このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1959年の野球とは?

< 1959年 | 1959年のスポーツ

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ
【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
優勝 | 読売ジャイアンツ | 77 | 48 | 5 | .612 | -
2位 | 大阪タイガース | 62 | 59 | 9 | .512 | 13.0
中日ドラゴンズ | 64 | 61 | 5 | .512 | 13.0
4位 | 国鉄スワローズ | 63 | 65 | 2 | .492 | 15.5
5位 | 広島カープ | 59 | 64 | 7 | .481 | 17.0
6位 | 大洋ホエールズ | 49 | 77 | 4 | .392 | 28.5
パシフィック・リーグ
【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
ゲーム差
優勝 | 南海ホークス | 88 | 42 | 4 | .677 | -
2位 | 毎日大映オリオンズ | 82 | 48 | 6 | .631 | 6.0
3位 | 東映フライヤーズ | 67 | 63 | 5 | .515 | 21.0
4位 | 西鉄ライオンズ | 66 | 64 | 14 | .508 | 22.0
5位 | 阪急ブレーブス | 48 | 82 | 4 | .369 | 40.0
6位 | 近鉄バファロー | 39 | 91 | 3 | .300 | 49.0

日本シリーズ

1959年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月24日(土) | 第1戦 | 読売ジャイアンツ | 7-10 | 南海ホークス | 大阪球場
10月25日(日) | 第2戦 | 読売ジャイアンツ | 3-6 | 南海ホークス
10月26日(月) | 移動日
10月27日(火) | 第3戦 | 南海ホークス | 3-2 | 読売ジャイアンツ | 後楽園球場
10月28日(水) | 第4戦 | 雨天中止
10月29日(木) | 南海ホークス | 3-0 | 読売ジャイアンツ
優勝:南海ホークス(11年ぶり3回目)

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ
【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
成績
最優秀選手 | 藤田元司 | 巨人 |  | 杉浦忠 | 南海 | 
最優秀新人 | 桑田武 | 大洋 |  | 張本勲 | 東映 | 
首位打者 | 長嶋茂雄 | 巨人 | .334 | 杉山光平 | 南海 | .323
本塁打王 | 森徹
桑田武 | 中日
大洋 | 31本 | 山内和弘 | 大毎 | 25本
打点王 | 森徹 | 中日 | 87点 | 葛城隆雄 | 大毎 | 95点
最多安打 | 長嶋茂雄 | 巨人 | 150本 | 葛城隆雄 | 大毎 | 163本
盗塁王 | 岡嶋博治 | 中日 | 41個 | R.バルボン | 阪急 | 38個
最優秀防御率 | 村山実 | 大阪 | 1.19 | 杉浦忠 | 南海 | 1.40
最多勝利 | 藤田元司 | 巨人 | 27勝 | 杉浦忠 | 南海 | 38勝
最多奪三振 | 金田正一 | 国鉄 | 313個 | 杉浦忠 | 南海 | 336個
最高勝率 | 藤田元司 | 巨人 | .711 | 杉浦忠 | 南海 | .905

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
パシフィック・リーグ
【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
球団
投手 藤田元司 | 巨人 | 杉浦忠 | 南海
捕手 藤尾茂 | 巨人 | 野村克也 | 南海
一塁手 藤本勝巳 | 大阪 | 榎本喜八 | 大毎
二塁手 土屋正孝 | 巨人 | 岡本伊三美 | 南海
三塁手 長嶋茂雄 | 巨人 | 葛城隆雄 | 大毎
遊撃手 吉田義男 | 大阪 | 豊田泰光 | 西鉄
外野手 大和田明 | 広島 | 杉山光平 | 南海
坂崎一彦 | 巨人 | 高倉照幸 | 西鉄
森徹 | 中日 | 山内和弘 | 大毎

オールスターゲーム

詳細は「1959年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1959年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

誕生

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

脚注

  1. ^ 大阪タイガースと中日ドラゴンズは同率の2位であるが、この年は引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていたため、引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていなければ、大阪は勝率.5123、中日は勝率.5120となり、両球団の勝率が3毛差となり大阪は2位、中日は3位となる。
  2. ^ 読売新聞1959年1月10日5面「『バッファロー』近鉄の新愛称」
  3. ^ 読売新聞1959年2月2日4面「大毎代表、和田氏内定」
  4. ^ 読売新聞1959年2月6日5面「専任会長に中沢氏 パ・リーグ・オーナー会議で決る」
  5. ^ 読売新聞1959年3月13日4面「新入団最高一千万円」読売新聞縮刷版 プロ野球の契約金制限実施1959年3月p192
  6. ^ 読売新聞1959年4月10日夕刊3面「パ・リーグ開幕」読売新聞縮刷版1959年4月p183
  7. ^ 読売新聞1959年4月10日夕刊3面「新緑ースポーツのシーズン セ・リーグ 六大学 水上開く」読売新聞縮刷版1959年4月p201
  8. ^ 読売新聞1959年4月25日6面「邪飛球サービスは全球団で」読売新聞縮刷版1959年4月p440
  9. ^ 読売新聞1959年5月3日6面「滝田千試合出場」読売新聞縮刷版1959年5月p44
  10. ^ 読売新聞1959年5月11日6面「稲尾、近鉄に初黒星 23試合目」読売新聞縮刷版1959年5月p176
  11. ^ 読売新聞1959年5月21日6面「中西が千本安打」読売新聞縮刷版1959年5月p352
  12. ^ 読売新聞1959年5月22日7面「村山巨人をノー・ヒット セ・リーグで初の毎回奪三振奪取も 阪神ついに3連勝飾る」読売新聞縮刷版1959年5月p369
  13. ^ 読売新聞1959年5月31日7面「山本八また暴行」読売新聞縮刷版1959年5月p533
  14. ^ 読売新聞1959年6月3日5面「無期限の出場停止 山本八に無期限の処分」読売新聞縮刷版1959年6月p39
  15. ^ 読売新聞1959年6月4日5面「稲尾100勝あげる 近鉄相手に軽く 金田も及ばぬペース」読売新聞縮刷版1959年6月p57
  16. ^ 読売新聞1959年6月15日7面「大下、千五百試合出場」読売新聞縮刷版1959年6月p259
  17. ^ 読売新聞1959年6月26日9面「両陛下、ナイターご観戦 長島選手にニコニコ 五ホーマー 体を乗り出す」読売新聞縮刷版1959年6月p461
  18. ^ 読売新聞1959年7月6日6面「1イニング4三振で得点」読売新聞縮刷版1959年7月p106
  19. ^ 【7月5日】1959年(昭34) 1イニング4奪三振 1点まで取られた幸田優”. スポーツニッポン (2010年7月11日). 2015年11月19日閲覧。
  20. ^ 読売新聞1959年7月10日6面「荒巻、奪三振千個に」読売新聞縮刷版1959年7月p182
  21. ^ 読売新聞1959年7月15日5面「セ・初の駒沢進出」読売新聞縮刷版1959年7月p281
  22. ^ 読売新聞1959年7月20日5面「三原のミス」読売新聞縮刷版1959年7月p369
  23. ^ 朝日新聞1959年8月2日7面「西鉄また南海に屈す 大下、プロ入り二百号ホーマー」朝日新聞縮刷版1959年8月p25
  24. ^ 朝日新聞1959年8月18日夕刊1面「西条高が初の優勝 高校野球激闘15回」朝日新聞縮刷版1959年8月p325
  25. ^ 朝日新聞1959年8月26日7面「阪急、連続六代打もムダ」朝日新聞縮刷版1959年8月p459
  26. ^ 朝日新聞1959年8月27日7面「気の入らない阪急 21回戦 やっと引分に持ち込む」朝日新聞縮刷版1959年8月p475
  27. ^ 読売新聞1959年9月10日8面「杉浦、43回連続無失点 野村21号 阪急を完封して31勝」読売新聞縮刷版1959年9月p161
  28. ^ 読売新聞1959年9月14日8面「杉浦の無失点43回で止まる」読売新聞縮刷版1959年9月p236
  29. ^ 読売新聞1959年9月28日8面「桑田30号放つ 新人最多、セで4年ぶり」読売新聞縮刷版1959年9月p485
  30. ^ 読売新聞1959年9月28日8面「森は25号」読売新聞縮刷版1959年9月p485
  31. ^ 読売新聞1959年10月4日1面「巨人の優勝決まる セ・リーグ 5年連続のタイ記録」読売新聞縮刷版1959年10月p55
  32. ^ 毎日新聞1959年10月5日7面「南海、4年ぶりに優勝 『杉浦38勝』で飾る 無失点続く 大毎の追撃かわす」毎日新聞縮刷版1959年10月p81
  33. ^ 読売新聞1959年10月15日6面「別所、ついに300勝飾る プロ2人目の大記録 堀内を救援 自力でかちとる」読売新聞縮刷版1959年10月p272
  34. ^ 読売新聞1959年10月21日6面「最高殊勲選手に藤田、杉浦 新人王は桑田、張本 村山に沢村賞 最優秀投手も杉浦」読売新聞縮刷版1959年10月p394
  35. ^ 読売新聞1959年10月29日夕刊1面「南海が初の優勝 日本シリーズ 巨人を四連破」読売新聞縮刷版1959年10月p561
  36. ^ 【10月31日】1959年(昭34) 打倒巨人成る!鶴岡南海涙の御堂筋パレード”. スポーツニッポン (2007年10月16日). 2015年11月19日閲覧。
  37. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/28 06:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「1959年の野球」の意味を投稿しよう
「1959年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

1959年の野球スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「1959年の野球」のスレッドを作成する
1959年の野球の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail