このキーワード
友達に教える
URLをコピー

1964年の野球とは?

< 1964年 | 1964年のスポーツ

目次

  • 1 競技結果
    • 1.1 日本プロ野球
      • 1.1.1 ペナントレース
      • 1.1.2 日本シリーズ
      • 1.1.3 個人タイトル
      • 1.1.4 ベストナイン
      • 1.1.5 オールスターゲーム
    • 1.2 高校野球
    • 1.3 大学野球
    • 1.4 社会人野球
    • 1.5 メジャーリーグ
  • 2 できごと
    • 2.1 2月
    • 2.2 3月
    • 2.3 4月
    • 2.4 5月
    • 2.5 6月
    • 2.6 7月
    • 2.7 8月
    • 2.8 9月
    • 2.9 10月
    • 2.10 11月
    • 2.11 12月
  • 3 誕生
    • 3.1 1月
    • 3.2 2月
    • 3.3 3月
    • 3.4 4月
    • 3.5 5月
    • 3.6 6月
    • 3.7 7月
    • 3.8 8月
    • 3.9 9月
    • 3.10 10月
    • 3.11 11月
    • 3.12 12月
  • 4 死去
  • 5 脚注

競技結果

日本プロ野球

ペナントレース

セントラル・リーグ
【順位】
球団
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
優勝 | 阪神タイガース | 80 | 56 | 4 | .588 | -
2位 | 大洋ホエールズ | 80 | 58 | 2 | .580 | 1.0
3位 | 読売ジャイアンツ | 71 | 69 | 0 | .507 | 11.0
4位 | 広島カープ | 64 | 73 | 3 | .467 | 16.5
5位 | 国鉄スワローズ | 61 | 74 | 5 | .452 | 18.5
6位 | 中日ドラゴンズ | 57 | 83 | 0 | .407 | 25.0
パシフィック・リーグ
【順位】
【球団】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
ゲーム差
優勝 | 南海ホークス | 84 | 63 | 3 | .571 | -
2位 | 阪急ブレーブス | 79 | 65 | 6 | .549 | 3.5
3位 | 東映フライヤーズ | 78 | 68 | 4 | .534 | 5.5
4位 | 東京オリオンズ | 77 | 68 | 5 | .531 | 6.0
5位 | 西鉄ライオンズ | 63 | 81 | 6 | .438 | 19.5
6位 | 近鉄バファローズ | 55 | 91 | 4 | .377 | 28.5

日本シリーズ

1964年 日本シリーズ
【日付】
【試合】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
開催球場
10月1日(木) | 第1戦 | 南海ホークス | 2-0 | 阪神タイガース | 阪神甲子園球場
10月2日(金) | 第2戦 | 南海ホークス | 2-5 | 阪神タイガース
10月3日(土) | 移動日
10月4日(日) | 第3戦 | 阪神タイガース | 5-4 | 南海ホークス | 大阪球場
10月5日(月) | 第4戦 | 阪神タイガース | 3-4 | 南海ホークス
10月6日(火) | 第5戦 | 阪神タイガース | 6-3 | 南海ホークス
10月7日(水) | 移動日
10月8日(木) | 第6戦 | 雨天中止 | 阪神甲子園球場
10月9日(金) | 南海ホークス | 4-0 | 阪神タイガース
10月10日(土) | 第7戦 | 南海ホークス | 3-0 | 阪神タイガース
優勝:南海ホークス(5年ぶり2回目)

個人タイトル

【】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ
【タイトル】
【選手】
【球団】
【成績】
【選手】
【球団】
成績
最優秀選手 | 王貞治 | 巨人 |  | J.スタンカ | 南海 | 
最優秀新人 | 高橋重行 | 大洋 |  | 該当者なし | 
首位打者 | 江藤慎一 | 中日 | .323 | 広瀬叔功 | 南海 | .366
本塁打王 | 王貞治 | 巨人 | 55本 | 野村克也 | 南海 | 41本
打点王 | 王貞治 | 巨人 | 119点 | 野村克也 | 南海 | 115点
最多安打 | 桑田武 | 大洋 | 161本 | 土井正博 | 近鉄 | 168本
盗塁王 | 古葉竹識 | 広島 | 57個 | 広瀬叔功 | 南海 | 72個
最優秀防御率 | G.バッキー | 阪神 | 1.89 | 妻島芳郎 | 東京 | 2.15
最多勝利 | G.バッキー | 阪神 | 29勝 | 小山正明 | 東京 | 30勝
最多奪三振 | 金田正一 | 国鉄 | 231個 | 尾崎行雄 | 東映 | 197個
最高勝率 | 石川緑 | 阪神 | .769 | J.スタンカ | 南海 | .788

ベストナイン

【】
【セントラル・リーグ】
パシフィック・リーグ
【守備位置】
【選手】
【球団】
【選手】
球団
投手 G.バッキー | 阪神 | J.スタンカ | 南海
捕手 森昌彦 | 巨人 | 野村克也 | 南海
一塁手 王貞治 | 巨人 | 榎本喜八 | 東京
二塁手 高木守道 | 中日 | D.スペンサー | 阪急
三塁手 長嶋茂雄 | 巨人 | 小玉明利 | 近鉄
遊撃手 吉田義男 | 阪神 | 小池兼司 | 南海
外野手 江藤愼一 | 中日 | 高倉照幸 | 西鉄
近藤和彦 | 大洋 | 張本勲 | 東映
重松省三 | 大洋 | 広瀬叔功 | 南海

オールスターゲーム

詳細は「1964年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照

高校野球

大学野球

社会人野球

メジャーリーグ

詳細は「1964年のメジャーリーグベースボール」を参照

できごと

 | 
この節の加筆が望まれています。

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

脚注

  1. ^ 『中日ドラゴンズ70年史』 中日ドラゴンズ 編、中日新聞社2006年、67頁。ISBN 4806205141。
  2. ^ 読売新聞1964年3月14日夕刊9面「プロ野球スタート まずパシフィック・リーグ」読売新聞縮刷版1964年3月p359
  3. ^ 読売新聞1964年3月20日夕刊9面「セ・リーグ開幕 後楽園で巨ー国戦」読売新聞縮刷版1964年3月p519
  4. ^ 読売新聞1964年4月6日9面「中日ようやく3勝 第2 第1 江藤、通算百号むなし」読売新聞縮刷版1964年4月p141
  5. ^ 読売新聞1964年4月19日9面「根来、8打席連続安打」読売新聞縮刷版1964年4月p475
  6. ^ 読売新聞1964年5月3日9面「山内 本塁打の日本新 通算二六六本目 巨人打線、村山に沈黙」読売新聞縮刷版1964年5月p65
  7. ^ 読売新聞1964年5月4日9面「王、4打席連続ホーマー 日本新記録で一気に17号」読売新聞縮刷版1964年5月p95
  8. ^ 読売新聞1964年5月11日9面「阪神が千勝目」読売新聞縮刷版1964年5月p255
  9. ^ 読売新聞1964年5月14日9面「南海ノーヒット 近鉄
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/11 12:12

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「1964年の野球」の意味を投稿しよう
    「1964年の野球」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    1964年の野球スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「1964年の野球」のスレッドを作成する
    1964年の野球の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail