | 1892 | 1893 | 1894 | 1895 | 1896 | 1897 | 1898 | 1899

1900 - | 
1900 | 1901 | 1902 | 1903 | 1904 | 1905 | 1906 | 1907 | 1908 | 1909

10 - | 
1910 | 1911 | 1912 | 1913 | 1914 | 1915 | 1916 | 1917 | 1918 | 1919

20 - | 
1920 | 1921 | 1922 | 1923 | 1924 | 1925 | 1926 | 1927 | 1928 | 1929

30 - | 
1930 | 1931 | 1932 | 1933 | 1934 | 1935 | 1936 | 1937 | 1938 | 1939

40 - | 
1940 | 1941 | 1942 | 1943 | 1944 | 1945 | 1946 | 1947 | 1948 | 1949

50 - | 
1950 | 1951 | 1952 | 1953 | 1954 | 1955 | 1956 | 1957 | 1958 | 1959

60 - | 
1960 | 1961 | 1962 | 1963 | 1964 | 1965 | 1966 | 1967 | 1968 | 1969

70 - | 
1970 | 1971 | 1972 | 1973 | 1974 | 1975 | 1976 | 1977 | 1978 | 1979

80 - | 
1980 | 1981 | 1982 | 1983 | 1984 | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989

90 - | 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/02/15 06:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1918年の野球」の意味を投稿しよう
「1918年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1918年の野球スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1918年の野球」のスレッドを作成する
1918年の野球の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail