このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1951年の野球とは?

< 1951年 | 1951年のスポーツ

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ
【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
優勝 | 読売ジャイアンツ | 79 | 29 | 6 | .731 | -
2位 | 名古屋ドラゴンズ | 62 | 48 | 3 | .564 | 18.0
3位 | 大阪タイガース | 61 | 52 | 3 | .540 | 20.5
4位 | 松竹ロビンス | 53 | 57 | 5 | .482 | 27.0
5位 | 国鉄スワローズ | 46 | 59 | 2 | .438 | 31.5
6位 | 大洋ホエールズ | 40 | 64 | 4 | .385 | 37.0
7位 | 広島カープ | 32 | 64 | 3 | .333 | 41.0
パシフィック・リーグ
【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
ゲーム差
優勝 | 南海ホークス | 72 | 24 | 8 | .750 | -
2位 | 西鉄ライオンズ | 53 | 42 | 10 | .558 | 18.5
3位 | 毎日オリオンズ | 54 | 51 | 5 | .514 | 22.5
4位 | 大映スターズ | 41 | 52 | 8 | .441 | 29.5
5位 | 阪急ブレーブス | 37 | 51 | 8 | .420 | 31.0
6位 | 東急フライヤーズ | 38 | 56 | 8 | .404 | 33.0
7位 | 近鉄パールス | 37 | 56 | 5 | .398 | 33.5

日本シリーズ

1951年 日本ワールドシリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月10日(水) | 第1戦 | 読売ジャイアンツ | 5-0 | 南海ホークス | 大阪球場
10月11日(木) | 第2戦 | 読売ジャイアンツ | 7-0 | 南海ホークス
10月12日(金) | 移動日
10月13日(土) | 第3戦 | 南海ホークス | 2-3 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
10月14日(日) | 第4戦 | 雨天中止
10月15日(月)
10月16日(火) | 南海ホークス | 4-3 | 読売ジャイアンツ
10月17日(水) | 第5戦 | 南海ホークス | 2-8 | 読売ジャイアンツ
優勝:読売ジャイアンツ(初優勝)

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ
【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
成績
最優秀選手 | 川上哲治 | 巨人 |  | 山本一人 | 南海 | 
最優秀新人 | 松田清 | 巨人 |  | 蔭山和夫 | 南海 | 
首位打者 | 川上哲治 | 巨人 | .377 | 大下弘 | 東急 | .383
本塁打王 | 青田昇 | 巨人 | 32本 | 大下弘 | 東急 | 26本
打点王 | 青田昇 | 巨人 | 105点 | 飯田徳治 | 南海 | 87点
最多安打 | 後藤次男 | 大阪 | 155本 | 木塚忠助 | 南海 | 130本
盗塁王 | 土屋五郎 | 国鉄 | 52個 | 木塚忠助 | 南海 | 55個
最優秀防御率 | 松田清 | 巨人 | 2.01 | 柚木進 | 南海 | 2.03
最多勝利 | 杉下茂 | 名古屋 | 28勝 | 江藤正 | 南海 | 24勝
最多奪三振 | 金田正一 | 国鉄 | 233個 | 阿部八郎 | 阪急 | 150個
最高勝率 | 松田清 | 巨人 | .885 | 中谷信夫 | 南海 | .875

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
パシフィック・リーグ
【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
球団
投手 別所毅彦 | 巨人 | 江藤正 | 南海
捕手 野口明 | 名古屋 | 土井垣武 | 毎日
一塁手 川上哲治 | 巨人 | 飯田徳治 | 南海
二塁手 千葉茂 | 巨人 | 山本一人 | 南海
三塁手 藤村富美男 | 大阪 | 蔭山和夫 | 南海
遊撃手 平井三郎 | 巨人 | 木塚忠助 | 南海
外野手 金田正泰 | 大阪 | 大下弘 | 東急
青田昇 | 巨人 | 別当薫 | 毎日
岩本義行 | 松竹 | 飯島滋弥 | 大映

オールスターゲーム

詳細は「1951年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1951年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | 
この節の加筆が望まれています。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

脚注

  1. ^ セリーグHistory Archived 2013年11月19日, at the Wayback Machine. セ・リーグ公式サイト
  2. ^ 『中日ドラゴンズ70年史』中日ドラゴンズ 編、中日新聞社、2006年、50頁。 ISBN 4806205141。
  3. ^ ドラゴンズ70年史 2006, p. 50.
  4. ^ パシフィック・リーグ略史(1949年〜2000年)”. パシフィック野球連盟公式サイト. 2015年11月13日閲覧。
  5. ^ 『広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、35頁。 ISBN 9784583616001。
  6. ^ 18 達成記録一覧 Archived 2013年12月26日, at the Wayback Machine. セ・リーグ公式サイト
  7. ^ カープ60年史 2009, p. 35.
  8. ^ 宇佐美徹也『日本プロ野球記録大鑑』講談社、1993年、692頁。 ISBN 4062061082。
  9. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 435.
  10. ^ 中断試合”. パシフィック野球連盟公式サイト. 2015年11月13日閲覧。
  11. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 692.
  12. ^ これまでのナイター開催は神宮後楽園の2球場。
  13. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 190.
  14. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 711.
  15. ^ 1リーグ時代の1949年川崎徳次が13失点で勝利投手。
  16. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 407, 893.
  17. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 339.
  18. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 304, 340.
  19. ^ 阪神タイガースヒストリー1950-1954”. 阪神タイガース公式サイト. 2015年11月13日閲覧。
  20. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 340.
  21. ^ ドラゴンズ70年史 2006, p. 284.
  22. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)”. 日本野球機構公式サイト. 2015年11月13日閲覧。
  23. <
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/09/25 05:09

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「1951年の野球」の意味を投稿しよう
    「1951年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    1951年の野球スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「1951年の野球」のスレッドを作成する
    1951年の野球の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail